質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

塩分って体にどんなはたらきあるの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 塩分は塩のことです。


 この際、大事な質問なので、ほかの人のためにも、誰も話してくれない根本からお話します。1度知っておくといつまでも変わりません。これが曖昧でない科学知識というものです。
 老化、殺菌、汚染、さび・・は、あいまい言葉です。
 曖昧用語は特に勉強しなくていいものですから歓迎されますが、曖昧は分からないのと同じことです。

 塩は生活用語ですが、化学で曖昧でなく言うと、
●塩は

 1、塩素原子(化学省略記号Cl)と
 2、ナトリウム原子(化学省略記号Na)
が水中でくっついて出来るもので、そのまま並べて「塩化ナトリウム」と言います。

塩素とナトリウムがくっつく理由
 原子は、太陽の周りを地球や火星、水星が回っているように、塩素の+電気を帯びた原子核、の周りを-電気を帯びた電子(塩素の原子核の何十万分の1の小ささ)が回っていることが分かっています。ね。
ナトリウムも+の原子核の周りに-電気の電子が回っています。 

 水の中で、塩素原子は、水中を飛び回る電子を1個捕まえて-電気が1つ多くなって、-電気を帯びた塩素原子になる性質を持っています。-イオンという言い方もあります。
 これは自然創造の神様が設計した塩素の性質を
実験して科学的に発見したわけです。

塩は水の電気の影響力でで+のNaイオンと-の塩素イオンになった原子が、+-の静電気の吸引力でくっついたまま乾燥されたものです。あるいは、濃くなって析出したものです。
 逆に水中で塩は溶けて+のナトリウムイオン(またはナトリウムの+イオン)と
-電気の塩素イオン(または塩素の-イオン)に分解しているものも多いわけです。
 
 塩分の、このNaの+イオンの電気の作用が、体内で生命維持に欠かせない塩分の理由です。

●本題
 人体の62%~65%が水です。血液は数え切れない、しかもまだ性能の分からない栄養素と血球分子が水に溶けて流れているものですし、細胞の中も外も大部分水です。各臓器も水に浸かって生き、動いています。水がなくなるとミイラや化石です。
 ついでに、生命体内の水の中の化学変化を★新陳代謝といっているだけです(こういうひとことの説明も誰もしてくれません)。

 塩が人体(動物)に必要なのは、ナトリウムNaイオン部分なのです。
 救急患者に行う点滴に、電界液(電解質→水中で+や-の★電気に★分解する性質を言ったもの)といってナトリウムイオン、カリウムイオン、カルシウムイオンを溶かした液を注入するほど3つは直接細胞に欠かせない物質になっています。

 参考★ナトリウムだけで金属にもなりますが、これでは水に溶かすと爆発的に反応して燃焼します(先の日本の高速増殖炉の配管の事故はこの反応でした)。
ですから、体内でNaを使うには、塩を生体の水に溶かして利用するしかないのです。
 鹿や像が土を食べるのも塩分を含んだ土を感知して食べているのです。

 同様、ナトリウムについては、
 水の中では、★水分子の表面に最初から現れている+-両方の電気(こんなこと誰も話してくれないから知らないでしょう)の力で、たやすくナトリウムNaの回りの電子が1個引き千切られ(すぐ千切られやすい性質なのです)、+-のバランスが取れて中和していたNaの電気のランすバランスが崩れ、+電気を帯びたナトリウム原子になりやすい性質があります。
+イオンと言ういいかたもあります。
 
 結論

 Naは、水中で+電気を帯びた粒子になります。人体は60兆個?の細胞でできていると言いますが、このNaの+イオンと野菜から取り込むカリウムの+イオンと共同して細胞膜の外面と内面に直せつ接して細胞に出入し、細胞の健康状態を調整しているのです。
共同作業しているのです。
 それを「本音で語る・・」書から紹介します。

 ●細胞はコレステロール、リン脂質、糖の成分が組み合わさって出来た細胞膜が2重膜になって遺伝子たちエキスを包んで細胞になっているのです。
 この膜に何百何千と言うたんぱく質で出来た受容体(英語でリセプター)や、Na、カリウムが専門に出入する通路Naチャンネル、カリウムチャンネルと、NaとK(カリウム)が共通に出入できるナトリウムカリウムポンプが突き抜けて浮かんでいるのです。
 ★受容体は 細胞にとって私たち住宅の玄関やアンテナに相当します。栄養を取り込み老廃物を出し、危険を感知し、細胞に危険を知らせたりしています。すべて電気で行われています。
 NaとKは細胞に出入することによって初めて細胞の健康(体調)を保っているもので、これが不調になたリ、狂った細胞が病気になり、私たちは、具合が悪くなったり、糖尿になったり、脂肪肝なったり、アレルギーになったりガンになります。

