はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

高村薫さんの作品で一番最初に読んだのは
新刊が出たばかりの単行本「照り柿」です。
ものすごく長い話を読んだ挙句、途中の事件の
真相がうやむやな感じがして、読み終わった後、
もやもやした感じがありました。

その後、直木賞をとったぐらいだし、照り柿よりは
薄いから面白いかと「マークスの山」の単行本を
買いましたが、難解な文脈が多く、ずっと眠っていました。

それを最近、読み始めたところ、難解な文脈ながらも
面白く、先程、読み終わりました。
ただ、金庫の遺書のあたりから、アレレレ?と感じ、最後のオチにいたってはうーん・・・。

それで、気になったのが最初に大雪の小屋の玄関前で
岩田がスコップで殴り殺したのは誰なんですか?
当時の刑事のやりとりで、二十六歳というのはありましたが、名前は出てきません。

金庫の遺書にも、名前は出てこず、偶々、同じ頃に
同じ場所付近であった殺人のようでした。

でも、それなら、あんなに意味ありげに
「この雪の中、この道を通るのはおかしい」的な
描写を最初に念入りにするのはいかがなものかと。

また、同じ頃に両親が心中した少年も
その殺害現場を目撃したという文脈もなく、
偶然、同じ時期の同じ付近であった事件が
その後、偶然、泥棒に入った所の金庫で・・・
とつながっていくのが、凄い偶然続きだなぁと。

随分、昔の小説なので忘れている方も多いかと
思いますし、批判的な事を書いて申し訳ありませんが、
スコップで殺された人が誰かをわかる方が
いらしたら教えてくださると嬉しいです。

また、私の読み方不足でしたら申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


「マークスの山」、
文庫本でしたが、読みました。
文庫ででたばかりなので、
私もかなり前になりますが・・・。


質問者様が気になっているのは、
以下の事柄でしょうか?

1、岩田がスコップで殴り殺したのは誰?
2、同じ頃に両親が心中した少年も・・・凄い偶然続き




1、【被害者の名前は、登場しなかった】
・・・ような気がします。

以下のURLは、単行本版「マークスの山」
の年表です。
http://donguri.sakura.ne.jp/~shell/godaholic/ken …


登山者が岩田に撲殺されるのは、
昭和51年 10月21日 午前6時頃です。


で、金庫の遺書に書かれていた
【名前は出てこず、偶々、同じ頃に 同じ場所付近であった殺人】の被害者は、
N大自治会で左翼活動していた野村久志でした。
正確には殺されたわけではないのですが・・・。


左翼活動をしていた野村を殺すつもりだったが、
野村は偶然にも、
昭和51年 10月21日 午前0時頃
に急死してしまいます。

本来ならばその【急死という事故】を警察に届けていれば、
一連の事件は起こらなかったはずです。
まあ、殺人の準備をしかけた(←スコップを盗む)後ろめたさもあり、
その【事故】を疑われたら、
司法試験に受かったなどの、自分の人生が変わってしまう事が
怖くなったようで・・・。


殺した時に使う予定のスコップで、
穴を掘って、野村の死体を埋めてしまいました。

どうやら、岩田に撲殺された男は、
その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、
必死になって、山をかけおりてきたようなのです。
なら、この撲殺された被害者は、別にいなくても関係ないような気も
するかもしれません。



【野村の動向は、公安が知っていたけど、追求はしなかった】
        ↓
【公安側は、密かに野村が亡くなる事を希望しており、
殺した犯人を追及するつもりはなかった】
        ↓
【マークス五人衆も出世し、どんどん警察の現場が追及しにくい立場になる】
 
このまま、野村の死の真相は
【マークス五人衆】や【公安】が黙り続ける事によって、
闇に葬られて表にでてこないはず・・・でした。


ところが、
「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた
佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。

