現在国会で薬事法改正が議論されている由ですが、この度の薬事法改正(特に元売り承認制度への転換)が、業界に与える影響(下記質問)について教えて下さい。
【質問】お聞きしたい事は;
●製薬業界、医療機器業界&化粧品業界にどのような影響があり、
●製薬業界、医療機器業界&化粧品業界はどのように変貌するのでしょうか?
●製薬&医療機器の主要企業はどのような戦略を考えているのでしょうか?
●医薬品、医療機器ビジネスに携わる企業にとって何が大切になってくるのでしょうか?
●既に元売り制度導入している欧米ではどの様な結果になったのでしょうか?
少し専門的ですがよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

盛りだくさんのご質問ですネ。


予想されることについて,述べてみましょう。
今般の法改正は大手企業には有利な改正となります(それを目的としている面が大きな改正ですから)。
小規模メーカーは自社製造を止めるでしょう。そして,大手企業に製造委託を行なうこととなるでしょうネ。多くは自社ブランド名で大手メーカーに製造委託することとなるでしょう。
一方,大手メーカーは製造部門を独立させて切り離し,その運営費が浮いた分を研究開発費に回すこととなるでしょう。さらに,同時に海外治験例の積極的受け入れについても改正されますから,国際競争力が強くなる(と期待しています)ことでしょう。
一方,中小規模の製造メーカーには二つの選択肢があるでしょう。従来の路線で外部に製造委託して販売に専念するか,或いは,自社の販売は縮小し,他者製品の受注生産が中心となる戦略のいずれかを選択することとなるでしょう。
そして,多くの企業は淘汰されることが予想されます。
また,市販後調査が非常に強化されますので,企業責任は非常に大きくなり,その結果として,また,多くの企業が淘汰され,さらに医療機関も連動して影響を受けることが予想されます。
規制緩和となる部分について積極的に行動する企業は生き抜き,大きく発展するであろうと思われる一方で,既得権としての許認可の恩恵にしがみついている企業は衰退することとなるでしょう。
また,海外からの参入が容易になることから,国際的な視野を持つ企業が生き残れる状態となるでしょう(それを目指した改革であるのですから)。
欧米では,自由競争が行なわれる一方で,やはり,大きな企業責任を持ち,政府の規制以上の自主管理が行なわれていますネ。
簡単に個人的見解としての予想を‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさんご回答ありがとうございます。
洞察力の凄さに驚くばかりです。感激いたしました。大変良く分かりました。
ご回答の中に「… 医療機関も連動して影響を受ける …」との件りがありますが、医療機関が受ける影響とはどのようなものでしょうか?その影響は、開設者別(あるいは規模別にではいかがでしょうか?

お礼日時:2002/02/16 11:22

市販後調査に関しては,医療機関からの報告が完全義務化されます(報告義務違反に対しては罰則付き)。

従来の任意の部分がなくなり,全ての副作用についての報告が必要となります。そうすると,頻繁に報告しなければならない製剤についての使用は‥
また,大学の独立採算化の影響から,大学医学部は生き残りをかけて,大学附属病院は研究機関・教育機関としての本来の位置付けが更に明確に進むことが予測されますネ。
医療費の負担増に関連して,医療機関全般の経営も苦しくなることでしょう。
さらに,現在ヒアリングが進められている薬価改正により,小規模メーカーは大きなダメージを受けます。大手メーカーが優遇される薬価引き下げとなりますから‥
今,医療関係は大きな変革を迎えようとしています。
複数の要因が絡まりあって,おそらく,数年以内に大きな変化が起こるでしょうネ。
その中では企業は生き残るために情報を収集し,対策を立てていかなければならないでしょう。
医療従事者も同じです。
また,一般の人も。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawa様 詳しいご回答ありがとうございました。
kawakawa先生とお呼びすべきですね。
大変勉強させていただきました。
お礼申し上げます。
今後ともいろいろな事をご教示下さい。

お礼日時:2002/02/16 21:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療機器メーカーと製薬メーカーのMRの違い?

最近、就職活動を通じてMRという業種の需要が多いなと感じてます。国内外の製薬会社、または医療機器メーカーの説明会にいくつか参加したんですが、私は、いまだに製薬会社と医療機器の営業の違いがいまいち分かりません。

製薬は、どうしても類似品が多くなりそこで医師に買ってもらうためには接待やらで医師との人間関係に深く関わる”付加価値”をつけていく必要もかなりあるが、医療機器の営業はそこまで接待などの必要はない・・と、説明する機器メーカーがありました。

正直、製薬と医療機器の営業ってそんなに違いがあるのだろうか?と疑問に感じました。そこで、もしご存知の方いましたら、医療機器と製薬の営業の違いはあるのか、あるならばどのような違いがあるのか教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

某医療機器メーカーで営業をしています。
MR(医薬情報担当者)は製薬会社の方が持っている場合が多いです。
試験は割りと難しく、製薬関係の営業は結構苦労してます。
我々機器営業は特に必要しません。と言うか取る気もありません。無くても出来ますから。
医療業界イコール接待の図式は、私の会社はありません。国公立の病院が顧客の為、接待の事実が判明したらDrは左遷か、下手したらクビです。
製薬会社と違い機器メーカーは、世界に競合他社がいない或いは数社程度の場合が多いです。(当社も他社がいません)
ですから接待の機会は殆どありません。強いてするなら、機器購入後のお礼の食事くらいですね。
勿論盆暮れの付け届けはありますよ。
但し機器メーカーの営業は、購入までに2~3年は要します。Dr,技師,看護士との人間関係の構築に始まり、病院事務所の折衝も重要な営業の一環です。
どんな業種の営業と同じで、根気がないと出来ません。
定期訪問と、顧客が何を求めているかを常に考え行動することが一番大事です。結局営業の基本です。
傍目でみて製薬メーカーは大変と思いますが、彼等と話すと機器メーカーは大変と思っている様です。お互いに大変と思うのが現状ですかね。
一昔と違い値引きもやらなくなりました、設定価格自体を下げるのが現在の流れです。
手術の立会いもありますが、慣れの問題です。
最後になりますが、24時間待機で携帯に連絡が入るのが難点ですかね?
遣り甲斐のある業種ですから、是非進まれるよう期待します。

