5、6年前、小学生の頃に読んだ本で、内容しか覚えていませんが、どうしても探したい本があります。私の記憶によると、その本にはある家族が主として登場し、その父母と子供(恐らく3人兄弟で兄、姉、そしてこの本で主人公的な末っ子の少年)が次々と殺人事件に巻き込まれていきます。その事件の犯人は末っ子の少年で、動機もかなり複雑だったように思います。たしか、「兄」は少年に大鍋に入れられて殺されてしまいます。そしてその少年は「姉」(結局は殺されてしまいますが。)を1番慕っていて、彼女を殺害するのに非常に苦しんだ記憶があります。さらに、これも確かではありませんが、本の中で「アトリエ」と「木に吊るされたブランコ」が登場していた記憶があります。本の最後のページには何かの簡単な楽譜が印刷されていました。
 当時、この本を小学校の図書室で読んで、とても深い衝撃を覚えました。にもかかわらず、内容しか覚えていないというのも恥ずかしいことですが、どうかみなさんのお力を貸していただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「幸せな家族―そしてその頃はやった唄/鈴木 悦夫」です。


偕成社 ; ISBN: 403790330X
価格:\680
となっています。
もともとは、「鬼が島通信」という同人誌に連載されていたものでした。
物語を通して、不気味な歌がモチーフになっているんです。ちょっとアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」のような感じです。歌詞はうろおぼえなのですが、少年が次々に人を殺して行く内容で(実際その内容どおりに家族が殺されていきます)最後は「たいくつまぎれにチッチッチ、目玉のプリンを食べました」ということばで終わっていました。
奇妙に記憶に残る物語ですよね。少年がかかわる・・・というタイトルを見て真っ先に思い出したのがこれでした。これですよね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわああ!!題名も作者も覚えてなくて、自分の記憶だけが頼りだったので、半分諦めていましたが、こんな良回答をいただいてビックリしてます!!そうです!!「たいくつまぎれにチッチッチ・・・」これも記憶の彼方からよみがえりました。本当にありがとうございます!!早速買いに行きますので・・・まだ売ってますよね。

お礼日時:2001/02/13 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q本の登場人物の名前・・・

小説などの登場人物の名前で、「千恵」という人が出てくるものを探しています。知っている方は教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

No.2の者です。

ご質問、理解しました。
それではいくつか該当するものを載せますね。
★印は絶版になっているものです。
●赤川次郎/著:三毛猫ホームズの大改装(リニューアル)
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30904272
●菊地秀行/著:逢魔が源内
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31410304
●梓林太郎/著:草津・白根殺人回廊
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31402920
●深沢豊/著:幻月(ムーンイリュージョン)
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31376655
●風早恵介/著:若さま恋慕頭巾
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=19783849
●竹河聖/著:眠れる死(タナトス)★
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=28362193
●竹河聖/著:現象(フェノミナン)★
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=28393957
●清水一行/著:私刑(リンチ)七人心中★
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=19807026
※下の本は厳密に言うと千恵子という女性が出てきますので違うのですが一応入れておきます。
●内田康夫/著:歌わない笛
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30442347

特定のオンラインショップのURLばかりですが、他意はありません。(ここのサイトは使い慣れているので)
まだあるとは思いますがこれくらいしか探せませんでした。参考まで。

No.2の者です。

ご質問、理解しました。
それではいくつか該当するものを載せますね。
★印は絶版になっているものです。
●赤川次郎/著:三毛猫ホームズの大改装(リニューアル)
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30904272
●菊地秀行/著:逢魔が源内
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31410304
●梓林太郎/著:草津・白根殺人回廊
 http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=31402920
●深沢豊/著:幻月(ムーンイリュージョン)
 http://www.esbooks.co.jp/books/...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qいろんな登場人物の物語が絡み合うストーリーの本をご存じないですか?

いろんな登場人物の物語が絡み合うストーリーを探しています。
がっつり絡み合わなくても、「あるレストランでの各テーブルでの人間模様」、みたいなのも好みです。
恋愛でもミステリーでもジャンルは問いません。

例えば本では恩田陸さんの「Q&A」、江國香織さんの「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」
映画でいえば、「ラブアクチュアリー」「ディナーラッシュ」みたいな感じです。
是非皆さんのオススメを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

例に挙げていらっしゃるのと同じような感じで思いつくのは
恩田陸「ドミノ」
伊坂幸太郎「ラッシュライフ」

がっつり絡み合わなくてもよろしければ
伊坂幸太郎「死に神の精度」「終末のフール」
小川洋子「寡黙な死骸みだらな弔い」
柴崎友香「きょうのできごと」
真保裕一「灰色の北壁」
唯川恵「永遠の途中」
他にもあるのでしょうけれど、思いつくのはこのくらいですね。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qいろんな登場人物の視点から描かれている本

いろんな登場人物?の視点から描かれている本を紹介してもらえませんか!?
下記に例えばこんな感じのものっていうのをあげています!

恩田陸「ユージニア」
伊坂幸太郎「グラスホッパー」
横山秀夫「半落ち」
乃南アサ「凍える牙」
村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

最後2作はちょっとニュアンスが違うかもしれませんが・・・
昔に読んだのでイメージで挙げてます。

はっきりと章が分かれているものでも、そうでないものでも幅広い意味で捉えてもらって大丈夫です!
ジャンルも問いません!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例にあげてらっしゃるから、伊坂幸太郎作品は既読なんですよね?
『ラッシュライフ』なども。

今野敏『ビート』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/410132154X.html

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q「優しくなければ生きていく資格がない」というセリフが登場する本

レイモンド・チャンドラーとかいう人の本の中らしい、と、いうことまでは調べました。なんと言うタイトルの本を買えば出てくるのでしょうか?今とても気になっている言葉で、どうしても知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

『プレイバック』だったと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150704538/ref=sr_aps_b_/250-4571600-0301853

http://www.eurus.dti.ne.jp/~asayama/hibi37.htm

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150704538/ref=sr_aps_b_/250-4571600-0301853

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q記憶を失うテーマの本

タイトルのまんまです。
「記憶を失う」というテーマの本を探しています。
「ぼくらはみんないきている」という本は読みました。
それ以外でおすすめの本があったら教えていただけないでしょうか。
漫画は却下です。
色々条件を出しましたがどうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

小野卓司の『47年目の帰郷』はどうでしょう?
聴覚・言語障害で人とのコミュニケーションもままならない記憶喪失の少年が、
多くの人々の助けによって故郷へ帰るまでの感動ノンフィクションなんですが、
推理小説的展開がおもしろいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報