知り合いの家で地鎮祭をやりました。行ってみると祭壇の前に小さな供物皿が合計75個も並んでいたのですが、いかにも多すぎて不思議です。75という数字には何か宗教的な意味があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


地元でお聞きになってもわからなかった、という前提で、推測を交えて書かせてもらいます。

75という数字は私も初めて聞きました。
むかし石清水八幡宮の神職に地鎮祭について伺ったことがあるのですが、供物は基本的に奇数種で「お神酒」「お米」「野菜」などを基本にそれぞれ三宝に盛ってお供えするのが基本、とのことでした。
建物を建てるにあたって、その土地の地神、水神に供えるのですから、そう沢山の種類は必要ないのでしょうね。もちろん、地方や神社の考え方によって多少変わる、ということでしたが。

おそらく75個の小さなかわらけが準備されていたのだと思いますが、あくまで推測で言えば、道饗(みちあえ)のニュアンスが含まれている……のかも知れません。
道饗というのは、陰陽道と神道の混交のようなものだそうで、かつて京の街中の道筋に漂う(と信じられた)悪霊群に供物を供える(つまり饗応する)ことで、もたらされる災害を防ごうとした一種の祭事です。この場合はこまごまと食べ物を準備したそうです。

そういうと大昔の行事のようですが、実はこういう発想は私の専門である仏教の儀礼(施餓鬼や野飯、辻餅など)と通底しつつ、割と現代にも残っていますから、可能性はなきにしもあらず、と言えるかもしれません。

あるいは全く別に、神社で行う祭事では、神に供えたもののお下がりを参加者みんなで食べあえるよう、少しずつ沢山のものをお供えしておく、という場合がありますが、こちらはちょっと違うでしょうね。

あまり何も断定できなくて申し訳ありませんが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。いただいたヒントを元に調べてみましたら静岡県や岡山県で七五膳供神事というのがあるそうで、どうやらその祭神の眷属が75あるようなのです。根本的なことはまだわかりませんがいい手がかりをありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皿屋敷のお菊さんが数えるお皿の数は?

怪談で実話なのか創作なのかもハッキリしませんが、

●番町皿屋敷
●播州皿屋敷

があります。さわりは、さる大名に仕える青山主膳さんのお家に伝わる家宝のお皿を家政婦のお菊さんが割っちゃって、ご主人からお咎めを受けお亡くなりになったあと、井戸でお皿を数える・・・怖いよう~って筋です。ここで質問は、

●番町ですか、播州ですか、ドッチ?
●お菊さんは、吊るし責めを受けてお亡くなりになったの、井戸で入水したの、ドッチ?
●お皿は5枚単位は洋式、6枚単位は和式で、いったい数える数は何枚?

です。疑問は、番町なら東京の事件、播州なら兵庫の事件、吊るし責めで殺害したなら郎党の過失、入水なら自殺でお菊さんにも非がありそう、お皿の単位は5の倍数と6の倍数があり、それとも中世では、そんな一組何枚なんて概念がなかったのかが、よく解りません。当然に、その時代の文化と現在の常識ではかけ離れたいることは事実で、その文化を理解しないと怪談といえども笑い話になってしまいます。即ち、胡散臭い・・・。ご多忙のところ、夜も眠らないこの疑問を解いてください。

Aベストアンサー

●番町皿屋敷

江戸の牛込御門内番町にある青山主膳の屋敷が舞台なので
(播州は、同姓の青山播磨邸の事件との誤報から)


●お菊さんは、吊るし責めを受けてお亡くなりになったの、井戸で入水したの、ドッチ?

主膳に、斬り殺されて、遺体を井戸に投げ込まれて、事件をもみ消された。
(元来、主膳が皿を一枚隠して、窮した、お菊が、詫びを入れにくるところを
手籠めにしようという、時代劇の悪代官 みたいなこと考えていたら、
奥方の目を気にして、無礼打ちに、されたのだから、それは恨むであろう)

●お皿は5枚単位は洋式、6枚単位は和式で、いったい数える数は何枚?

主膳の先祖が、手柄をたてて将軍から拝領した中国製十枚セットの絵皿
(割ったのでなく、一枚隠された)


中世ではなく江戸時代ですが・・・・
まー、類似の話は、中国にも古くからあるそうだから\(^^;)...