 ●細胞の正常状態は
 細胞膜内ではKの+イオンがNaの+イオンよりずうっと多く、カリウム(カリウム)イオンだけについて細胞内外の数を言うと、内側が10倍濃く存在し、Naイオンだけついてに内外の数を言うと、細胞外が内側より10倍濃く(多く)存在しています。
 その結果細胞膜の外側の+電気(NaとKの+イオンひっくるめて)の総合密度が内側より濃く、外側の電圧が内側より50mV(神経細胞はもっと高い60mV?)電圧がに保たれていると言うのが人体細胞の健康状態と言います。
 原因は別にして、細胞にNaの+イオンが流れ込んで多くなった状態が、細胞の健康が崩れた状態で、このとき、急きょ細胞内から+Naを3こくみ出し、+Kイオンを2個外から細胞内に取り込んで、細胞内を元の+Kイオンが多い状態に回復しています。
 K専用チャンネルがNa専用チャンネルよりこまめに動き、細胞内膜の濃度を調整していることが知られています。ほかは省略します。
 塩が欠かせない理由でした。
 受容体も、結合分解も神経も、MRIも、脳検査もすべて電気の力です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございましたありがとうございます。
わかりやすかったです。
参考にします。

お礼日時:2006/05/30 21:08

塩分は、ナトリウム・クロライド(NaCl)の事で、体内ではそのままの形であったりナトリウムとクロライドに分かれたりします。


細胞は、細胞外のナトリウムと細胞内のカリウムとの出し入れ(交換)によって代謝を生じますので、細胞代謝のためにナトリウムは必要だと言えますね。
さらに、血液には浸透圧と言うものがあります。
これにもナトリウムが必要になってきます。
浸透圧というのは、濃度の薄いものから濃いものへと水分が移動し、濃度(圧)を一定にする働きの事を言います。

なので、塩分の取りすぎは血液中のナトリウムの濃度を高めてしまうために、細胞内から水分が血中にどんどん流れ出し、結果として高血圧になってしまうという悪影響が引きおこります。

なので、バランスを取るために『カリウムを摂取しよう』と言われています。
その他様々な作用がありますが、分かりやすいところでこの辺で。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/05/30 21:08

昔、外国の鉱山で、労働者が一ヶ月で300人もの人が、貧血・熱中症などでなくなったそうです。

そこで、ある学者だか医者だかの提案で、毎日特定量の塩をなめさせる習慣を規則として取り入れた所、死人はおろか、不調を訴える人まで激減,したそうです。

また、少し昔(うろ覚えですみません)、外国在住の日本人のやはり労働者の方のエピソードで、職場で食中毒が大はやりした際、彼だけはぴんぴんしいたそうです。その人は貧乏暮らしだったので、お弁当は毎日、日の丸弁当。梅干しは、梅の塩漬けですもんね。


以上、私が塩に関して知ってる、印象深いエピソードを書いてみました。直接の答えにはなってませんが、すみません。あと、人間の血液は海水と成分がとてもよく似ていると聞いた事があったような…。
どれもうろ覚えで申し訳ないですが、大筋はあっているはずです。
塩分は全然専門分野の成分ではないし、ネット等でも大分調べられませんかね?「塩分の働き」とかで…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気が楽になりました

お礼日時:2006/05/30 21:08

口ではうまく説明できないのですが、体にとってとても大切な働きをするようです。


汗をいっぱいかいたときなど水だけでなく塩分も一緒に摂らないと体の渇きは潤わないようですし。
このサイト↓を参照してみてください。

http://blog.livedoor.jp/a2525egao/archives/50040 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかりやすかったです。
参考にします。

お礼日時:2006/05/30 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q酵素の比活性

 前にも似たような質問をしたのですが、よく分からないのでもう一度させていただきます。
 酵素の比活性でどのようなことが分かるのでしょうか?出来れば詳しくお願いします。

