患者さんに『この薬は抗ヒスタミン薬ですか?抗アレルギー薬ですか?』と、質問されたんですが、本を見てみると両方ともに書いてある薬があったり、片方にしか書いてない薬があったりと、明確な見分け方がわかりません。どなたか詳しく教えてもらいたいんですが・・・。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

masapion さん 再びこんにちは



通常、第一世代抗ヒスタミン薬(ポララミン、ペリアクチンなど)と第二世代抗ヒスタミン薬(ザジデン、アゼプチン、セルテクト、アレロック、エバステル、ジルテックなど)ありますが、厳密に言うと、この二世代の抗ヒスタミン薬は通常抗アレルギー薬と呼ばれます。

厳密に言うと抗ヒスタミン薬はこの第一世代、第二世代両方を指します。この第二世代中、抗ヒスタミン作用を有する薬剤(ザジテン、アレグラ、ジルテックなど)は抗アレルギー薬でもあり、抗ヒスタミン薬ですので両方に記載されているのでしょう。

ちなみに、リザベン、アレギサール、タザレストなどの抗ヒスタミン作用を有しない薬剤は抗ヒスタミンの分類に入っていないのでは?

それでは by クアアイナ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。第二世代の抗ヒスタミン薬は、抗アレルギー薬とも言われるんですね。勉強になりました。

お礼日時:2002/02/15 16:26

masapion さん こんにちは



●抗ヒスタミン薬:ヒスタミン受容体をブロックする薬、ヒスタミンのみに特化している。

●抗アレルギー薬:この手の薬の総称です。抗ヒスタミン薬も抗アレルギー剤の一つです。そのほかヒスタミンのみならず、ロイコトリエン他の受容体拮抗薬もそうでしょうし、ケミカルメディエーター遊離抑制薬もそうでしょうし、トロンボキサンA2阻害薬もそうでしょう。

このように答えられては如何でしょうか?

「抗アレルギー薬は、アレルギー症状を緩和する薬剤の総称で、その中の一つが抗ヒスタミン薬です」←厳密に言えば違いますけどね。

それでは by クアアイナ

この回答への補足

ごめんなさい。説明が足りなかったですね。例を挙げると、セレスタミンやペリアクチンなどは抗ヒスタミン薬に分類されるんですが、抗アレルギー薬の所には書かれてないんです。対して、ニポラジン・アレグラ・ジルテック・ザジテンなどは抗ヒスタミン薬の所にも抗アレルギー薬のところにも書かれているんです。それで、何か分類のしかたがあるのかと思って投稿させてもらったんですが・・・。回答よろしくお願いします。

補足日時:2002/02/15 15:03
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両方の薬を使用するのは可能か?

内科から
(喘息薬)
キュバール100吸入剤

耳鼻科から
(花粉症やその他の鼻炎アレルギー症状の薬)
朝 プレドニゾロン5mg1錠(TOWA)
夜 マルスチン1mg1錠(TOWA)

Aベストアンサー

使う方は成人ですか?
小児なら問題となるかもしれません。

医師もしくは薬剤師に、他の科で薬をもらっているということを伝えてありますか?

背景がよくわからないので、伝えてあるという前提で、薬だけを見て考えてみます。
キュバールはステロイド薬です。
プレドニゾロンもステロイド薬です。
マルスチンは抗ヒスタミン薬です。

ステロイド薬が2種類出ているので、アレルギーが強い方なのでしょうか?

ですが、私が考えるに、bebe_gagaさんは薬を他でもらっていることを言ってないのではないかと思います。
もし言っていたのならごめんなさい。

プレドニゾロンは喘息にも適応があります。
ですので、キュバールは必要ないはずです。
もし、喘息が起こったときのためにβブロッカーの吸入薬が処方されると思います。

ステロイドの過量服用は、副作用が強く出るので、聞いてみた方がいいかもしれません。

Q抗てんかん薬について

抗てんかん薬セレニカR(パルプロ酸ナトリウム製剤)と一緒に
服用してはならない薬にはどんなものがありますか?。

Aベストアンサー

絶対的な併用禁忌の薬剤はないと思いますが、以下のような薬は医師の指導のもとに慎重に投与されるべきものです。(添付文書より)
(1)バルビツール酸剤(フェノバルビタール等),フェニトイン,カルバマゼピン[本剤の血中濃度が低下することがある 。また,これらの血中濃度を上昇又は低下させることがある。 ]
(2)エトスクシミド[エトスクシミドの血中濃度を上昇させ ることがある。]
(3)サリチル酸系薬剤(アスピリン等)[本剤の作用が増強されることがある。]
(4)ベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム等),ワルファリン[これらの作用を増強させることがある。]
(5)エリスロマイシン,シメチジン[肝チトクロームP-4 50による薬物代謝を抑制することにより,本剤の血中濃度が 上昇し,作用が増強されるとの報告がある。]

