現在、資金はないのですが、資金不要で入社して1年後には,既存店を丸ごとお預け致します!!という内容の広告を参照しました。私としては、チャンス!!と思いましたが。。。以下のことが気にかかり邁進出来ません。

●経営者の経験が全くない。

●人を使ったことはない

●今は、古本ビジネスが急成長しているが、一気に下降線をくだらないか?

期待以上に不安の気持ちが強いですが、私が古本屋ビジネスを経営している方に一番お聞きしたいのは、この商売の一番難しいところはどこですか??
『人の使い方』と豪語されるとおもいますが、同じ商売でも、古本屋だから難しい
という点はどこでしょうか?
当然、100坪以上の物件がなければ、難しいと思いますし・・・・

この素人にご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

FCの”企業オーナー”は、FCを投資対象としか見ていません。


つまり、”やばい”と思ったら、余力を残して従業員を解雇して
撤退します。

FCの”個人オーナー”さんは大変です。借金地獄に陥る人は、
世の中にゴマンといます。

「商売のセンスがあるならば、FCなんかやらない。」

”商売のセンス”が無いからFCをやりたくなる。

いやらしい言い方をさせていただきましたが、一度、日経流通新聞を
お読みになって、FCとはという所から勉強なさってはいかがでしょう?

otukareさんが、オーナーになって売上が思うように上がらなかったら、
FC本部は、「otukareさんのやり方が悪いから儲からない」と、言う
しょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的を得た発言は、おっしゃるとおりだと思います。

この発言のおかげで、冷静にフランチャイズというものを検討するべきだ、という

認識が強くなりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/17 02:35

 古本ビジネスは既に飽和状態です。

 今から参入とは、殆んどババを引きに行くようなものです。
 大型チェーン店で売上を伸ばしているところも一店舗あたりの売上はかなり下がってきていると思います。
 既存店も、古本では全く儲からなくなってきているので、CD、ゲームソフト、DVD、おもちゃなど古本以外の商品で売上を増やそうとしているところが殆んどではないでしょうか?
 売上に占める古本の割合は低下してゆく一方です。

 他のゲームソフトも売上は低下し、中古の利益率も著しく下がってきています。
 CDは、新品、中古問わず売上は低迷してきています。

 この手のお店の将来はかなり暗いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーケティングの多角化戦略について質問です。 垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角

マーケティングの多角化戦略について質問です。

垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角化(集約的?)の違いや例を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させる。
一般的に多角化戦略って言うとこの水平的多角化を指す場合が多いかな。
例えばホンダみたいな感じ。
他にはテレビ造ってたとこがビデオデッキも造りますよとか。

集中的多角化は、今扱っている製品技術や顧客に関連性を持たせて、いろんな製品をより多くの新規市場に展開させること。
これまで培ってきた製品、販売チャネル、技術などの経営資源を集中投下させるから、リスクがすごい少ない。
ホンダとかがそうかな?
バイク造ってたけど、エンジンとかのノウハウを活かして自動車も売り出しますよとか。

異質的多角化ってたぶん、集成的多角化のことを指しているんだと思う。
集成的多角化は、既存製品やサービスなどと全く関係ない分野に新規展開させること。
全くノウハウが無い分野に進出するから、すごく高いリスクなんだけど、反面成功したらその効果はとっても大きい。
リスクという側面で考えると、既存の分野だけではその分野が衰退した場合に困っちゃうけど、集成的多角化によって関係ない他の分野に進出しておけば、大きな長い目で見た場合にはリスク分散になる。
いかにもな多角化って感じだよね。
例えば、家電メーカーが外食に手を出すとか。

