線分ABを2:kに外分する点は、k>2のときが、BAの延長線上の点で、k<2のときが、ABの延長線上の点で、k=2のときは外分点が存在しないと考えて良いのでしょうか。本に載っていた図だと、いきなりBAの延長線上の点に外分点があったので混乱しています。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

同じことですが


AP:PB=2:k より
k>2のときは PBがAPより長くすなわち点Pは点Aの外側にあり
_P__A_____B____

k<2のときは APがPBより長くすなわち点Pは点Bの外側にあり
____A_____B__P_

k=2のときは 存在しません
と考えてはどうでしょうか?
また、数直線上の座標で計算しても確認できると思います
A(a) B(b) P(p) とすると
 p=(2b-ka)/(2-k)で計算できます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tiezo-さんお返事どうもありがとうございます!図で示していただいてなるほどと思いました。座標計算は外分点の公式ですね。座標の時はそれを使ってナジナシ求めていこうと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 04:49

図的なイメージでいうと、s-wordさんの考えられているとおりなのですが、座標計算するうえでは、「どっち側に点があるか」を意識することなく、tiezo-さんのおっしゃる式(2:(-k)に内分するという考え; これはk<2でもk>2でもOK)で統一的に計算できる、ということです。


きっちり捉えられているので、もはや混乱の必要はないと思いますよ♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>図的なイメージでいうと、s-wordさんの考えられているとおりなのですが、座標計算するうえでは、「どっち側に点があるか」を意識することなく、tiezo-さんのおっしゃる式(2:(-k)に内分するという考え; これはk<2でもk>2でもOK)で統一的に計算できる、ということです。

kony0さんお返事していただけて感謝しております。はい、外分点の座標計算のとき、どちらの比をマイナスにしても値が変わらないというのは実感しました。ところが、この問題では座標計算ではなく普通の図形の問題なんですよ。しかもどちらに取るかで値が変わってしまうんです。でも、みなさまのおかげで外分点に関して理解を深められたので、あまり個別の問題に気を取られないようにします。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 04:55

外分点をPとすると線分ABの外側にあってAP:PBを満たす点なので、自動的にk>2のときが、BAの延長線上の点で、k<2のときがABの延長線上の点ということになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

nanjamonjaさんこんにちは。お返事どうもありがとうございます。どうやら、自分が考えていたので間違いはなかったようですね。安心しました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 04:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q線分ABを3:7に外分する点P

ベクトルの問題です。

AP=-3/4ABのとき、
点Pが線分ABを3:7に外分するとなぜわかるのでしょうか?

AP=3/4ABなら
ABの3/4の大きさだからPはABを3:1に内分する点なんだなあというのはわかるのですが、
なぜ-がつくと外分に…

マイナス倍という表現はなしでお願いします。

Aベストアンサー

AB=4とすると
AP=-3/4AB=-3
なので
|AP|=3
|PB|=|AP|+|AB|=3+4=7


P←――A―――→B

Q数直線上の2点A(a),B(b)を結ぶ線分ABをm:nに内分する点P。

数直線上の2点A(a),B(b)を結ぶ線分ABをm:nに内分する点P。ただし、m>0,n>0とする。
点Pの座標はna+mb/m+n

a<0,b<0やa<0,b>0の場合も成り立つんですか??またそう言える理由を論理的にできるだけ分かり易く教えて下さい

Aベストアンサー

a<bのときは、aにABの距離のm/(m+n)倍を足せばよく、a>bの時はaからABの距離のm/(m+n)倍を引けばよいことになります。
距離は前者の場合はb-aであり、後者の場合はa-bですから、前者では足し、後者では引くので結局両者は同じ式になります。

Qy=x^2のグラフ上を2点A、Bが線分ABの長さが一定になるように動く

y=x^2のグラフ上を2点A、Bが線分ABの長さが一定になるように動くとき、
線分ABの中点のy座標の最小値を求めよ。

A(α,α^2),B(β,β^2)とおく。AB^2=k^2とおく。
ABの中点x=(α+β)/2,y=(α^2+β^2)/2
これらより、
12y^2-(64x^2+10)y+64x^4+16x^2-k^2=0
となりました。
これより、yの最小値をもとめようと思いましたが、
挫折しました。このような方法でよいのでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

A(α,α^2),B(β,β^2)とおく。AB^2=k^2とおく。
ABの中点x=(α+β)/2,y=(α^2+β^2)/2
AB^2=k^2=(α-β)^2*{1+(α+β)^2} ‥‥(1)よって、αβ=2x^2-y αとβは t^2-2αt+(2x^2-y)=0 の2つの実数解→ 判別式≧0 から、y≧x^2 ‥‥(2)
(α-β)^2=(α+β)^2-4αβ=8y-4x^2 よって、(1)から4*(8y-4x^2)*{1+x^2}=k^2 ‥‥(3) → 2y={k^2}/4{1+x^2}+x^2 後は x^2=mとでも置き換えて微分。
(1)と(3)から、xの条件はないようだ。

Q問題、長さが5の線分ABの端点AはX軸上を,

端点BはY軸上を動く時線分ABを3:2に内分する点Pの軌跡を求めよ という問題で 出だしがわかりません。どなたか教えてください。出だし 点Aの座標を(s,0),点Bの座標を(0,t)とするとAB=5-(1)から,s^2+t^2=5^2-(2)である。というものですが(1)から(2)になるところがわかりません。
それ以降はわかります、よろしくです。

Aベストアンサー

>(1)から(2)になるところがわかりません。
それ以降はわかります、よろしくです。


これが本当だとしたらずいぶん知識が偏っていますね。

中学1年で習うまたは小学校の塾で習うピタゴラスの定理(3平方の定理ともいう)を勉強しなおしてください。ピタゴラスの定理は中学校以上の数学の基本定理です。

Q分点 2点A(@a),B(@b)を結ぶ線分ABについて

分点 2点A(@a),B(@b)を結ぶ線分ABについて
[1]内分点 m:nに内分する点をP(@p)とすると@p=n@a+m@b/m+n

教えてほしいところ
全て、位置ベクトルによって定めためられた点になっていますが、なぜ位置ベクトルによって定められた点でなければならないんでしょうか??
また、位置ベクトルによって定められていない点であるとこの分点の公式は定義できないんですか??

Aベストアンサー

別に位置ベクトルである必要はありませんが、始点は揃っている必要があります。
@p=n@a+m@b/m+n
ではなく、
@CP=n@CA+m@CB/m+n
でも、
@DP=n@DA+m@DB/m+n
でも構いません。ただ、
@CP=n@DA+m@DB/m+n
はだめです。

位置ベクトルとして定めておけば、それは「始点を全て原点にする」という暗黙の了解(というかそういう定義)があるので、
問答無用に
@p=n@a+m@b/m+n
が成り立つといっていいわけです。

う~んイマイチな説明ですね。出直してきます。

参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報