その後も、上層部から横槍が入ったりする中で、
佐野警部と合田警部補達は、
【マークス五人衆】達が抱え込む秘密に、
じりじりと近づいていくわけですが・・・。


他にも、佐野警部が野村の死体を見つけなかったら、
死体の復顔を依頼しなかったら、
【マークス】があの金庫を盗まなかったら、
・・・という、いろいろな偶然の積み重ねがないと・・・。

偶然でもないと崩せないほどの権力の闇が、
覆い隠していた【野村の死の真相】が表にでてこなかったわけです。



2、【同じ頃に両親が心中した少年】→事件後、暗い【山】に精神を翻弄される
  【合田警部補】        →趣味で【山】に登る
  【マークス五人衆】      →【山】では楽しい事もあったけど、しかし・・・
  
という共通点を出したかったために、
あの北岳で少年は登場したのかもしれません。
その後、また北岳へ彼は向かう事になりますが。


1でもふれましたが、
確かに「偶然続き」ですけどね。

私自身、この作品は、
【犯人が誰か】
【犯人はどんな凄いトリックを使ったか】
を楽しむより、
【警察がどのような事に翻弄されながら、事実にたどりつくのか】
その過程を読ませる・・・作品だと思っています。

多少アクがありますが、
読ませる力もある作品です。
質問者様もおっしゃっていますが、
・・・ただ「偶然が目につく」などの、
ちょっとした事が気になるっていえば、
気になります・・・。

好きな作品ですけどね。



高村薫は、単行本と文庫本で、
情景描写などの部分をなおすので、
ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。


参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり、良いお返事をありがとうございました。
やはり、被害者の名前は、登場しなかったのですね。
あれが全ての発端であるだけに、そんな扱いというのもいかがなものかと思います。

>「岩田がなぜ、被害者を撲殺したのか」という事が気になり続けた
>佐野警部の執念が、【野村の死体】を見つけだします。

という事なら、尚更、名前のみならず、被害者が何故、
普通の人が通らないあの道をあんな時間に通ったのか、
の説明が欲しかったですね。
(もちろん、Liohさんを責めているのではありません)

>どうやら、岩田に撲殺された男は、
>その【野村の死体を埋めているマークス五人衆の姿】を見て、
>必死になって、山をかけおりてきたようなのです。

その描写が単行本では見当たらないように思います。
それがあれば、私の印象も随分違ったものになります。

MARKS五人衆が死体遺棄をしなければ、
その登山者も嫌なものを目撃して逃げ出す事もなく、
岩田もその登山者を撲殺する事もなかったのですから、
全てがMARKS五人衆の死体遺棄が始まりの悲劇の連鎖
という事で、かなり、納得がいきます。

>高村薫は、単行本と文庫本で、
>情景描写などの部分をなおすので、
>ほとんど別作品・・・という意見もありますが・・・。

そのようですね。
今回この質問をするにあたり、過去の質問を調べましたが、
私が単行本で難儀な文脈と感じた所も、
文庫本ではどうやら、滑らかに流れているようです。

ただし、単行本の最後の一ページが文庫本には
書かれていないようなのです。

私は最後のオチ(死体遺棄の中心人物で、尚且つ、
水沢殺害計画の首謀者なのに、生き延びて、
時効にも守られている超ラッキーな弁護士・林原)
というのが、どうも嫌な感じでした。

でも、単行本の最後の一ページで少し、
救われた感じがしたのです。

それが文庫本でないとなると、どうなのかなーと。
もしかしたら、文庫本では他の所で、私が感じた
嫌な感じがしないような構成になっているのかもしれませんが。

いずれにしましても、Liohさん、ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/30 18:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高村薫「マークスの山」について質問

今さらながら読みました。
「読んでおきたい本」などのランキングでは常に上位に
入るほど人気作品ということも知っています。

お恥ずかしいのですが・・・私にはとても難しく感じました。
しかも私にはどうしてマークスが被害者達を襲ったのか、動機が
最後までわかりませんでした(>_<)
マークスと被害者達との接点なんて触れてましたっけ?
白骨死体となった野村と、マークスが身内なら復讐・・・という
理由で納得できるんですが。
それとも、これは動機は関係ない小説なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに難しく感じられる本ですよね。