Q納豆と脳梗塞治療薬(抗血小板剤)

納豆のナットウキナーゼという酵素の血液サラサラ機能と、
納豆に含まれるビタミンKの凝固機能について過去にも何件かQ&Aがありますが、
ワーファリンさえ服用していなければ、脳梗塞の再発予防の為に
血液凝固を抑制する他の薬を飲んでいても、毎日納豆を食べても大丈夫ということでしょうか。
家族(60代前半)が脳梗塞治療の方で抗血小板剤「プレタール」を、
糖尿病治療の方でベイスン錠を服用中です。

脳梗塞も糖尿病も血液をサラサラにしておかないといけない訳ですが、
脳梗塞の食事療法の本を見ていると、
血液をサラサラにする為に納豆を毎日食べましょう、しかしワーファリン服用者は控えましょう、
と正反対のことが書かれているので、納豆を食べるにしても、
プレタール服用者が毎日食べても差し支えないのか、
むしろ毎日でも食べた方が良いのか、
例えば週に何回かの適度な摂取に抑えておくべきなのか、
その推奨度合がいまいち分らないので教えてください。
(糖尿病の兼ね合いで1日1単位の量には抑えます)

脳梗塞再発予防の為に、体に良い食品は積極的に摂取したいと思いますので、
ぜひ教えてください。

納豆のナットウキナーゼという酵素の血液サラサラ機能と、
納豆に含まれるビタミンKの凝固機能について過去にも何件かQ&Aがありますが、
ワーファリンさえ服用していなければ、脳梗塞の再発予防の為に
血液凝固を抑制する他の薬を飲んでいても、毎日納豆を食べても大丈夫ということでしょうか。
家族(60代前半)が脳梗塞治療の方で抗血小板剤「プレタール」を、
糖尿病治療の方でベイスン錠を服用中です。

脳梗塞も糖尿病も血液をサラサラにしておかないといけない訳ですが、
脳梗塞の食事療法の本を見...続きを読む

Aベストアンサー

すでにお調べのことと思いますが、ナットウキナーゼの体内(血管内)で作用を期待するのは無理です。
それでも良質の蛋白質ですからカロリー等を考慮しての量であれば薦められる食品です。
こちらもお調べのようにワーファリン(抗凝固薬)の効果を納豆のビタミンKが打ち消してしまいますからこれを内服中は納豆を食べてはいけませんが、
抗血小板薬(アスピリン、パナルジン、プラビックス、プレタール、プロサイリン、ドルナーなど)には関係ありません。

参考URL:http://www011.upp.so-net.ne.jp/konkonfj8/cidrug.html

Q花粉症とかアレルギー性鼻炎にきく薬は?

ちょっと昨夜から鼻がむずむずしてしょうがないのですが、日曜日は病院が休みなので至急薬局に薬を買いにいこうかと思っています。月曜にはちゃんと病院に行くつもりなのですが、とりあえず応急処置として何かいい薬はないですか?それと鼻に噴射する薬の効き目ってどうなんですか?

Aベストアンサー

なった人でなければ分からない、花粉症の苦しみ・・・・・お察しします。

私はかれこれ30年、花粉症と付き合っております。発症当時は地方の病院などでは首を傾げるばかりで、いろいろな病院をたらい回しにされ、様々な検査、治療を試されました。私が小学生のころです。

 30年付き合った結論から申し上げますと、薬はおやめになった方が良いかと思います。私も様々な病院、薬を試して来ましたが(医者が同情するほどひどかった)薬を飲んでもその場しのぎで、シーズンを乗り切るのがやっとです。 私の場合10年ほど前から薬を飲むのを止めました。その変わり、マスクを片時も離さず着用しています。最初は苦しかったです。とにかく我慢するしか無いのですから、でも2年くらいしたら、かなり楽になりました。何しろ花粉を吸い込むのが良くない訳ですから、薬で一時的に凌いでいると安心して吸い込み放題になってしまいます。それにカラダが慣れて効力も薄れてきますし。切れたときが一番苦しかったりします。