Aベストアンサー

比活性というのは、タンパク質あたりの活性と定義されます。
今、アルコールを酸化する酵素を測定するために肝臓をすりつぶしたとします。肝臓には数千種類のタンパク質がありますが、その中でアルコールを酸化する酵素はごく一部です。他のタンパク質は全然別の酵素活性を持っていたり、酵素ではないタンパク質だったりします。ですから、タンパク質あたりの活性を計算すると、分母が大きいから、比活性は小さい値がでます。ところが精製操作を行って、アルコールを酸化する酵素以外のタンパク質が取り除かれれば、分母は小さくなりますから、比活性は大きくなります。その大きくなり具合は、目的の酵素以外のタンパク質を取り除く操作、つまり精製操作の指標になります。完全に精製されれば、それ以上は精製しようとしても、比活性が高くならないはずです。誰かがある酵素をすでに結晶化して、そのような純粋な酵素の比活性を報告していれば、それとの比較で、自分の行っている精製操作がよいか悪いかがわかります。
とはいっても精製した酵素が一部失活すると、たとえば、半分が失活すると、タンパク質としては全部残っていますから元の値のままですが、活性は半分になったので、比活性は半分に低下します。つまり酵素の変性による失活の指標にもなります。

比活性というのは、タンパク質あたりの活性と定義されます。
今、アルコールを酸化する酵素を測定するために肝臓をすりつぶしたとします。肝臓には数千種類のタンパク質がありますが、その中でアルコールを酸化する酵素はごく一部です。他のタンパク質は全然別の酵素活性を持っていたり、酵素ではないタンパク質だったりします。ですから、タンパク質あたりの活性を計算すると、分母が大きいから、比活性は小さい値がでます。ところが精製操作を行って、アルコールを酸化する酵素以外のタンパク質が取り除かれれ...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

QSDS電気泳動について教えて下さい。

SDS電気泳動ってどういうものなのでしょうか?
検索してみるとタンパク質の変性を加えて用いるということは分かったのですが、
それ以外のことは分かりません。
どなたか詳しい方教えて下さい。 

Aベストアンサー

まず、SDS電気泳動(多くの場合はSDS-PAGE, SDS-polyacrylamide gel electrophoresisと言います)をやる目的ですが、タンパク質をサイズの違いで分離する方法です。例えば、細胞の中にはかなりの種類のタンパク質があるため、何かの方法で分離して検出する必要があります。SDS-PAGEでは、この分離を「タンパク質のサイズ(タンパク質の長さ)の違い」で行います。

SDS-PAGEの原理ですが、
1.タンパク質をSDSで変性させる(タンパク質の立体構造が壊れる)
2.電気泳動でタンパク質をポリアクリルアミドゲルの「網目」を通過させる(大きいサイズほど流れにくく、小さいサイズのタンパク質は流れやすい)
というものです。網目を通過しやすいかしにくいかでタンパク質の長さを測定します。結果として、ゲルの下の方には小さいタンパク質が、上の方には大きいタンパク質がきます。

SDSで変性させる理由ですが、タンパク質を直鎖状にすることです。タンパク質はその機能を発揮するために特有の立体構造(疎水結合やジスルフィド結合などを利用して)を形成します。タンパク質をそのまま泳動すると、ポリアクリルアミドゲルの「網目の通りやすさ」はタンパク質の長さだけに影響されず、タンパク質の形状(立体構造)にも影響を受けます。

SDS-PAGEを行う場合の多くは、タンパク質の長さだけを知りたいので、タンパク質の立体構造に影響される電気泳動は望ましくありません。そこで、SDSでタンパク質を直鎖状にして電気泳動します。

では、SDSをいれるとなぜ、タンパク質が直鎖状になるか、です。SDSは親水基と疎水基の両方をもつ化合物です。そして、その親水基は負(マイナス)に荷電しています。

タンパク質の立体構造はアミノ酸残基(アラニン、グリシン、リジン、トリプトファン・・・)の性質(特にアミノ酸残基がもつ電荷)の影響を大きく受けます。SDSがタンパク質に作用すると、SDSの疎水基側がタンパク質に親水基側が溶媒側に結合します。このタンパク質に結合したSDSの親水基(マイナスに荷電)がタンパク質を構成する様々なアミノ酸の特性を打ち消してしまいます。結果として、SDSが結合したタンパク質はアミノ酸残基の影響をうけられなくなり直鎖状になります。