これがそれぞれの多角化戦略の違い。
ここから下は補足だから、興味無ければ無視してかまわない。

そして多角化戦略を学ぶ上では、「シナジー」って言葉が大事になる。
相乗効果って感じだね。
販売シナジー(ブランドや流通などを共通利用できる相乗効果)、生産シナジー(人的資源、原材料などを共通でつかえたりする相乗効果)、管理シナジー(培ってきた管理機能を新しい分野でも活かせる相乗効果)、投資シナジー(設備投資や研究投資などで類似しているものであれば投資額が少なくて済むなどの相乗効果)。
それぞれの多角化戦略で、これらのシナジー効果を見込んだうえで効率的に事業展開と拡大を図っていくわけやね。

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させ...続きを読む

Qネットでの古本屋

よろしくお願いします。
まだ、思案中なのですが、ネットで古本屋を考えています。店舗はありません。

警察の方で何か古物扱いの特許を取らないといけない、みたいなことを言われたのですが、それは通らない場合もあるのでしょうか?

また、私は女なのですが、古本屋などをしている女の人にお目にかかったことがありません。やはり女では無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

古物商の免許は取った方がいいですね。
男女の差はないと思いますよ。
問題は・・・
BOOKOFFがはやっています。これまで古本は、希少価値があるものが高く、そうでないものは安い、という世界でした。
BOOKOFFはバイトでも店の管理ができるように、「きれいな本」を高く買い(それでも定価の10%くらい)、それを定価の半額で売る、というように簡単な仕組みにしました。
そのため、これまではベストセラーはたくさん出回っているので古本屋では安くしか買ってもらえなかったような本が、高く買い取ってもらえる、ということで売る人が増え、また、珍しい本など、既存の古本屋さんでは定価よりも高く売られているような本も定価の半額以下(100円コーナーにも)で買える、ということで買う人も集まってきた、ということなのです。
つまり、これまでは目利きが必要だったものが、非常に簡単になってしまい、ある意味、面白みが無くなった、とも言えるでしょう。
なお、BOOKOFFはネットでもお店が出ています。大変なのは、在庫をデータベース化することと、誰でも探しやすい検索システムを作ることですね。

参考URL:http://www.bookoff.co.jp/

古物商の免許は取った方がいいですね。
男女の差はないと思いますよ。
問題は・・・
BOOKOFFがはやっています。これまで古本は、希少価値があるものが高く、そうでないものは安い、という世界でした。
BOOKOFFはバイトでも店の管理ができるように、「きれいな本」を高く買い(それでも定価の10%くらい)、それを定価の半額で売る、というように簡単な仕組みにしました。
そのため、これまではベストセラーはたくさん出回っているので古本屋では安くしか買ってもらえなかったような本が、高く買い取っても...続きを読む

Q多角化するとシナジーがあるといいますが、市場浸透戦略や製品開発戦略や市

多角化するとシナジーがあるといいますが、市場浸透戦略や製品開発戦略や市場開拓戦略などでもシナジーはあるのですか?また、シナジーは多角化で一番多く起きやすいのですか?

Aベストアンサー

>多角化するとシナジーがあるといいますが、

そうとは限りません。
シナジーのある分野へ多角化すると、多角化がやりやすいのです。
シナジーのない分野へ多角化をしたのがコングロマリットです。



市場浸透戦略は、現在の市場に現在の商品をもっと売っていこうとする戦略です。
ところで、1たす1が2より大きくなるのが多角化です。
市場浸透戦略は何も足していません。従ってそれだけではシナジーはありません。
しかし、数種類の商品を扱っていて、他の商品の販売手法を応用して販売を伸ばしたとすると、販売シナジーまたはオペレーション・シナジーがあったことになります。


新製品開発戦略では従来の市場に新製品を投入します。つまり、現在ある販路を利用して売るわけですから、販売シナジーがあります。
また、新製品を開発する際に、取り扱っている他の商品を参考にして新製品を開発したり、その製造にあたって、他の商品製造の副産物を使ったり、他の商品の原材料の仕入れ先から新製品のための素材を購入したりすると、シナジーがあることになります。
そういうことをしなければ、その部分のシナジーはないことになります。



