茨城県のある地域では「亥の年に紫の毛布・布団を贈る(長生きを祈念する贈り物)」、
また福島県のある地域では「申さるの年に赤い下着を贈る(床が長引く病気をしない)」といった、干支干支によって長寿や息災を願って贈る物があるそうです。

伝わる地域ではその干支の年には、縁起物としてそれ用の商品が店頭に出るそうです。

だいたいひとつの地域にはひとつの干支ジンクスしかなく、その干支によって縁起物やいわれが違うようです。

他の地域ではどんなものがあるのか、十二支全部にあるのか、ご存知のものがあればぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

高知県の方から巳年にパシュミナマフラーをいただきました。

長いもので体に巻くもの(帯、ベルトも)が厄除けになるとおっしゃっていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
しばらく回答が来なかったので、もうあきらめかけてました(涙)
きっと12支全部に何かしらはいわれの物がありそうですね。

お礼日時:2002/04/07 17:20

私の出身地(九州のある島嶼ですが)では、干支の置物を、ひとつだけで置いておくと、その家には、良い「縁談」が来にくくなると云われています。


つまり、年頃の息子や娘がいても、なかなか彼氏(彼女)ができなかったり、いいお見合いの話が来なかったりするということです。
そのため、どんな干支の置物でも、必ず2個を1ペア(全く同じものを2つでなくてもよい)にして飾ります。
もちろん、干支にちなんだ飾りものを贈呈するときには、かならずペアで飾れるようにして贈呈します。
ペアで飾れるように2つをワンセットにして贈呈したり、あるいはペアで飾るようなのデザインになった商品を選びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なかなか回答がないので、もしかしてそういう習慣は先述の2県にしかないのかなと思っていました。「干支と縁」って珍しいかもしれませんね。地域によってずいぶん違うようなのでとても面白いです。

お礼日時:2002/02/22 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割れた縁起物

お正月に神社で買った干支の土鈴を玄関に飾っていたのですが、猫が落として割ってしまいました。
接着剤でくっつけてみましたが、ひびが目立ちます。しかも、中の玉(鈴が鳴るように入っていたもの)を入れるのを忘れてくっつけてしまいました。
あまり細かいことを気にするたちではないので、そのまま飾っていたのですが、その頃からどうも悪い事が重なり、ツキがない気がして、なんだか気になってきました。
可愛いし愛着があるし、縁起物でもあるので捨てられず、そのままにしていますが、割れた物を飾っておくのは縁起が悪いのでしょうか。
ひびのある無残な姿のまま飾っておくのも、それはそれで可哀相な気もしてしまいます。
どうするのがいいと思われますか?どうぞアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

土鈴を買った神社に持っていって相談したらいかがですか?

Q「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」での鳩

カテゴリが正しいかどうか疑問ですが、一応ニュースで流れていた話題なので・・・。
広島市は平和公園の鳩を駆除(言い方が悪いですけど)したと聞きました。
数十年(十数年?)前に平和公園に行った時には本当にたくさんの鳩がいたのですが、最近はいないと聞きました。

「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」で多数の鳩が放たれたとニュースでやってましたが。
この話が本当なら(鳩がいなくなったと聞いてから平和公園には行ってないので)、この鳩は回収されるのでしょうか?
もしかしたら調教されてて勝手に帰ってくる鳩?

もしくは平和公園に鳩がいなくなったと聞いたのは間違いだったのですか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

>広島市は平和公園の鳩を駆除(言い方が悪いですけど)したと聞きました。

広島だけでなく、多くの自治体で野鳩のふん公害で駆除しています。
本来なら、自然に鳩の数は一定なのですが、観光客その他が餌を与え、自然界の環境以上に鳩の数が増えたのです。
鳩に限らず、鹿・猿も同様です。
宮島の鹿は、観光客の餌やりで異常に繁殖し環境庁の許可を得て駆除の予定です。
どこの観光地・寺院・公園でも「餌を与えないで下さい」との注意板がありますよね。

>この鳩は回収されるのでしょうか?

この鳩は、業者の飼っている鳩です。
結婚式でも、依頼があれば鳩を飛ばします。
一羽一回の値段です。
会場から放した鳩は、業者の鳩舎に戻ります。

Q干支の順番は?

干支には順番があります。
「ね」「うし」・・・この順番はどのようにして決まったのでしょうか?
今日、子供が読んだ本には「ねずみ」が「うし」に乗っかって「足がのろいのであらかじめ先に出発した牛」より先に到達したそうです。
それ以外の定説は?

