草サッカーをしています。ボランチの位置でやっているんですが、マッタクのド素人。ディフェンスはなんとかなるんですが、ロングパスやセンタリングの時に蹴り方がおかしいようなんです。腰が痛くなります。
 あと、ボールに逆回転がかかり、スピードが失速、距離も伸びません。蹴り方について教えてください。
 サッカーをやっていた友達に、軸足が伸びきっていると言われたんですが、友達はどう蹴ったらいいというのがうまく説明できないみたいで、よくわかりませんでした。
 参考になるホームページ等もあればお願いします。

A 回答 (3件)

僕もボランチ経験者です。


ボランチは中盤の位置ですから、つなぎ役としてショートパスの正確性も求められます。
勿論質問されているようにロングパスやセンタリングも重要です。
基本的にボールにスピードをだす、飛距離を伸ばすためには、膝から下の足の振りを速くする必要があります。
その際、軸足の位置がボールの真横なら地面を這うようないわゆるグラウンダーのボールになり、軸足の位置がボールよりもやや斜め後ろなら、自然とボールは高く遠くに飛ぶはずです。
もっというと、ボールに体がかぶさるような状態だと弾道は低く、体がのけぞった状態だと高くなるわけです。
蹴り方については人それぞれです。
別にセンタリングだからここの部分で蹴らないといけない、などという事は一切ありません。
自分にあった、自分に蹴りやすいフォームを、自分で見つけ出してください。
毎日自分のキックを確認して、「自分はこうやって蹴るとこういうふうにボールが飛ぶんだ」などというようにするのも良い手段ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分なりでいいんですね。自分なりに考えたり、蹴る場所みたいなものを考えすぎて、実をいうとここ最近全くボールが上がらなくなっていたんです。
 おかげで少し気がらくになりました。がんばってみます!!!

お礼日時:2001/01/09 23:28

技術的なことに関してはレスが有るので、それ以外の事を。



真剣なのでしたら、風呂上がりにでも柔軟をして下さい。そして、体の重心というものを意識してみて下さい。ロングボールを蹴る際、腰が高いと、軸足がのびてしまいます。腰が低い位置で蹴ることを意識してみて下さい。腰が低いと、倒されにくくなるという効果も有ります。

重心の重要性は、何のスポーツにも言えると思います。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 柔軟し始めました。重心を低く持つ事も意識してやるようにしています。これが以外と難しいかも!?がんばってみます!そんでは!!!
 ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/01/09 23:37

ロングキックやセンタリングの場合、一般的にはインフロントキックを使います。

インフロントキックは、親指の付け根で蹴るような感じです。インステップキックはシャープな腰の回転が求められるのに対し、インフロントはどちらかといえば、体を開いて蹴るので、力加減が難しいのは確かです。

強くボールを蹴る時にもっとも大事なことは、軸足をしっかりと踏み込むことです。そして、上半身をボールの上に持ってくることによって、強く、低いボールを蹴ることができます。

軸足の膝はいつもやわらかくしおいて、どんな体勢でもボールを蹴れるようにすること。そして、ボールの真横かちょっと前に立ち足を持ってくること。そうすればいいと思いますよ。

逆回転がかかってるということは、ボールの下を蹴ってます。だから、スピードも失速しますし、距離も伸びません。いつでも、ボールの真中を捉えることが大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ボールの蹴り方にこだわり過ぎても、逆にだめだし、かといって適当に蹴っても思いどうりには上がらない。以外と難しいんですね。意識してはやっているつもりです。
 進言ありがとうございました。やる気と根性だけなら昔から誰にも負けた事ないっす。がんばってみます。うす。

お礼日時:2001/01/09 23:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボランチのロングパス・ディフェンスについて

競技レベルでサッカーをされている方、どなたか教えてください。
私はサッカーをやっていますが、試合でインステップのロングパスがなかなかうまく蹴れません。理想としてはシャビ・アロンソ選手や中村憲剛選手のような展開力のある、ロングパスを出せる様になりたいです。インステップキックでロングパスの練習方法やコツがあれば教えてください。後、ボランチのディフェンスについても教えてください。
ボランチがディフェンスをする際に気をつけなければならないセオリーなどどのように考えてディフェンスをすればよいかを教えてください。

Aベストアンサー

私もサッカーをしていますがボランチは難しいポディションですよね。

まぁかなりの参考意見なのですが
やはり大事なのはディレイ(相手を遅らすこと)です。
相手との適度な間隔を取り体を半身にすることです。
そして相手の出しそうなパスコースを切ることです。
ここまですればあとはディヘンスが何とかしてくれるのでそのフォローをすればいいと思います。
私が一番大切だと思うのはやはり声を出すことです。
声を出すことのよってチームメイトに自分のしたいことがわかってもらえるのでチームメイトもフォローもいやすくなります。
あとはチームメイトに自分がしてほしいことや自分にしてもらいたいことをきくなどお互いに話をしをしてください。



キックは足首をしっかり固定しバックスイングを大きくそして早くすることよってキックの威力が増します。

あとはしっかりとインステップに当てることです。


かなりざっくりと基礎をせつめいしましましたが、細かいことがあれ是非効いてください。
喜んでお答えします。

PIVVO2008さんがすばらしいプレイが出来ることを願ってっています。

私もサッカーをしていますがボランチは難しいポディションですよね。

まぁかなりの参考意見なのですが
やはり大事なのはディレイ(相手を遅らすこと)です。
相手との適度な間隔を取り体を半身にすることです。
そして相手の出しそうなパスコースを切ることです。
ここまですればあとはディヘンスが何とかしてくれるのでそのフォローをすればいいと思います。
私が一番大切だと思うのはやはり声を出すことです。
声を出すことのよってチームメイトに自分のしたいことがわかってもらえるのでチームメイトも...続きを読む