要するに、成長ベクトルのどれだとシナジーがある、
というのではなく、
その会社にとって、どういう方向に成長すると、どんなシナジーが獲得できるか、
なのです。

>多角化するとシナジーがあるといいますが、

そうとは限りません。
シナジーのある分野へ多角化すると、多角化がやりやすいのです。
シナジーのない分野へ多角化をしたのがコングロマリットです。



市場浸透戦略は、現在の市場に現在の商品をもっと売っていこうとする戦略です。
ところで、1たす1が2より大きくなるのが多角化です。
市場浸透戦略は何も足していません。従ってそれだけではシナジーはありません。
しかし、数種類の商品を扱っていて、他の商品の販売手法を応用して販売を伸ばしたとすると、...続きを読む

Q古本屋の人脈が欲しい

古本関係8年のモノですが、ブックマーケット、ブックオフ、古本市場、そのほかどんな古本屋の方でも人脈を広げるにはどのサイト、掲示板に行けば良いでしょうか?出来れば社員の方と是非是非仲良くなりたいです。転職を希望しておりまして、他社の情報を知りたいのです。
サイトにこだわりませんし、直接名乗り出ていただければ嬉しいです。紹介でも嬉しいです。一応エリアマネージャーみたいな事やってまして、現在はネットの古本販売で生計を立てております。何処の県でも行きます。

Aベストアンサー

下のアドレスは、古書店の検索リンクです。

私が行ってる貸し本屋さんでは、在庫集めにオークション(ネットじゃないです。)などを利用してダンボールとかで売ってるのを買ってきていたそうです。結構、貸し本屋さんも古本の流通関係詳しいですよ。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/namaste/bookshop.htm

Q企業が多角化戦略をする理由

企業が多角化戦略をする理由とその問題点について教えてください。

Aベストアンサー

http://www.foxnavi.com/Theory/content/142.html

Q消費者金融は、良い商売?悪い商売?

 20代のフリーターです。今度、某消費者金融の会社で仕事することになり、あまりよくない話も聞くので皆さんに聞いてみたいのですが・・、
 仕事・商売としてみた時に、消費者金融、貸し金業というのは、人々の暮らしに貢献しているのでしょうか?良い意味でも役に立っていると思いますか?
 個人的には、よくない話も聞くのですが、ヤミ金融でなければそれほどあくどい事をしているようにも思えないし、借りる人の目的も様々で、きっとうまく利用されるお客さんもいるんだろうと思います(具体例があまり思いつかないけど)。また、実際に利益を出して繁盛している(?)のなら、それは人々の支持を得ているからに他ならないのでは・・と考えています。
 借金で首が回らなくなり自殺してしまう人もいるようですが、それはお金を貸した会社が悪いのでしょうか??そういう事件があると、消費者金融で働いている人も人間なので、決して気持ちよくはないと思います。
せっかく働くのなら、その辺をクリアにして、気持ちよく働きたいですし、お客さんにも喜んでいただけるように働きたいので、ぜひ他の方の意見も参考にしたいです。よろしくお願いします☆

 20代のフリーターです。今度、某消費者金融の会社で仕事することになり、あまりよくない話も聞くので皆さんに聞いてみたいのですが・・、
 仕事・商売としてみた時に、消費者金融、貸し金業というのは、人々の暮らしに貢献しているのでしょうか?良い意味でも役に立っていると思いますか?
 個人的には、よくない話も聞くのですが、ヤミ金融でなければそれほどあくどい事をしているようにも思えないし、借りる人の目的も様々で、きっとうまく利用されるお客さんもいるんだろうと思います(具体例があまり...続きを読む

Aベストアンサー

長文ですが・・・。

私も以前、いわゆる人材派遣会社(派遣社員ではなく派遣する側)を受験した時に迷ったことがあります。
その時色々調べて感じたのは「この業界は社会にとって必要悪というものなんだな」ということでした。
ある一面から見ると、この業界の拡大が正社員の雇用を減らしているようにも思えます。
しかし一方で、とにかく仕事を求めている人たちの要求に答えていることも確かですし、何よりも企業がこの業界を必要としている時代なのだと思いました。
金融業界も似たような所があると思います。
私の場合は就職活動も初めの頃でしたし、まだ他にも仕事はあるかもしれないと思い、派遣会社の面接は辞退しました(それで結局まだ決まってないのですが;)。

