どのカテゴリで聞くべきか迷ったのですが、ここで聞くのが
一番良い意見をもらえそうだったので、この質問を哲学じゃないと
思われる方がいたら、すみません!!


“I DON'T WANT THE WHOLE WORLD. I JUST WANT YOUR HALF.”
「全世界より、君を半分欲しい」

こういう言葉が、或る映画で聞いてからずっと心に残っています。
この文章で気になったのが「半分」というところです。
どうして、「全部」じゃなくて「半分」と言ったのか。
この事について様々な意見を聞かせて欲しいのです。

ただ単に「半分」とすることで、「全世界」に対する比較(つまり、どれほど「君」を愛しているかという想い)が強まるから、という理由だけでしょうか?


色んな考えをお聞かせください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

これは求婚の言葉じゃないですか?


endersgameさんのご意見通りだと思います。
もともと配偶者のことをベーターハーフ、つまり「より良き半分」という習慣があって、それに引っかけて「世界全部よりも、より良き半分としての君がほしい」ってわけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

求婚だと言われると、そういう気がしてきました!!
こういう求婚の言葉をもらえると嬉しいです(笑
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 16:53

●そうですね半分としたのは 文学的理由が大きいとおもいます。


 JUSTがミソではないでしょうか・・・。

 この文の言わんとするところを もっと分りやすく言い直すとこうなるのでは。
 「わたしは この世の何物も欲しくない ただただあなたのひとかけらが欲しい。」
 
 THE WHOLE WORLD と JUST と YOUR HALF の組み合わせに文学性を感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくロマンチックな訳ですね。
言葉ひとつひとつに深い意図があるような気がしてきました。
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 17:03

今までのご意見に根っこから疑問を呈することになってしまうのですが、I want your half. というのは「君を半分ほしい」の意味ではないと思います。

例えば、僕と君とでケーキを半分ずつに分けた場合、「これが僕の分の半分で、これが君の分の半分」の意味で英語では、

 This is my half, and this is your half.

と言えます。つまり、your half というのは「君用の半分、2つに分けたうちの君の分」の意味になるのではないでしょうか。ここでいうと、「世界の全部ではなく、君の側の半分」みたいなことになりそうです。(「君を半分」なら I want half of you. とかになるのでは?)

さてこれがどういう意味になるのか? ちょっとわかりかねますが、「君が住んでいる世界、君が見ているとおりの世界を、僕も共有したい」くらいのところでいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画の字幕で「君を半分欲しい」とあったので
そういう意味にしか考えてませんでしたが、確かによく英文を見ると
Aliasさんの訳でも良さそうな気がします。
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 17:01

たとえば、まだ彼が「君を半分欲しい」と言ったとき、彼は「君」を「半分」も持っていない。

しかし、恋人であれ、家族であれわたしたちは誰かを所有することはできないのではないか。所有することができるなら、それを操作することもできるはずだけど、わたしたちには自分の恋人、自分の子ども、自分の誰かの予期せぬ行動を阻止することはできない。だから、半分すら所有できない。たぶん、一片だって所有できない。でも欲しい。…わたしはそんな人間一般の叫びとして読みました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁ、なるほど。
この言葉を言った時「まだ、彼は半分も持っていない」なんて考えもつきませんでした!!!
人間一般の叫びっていうのも良いですね。
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 16:58

一心同体。

その中には私とあなたがいます。つまり、心と身体も、すべて共有したいと言う切実な告白台詞の様に思いました。
  
もうひとつ、
世界を君と生きて行くために、君を半分欲しい。
なぜなら、僕の世界のすべては君であり、それでも君の半分を僕がもらうと言うのは、世界が僕と君で出来ている事になるから、。
君がいなければ世界はありえないのです。
 という告白じゃないかなぁと、私は考えます。

>「全世界より、君を半分欲しい」
日本文のほうが素敵ですね。よりというのは、てがみとかにつかうよりとしてみてしまいした。全世界の半分を君で満たしたい、半分は僕(世界)で満たしたい、それでやっと、と言う意味で。
 
結構頑固な解釈かもしれませんが、私にはこのようにしか考えられませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

君がいなければ世界は有り得ない、なんて凄くロマンチックですよね。
私も、日本文の方が素敵だと思います!!
そして、実は英文見る前は「より」はFROMの意味だと思っていましたよ!!
凄く素敵な回答ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/16 16:57