Aベストアンサー

僕は鍼灸師なのですが、干支のお話は鍼灸治療の上で非常に重要な事項なのです。

まず、十二支を知るには十干(じっかん)を知らなければなりません。

万物は全て陰と陽に分類されるという『陰陽論』というものがあります。
また、万物は全て「木・火・土・金・水」の5種類の物質の運動変化によって生成するという『五行説』というものがあります。
十干は五行説の5種類がさらに陰陽二元に分類され、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類に分類されています。

・「甲」 は鎧で、草木の種子がまた厚皮を被っている状態を表しています。
・「乙」 は軋るで、草木の幼芽のまだ伸長し得ずに屈曲している状態を示します。
・「丙」 は炳らかで、草木が伸長してその形体が著明になった状態です。
・「丁」 は壮と同義で、草木の形態の充実した状態です。
・「戊」 は茂るで、草木の繁茂して盛大になった状態です。
・「己」 は紀で、草木の繁茂して盛大となって、なおかつその条理の整った状態を表します。
・「庚」 は更まるで、草木の成熟団結して行きつまった結果、自ずから新しいものに改まってゆこうとする状態です。
・「辛」 は新で、草木の枯死してまた新しくなろうとする事です。
・「壬」 は妊で、草木の種子の内部に更に新しいものが妊れる事を示しています。
・「癸」 は揆るで、種子の内部に妊まれた生命胎の長さが、度られる程になったという象です。

一回りした後はまた「甲」に戻ります。

十干は10個ある各文字が万物の栄枯盛衰を表しており、それらは繰り返されるという事も表しています。

さて、十二支にはそれぞれ獣(けもの)の名前が付いていますが、元々の示す意味は十干と大体等しいものです。

・「子」 は孳るで、新しい生命が種子の内部から萌し始める状態です。
・「丑」 は紐で、からむことを意味します。芽が種子の内部でまだ伸びえぬ状態です。
・「寅」 は動くで、草木の発生する状態です。
・「卯」 は茂るで、草木が自然を蔽う状態です。
・「辰」 は振うで、陽気動き、雷がきらめき、振動し、草木が伸長する状態です。
・「巳」 は巳むで、万物が繁盛の極になった状態を示します。
・「午」 は忤だうで、万物にはじめて衰微の傾向がおこりはじめたさまを表しています。
・「未」 は味わうで、万物が成熟して滋味を生じた様子をあ表しています。
・「申」 は呻くで、万物が成熟して締めつけられながら固まってゆく状態です。
・「酉」 は縮むで、万物が成熟に達した後にちぢむ状態です。
・「戌」 は滅ぶで、または切ることで、万物が滅びゆく状態です。
・「亥」 は閉じるで、万物の生命力が凋落し、すでに種子の内部に生命が内蔵された様です。

中国では殷の時代から十干と十二支の組み合わせを用いて十と十二の最小公倍数である60周期で日を数えていました。
この組み合わせは「甲子」が最初で「癸亥」が最後です(余談ですが、阪神タイガースの本拠地は甲子の年に出来たので『阪神甲子園球場』という名称が付いているそうです)。

これら十二支十干の60通りの組み合わせを一巡することは一つの人生を生ききったことを意味します。
61年目からは新たに次の人生を生きるということとなり、この事から60歳を『還暦』というのだとか。

こんなに難しい事は子どもに話しても理解しがたいので、牛の上にネズミが乗っかって・・・というお話が出来上がったのでしょうね。

鍼灸師はこういう事を考えながら治療してます(笑)。
あ~疲れた(笑)。

僕は鍼灸師なのですが、干支のお話は鍼灸治療の上で非常に重要な事項なのです。

まず、十二支を知るには十干(じっかん)を知らなければなりません。

万物は全て陰と陽に分類されるという『陰陽論』というものがあります。
また、万物は全て「木・火・土・金・水」の5種類の物質の運動変化によって生成するという『五行説』というものがあります。
十干は五行説の5種類がさらに陰陽二元に分類され、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類に分類されています。

・「甲」 は鎧で、草木の種子...続きを読む

Q干支の区切りっていつですか?

仕事で来年酉年の年男、年女をサークル内で探しているのですが、以前干支の区切りは12月31日と1月1日ではなく、旧暦の正月頃2月3日?ぐらいをさかいに変わると聞いた事があるのですが、一般的にはどうなのでしょう?

誰か知っていましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

十二支の区切りは、本来はその年の立春から翌年の節分までの一年間をもって
一区切りとしていたと思いますが、現在はそのあたりがごっちゃになっていますので、
どちらでも都合のいいほうでよろしいのでは?

せっかく干支という伝統的な尺度で区切ってみるのであれば、
立春から節分までとした方が、雰囲気が出ていいかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E6%94%AF

Q今年の干支はイノシシ?ブタ?

中国では、今年の干支はブタと聞きました。
日本と中国では何故違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

サーチエンジンやウィキペディアなどで、色々とヒットしますが、十干十二支の十二支はすべて語呂合わせに過ぎず、干支(えと)は動物とは無関係です。同じアジアでも中国と日本では豚と猪(野豚)と異なるのも珍しいことではありません。

ご参考までに↓によると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A5
以下の通りの説明があります。↓
【「亥」は「閡({門<亥})」(がい:「とざす」の意味)で、草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の猪の字が割り当てられたが、中国では豚を意味する】

ご参考まで。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報