金融業で働いていれば、少なからず理不尽な思いをすることはあると思います。
企業の一員になれば、自分の意志とは逆のことをお客様に要求しなくてはならない場合もあるでしょう。
その辺を割り切れるかどうかは、質問者さんの仕事に対する考え方にもよると思います。
例えば、幼い子供を持つ母子家庭のお母さんが、その子を育てるためにする仕事。
あるいは、将来やりたいことがあってお金を貯めるために就く仕事。
仕事に対する考え方は人それぞれです。
生きがいややりがいを求めたいなら、それなりの選択も必要でしょうが、思いがけない業界で自分を生かせる場所を見つける人もいます。
結局はあなた自身の気の持ちようではないでしょうか。
もしあなたが「自分はこの業界で頑張ろう」と決めているならば、外部の評判に惑わされる必要は無いと思います。

余談ですが、「夜逃屋本舗」というドラマか映画(タイトルとシリーズ何作目かは不確かですが)で、善良な金融会社と悪質な金融会社が出てくるものがありました。
善良な金融業者は無責任な客の自己破産連打に泣かされていましたし、悪質な金融業者は破産者まで追い掛け回すようなタチの悪いものでした。
これまで金融業界というと貸す側の悪事が浮き彫りでしたが、その作品を見た限りでは借りる側にも業者泣かせの酷い人がいるんだなと感じました。

あともし時間があるのであれば、実際に働いている人の交流場などをネットで探して見てみてはいかがでしょうか。

長文ですが・・・。

私も以前、いわゆる人材派遣会社(派遣社員ではなく派遣する側)を受験した時に迷ったことがあります。
その時色々調べて感じたのは「この業界は社会にとって必要悪というものなんだな」ということでした。
ある一面から見ると、この業界の拡大が正社員の雇用を減らしているようにも思えます。
しかし一方で、とにかく仕事を求めている人たちの要求に答えていることも確かですし、何よりも企業がこの業界を必要としている時代なのだと思いました。
金融業界も似たような所があると思いま...続きを読む

Qあまり多角化せずにグローバルに進出している会社

あまり多角化せずにシンプルにグローバルに進出している会社に、どのようなものがあるのでしょうか?  例えば、コカコーラとか超シンプルですよね。あとローソンとかも。

サービス業や製造業など、たくさん教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

探せばいろいろとあると思いますが、まずは変り種から。

『株式会社ポケモン』
 http://www.pokemon.co.jp/corporate/outline/

とかどうでしょうか。
いわゆる「ポケモン」の会社です。

グローバルな事業を展開しており、「クールジャパン」の担い手の一人(一社)ですね。

Q毎月定額のビジネス運営資金を受け取り、それに対し、売上の固定割合を支払うのは、問題なし?

よろしくお願い致します。。

毎月定額のビジネス運営資金を受け取り、それに対し、毎月の売上の固定割合をこの相手に支払うのは、法律上問題ないでしょうか?出資法を調べてみたのですが、この場合出資と言うのか、そのあたりから分かりません。

お手数ですがアドバイス頂けませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

要はその売り上げ仕入れに実態があるかどうかという問題じゃないでしょうか。マネロンダリングや税金逃れ、その他の犯罪の幇助のように取られないようにきちんと裏づけがとれたものかということが争点でしょう。

Q多角化について

(製造業において)多角化をする際、海外展開を視野に入れるのと、入れないのでは、その後にどう影響をあたえるのでしょうか?そして、海外展開するために犠牲になるものとはなんなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
ご質問の文意から想定したことを述べてみます。