また、このようにSDSが結合したタンパク質はマイナスに荷電しますので、電気泳動をするとタンパク質(とSDSの複合体)はマイナスからプラスの方へ泳動されていきます。

最後に、立体構造に大きな影響を与えるジスルフィド結合に関してです。このジスルフィド結合はSDSによって壊されません。そこで、多くのSDS-PAGEを行う場合は、SDSと共に2-mercaptoethanolやDTTといったジスルフィド結合を壊す還元剤で処理したタンパク質を電気泳動します。

なお、立体構造も含めて解析したい場合は、Native PAGEと呼ばれる方法で電気泳動を行います。

まず、SDS電気泳動(多くの場合はSDS-PAGE, SDS-polyacrylamide gel electrophoresisと言います)をやる目的ですが、タンパク質をサイズの違いで分離する方法です。例えば、細胞の中にはかなりの種類のタンパク質があるため、何かの方法で分離して検出する必要があります。SDS-PAGEでは、この分離を「タンパク質のサイズ(タンパク質の長さ)の違い」で行います。

SDS-PAGEの原理ですが、
1.タンパク質をSDSで変性させる(タンパク質の立体構造が壊れる)
2.電気泳動でタンパク質をポリアクリルアミドゲ...続きを読む

Q過剰摂取したカロリーは具体的にどれくらいの時間で脂肪になる?

過剰摂取したカロリーは具体的にどれくらいの時間で脂肪になる?

筋肥大と脂肪を落とすために日頃は PFCバランス 3:3:4 を心がけているのですが、
先日、旅行中に美味しい物を食べ過ぎてしまいました。
一日中歩き回って消費カロリーも少なくは無いと思うのですが、
旅行中はまったくトレーニングをしませんでしたし、
炭水化物を沢山摂取してしまったので気になっています。
過剰摂取したカロリーは具体的にどれくらいの時間(期間?)で脂肪になるのでしょうか?
たとえば、5日前にカロリーオーバーしたとします。
その後の4日間は摂取カロリーと消費カロリーが同じだったとすると(あくまで仮定です)
5日前にオーバーした分はどのタイミングで身体に影響してきますか?
体重に反影されるのはいつ頃なのでしょうか?

どなたかご存知の方教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 脂肪細胞は常に新陳代謝が行われています。つまり、摂取カロリーと消費カロリーが同じで差し引きゼロであっても脂肪細胞に蓄えられた古い脂肪は消費され、新しく脂肪が取り込まれて入れ替わります。食事の影響ですが、食後30分か1時間もしないうちに血糖値が上がり、インスリンが出て余計なカロリーは脂肪細胞に取り込まれ始めますから、それほど時間はかからないと思いますよ。

 私もダイエットと運動で減量状態を5年以上も維持していますが、つい先日も3日間の国内旅行に行き、このときは好きなものを好きなだけ食べています。こういう経験を5年にわたってたくさん繰り返してきましたが、旅行を終えると体重が一気に2kg~3kgは増えています。旅行の日数にはあまりよらず、1週間以上の海外旅行に行ったときも体重の増加は、この程度です。

 これは体脂肪が増えて太ったのではなく、体水分量が通常よりも増えたためです。体脂肪の増加も僅かにはあるのでしょうが、飲み物はもちろん食べ物にも水分が多く含まれるので、ふだんよりも多く飲み食いすれば体水分が増えて、それで体重が重くなるのです。

 この体水分量の増加状態は経験から言って2日~3日ほど続き、この間は体重が増えたままです。ですが旅行を終えてふだんの食生活に戻すと、その後は余計な体水分は排除され、順調に体重が落ちていきます。1週間もすればほぼ元の体重に戻りますよ。大丈夫です。気にすることはありません。

 脂肪細胞は常に新陳代謝が行われています。つまり、摂取カロリーと消費カロリーが同じで差し引きゼロであっても脂肪細胞に蓄えられた古い脂肪は消費され、新しく脂肪が取り込まれて入れ替わります。食事の影響ですが、食後30分か1時間もしないうちに血糖値が上がり、インスリンが出て余計なカロリーは脂肪細胞に取り込まれ始めますから、それほど時間はかからないと思いますよ。

 私もダイエットと運動で減量状態を5年以上も維持していますが、つい先日も3日間の国内旅行に行き、このときは好きなものを...続きを読む


人気Q&Aランキング