今晩は、僕もこういうことを考えることが好きです



>どうして、「全部」じゃなくて「半分」と言ったのか
世界に対する強調の他
あるがままの君が好きだから、自分が関わることで変わって欲しくない
主体性を大事にして欲しい

英語ってなかなかシャレていますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、半分って言うことで、変わって欲しくないって気持ちも
こめられていてもおかしくないですよね!!
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 16:55

wavegymさんのご質問を読んで、我が良き片羽「my better half」(配偶者のことですが)という言葉が思い浮かんだので

すが、それとこれとが関係あるのかは、まったくわかりません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あー、ベターハーフって言いますね!!!
そんなことすっかり忘れていました。
そういうのも関係していると思うと更に意味が深まりますよね!!
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 16:53

「全部」でも真意は伝わるとは思いますが、「全部くれ!」と言うと、何だか束縛してしまうような感じがあるので、「半分」にして、半分はあなた自身、もう半分は私に向けて下さい、というような謙虚な気持ちから出た言葉ではないでしょうか。


そのお国柄で良くある言い回しかもしれませんが、日本だと「半分」と言われても、どうも中途半端な感じがしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう謙虚なところが、またこの言葉を良くしていますよね。
それと、文化が違うと解釈の仕方も変わることにも気が付きました。
貴重な御意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 16:51

全部となるとその人を支配してしまう、占領してしまう、独裁的、奴隷的、個人の尊重がなくなる、という意味合いが強くなるから。


半分にすると、その女性は「私は私の意思があるけど半分はあなたのものよ」と考えることが出来るから。
っと、私は率直に思いました・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、確かにその通りですね!!
全部だと、束縛されるのが嫌いな人にはちょっと迷惑な言葉になりますよね。
貴重な御意見ありがとうございました!!

お礼日時:2002/02/16 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスサノヲの話を聞く気に、君はなるか?

哲学カテをご利用の方はご存じの通り、「スサノヲ」とは、他の方の作ったタームです。別にスサノヲと言わないでも、別のタームを使ってもいいのですし、それは類似する問題として項目4で示します。しかし、一つの現代的な問題を浮かび上がらせる手掛かりにはなるだろうと考え、敢えて、それを一つの理論とみなし、私の関心から自由に検討してみます。これは理論的にその意義を検討することを目的としており、個人の誹謗中傷とはなっていないはずです。なお、議論の背景を説明するために紙幅を多く使っていますが、質問は項目5で示しました。

1. スサノヲの定義
「スサノヲ」には神話的な意味があるそうですが、ここでは命名の由来を割愛し、むしろ、その機能に特化して、定義しておきます。なぜ由来を無視するかと言えば、ここでは「相手が話す気になるか、ならないか」というコミュニケーション問題に特化するからであって、スサノヲとアマテラスの神話の話を交える必要がないからです。
およそスサノヲとは、次のような存在であると、定義しておくことにします。
・専門的な知識がない人間である。
・しかし、モノを考えることは続けている。
・専門家でもないのに、専門家を批判(罵倒?)する発言を行う。
普通、知識がない者は、専門家に対して敬意を払い、「自分はわからないから黙っている」という態度をとるものです。しかし、スサノヲは違います。「俺も俺なりに考えている。それを聞いてもらおうじゃないか」という発想で、知らないことについても口を挟みます。その結果、正確な批判になっていることもあれば、ただの罵倒になっていることもあります。

2.スサノヲ批判
上記のスサノヲの態度は、「知識がない者は黙っている」という真理を追究する者らが普通に持っているコンセンサスを破っています。またKY「空気読めない」とほとんど同じです。
かつ、会話は、無益なものになることが多いのです。というのも、スサノヲには、「専門知識がない」存在であるのです。そこで堂々と語れば語るほど、一種の知ったかぶりになります。しかも、専門家ではないのですから、大体の場合、話が整理されていません。質問をされると、それに端的に答えることはできません。「これを説明すれば、自分の言いたいことを推測してもらえるのではないか?」という目測のものとで、関係ない神話の話をするとか、日本のために話しをしているのだ、と主張します。しかし、精密な議論とはこういうものではありません。そこで、多くの人は、呆れ果てて去って行きます。