Q大橋巨泉の<みじかびの きゃぷりきとれば・・・>は、百人と並ぶほどの、優れた短歌なのでしょうか?・

先日、大橋巨泉が亡くなりました。
私は、短歌について興味が無いのですが、気になりましたので質問します。 
たまたま、岡井隆の現代百人一首を眺めていました。
そのなかに、皇后、釈迢君、寺山修司、俵万智などの歌人と共に、大橋巨泉が入っていました。
彼の歌は、
<みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ>
でした。これ、CMで大ブレークしたものですね。
ところで、この作品は、百人と並ぶほどの、優れたものなのでしょうか?

Aベストアンサー

jazzのスキャットは、ルイアームストロングが歌詞を忘れて、リズムに合わせた声を入れ、それを面白がってレコードにした。
勿論意味はない。
しかし、今やスキャットを歌では無いと言う者はいない。

マチスの絵を、マチスと言わずに見せると、「なんだ!子供の落書きか?絵じゃ無い。」と言うだろうし、「これが1億円する」と言うと驚かれる。

巨泉が万年筆のCMで、音感だけで短歌を即興で詠んだ。
それはそれで新しい短歌。
百年前の古典短歌のみを良い短歌だと評するのは、ミケランジェロしか絵では無い!というような物。

この歌を岡井隆さんが選ぶのには、その新しさがあったからとは思うが、追従者がいない。追従者がいないのは、独り善がりと云っても過言ではない。
だから現代百人一首に入れるべき歌とは思わない。

万葉集でも音、リズムを重視した。短歌、長歌も唱う物だったから。

今の人は、短歌の文を黙読して意味を重視している。文字面短歌とでも言うのであろう。

Qシェイクスピア時代の宗教?

シェイクスピアに時代の宗教的な背景が知りたいのですが、
このころはピューリタンとかが出てきたりして、男女は平等だという考えが出てきていた時代だったと聞いたのですが、シェイクスピアもそういった考えに影響を受けて作品を書いていたのでしょうか?

こういったことがわかるようなホームページ等をご存知でしたら教えて下さい。
探してみたのですが今一書いてる人によって違うことが書いてあったりするのでよくわからなくて・・。

Aベストアンサー

シェイクスピア時代の 「宗教的な背景」 については、歴史の本に書かれていることは同じはずです。おおまかに、カトリック、イギリス国教会、国教会改革派 (ピューリタン) のせめぎあいがありました。
しかし、シェイクスピアがそれらの宗教から影響を受けたのかどうか、受けたとすればどのように受けたのか、ということについては、単純な結論がないようです。人によって書いていることが違うわけです。

Wikipedia には、 「シェイクスピアの宗教」 に関する代表的な意見が紹介されています。それによると、シェイクスピアがいずれかの宗派に属したとすればカトリックの可能性が高いが、熱烈な信者というわけではなかったようだ、とまとめることができそうです。

「男女は平等だという考え」 などの背景については、宗教というより、宗教もふくめた (ピューリタンなどのプロテスタントだけでなく、カトリック、国教会もふくめた)、ルネッサンスの影響として解説されることが多いと思います。
( ちなみに、イギリス・ルネッサンスの最盛期であるエリザベス朝における 「新プラトニズム」 の影響を論じたフランセス・イェイツという歴史学者の本を読んだことがありますが、おもしろかったです。「新プラトニズム」 というのは、かんたんにいえば魔術のことで、ギリシア哲学とユダヤ・キリスト教が結びついた、当時の神秘主義思想です。シェイクスピアの 「宗教的な背景」 にも、あるいは関連するかもしれません。)

「ピューリタン」 については、むしろシェイクスピアと対立していたとしてもおかしくはありません。なにしろ、清教徒革命がおこると、それまで劇場を敵視していたピューリタンによって、グローブ座も閉鎖、取り壊されるのですから。
それでも Wikipedia では、シェイクスピアとピューリタンのつながりを論じた研究も紹介されています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Shakespeare ( 5.2 Religion )
その他 Wikipedia の関連項目を参照

シェイクスピア時代の 「宗教的な背景」 については、歴史の本に書かれていることは同じはずです。おおまかに、カトリック、イギリス国教会、国教会改革派 (ピューリタン) のせめぎあいがありました。
しかし、シェイクスピアがそれらの宗教から影響を受けたのかどうか、受けたとすればどのように受けたのか、ということについては、単純な結論がないようです。人によって書いていることが違うわけです。