某医療機器メーカーで営業をしています。
MR(医薬情報担当者)は製薬会社の方が持っている場合が多いです。
試験は割りと難しく、製薬関係の営業は結構苦労してます。
我々機器営業は特に必要しません。と言うか取る気もありません。無くても出来ますから。
医療業界イコール接待の図式は、私の会社はありません。国公立の病院が顧客の為、接待の事実が判明したらDrは左遷か、下手したらクビです。
製薬会社と違い機器メーカーは、世界に競合他社がいない或いは数社程度の場合が多いです。(当社も他社がい...続きを読む

Q医療におけるヒヤリ・ハットや医療事故を減らすには医療機関はどのような対

医療におけるヒヤリ・ハットや医療事故を減らすには医療機関はどのような対策をとるべきでしょうか?

Aベストアンサー

医療安全委員会は必須ですし、事例報告やモニタリング、職員教育などは当然ですが・・・。
ヒヤリ・ハットと医療事故は別次元の問題です。
もちろんハインリッヒの法則は有りますが、ヒヤリ・ハットはなくす事は出来ません。
減らす事も難しいでしょう。
なぜなら、
・人間がやっている・毎年新人が加わる・医療技術は日々進歩している・社会の要求が増加しているなど
我々が、車を運転している状態を考えも、必ずヒヤリ・ハットは経験します。
でも、事故に成る事は滅多にありません。
ヒヤリ・ハットを経験する事で事故を防いでいる・回避しているとも言えます。
医療事故も同じで、ヒヤリ・ハットを積み重ねる事で、医療事故を防げると考えられます。
無理にヒヤリ・ハットを減らそうとすると(ヒヤリ・ハット報告が多い病院は悪い病院)隠そうとするのが、人の常です。それは逆効果です。大事故を招きかねません。
ヒヤリ・ハット報告は大いに出して貰って、注意を喚起して、医療事故を減らすのが本当でしょう。
回答としては、「医療事故を減らす為に大いにヒヤリ・ハットを活用しよう」でしょう。

Q無線LANの医療機器への影響について教えてください。

携帯電話は医療機器への影響が大きく問題となっていますが、無線LANについてはどの程度医療機器に影響があるか教えてください。
また、病院内でポケベルの使用は大丈夫ですが携帯電話が使用できないのは周波数の違いなのでしょうか?出力の違いなのでしょうか?それとも別のもんだいなのでしょうか?

Aベストアンサー

>>携帯電話が使用できないのは周波数の違いなのでしょうか?出力の違いなのでしょうか

強いていえば出力が問題になります。 
一般デジタル携帯電話最大0.8W(800mW) CDMA方式携帯電話最大0.2W(200mW)。 
ちょっとしたトランシーバー以上の強力な出力です。
医療機器への影響が懸念されるので使用禁止になっています。

無線LANに関しては出力が10mW以下しか認可されていなかったはずなので
影響は少ないでしょうが、導入しないに越したことがありません。
医療機器によっては外来電磁波対策ができていないものもあります。
内部のLSIチップにシールドを掛けなくてはならないのもあるでしょう。
対策費用も馬鹿にはなりません。
もし、やむをえず導入するのならば医療機器から上下左右最低30センチ離して
ください。 また、電磁波対策が施されている機器を揃えてください。

Q身内に医薬品卸業界にいる人は医療機関に勤務できないのか?

ある方の話です。

夫が医薬品卸商社に勤務しています。
その妻は医療事務の資格を持っています。

しかし、その妻が医療機関に面接を受けに行き、夫の職業を聞かれ、その結果必ず不採用になる、というのです。

その理由は「医薬品の卸値がばれてしまうから」とのことらしいのです。

これって本当なのでしょうか?
私にとってはどうでもいい話なのですが、気になったもので…。

Aベストアンサー

そんな事は無いと思います。
「医薬品の卸値がばれてしまうから」が理由とされていますが、ばれて困るのは卸(旦那)の方で、医療機関(妻)側は知りたい情報でしょう。
一般的には医療機関は薬を買う方で、卸値が判れば値交渉がやりやすく有利です。
逆に、医療機関内の情報が→妻→旦那→業界→他の医療機関と広まる事を心配しているのかも知れません。

Q薬事法改正の内容と情報源は?

薬事法の改正について教えていただきたいと思います。
(1)現在、薬事法が改正されようとしていると聞きましたが、どのように改正されようとしているのか?
(2)また、どのような所を見れば情報収集できますか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

(1)業態許可が大幅に変わります。立場上,詳細は書けませんが,現在の輸入販売業や製造業はなくなります。市販後調査が義務付けられます。新規参入は容易になり,既得権は原則としてなくなります。この通常国会で決議される予定です。
(2)そうですネ‥現在のところ‥一般の方による情報収集は困難であろうと思われます。とりあえずは,まだ公表されていませんが,厚生労働省のホームページをこまめにチェックされることでしょうか。昨年複数のマスコミがある程度の内容は報道していたと記憶していますが‥
一般に対しての意見収集が行なわれるときには詳しい内容が公表されます。
一応,少々関与しているところもあるので,専門家としておきます。
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報