Qサッカーのボランチのポイントを教えてください

サッカーのボランチのポイントを教えてください

Aベストアンサー

理想のボランチは
各ポジションに必要なものすべてを兼ね備えた選手だと思います。
それに加え特に視野の広さと頭の回転は持っていて欲しいですね。

Q近年のヨーロッパサッカーのディフェンス事情について

先日学校で
“近年のヨーロッパサッカーのディフェンス事情について”
というレポート課題を出されてしまいました。
生まれてこの方サッカーとはあまり触れ合わずに過ごしてきたのでどのようなことを書けばいいのかわからず大変困っています。
どなたか具体的なアドバイスをいただけないでしょうか。
参考にできる資料の在り処なども教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

そのレポート課題のポイントをどういう風に絞るかによると思うのですが・・・
 1.歴史(時代)的変化・・・大枠で考える
 2.代表チーム、クラブチームを絞る・・・小さい範囲で考える
 3.特定の戦術の変化・進化に絞る・・・(後述)
他にもあると思いますけど、ここまでは思いつきです。

「ディフェンス事情=戦術・フォーメーションの遍歴」と考えるのであれば、歴史的な変化を調べてみると良いと思います。特にフォーメーションの場合は、時代によって大きく変わっていますので。
但し、マスコミの悪い影響?なのか分かりませんけど、フォーメーションとシステムってのは、似ているけど違うというのだけを念頭においておくべきでしょうね。(ちなみに簡単に言えば、システムは戦術に近い発想でいいと思います。フォーメーションはピッチ上の選手の並びを表す為の方法です。だから、同じフォーメーションでもチーム(監督)によりそのシステムは異なります)
もう1点、野球と違い、サッカーの場合は、攻守が常に同居しているので、攻守をあまり切り分けて考えない方がいいと思います。

(※ 以下、あえて、便宜上システムと表記します)

なぜ、システム(戦術・フォーメーション)が大事かと言いますと、監督がチームを構築する際に、守備面の整備から手を加えることが一般的だからです。では、以下は、超簡単に・・・

近代サッカーのシステムで避けて通れないのが、80年代末~90年代初期のアリーゴ・サッキが率いたACミランで採用されていた「ゾーン・プレス」です。このゾーンプレスという戦術を考案して欧州サッカーのみならず世界のサッカーに大きな影響を与え、現代サッカーのシステムのベースとなっています。

簡単に言えば、コンパクト&プレス(+オフサイド)です。前線からプレスを仕掛けFW~DFの配置をコンパクトにして相手チームからボールを奪う。しかし、このゾーン・ディフェンスにもいくつかの弱点がありました。

現代は、このゾーン・プレスが時代と共に色々な監督の手によりアレンジされ、時代に対応する形に変化しました。結果、現代のDFラインは低い位置に設定され、そのDFラインとの距離をFWやMFなどが後ろを意識して、コンパクトなDF網を形成する形が主流となっています。

よって、おおざっぱに言えば、近年の欧州のディフェンス事情は、DFラインを低い位置(ペナルティエリアの前後に設定)ということです。但し、前線からのプレスがないかと言うとそういうこともなく・・・ケースバイケースです。
昔のような、マンツーマンディフェンスで、「ボール&敵と味方」というシンプルなものから、それこそシステムという名が表すように複雑に絡み合ってます。

なかなか簡単に説明するのは難しいので、最初に書いたように実際のレポートは、大枠で捉えるか小さく絞ってみる方法がいいと思われます。

下記のサイトなんか参考にしてみてはどうでしょうか?
歴史的な変遷、及び、実際に欧州のクラブレベルでどういう戦い方がされているのか、など分かり易いと思います。
http://www.fujix.co.jp/varietyfootball/index.html
http://blog.livedoor.jp/znet/
http://blog.livedoor.jp/attacking/
http://blog.goo.ne.jp/rossana75jp

そのレポート課題のポイントをどういう風に絞るかによると思うのですが・・・
 1.歴史(時代)的変化・・・大枠で考える
 2.代表チーム、クラブチームを絞る・・・小さい範囲で考える
 3.特定の戦術の変化・進化に絞る・・・(後述)
他にもあると思いますけど、ここまでは思いつきです。

「ディフェンス事情=戦術・フォーメーションの遍歴」と考えるのであれば、歴史的な変化を調べてみると良いと思います。特にフォーメーションの場合は、時代によって大きく変わっていますので。
但し、マス...続きを読む

Q高校サッカーのボランチで理想とする選手はどんな事ができる選手ですか?

高校サッカーのボランチで理想とする選手はどんな事ができる選手ですか?

Aベストアンサー

サッカーのボランチは、特に中盤を守ると言はれているので、例えば、高校サッカーで言うと分かる範囲かもしれませんが 鹿島アントラーズの柴崎岳選手か、川崎フヨンターレの中村憲剛選手かもしれません僕の知ってる人だとその人かと思います。

Qサッカー部です。 ボランチのいい動き方、また、コツなど教えて下さい

サッカー部です。
ボランチのいい動き方、また、コツなど教えて下さい

Aベストアンサー

フットボールネーションという漫画を満喫で読んできてください

http://big-3.jp/bigsuperior/rensai/football/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報