マークスが被害者たちを襲ったのは、
1.マークスが子供の頃両親が無理心中を図り生き延びていた際、その現場を見ていていたらしい。
2.作業現場で働いていた男(名前を忘れてしまいました)がシャベルで殺したという新聞記事を関連付けた(出所後図書館で一生懸命調べ物をしていたとき)
3.その老人と刑務所内で会った。
4.簡単な盗み(赤いもの)をしていたときに、木原に対しての遺書を見てしまった。
ので、マークスという名前も分かった。それから刑務所の時に関係を持った男性の「300万(でしたっけ)を企業から脅し取った」という言葉に重ね合わせてメリーゴーランドが回るように明るい山よりもっとすばらしいことが起こると思って犯行に及んだ。(しかし忘れっぽいマークスはその記憶を無意識の中にしか有さない)。
と私は読みましたが。いかがでしょうか。

Q小説「半落ち」が直木賞で落選させられた「致命的な欠点」って何ですか。

なにやら、
選者に「致命的な欠点」を指摘されて、
直木賞をとりそこなったと聞きました。

その「致命的な欠点」とはいったいなんだったのでしょうか。

googleで検索してみましたが、よくわかりませんでした。
(どうも「言いがかり的」なものである可能性が、
高いようですが・・・)

どなたか簡潔に教えてください。

Aベストアンサー

選考委員の北方謙三さんが「これっておかしいんじゃないか」と疑問を口にして、主催者側がある機関に問い合わせたところ、「(規則上)ありえません」との回答が来たそうです。北方さんはそれを「ちょっとしたミスではあるが、作品として成立しないほどのものではない」と見ていたのに対し、同じく選考委員の林真理子さんが記者会見で酷評し、「今までたくさんの賞を受けている作品なのに、誰も気づかなかったのか。ミステリー業界も悪い」と業界批判。「読者と差実作者側ではこだわるところが違うようだ」と読者批判とも取れる発言をし、大きな議論となったようです。
その内容に関しては参考URLに詳しいですが、作品をこれから読むつもりの方は決して見ないように。お願いします。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sesou49.htm

Q「マークスの山」(高村薫)の単行本と文庫の違い

今さらながらですが、「マークスの山」の文庫版(講談社)を読みました。文庫の帯と下巻の最後に、早川書房の単行本版から全面改稿されていると書いてありましたが、内容はかなり変わるのでしょうか?

Amazonの書評を調べたところ、ちょっと変わっているようなニュアンスもありましたが、単行本版をパラパラめくってみると、あまり変わっていないようにも思えたのですが・・・。

ネタバレで結構ですのでお教えください。

Aベストアンサー

ハードカバーを読んだのが昔過ぎて、あいまいな記憶なのですが、
文庫を読んだときに、ハードカバーの一番最後の1ページが
全て削除されていたなと思いました。

あとは、文庫のほうが話の流れがわかりやすかったかもしれません。

思いつくのはそのぐらいなんですが、どうでしょうか?

Q山口県光市母子殺害事件 本村さんが再婚していた

↓これって、知らなかったのですがTVで報道されましたか?会見で、「妻」じゃなく、「元妻」と被害者は発言すべきだったと思いますが。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120221-906827.html

99年の山口県光市母子殺害事件での上告審判決で、
最高裁第1小法廷が20日、被告の上告を棄却したことを受け、
妻と長女を奪われた本村洋さん(35)が会見を行った。

会見の中で、本村さんが再婚していたことを語った。
「2009年に籍を入れさせていただきました。1人で生活し、
いろいろと精神的に参っていた私を、支えていただける方と出会うことができました」と報告した。
現在は2人で生活しており、殺害された2人の命日には、一緒に祈りをささげているという。
また、事件後、殺害された妻の結婚指輪をネックレスにして肌身離さず身につけていたことについては、
「今日もしてきました。私が棺おけに入るまで、身につけておこうと思います」とした。