3.スサノヲ的階級闘争
しかし、これは、スサノヲが傲慢で、知ったかぶりで、見栄っ張りだというだけのことなのでしょうか。もう少し、問題を掘り下げてみましょう。
現代では、様々なことが、専門性に特化しています。だから、ちょっとやそっと勉強した程度では「専門家」と認められません。そして、専門家ではない者は、発言できないという風潮が高まっています。原子力には原子力の専門家がおり、政治には政治の専門家がいる。専門のことは、専門家に任せなければならないという分業制が、現代では進んでいます。
だが、そうであるとするのなら、一般的な市民は、発言権がないのか。いえ、法的には発言権があるはずです。そして「専門家に任せておけばいい」という安易なことでもありません。たとえば、原子力はどうなりましたか? 年金はどうなりましたか? 社会保障制度はどうなりましたか? 任せておいた結果、おかしくなったきりです。こうした時、専門家でない者が、自分の生活を考えて声を上げようとすれば、誰であれ、スサノヲ的な愚かさを行う可能性があるのです。
するとスサノヲとは、実は高度に専門家による分業が確立した現代社会において、一市民が発言を行う際の一つの例ではあるのです。スサノヲの「暴言」とは、個人の気質や見栄の問題ではありません。知識がある者と知識がない者、あるいは、管理する者と管理される者の間にある、階級闘争として考える必要があるのです。

4.サバルタンとの類似
しかし、スサノヲ的階級闘争とは何なのか。他と比べることで、論点をさらに絞り込んで見ましょう。最初にスサノヲというタームを使わないでよいと言いましたが、普通、現代思想でこの問題を論じるときは、「マイノリティ」であるとか、「サバルタン」というタームを使います。特にガヤトリ・スピヴァクの用語「サバルタン」は、有識者ではないという意味で、スサノヲと共通点が見出せます。Subalternとは【「他者」alternの「下位」subに従属する者】という意味で、もともとは、グラムシのタームでした。しかしスピヴァクの場合、この他者に従属する者を、インドのカーストにあてはめます。カーストの下位にいる者は、
・文字も読めないし、知識もない。
・そのための教育も受けていない。
・万が一、何か話しても、卑しいと思われ、上部の者に話も聞いてもらえない。
という立場に甘んじています。こうした搾取され、搾取について訴えかける力もない者を、サバルタンとスピヴァクは呼んだのです。
しかし、厳密にいえば、スサノヲとサバルタンは違います。そのことによって、問題設定も、かなり変わるのです。スサノヲは無知蒙昧と言ったところで、文盲ではないし、大学まで出ていても、スサノヲになることはあり得ます。専門家ではないというだけのことで、サバルタンと無知のレヴェルが異なります。しかしサバルタンとは、徹底的な無知蒙昧で、自分の欲求を口にする以外、言葉を持たないのです。極端にいえば「腹が減った」「眠たい」以外に、言えないのです。たとえば「なぜ腹が減るのか。収入が少ないからだ。収入が少ないのはなぜか。搾取されているからだ。搾取されているのはなぜか。階級差があるからだ。では、この格差の不当性を訴えかけなければならない」という論じ方はできません。この点、スサノヲの方は、サバルタンと異なります。

5.【質問】スサノヲの話を聞く気になるか?
スピヴァクの場合、「サバルタンが語ることができるか?」ということが、問題でしたし、彼女の主著の表題にもなっています。彼女にとっては、サバルタンが、ある程度まで、知的階級に向かって、認知されるような形で話しかけられるか否か、が問題でした。これはサバルタンの場合、実質的に、言いたいことを表明する力が根本的に欠けているからです。そしてスピヴァクは、それが不可能だと考え、主著の末尾で絶望的な結論を下します。「サバルタンは語ることができない」と。
しかし、スサノヲの場合は、ある程度までは話せるのです。すると問題は、聞く側です。つまりスサノヲが論理的に、精密に話すか否かが問題ではなく、意味不明なことが一部あっても、話を聞くことができるか、否かが問題なのです。無論、スサノヲの「話を聞く側」には二通りあると言ってよいのです。つまり、専門家としての聞き手。一つは専門家ではない聞き手。このウェブ上で問いたいのは、後者の場合についてです。つまり、問いを説明するのなら、次のようなものになります。
専門家ではないが、コンセンサスに従って沈黙している者は、スサノヲが発言し出すと、「コイツはバカな奴だ」と冷笑し、スサノヲの話を聞かないということがおきうるでしょう。だが、この冷笑をやめて、ある程度、話相手として認めることはできるのか?――これが、この質問の問いです。