(1)海外での製造や調達という観点から

○進出先が途上国ならば、日本国内の数分の一の人件費コストで済む。
×従業員訓練、言葉や意志疎通、品質価値観洗脳などに、手間とコストがかかる。
○進出先が先進国ならば、現地で作って現地で売る/効率経営が可能になる。
×マーケティング解析を誤って大規模設備投資をすると、経営資源のツブシが効きにくい。
○現地での支払いがドル建てで、ドル安(円高)基調の時は、為替差益が出る。
×現地での支払いがドル建てで、ドル高(円安)基調の時は、為替差損が出る。
☐現地での支払いが円建てで、本社が日本国内なら、為替損益は無関係。
○海外に工場や拠点を持っていると、名実ともに少しはステータスになる。
×海外に工場や拠点を持っていると、自社員の単身赴任対策やケアが不可欠になる。
○現地の一流大学出身者や高級技術者を、割安な人件費で採用できる。

(2)海外へ販売という観点から

○市場規模や市場バリエーションが拡大し、売上高そのものは増大しやすい。
☐肝心の総利益や営業利益は、現地での競合度その他の要因で、予測しにくい。
×日本国内で製造して/海外へ販売は、輸出商社ほかのサポート(コスト)が必要になる。
☐日本国内で製造して/海外へ販売は、物流コストを利益計算に入れる必要がある。
△現地での拡販活動やクレーム処理等の為の現地駐在員は、概ね必要になる。
×消費財の場合、現地語に堪能なお客様相談スタッフが不可欠。(拠点設置は日本で可)
○海外販売ノウハウを習熟累積していけば、理屈の上では地球全体がマーケットになりうる。

(3)海外進出に関する総論的な観点から

○島国ニッポンでしか通用しない価値観や考え方から脱皮でき、新発想につながりやすい。
×得体の知れない商習慣や契約解釈などによる経営リスクは少なくない。
○日本国内だけよりも、市場規模・景気・利率・競合・トレンドのマイナス影響を受けにくくなる(相殺できる)可能性は高まる。
×日本国内に居て欲しい有能な幹部や社員を、海外派遣せざるを得なくなる可能性は高まる。
○日本国内では通用しなくなった経営資源やノウハウを、途上国では有効利用できる可能性は高い。


以上です。ご健闘を祈っております。
もしも、上記回答が的外れでしたら、ご質問文に追加補足をお願い申し上げます。

はじめまして。
ご質問の文意から想定したことを述べてみます。

(1)海外での製造や調達という観点から

○進出先が途上国ならば、日本国内の数分の一の人件費コストで済む。
×従業員訓練、言葉や意志疎通、品質価値観洗脳などに、手間とコストがかかる。
○進出先が先進国ならば、現地で作って現地で売る/効率経営が可能になる。
×マーケティング解析を誤って大規模設備投資をすると、経営資源のツブシが効きにくい。
○現地での支払いがドル建てで、ドル安(円高)基調の時は、為替差益が出る。
×現地での...続きを読む

Q【日本社会ビジネス】いま日本社会で上手くいっているビジネスと上手くいっていないビジネスを教えてくださ

【日本社会ビジネス】いま日本社会で上手くいっているビジネスと上手くいっていないビジネスを教えてください。

私見ですが今後、駐車場ビジネスは上手くいかなくなる。なぜなら車を買う人より車を放棄する人の方が増加傾向だから。いま車を持っている人も車を放棄していっている。

その代わりにカーシェアリングビジネスは伸びている。

駐車場ビジネスが衰退して、カーシェアリングビジネスに入れ替わりつつある。

Aベストアンサー

この先十年で、を、言えば、、、

既に在るマニュアル的なモノを用いて、の、業務は、人の需要は圧迫し、、、相対的にビジネスとして、過当競争に晒され続ける事になるかな。

逆に、オーダーメードな?新たにマニュアルを作って行く作業は、伸びるかと?

と、全体的に、ネットに集約化され、物質的モノの価値は落ちていき、ネット内部で生み出される、新たな価値に値が付いていく。

多分、其の傾向は、、、来年からくる3Dエンターティメントより加速されると思います。
≫https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8997784.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報