Wikipedia には、 「シェイクスピアの宗教」 に関する代表的な意見が紹介されています。それによると...続きを読む

Q不思議の国のアリスと毛虫

アリスと毛虫がけんか?争い?をしているところがあるのですがここではいったい何を読者に伝えたいのですか?さっぱりわかりません。

Aベストアンサー

 原作ですよね?
 あの小説の原作は、「量子力学のパロディ」という非常に珍しい小説なのです。(これについては諸説異論がありますが)
 原子の世界で起こるようなことが、現実として(夢だけど(笑))起こっているという話なのです。

 よって、ちょっとくらい訳の分からない記述が出てきても、無視しておけばいいのです。
 じゃあ量子力学を勉強すれば分かるのかつったら、そういうわけでもないですしね(^_^;
 ハンプティ・ダンプティが実は陽子の崩壊を暗示しているなんて、普通は気づきませんし。(実際、さまざまな解釈がありますから)

 ちなみにアリスと毛虫の言い争いは、アリスが核分裂する原子、毛虫は観察者(かな? 自信なし)に例えられているようです。

Q宗教改革が文学に与えた影響??

英文学を勉強しているのですが、
宗教改革が当時の文学に与えた影響とはどんなものなのでしょうか?
教科書を読み返してみても今一はっきりせずもやもやしています。
教えてください。

Aベストアンサー

わたしも英文学について、 「ど」 のつく素人です。
No.1 さんと同じ意見を述べます。

宗教改革当時の英文学となると、小説がまだ発生していないので、韻文や戯曲ということになりそうです。
国教会 (1534~) もふくめた宗教改革は、英語の文体が確立していく過程と重なり、さらに英語で書かれた文学作品の格を上げることにも貢献したのではないかと思います。

11世紀のノルマン征服以来14世紀まで、英語は下層階級のことばで、貴族はフランス語を用いました。英語が復権したきっかけは百年戦争 (1337-1453) のはじまりですが、14世紀のウィクリフ訳 (宗教改革の先駆け。ちなみにこの英訳聖書の序文に "of the people, by the people, and for the people" と記されている)、16世紀のテンダル訳 (ルター訳を参照しつつ、ヘブライ語・ギリシア語の聖書原典からの英訳。欽定訳の原形)、17世紀の欽定訳と、英訳で出版され普及した聖書は、イタリア・ルネサンスの影響をうけたチョーサー (c.1343-1400) やシェークスピア (1564-1616) とともに、英文学の母体を形成したといえるでしょう。
国教会の教義はプロテスタントよりカトリックに近いものですが、1544年にはその祈祷書が、ルター (1483-1546) に影響された内容で、英語でつくられました。多くの宗教書も、英語で出版されました。こうして、17世紀まではいわゆる文学作品よりも聖書や宗教書の方が多く出版され、聖職者やインテリ層以外にまで普及していたという研究があります。
http://www.graduates.slis.keio.ac.jp/shodoc/2002/tomioka_0610.html

あるいは、つぎのようにも紹介されています。
≫ 『英国民小史』 を著したグリーン氏は、ピューリタンの台頭を論ずるにあたって、 「エリザベス治世の中葉より、長議会の開会 (1640年) に至る間に、英国は唯一つの書物を読む国民となった。そしてその本とは聖書であった」 と述べているが、英訳聖書の普及は人々の想像を超えて、大きな結果をもたらすことになる。16世紀の終わりには、聖書は 「当時の英国においては、なお今だすべての英国人が知り、かつ親しんでいた唯一の英国の書物であった」。
http://homepage2.nifty.com/hinakom/americaron.htm

カルヴィニズムの影響を受けたピューリタンの宗教改革・革命についていえば、人間中心的なエリザベス朝の文学に対してとても抑圧的な影響を与えたはずです。とはいえ、ピューリタン的な文学の代表として、ミルトンの 「失楽園」(1667) などをあげることができます。


参考 ウィキペディア
    平凡社世界大百科事典
    中尾俊夫 『英語の歴史』 講談社現代新書
    福田歓一 『政治学史』 東京大学出版

わたしも英文学について、 「ど」 のつく素人です。
No.1 さんと同じ意見を述べます。

宗教改革当時の英文学となると、小説がまだ発生していないので、韻文や戯曲ということになりそうです。
国教会 (1534~) もふくめた宗教改革は、英語の文体が確立していく過程と重なり、さらに英語で書かれた文学作品の格を上げることにも貢献したのではないかと思います。

11世紀のノルマン征服以来14世紀まで、英語は下層階級のことばで、貴族はフランス語を用いました。英語が復権したきっかけは百年戦争 (1337...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報