6.回答の仕方について
この質問欄は「聞くことができるか、できないか」という二択の問いなので、立場を明確に示した上で、その理由を論述するという形の回答を求めます。
また理論的な問題として扱ってもらいたいと思うので、とある特定の人物と話したいかどうか?という人気投票的な意見は求めていません。むしろ、いずれの答えにせよ、階級差や社会的格差の是正の問題について、どのように考えるかをメインに論じてください。スサノヲ的な提言は、格差是正の仕方として何ら意味がないと考えているから聞かないとか、意味があると思うから少々難点があっても聞く――というような話です。
また「スサノヲ的」問題と幅広く解釈して、関連性があると思われる身の回りの他の事例をあげて、話を膨らませてくださった回答も歓迎します。質問者自身は、特にどちらと答えを出そうと無頓着であって、特にバイアスをかけることはしません。

7.B氏へ
投稿してくれて構いませんが、次の一点に気をつけてください。「スサノヲの話を聞く必要がある、俺の話を聞け!!!」という話し方をしたのなら、「ああ、単にこの人は傲慢で見栄っ張りなんだ」という印象を与えかねないということです。スサノヲ当人の自己弁明をしても、メリットはないかと思います。むしろ「聞く気になるか?」という問いを設定したのですから、「話し手」ではなく、あくまで、「聞き手」の側で考えてほしいと思います。
このウェブ上には、他にもスサノヲ的にも整理されない発言をしている人がいることでしょう。Pさんだとか、アルケーだとか、ナントカ百年という方々です。皆、五十歩百歩だという印象を受けました。あなたは、彼らがスサノヲではないというかもしれない。しかし、いくらアマテラス的と言っても、本物のアマテラスならば、ウェブで油を売っていることはないでしょうから、結局、社会で認められていないという点では、理由は違えど、似たり寄ったりといえるのではないでしょうか。私自身もそこに含めなければ、フェアではないかもしれません。こうした相手の言い分を聞く気になるか否か、という相互の問題として考えてくださった方が、建設的に問いが広がると思います。

哲学カテをご利用の方はご存じの通り、「スサノヲ」とは、他の方の作ったタームです。別にスサノヲと言わないでも、別のタームを使ってもいいのですし、それは類似する問題として項目4で示します。しかし、一つの現代的な問題を浮かび上がらせる手掛かりにはなるだろうと考え、敢えて、それを一つの理論とみなし、私の関心から自由に検討してみます。これは理論的にその意義を検討することを目的としており、個人の誹謗中傷とはなっていないはずです。なお、議論の背景を説明するために紙幅を多く使っていますが...続きを読む

Aベストアンサー

精緻なご質問を私がどれほど理解しているかは疑問ですが、私の体験からお答えさせています。
私は大学は出ましたが専門分野の学究を怠り、アカデミズムの世界からずり落ちた「スサノヲ」的人間です。たまに専門書ではありませんが、哲学・社会思想に関わる書物を読むことがあります。しかし、あまり深くは理解できません。しかし、こういう時私は、「自分が生きる上で有用な(実用的というのとは違いますが)認識が会得できればそれでいいのだ」と考え、あくまで自分の言葉で、自力で考えていくという方針を採っております。自分が納得できない理論なんて必要ないとまでは申しませんが、私の生に照らして意義があるかどうかがまず問題であり、専門家の発言はその観点から見直されるのです。この時素人の私と専門家の理論の「交流」は無意味ではないと思います。ですから、「サバルタン」のような人々は分かりませんが、ある問題について自分なりに理解を深めようとする在野の人が、自力で考え、発言することは有意義でしょう。少なくともその人にとっては。
また、専門家階級も自分自身のエゴイズムを持っている人間ですから、在野の人間の存在によって相対化される機会が確保されてよいはずです。もしこの二つの階級が相互の意見の交流を持たなければ、お互い社会的責任の放棄のし合いが生じることでしょう。専門家はアカデミズムの範囲内にとどまらず、在野の人々を射程に含めて自論を展開していく必要があると思います。
ご質問の趣旨に合致しているかは存じ上げませんが、以上が私の考えです。