Aベストアンサー

よくそんなこと言えるものだね

私も10年以上前、唯一の身内が殺されたが、その憎しみ、怒り、無念、苦悩、悲しみは今でも消えないよ。

身内を守れなかった後悔、無念さを君にはわかるのかね

その私の悲しみを理解してくれているのは、唯一、妻だけだがね。

妻が言うには、夜、今でも私はうなされているそうだ。

出来れば、身内を殺した2人を私のこの手で直接、絞め殺したいくらいだが、殺人者の妻と
周りから呼ばれ、忌み嫌われるだろうから、諦念の感で報復は諦めているが。

守るべき人がいなくなれば、最早怖いものなし。
妻がいなかったら今や私は、天涯孤独だから、今頃殺人したことに反省の念のないその2人+その一族を皆殺しにしているでしょう。

本村氏は人格者ですが、彼以上に彼の奥さんもまた人格者なのでしょう。

あなたが本村氏のご家庭のことにつき、とやかく言う筋合いは全くありません。

Q高村薫作品。

高村薫の作品をほとんど読んでいるという方にお伺いします。

長年の懸案であった高村薫の本を読んでみようと思います。とりあえず3作品くらい。
そのなかで「照柿」は読みたいと思っています。しかし、この作品は続き物なのでしょうか?多分作品としては独立しているのだと思いますが、登場人物が共通するのなら、一応前後の順番を守って読みたい気がします。
ちらっと見たところによると、「マークスの山」「レディ・ジョーカー」が「照柿」と関連するような気がするのですが。

……という条件を踏まえて、どういう順番で読めば良いかアドバイスをお願いします。
また、3作品というと上記の3つで終わってしまいますが、「いや、ぜひこれも!」という作品が他にありましたらご推薦をお願いします。4冊目の候補に入れてみるかもしれません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
高村薫氏の作品は一応、全部読破しています。

どの作品もなかなかとっつきにくい文章構成なので(難しいというより、緻密すぎて回りくどく思えるかと…私はそこが好きなんですが)、初めて読まれるのでしたら「照柿」はあまりオススメしません(笑)

「マークスの山」「照柿」「レディ・ジョーカー」は、おっしゃる通り登場人物が共通しているシリーズもので、合田雄一郎という刑事が主人公です。
どれも1作完結なので順序はそれほど関係ありませんが、上記の順が一般的かなと思います。

個人的には、新潮文庫の「黄金を抱いて翔べ」がイチオシです♪
または同出版社の「リヴィエラを撃て」や、講談社の「李歐」などもオススメですよ。

Q高村薫さんの「太陽を曳く馬」について

高村薫さんの「太陽を曳く馬」の単行本が発売されました。
そこで雑誌などでもう読まれた方にお聞きしたいのですが、この作品は「晴子情歌」「新リア王」を読んでいないとわからないでしょうか?

実は高村さんの作品はほとんど読んでいるのですが「晴子情歌」は作風が変わったようで取っ付きにくく、このシリーズは読んでいないのです。
合田刑事のシリーズは大好きなので「太陽を曳く馬」の発売を楽しみにしていたのですが、帯などを見るとどちらかというと「晴子~リア王」の登場人物がメインなのかな、という感じを受けました。

「太陽~」だけ読んでもいいものか、「晴子~」から読むべきものか、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。

福澤彰之を理解するには『晴子情歌』を読んだ方が良いですが、
読まなくても支障ありません。

津軽の資産家で有力政治家の福澤榮が、出征中の弟の嫁・晴子を
強姦して産まれたのが福澤彰之で、周囲もその事を知っている。
帰還兵の弟(画家)は、兄の子と知りつつ晴子・彰之と暮らす。
東大(理系)を出て遠洋漁業の船に乗った彰之に、晴子が手紙を送る。
(彰之の船の中の暇つぶしはアフガン編み)