 最近ではいつ頃からマスクをしようかな~~、なんて余裕の構えもできました、年々マスクが必要な期間も短くなってきているような気がします。

 ただし、どうしても対面的にマスクができないとき、少しだけ薬に頼ることもあります。また、私は「Vicks」のインフェラーという吸入型の薬を常に携行しています。どうしても苦しいときだけ使います。もの津ごく効きます。しかし、残念ながら薬事法上日本では売ってません。
 アメリカやヨーロッパではセブンイレブンでも売ってますから、海外に行ったついでや、友人に頼んで買ってきて貰ってます。個人で使う程度なら問題はないと思いますが・・・・。4ドル50セント位です。

なった人でなければ分からない、花粉症の苦しみ・・・・・お察しします。

私はかれこれ30年、花粉症と付き合っております。発症当時は地方の病院などでは首を傾げるばかりで、いろいろな病院をたらい回しにされ、様々な検査、治療を試されました。私が小学生のころです。

 30年付き合った結論から申し上げますと、薬はおやめになった方が良いかと思います。私も様々な病院、薬を試して来ましたが(医者が同情するほどひどかった)薬を飲んでもその場しのぎで、シーズンを乗り切るのがやっとです。 私の場...続きを読む

Q抗うつ薬は本当は効かないのか?

日本で認証されている抗うつ薬はほとんど効かないと
祖父の世代からの近くのかかりつけ医に久しぶりに掛かった時に聞きました。
親戚に5年以上薬を飲んでいて社会復帰できない事をついでにあつかましく聞いたら、
効かない事はないが、効く人の方が圧倒的に少ない。

○悪い状態、良くなった状態を糖尿病の人のように数字、もしくは
それと同様な示す事が今の医療レベルでは立証する事ができない。

○薬は何種類もあるが、自分に合うものを日にちをかけて
合わせようとする。

○薬をたくさん出し過ぎて、薬の飲みすぎにより依存症を発症し、
本来の病気が処方した医者もわからなくなってくる。

70代のおじいちゃん医者なのですが、的外れの話しに思えなかったんですが・・・

Aベストアンサー

以前よりも抗うつ薬が処方される範囲が広がっているため、相対的に抗うつ薬が効かない患者の割合が多くなっている、ということだろうと考えています。

うつ状態はさまざまなことから起きます。抗うつ薬の効果が高いのは、以前「内因性うつ病」と分類された患者です。
一方、抑鬱神経症、ヒステリー、ノイローゼなどと呼ばれてきた神経症の症状にもうつ状態があります。こちらは心因性であり、精神療法(心理療法)を中心に薬物療法で補うものとされました。この区別は伝統的診断のもとでのことです。

伝統的診断に対し、20年ほど前から、操作的な診断基準を使う国際的な分類法・診断法が広まってきました。
こちらでは基本的に精神疾患を原因で区別せず、病状の特徴や重さで分類します。
診断に内因心因の区別はなくなり、うつ状態なら「大うつ病性障害」などと診断されやすくなりました。
 (この診断法は統計の正確さを目的にしているはずですが、あんな適当な診断が出るようではそれも疑問ですし、神経症的症状の原因となったストレスへの対応も省略してしまい投薬だけ行うような医療が普通になるという結果も生みました。)

疾患が内因性であれば、患者の増減はあまりないはずです。ということは、内因性うつ病の患者は以前とそう変わらないが、神経症性のうつ状態になる人が多い社会環境になったこと、および精神科医の診断や治療法が変わったこと、この二つが、薬がよく効かないうつ状態の人を生んでいる理由だろうと思われます。

以前よりも抗うつ薬が処方される範囲が広がっているため、相対的に抗うつ薬が効かない患者の割合が多くなっている、ということだろうと考えています。

うつ状態はさまざまなことから起きます。抗うつ薬の効果が高いのは、以前「内因性うつ病」と分類された患者です。
一方、抑鬱神経症、ヒステリー、ノイローゼなどと呼ばれてきた神経症の症状にもうつ状態があります。こちらは心因性であり、精神療法(心理療法)を中心に薬物療法で補うものとされました。この区別は伝統的診断のもとでのことです。

伝統的診断...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報