精緻なご質問を私がどれほど理解しているかは疑問ですが、私の体験からお答えさせています。
私は大学は出ましたが専門分野の学究を怠り、アカデミズムの世界からずり落ちた「スサノヲ」的人間です。たまに専門書ではありませんが、哲学・社会思想に関わる書物を読むことがあります。しかし、あまり深くは理解できません。しかし、こういう時私は、「自分が生きる上で有用な(実用的というのとは違いますが)認識が会得できればそれでいいのだ」と考え、あくまで自分の言葉で、自力で考えていくという方針を採って...続きを読む

Q【みなさんが優しく親切にしてくれて嬉しくて泣けた】 そういうと、 「それは君が人の話をちゃんと聞

【みなさんが優しく親切にしてくれて嬉しくて泣けた】

そういうと、

「それは君が人の話をちゃんと聞いたからだ」

と言われました。

これはどういうことでしょう?

人の話を聞いたら、人は親切にしてくれる?

どういうこと?

Aベストアンサー

人の話を自分の立場に置き換えて聞くと相手は理解者がいると安心するのではないでしょうか。理解してくれる人がいるだけでうれしいのだと思います。

Q私の持論を聞いて、意見を下さい

世の中自体が不条理なものなので、哲学などを学び、真理を追究してもなかなか幸せになれない所か、幸せから遠ざかって行く気さえします

そこで、どういう人間が最終的に徳をするかというと

「ズルイ奴」です

口は弁護士、心は詐欺師というやつです

しかし、良心があるので、ズルいことばかりしていると心が痛み、やはり正直に生きてしまうハメになります

そうすると、せっかくズルく生きて徳をしようとしているのに、元の木阿弥・・・真っ当な人間に戻ってしまいます

ここで、いらない感情が「罪悪感」です

それさえ生じなければ「ズル道」にまい進出来そうな気がします

人の嫌味や批判を気にしない大らかな性格になるより、こっちの方がずっと早そうだなと思ったのがきっかけです


是非、罪悪感を生み出さない方法、気にならなくなる方法などありましたら、その秘技を教えてください

老齢にさしかかった頃、自分の間違いに気付いたら悲惨なコトになりそうなので一生通用しそうなものが良いです

友人には「ズルいコトを自分の知恵だと錯覚して逆に調子に乗っていくのが良いんじゃない?」とアドバイスを受けましたが、やはり、罪悪感というかそこまで勘違いし切れませんでした

よろしくお願いします

世の中自体が不条理なものなので、哲学などを学び、真理を追究してもなかなか幸せになれない所か、幸せから遠ざかって行く気さえします

そこで、どういう人間が最終的に徳をするかというと

「ズルイ奴」です

口は弁護士、心は詐欺師というやつです

しかし、良心があるので、ズルいことばかりしていると心が痛み、やはり正直に生きてしまうハメになります

そうすると、せっかくズルく生きて徳をしようとしているのに、元の木阿弥・・・真っ当な人間に戻ってしまいます

ここで、いらない感情が「罪悪感」です
...続きを読む

Aベストアンサー

なるほどねえ そう言う風に考える事も出来る訳だ

昔では考えられない考えかたですねえ

森進一の「おふくろさん」と言う歌を知っていますか?YOU TUBEにも出てると思います

聖書の事も書かれてた様ですが・・・私はクリスチャンでも何でもないんですがね

聖書には「蛇のように賢く、鳩のように純真でありなさい」と書かれています。

つまり口は弁護士 心は少年 とでも言いましょうか

それを目指す方が生甲斐や責任感 自負心等 力となる心が得られますよ

この世の中の不条理は私も高校時代からテーマにして取り組んで来ました

結論は 存在を目指す事です 存在する事が目的なのです。何かを存在させてもいい

子供でもいい 作ってもいい 未来に描いてもいい

お願いですから、そんな情けない事を言わないで下さい 心と現実が分裂しますよ

本音と建前が真逆になって 苦しむ事になると思いますよ。

Q菊池寛賞「無縁社会」は、どれほど困難なこと?

菊池寛賞「無縁社会」は、どれほど困難なこと?
「無縁死3万2千人」
哲学思想で、無縁社会を変えられるでしょうか?