予備知識は、これだけで充分です。

Q桐野夏生さんの作品でオススメを教えてください

桐野夏生さんの作品は、アマゾンのユーザーレビューで見ると、どれもこれも評価が高く、TVでもとあるコメンテーターが「おもしろい」と言っていたので、そのコメンテーターが言っていたグロテスクを購入して読んでみたのですが、作品に入り込めないというか、おもしろさがわかりませんでした。
ですが、ここまで評価の高い作家さんなのですから、どれか1つくらい「おもしろい!」と思える作品があると思うんです。
評価の良いグロテスクがおもしろいと思えないなんて…と、ちょっとショックというか、悔しいといいますか、自分だけ桐野作品のおもしろさのわからない仲間はずれのような気分でして(笑)

当方、20代の男です。どれがオススメ作品でしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。
差別、軋轢、劣等感etc
浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。

「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立(明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。

今の僕は苦手だ。。。
唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったんじゃないか…なんて思い悩むときに、あんなもん読むと気が滅入る。
といいながら、特に気が滅入りそうなのばかり4冊も読んでいる。(笑)

人間の「負の部分」を楽しんでしまえる気力というか、ある種の黒い強さがみなぎっているときには、良いかもしれません。
「真人間」に戻りたくなる。(笑)
4つの中ではね、僕は「OUT」と「ダーク」が面白いとは思う。
しかし、読後感の救いの無さは浅田次郎と対照的!(笑)

逆に言えば、20代の男で桐野夏生作品に共感できるって、あまり良い人生じゃない。(笑)
だから、貴方、安心していいヨ♪

#3です。

蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。
差別、軋轢、劣等感etc
浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。

「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立(明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。

今の僕は苦手だ。。。
唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったん...続きを読む

Q京極夏彦「絡新婦の理」における蜘蛛について(もろネタバレ)

「絡新婦の理」を読んで、なんだか分からないことが一つあります。真犯人(というか蜘蛛)が誰なのか、とかは読めばはっきりと分かるのですが、
蜘蛛の動機って結局なんだったのでしょうか?
 
業を背負った自分の一族を根絶やしにして、かつて自分に淫行をはたらいた男を抹殺して・・・。そこまでは、まあ、いいんですけど志摩子
たちを殺した(死に至らしめた)理由がよく分かりません。蜘蛛は過去に売春組織(AAだったかSAだったかってやつ)にいて、そこの同僚
だったんですよね?その過去を消すためなのでしょうか?そもそもなんで売春組織に入ったんでしょうか?お金も家もあるでしょうに。

そこがどうしても分かりません。しかも、中禅寺は「あなたはこのような結果になるのを知らなくてやったんですね」とか言ってましたよね?蜘蛛はど
こまで予測して何を期待してあんな行動を起こしたのでしょうか?

このいくつかの私の疑問に対して(部分的にだけでも)「こうなのでは?」というご意見のあるかたのお返事を待っています。たいしたことではないよ
うですが、気になりだすと気になるものでけっこう困っています。どうかよろしくお願いします。

「絡新婦の理」を読んで、なんだか分からないことが一つあります。真犯人(というか蜘蛛)が誰なのか、とかは読めばはっきりと分かるのですが、
蜘蛛の動機って結局なんだったのでしょうか?
 
業を背負った自分の一族を根絶やしにして、かつて自分に淫行をはたらいた男を抹殺して・・・。そこまでは、まあ、いいんですけど志摩子
たちを殺した(死に至らしめた)理由がよく分かりません。蜘蛛は過去に売春組織(AAだったかSAだったかってやつ)にいて、そこの同僚
だったんですよね?その過去を...続きを読む

