oe6を使用しています。リッチテキストメールで長いURLを送信すると、折り返した部分からも、リンク先へ指示できるのですが、テキストメールだと折り返した部分から色がいつもの黒表示になり、リンク先へ指示できません。テキストメールでもリッチテキストのようにうまくリンク先を指示できませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

OE6は送信時に自動的に改行を入れるようになっています。


ツール-オプション-送信タブの「HTML形式の設定」「テキスト形式の設定」で**文字目で折り返すというやつです。(困ったことにこれは折り返しをしない設定にできないんです。)
ご質問のケースはこの自動改行によってURLの途中に改行が入ってしまったためにうまくリンクを認識してくれないのです。(HTMLでは表示されている文字とは別にリンク情報が記述されていますので、表示されている文字に改行が入っても問題ないのです。)
従ってテキストメールでこの問題を回避するにはURLの途中で改行されないようにURL部分を一行に収めることが基本です。(場合によっては自動改行の文字数を変えることも必要でしょうが、そうすると当然ながらレイアウトが変化してしまいますのでそれを承知の上でやることになります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

glucose様へ
大変参考になりました。質問内容の意味が届かないのでは・・・?と
心配しておりましたが、私の謂としている回答でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwin95のOE5→winXPのOE6へ受信メールを移動させたい!

新しくパソコン(winXP,outlook express6)を購入して、前のパソコン(win95,outlook express5)から受信メールとアドレス帳を移動させたいのですが、うまくいきません。インポートをしてもoutlook express4と6しかなくて5が選択できません。どうやったらうまく移動させられるか教えてください。

Aベストアンサー

これ以外にも、もっと簡単に移す方法があるかもしれませんが…。

アドレス帳は、
OE5から、一度CSVファイルにエクスポートして、OE6にインポートすれば出来ると思います。
メールのデータは、
Windowsは、95、XP以外のバージョンを持ってませんでしょうか?
例えばWin98があれば、
(Win95,OE5)→(Win98,OE5)ここは、ファイルのコピーでデータが移せます。
(Win98,OE5)→(Win98,OE6)これは、IE5からIE6へのアップデートでデータの変換が出来ます。
(Win98,OE6)→(WinXP,OE6)ここは、ファイルのコピーでデータが移せます。
それ以外にもMS-OFFICEのOUTLOOKがあれば、いったんそちらにエクスポートすれば変換できます。

Qメールの中のURLリンク先の指定方法

アウトルックエクスプレスを使っています。
現在、メールの中にURLを入れるとURLへのリンク下線がつくようになっています。
届いたメールのURLの下線がついている部分をクリックすると、今までは自動的にIEが開いてホームページが見られるようになっていたはずなのですが、いつからか、なぜかクリックするとマイコンピュータのCドライブの中身が開くようになってしまいました。
ちなみにメール中のアドレスをコピーしてブラウザを立ち上げ、アドレス欄に貼り付ければ正常にページは見られます。
知らないうちに私がどこか設定を触ってしまったのでしょうか・・・?

また、メール中のURLにリンクを張らない設定の仕方とかもあるのでしょうか。
お分かりになる方、ぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Internet Explorer 起動時に次
(1)[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
(2)[プログラム] タブをクリックします。
(3)[Web の設定のリセット] をクリックします。
これで直ります。

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/J040/1/09.htm

Qメール(リッチテキスト)で文字の取消し線

基本的な事で恐縮です

OEのリッチテキスト形式でメールを作成の場合
文字修飾として下線はありますが、取消し線を入れる事は可能でしょうか?
又、OE以外のメールソフトではどうでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

取消線のタグは
<STRIKE>文字列</STRIKE>

文字列部分にお好きな言葉を入れる


なのでOE→メールの作成→表示→ソース編集→ソースタブクリックにて
ソースにタグを書き込めばOKです。

ソース編集が苦手な場合は

メモ帳に
<STRIKE>文字列</STRIKE>
と入力して適当な名前を付けて保存します。このとき拡張子は
「html」にして下さい。

それをIEで開きます。

IEで開けば取消線が入った文字列が出来ているのでそれをドラッグして右クリック→コピー

あとは普通にOEのメッセージ作成画面内で右クリック→貼り付けでできると思います。


これで出来たらとりあえず自分に送信してうまく表示できているか確認してください。

Qリッチテキスト形式メールの危険性は?

 今、社内で日報をリッチテキスト(HTML)形式メールで浸透させる計画があります。もちろん、全員がOutlookExpressを使っているため文字化けの心配などはありません。しかし、リッチテキスト形式だとウイルスの危険があるという声があがっています。

 日報ですから簡単な表の形態です。FrontPageである程度の表の形を作り、それをOutlookExpressのほうに貼り付けてリッチテキスト形式のメールを作成しました。その日報テンプレート?メールは名前を付けて保存しておいたので、あとは氏名や内容を挿入し送信するだけで済むようにしました。

 今時点でそのテンプレートメールにはウイルスは存在していません。今後はそのメールを社内に配り、そこに内容を記入して送信してもらう計画でいるわけです。さて、このような状況において果たしてそのリッチテキストメールにウイルス(ワーム)が混入する危険性はどれだけあるのでしょうか?