Aベストアンサー

縁も社会も認識の問題なので、見方が変われば変わります。
それがたまたま思想による場合もあります。

Q子供の意見も聞きましょう。役に立たない勉強なぜしないといけないの?

まだ結婚もしてませんし、子供もいません。もし、子供から、「役に立たない勉強なぜしないといけないの?」と質問」されたらどう答えていいかよくわかりません。無味乾燥で役に立たないことをや、英語も喋れない教師に英語を習う恐怖や、大人になったら必要だといっても、テレビを見てたら、必要なさそうだし、

NHKのアニメのセリフで、他者に頭を下げさせてそれで、おのれの地位を確認しなければ安心できない者などは、私は軽蔑する。まさしく教師こそ、おのれだと思います。教師自体、学問を軽蔑し、しかたなく教えてる教師もいます。

人に頭を下げることで、壊れていく者のほうが、私は問題だと思う。人は真実相手に感謝し、心から尊敬の念を感じた時には、自然に頭は下がるものです。ドゥルーズは、このことを自然成長性として肯定しなければいけない。と論じてます。

役に立たない勉強なぜしないといけないと受け入れた人々がたどる道とは、教えてください。

Aベストアンサー

何故勉強しなければならないのか?
そう問われたら、私は「不便だから。」と答えます。
物事を知っていればそれは落ち着きとなり、自信となり、それなりな対処ができます。言葉の多さが思考力の豊かさであるのと同じ理屈だと思います。だから、どんな学びであろうとも、役にたたない勉強とはあり得ません。
ただし、どんな学習をも役に立てられない者はいます。
それは自動車の設計図から全部品の機能や特長を知り尽くして、組み立てや分解が自在にできるくせに自動車を運転できない人に例えられるでしょう。
知識ばかりで、その実践という「知恵」というものが欠如している人です。教育者とは本来その部分を教えるべきであり、その意味では経験(成功談、失敗談に関係なく)を経たというだけでも、年配の人達には敬意を払うべきなのでしょう。私はそう思います。
しかし、現実はどうか。
教訓の宝庫どころか煙たがっているだけの傾向。
学ぶ姿勢がないから、まあ、耳も目も心も閉ざしているのだから当然かも知れませんが、時代遅れな部分でしか判断していない。
普遍的なものを常に抽出できなければ、どんなことだって時代遅れになるに過ぎないのに、それさえもわかっていないようです。
自分を語る言葉も経験も足りないから、人生の解答ばかりを見せるドラマや漫画からそのまま取り入れ、「そんなものだ」と考えている。そして口にすることとはニヒリズム、「世の中、そんなに価値のあることはないし、人それぞれでいいじゃないか」。
他人との共感や絆も希薄で、ただの個人主義。自分らしさを追及するなどと言って、ただのワガママか自己中心主義でしかない。愛社精神や愛国心、公共の福祉などの帰属意識は速やかに低下した風潮ですね。
価値あるものもそれに気付かないと、無価値なものと同じ。
それらはみな、「役に立たない」と考えている「勉強」をしないと「いけない」と受け容れた人達の末路でしょうか。

しかし、そういう暗い世相ばかりでもありません。
「勉強が役に立たなくていい」と考えている人などもいないもので、みんな楽しそうでも内心では個人の疎外を感じていて、孤独であるようです。
彼らは次第にある特定の目的や評価のための「勉強」から、全人生的な「学び」を求め、それを与えてくれるところを無意識にも探しているようにも思います。
つまらない、無感動で無価値なままの生活にはいつか耐えれらなくなるものなのでしょう。私もそうでしたから。

その道の辿る先には、これらの凋落を経たからこそに、到達できるような成熟した社会の実現がある、と私は信じたいです。

何故勉強しなければならないのか?
そう問われたら、私は「不便だから。」と答えます。
物事を知っていればそれは落ち着きとなり、自信となり、それなりな対処ができます。言葉の多さが思考力の豊かさであるのと同じ理屈だと思います。だから、どんな学びであろうとも、役にたたない勉強とはあり得ません。
ただし、どんな学習をも役に立てられない者はいます。
それは自動車の設計図から全部品の機能や特長を知り尽くして、組み立てや分解が自在にできるくせに自動車を運転できない人に例えられるでしょう。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報