Aベストアンサー

茜さんは自分の居場所が欲しかったわけですよね。
それが柴田財閥の御曹司の嫁の座だったわけです。
柴田財閥の御曹司の嫁になるためには売春組織にいたという過去は都合が悪すぎますね。なので、彼女がそうゆう処にいたということを知ってる人たちを抹殺したわけです。
茜さんが売春組織にいた理由は、たぶん、薬学の学校の学費か何かのためじゃないかと私は思ってました。織作の家から出て、織作からの援助なしで自分一人で何か手に職をつけるにしても、大変な時期だったと思いますし。
絡新婦としての狙いは、売春組織にいた同僚・上司・
あとは自分の父親探し、じゃないでしょうか。
渡辺小夜子の父親も麻田夕子の父親も、茜さんの父親ではなかった、と京極堂は言ってましたし。
けれども、そのループを越えて犯罪はどんどん次の犯罪を生み出してしまった。それでも、葵と碧は殺さないと、柴田の嫁の座は彼女たちに奪われてしまうでしょうから仕方なかったんだと思うんですけど。
殺すはずじゃなかった人ってのが誰か、逆に解らないですけどねえ。(^^;

私はこうゆう風に解釈してます。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q東野圭吾「片想い」のラスト

最近、東野圭吾さんの作品を読み始めて、
「さまよう刃」、「秘密」と読んで、一番最近には「片想い」を読みました。
それでラストなんですが、いまいちよく分かりません。
「日浦と中尾が一緒に旅をしている」と安西が言っていましたが、
中尾はもう死んでしまっているので、美月一人でいるのでしょうか?
しかしその後に「片想いが実った」と言っているし、安西が真実を語っているともあるので、美月と理沙子が二人で旅でもしてるのかと思ったのですが、
哲郎の、理沙子からの写真を皆に見せた後に、哲郎は彼女を見送った時の思い出しますよね。
その時は、彼女は、「QB」と言っています。
ということは彼女とは美月なのでしょうか?
すごい混乱しています。ただでさえ戸籍交換で混乱しているのに…
ラストはどういった意味になるのか誰が誰であるのか、分かる方教えてもらいたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門的な読み方はできないですし、自信は全くないですが、私の意見を書きますね。数ヶ月前に読んだきりで、今手元に本が見つからないので、もし勘違いとかあったらごめんなさい。

中尾は別れた奥さんを傷つけないよう、身元がわからないよう焼身して海に突っ込んでいきます。体は死んでしまったのに、中尾は書類の上では生きていることになります。
中尾が自殺したあと、車に乗った3人が警察に呼びとめられて、美月が中尾としてその場をやり過ごすようなシーンが確かありましたよね?
あそこで、宙ぶらりんになってしまった中尾の存在が美月に引き継がれたのだと私は思いました。(あくまで存在を引き継いだだけで、中尾の戸籍を美月が受け継いだというわけではないと思います。美月のなかに中尾も生きてる、みたいな感じでしょうか?)

だから、旅をしている美月は美月でもあり、中尾でもある。美月は女としての自分と男としての自分の両方を、「美月」と「中尾」という2つの名を持つことで手に入れたのだと思います。メビウスの輪の表裏のように(でしたっけ?うろ覚えなのですが・・・)一つになれないはずの男と女の両方を、美月は手にいれた(=「片想いが実った」)。

哲郎が見送った「彼女」は理沙子だと思います。おそらく理沙子は夫婦の仲をもう一度見つめなおすために、あえて学生時代に使われていた「QB」という呼び方をしたのではないでしょうか。

感想みたいになっちゃいました。
駄文ですが、なにか参考になる部分が少しでもあったら幸いです。

専門的な読み方はできないですし、自信は全くないですが、私の意見を書きますね。数ヶ月前に読んだきりで、今手元に本が見つからないので、もし勘違いとかあったらごめんなさい。

中尾は別れた奥さんを傷つけないよう、身元がわからないよう焼身して海に突っ込んでいきます。体は死んでしまったのに、中尾は書類の上では生きていることになります。
中尾が自殺したあと、車に乗った3人が警察に呼びとめられて、美月が中尾としてその場をやり過ごすようなシーンが確かありましたよね?
あそこで、宙ぶらりん...続きを読む


人気Q&Aランキング