 ウイルスの混入する危険があるとすれば、どういう形が想定されますか?予防策などはありますか?そのへんも合わせて教えていただければ助かります。

※ちなみに、今はテキスト形式メールにワードで作成した日報ファイルを添付し送信しています。

 今、社内で日報をリッチテキスト(HTML)形式メールで浸透させる計画があります。もちろん、全員がOutlookExpressを使っているため文字化けの心配などはありません。しかし、リッチテキスト形式だとウイルスの危険があるという声があがっています。

 日報ですから簡単な表の形態です。FrontPageである程度の表の形を作り、それをOutlookExpressのほうに貼り付けてリッチテキスト形式のメールを作成しました。その日報テンプレート?メールは名前を付けて保存しておいたので、あとは氏名や内容を挿入し送信す...続きを読む

Aベストアンサー

>社内で作り使いまわしているリッチテキスト(HTML)形式メールに限って言えば、
>そのメール自体にウイルスが混入する可能性はゼロとはいえないのでしょうか?

はい、社内で作り、その中だけで使いまわしているメールであっても、
ウイルスが混入する可能性はゼロとはいえないということです。

リッチテキストやHTMLのデータ部が書き換えられて、
ウィルスとして悪さをする場合もあるでしょうし、
新たに別の不正データ部が付いて、ウィルスとして機能することもあるでしょう。

配布される日報テンプレートの、個人レベルの日頃の管理、
テンプレートやメールが保存されるコンピュータの稼動の状況、
テンプレートを開くソフトやいっしょに保存されるデータの状況、等々
について思いを巡らせば、たとえ社内イントラネットといえども、
アリの這い出る隙もないほど完璧だなどとは誰も断言できない、
それが現実ではないでしょうか。

結局、完全なシステムというものはなく、特にメールシステムの場合、
添付ファイル、HTML形式、リッチテキスト形式などのように、
マルチパート部を付加する形式はリスクが大きいということ、まずこの認識が大前提です。

しかし、そうはいっても、やはり、
社内でメール利用の実績が既にあって、それなりに成果が上がっている、
テンプレート形式による日報の読み易さ、扱い易さはそれなりに評価できる、
ということで、次に考慮すべきことは2点です。

まず、第1は、感染のし易さ、またもしウィルスが入ったとして、
その影響を最小限にとどめたい場合、現在どういう選択が可能かという点。
これについては、前回申し上げたように、
HTML形式メールは最もよく狙われており、リスクも大きいこと、
リッチテキスト形式によるテンプレートによるメールについては、
現在までのところその限りではないこと、というのが結論です。
あくまでも現在までのところというのがミソです。

第2は、ウィルス問題の本質は、
どの方式が感染しにくいかということもさりながら、
システムの運用の仕方がルーズである限り、どんなシステムを導入しても、
起こり得る結果の重大さに大した違いはなく、その意味で、
担当部署・管理者の果す役割がますます大きくなってきているという点。
以下に、そのためのヒントを整理してみました。

(1)個人でできること
意味不明な件名のメールは開かないで捨てる。
意味不明の添付ファイルは開かないで捨てる。
ディスクのチェックをときどき実施する。
これらは、メールのヘビーユーザが、皆等しく言うことです。
これを社内でキャンペーンすること。

(2)チェック体制
ウィルスの脅威はなくならない。
かといって、社内全体を一律に高度なウィルスチェック体制に組み込み、
管理主義的に、がんじがらめにする必要もない。
少なくとも、日報の性格から、集約・管理する部門・人がいるはずだから、
最低その所だけでも、日常的に手軽にチェックできる仕組みの導入を考える。

(3)情報開示
ウィルスがもし見つかったとき、影響を最小限に食い止める対策を
シミュレートして確立しておく必要があります。
また、そのような情報をどう皆に伝え、今後に役立てていくかを考えること。

(4)人為的ミス
ウィルスではありませんが、
利用者の誤った操作によって、テンプレートに変更が加えられ、
それが見過ごされたまま、新規テンプレートとして再配布され、
データ書式が変わり不都合を生じるなどといったことも起こり得ることです。
この手の事故は最も起こりやすく、影響も大きいので、
テンプレートを常に最新のものに保つ仕組みが必要です。

さて、
HTML形式のテンプレートはリスク大、
リッチテキスト形式のテンプレートはまだその限りでない、
しかし、いずれにしろウィルスの可能性があるのは当たり前、
それを認めた上で、
(1)草の根の部分で、日頃何ができるか。
(2)担当者、管理者として、もしものとき、影響を最小限に食い止めるには
日頃からどんな対策を立てておくか
というのが、この手の問題に対する基本的スタンスであろうと思います。
これによって、リッチテキスト形式テンプレートによるメールのウィルスの脅威は、
かなりの率減らせるのではないでしょうか。

いつも長くなって恐縮です。

>社内で作り使いまわしているリッチテキスト(HTML)形式メールに限って言えば、
>そのメール自体にウイルスが混入する可能性はゼロとはいえないのでしょうか?

はい、社内で作り、その中だけで使いまわしているメールであっても、
ウイルスが混入する可能性はゼロとはいえないということです。

リッチテキストやHTMLのデータ部が書き換えられて、
ウィルスとして悪さをする場合もあるでしょうし、
新たに別の不正データ部が付いて、ウィルスとして機能することもあるでしょう。

配布される日報テンプ...続きを読む

Q受信メールのリンクをクリックすると、音が出てリンク先にいけません

outlook受信メールのリンクをクリックすると、警告音?が出てリンク先に行けなくなりました。解決策を教えてください。 

Aベストアンサー

このページは参考になりませんか?

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;880611


人気Q&Aランキング

おすすめ情報