ANAの正規割引運賃(G・E・T21)でヨーロッパ旅行に出かけたときのことです。
「G・E・T21」は追加料金なしでヨーロッパ内乗り継ぎが可能ですので、これを利用してヨーロッパ域内便に乗り継いで目的地に向かいました。ANAのマイレージプログラムでは「G・E・T21」および提携他社PEX運賃の積算率は70%と案内されており、域内便も70%積算されるものと思っていたのですが

ルフトハンザは2回利用して2回とも積算率50%
オーストリア航空もやはり積算率50%
ブリティッシュミッドランドだけは、50%という区分がそもそもないので70%

でした。JALの「悟空21」でヨーロッパまで行き、現地で乗り継いだルフトハンザ便(ANAプログラムへ加算)もやはり積算率50%でした。
ルフトハンザやオーストリア航空の場合なぜ70%積算でなく50%積算なのでしょう。これらの欧州内乗り継ぎ分は「おまけ」「サービス」のような位置付けで低く設定されているのでしょうか? ご存じでしたらどうぞご教示頂ください。

(「航空会社がそう設定しているから」「運賃クラスがその区分だから」でなく、なぜそのように設定しているのか、という点でお教え頂ければと思います)

A 回答 (1件)

ANAのHPのマイレージにあるこれではないでしょうか。

コードシェア便は50%とあります。

参考URL:https://cam.ana.co.jp/amctop/index.html

この回答への補足

erawanさん、ご回答ありがとうございます。
紹介頂いたぺージで「コードシェア便は積算率50%」と記した個所が見つけられないのですが、具体的にどこに書かれているかお教えいただけると助かります。
積算比率およびコードシェア便に関する規定に関してはそれらしきもの(http://svc.ana.co.jp/amc/guide/tameru/flightmile …)があるのですが、「コードシェア便は積算率50%」とは書かれていないようです。チャーター便が50%であるのは承知しています。
日本欧州間のフライトでオーストリア航空やルフトハンザ運航の全日空コードシェア便を利用したこともありますが、これらは70%積算されています。また最初の質問内容でルフトハンザの搭乗3回は3回ともLH便名で乗っておりコードシェアではありません。(オーストリア航空とブリティッシュミッドランドはLH便名で乗っていますのでコードシェアです)
となりますと、「コードシェア便は積算率50%」では説明がつかないのですが。

補足日時:2002/02/17 11:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難く存じますが、erawanさんご指摘の内容が紹介のページ内で確認できず、また存在したとしても事実と整合しないためポイント発行を逡巡しております。遅くとも質問から1ヶ月になる3月15日を目処に締め切る予定でおりますが、補足内容がありましたらそれを含めてポイント発行を考えますので追加頂ければと思います。(このままerawanさん含めどなたからも回答がない場合、恐縮ながらポイントなしで締め切りますことをご容赦ください) 2002.2.20

お礼日時:2002/02/20 22:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