ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

食器用洗剤とは花王のファミリーフレッシュなどに代表される台所用合成洗剤のことです。

成分は、界面活性剤(22%)アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

液性は、中性

とのことです。

私の周りには食器用洗剤は身体にとても悪いから使うな、という論客がとても多いのですが、科学的にどうなのかがとても気になります。


また、表示を見ると、用途は「野菜・果物・食器・調理用具用」となっており、野菜も洗えるのか?と驚いているのですが、実際のところどうなのでしょうか?


詳しい方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

食器用洗剤として使用されている洗剤は使用濃度に正しく薄めて使用する限り人体に無害といえます。



濃厚な液を長時間皮膚に付着させたまま放置する場合洗剤の種類によっては皮膚障害が生じる事がある可能性がある程度です。

食器用洗剤を飲み込む等はあり得ない使用法ですから、その場合は医師の診断を受ける必要はあります。

いずれにしても正しい使用法を守る限り無害です。

野菜や果物を洗うのは、農薬や寄生虫卵を除く為でその必要がなければ洗わなくてもいいのです。

これらには海外からの輸入品もあり、それまでの履歴が明確ではありませんから、洗ったほうが安全といえるのです。

使用の際に容器から直接濃厚液を野菜にかけて使う事は避けた方がよいといえます。
すすぎ残りが残りやすいのです。

濃厚な調味料(醤油、塩)でも大量に摂取すれば有害です。 江戸時代醤油の飲み比べをして死亡した例があります。
    • good
    • 5

普通に使う分には問題ないでしょう。


界面活性剤が危険だという物の多くは具体例があまり挙げられていません。
そりゃ肌に付いたのを放って置いたら、洗剤だってシャンプーだって無添加石鹸だって荒れますよ。わたしなんて土いじりで手が荒れます。触った後には綺麗に石鹸か洗剤で洗ってハンドクリームを使わないと荒れて痛くてたまりません。
大事なのは肌などのタンパク質に付着したら速やかにきちんと洗い流すことです。

だから野菜を洗ってもきちんと流せば問題ありません。
洗う洗わないのは個人の自由でしょう。
その代わり洗い流すのが難しいトウモロコシや葡萄、お米や、タンパク質の肉魚、そう言った物は当然洗剤で洗いませんよね。
ちなみにわたし、オレンジを皮ごと使うようなときは洗剤で洗いますよ。だって輸入物の農薬バンバンのものなんて、怖くて丸ごと使えませんから。だったら洗剤を使った上でちゃんと洗い流す方が安全だと思っています。
    • good
    • 1

洗浄成分の界面活性剤は有毒なものが多いです。


もちろんアルキルエーテル硫酸エステルナトリウムも例に漏れていないようですね。
しかし、洗浄力のある界面活性剤を利用しないで不潔な食器を使う弊害も忘れてはいけません。
不潔な食器に病原性大腸菌を繁殖させてしまっては意味がありません。

食器用洗剤に使われている界面活性剤は、口に入ることも前提として作られているはずです。微量程度なら気にする必要はないと思います。有毒だからといって一切使わないわけにはいきませんから。

野菜が洗えるのは驚きました。…さすがに僕は千税で野菜は洗えませんね
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食器用洗剤について

とても困っている事があります。
それは、同居している嫁の事です。
とてもいい子なんですが、食器を洗う時凄く手早くて私が丁寧に洗って30分かかるところ彼女は5分で仕上げてしまいます。でも、問題があって食器をきちんとすすいでいない為か、泡がよく付いています。きちんと洗っていても微量の洗剤は口に入ってしまうと聞きますが、それってもろ泡じゃないですか?体に及ぼす影響はどれくらいのものなのでしょう。
その泡を注意する事は出来ないので、口に入っても悪影響のない洗剤があれば教えていただきたいです。多少割高になっても体の事を考えたらそれでも良いと思ってしまうのです。
最後に質問をまとめますが、
(1)食器洗剤の体に及ぼす影響はどうか?
(2)体に入っても大丈夫な洗剤はあるのか?
この2点が知りたいのです。

Aベストアンサー

泡が残っているなんて一言さらっと言ってもいいくらいなことなのに、それも躊躇されるとは、rhcps10さんは思いやりのあるお姑さんですね。

食器洗剤や、ボディーソープ、洗顔料、歯磨き粉、シャンプー、日焼けどめ、洗濯洗剤、一部の化粧品にまで、市販のそういったほとんどのものに合成洗剤(合成界面活性剤)がはいっています。害があるそうです。

(2)の大丈夫な洗剤というと合成界面活性剤を使用していないもの(おおまかにいうと石鹸ですが、すべての石鹸ではありません)になります。

図書館などでそれに関する書籍をよんでみてください。
みつからなければ「買ってはいけない」という数年前にはやった本があるのでそれにものっていたと思います。またはインターネットでもたくさん検索できます。

私は子の病気をきっかけに自分でいろいろ調べて合成界面活性剤がどういうものか知って以来、家庭の全てのものを合成界面活性剤を使用していないものに交換しました。全て石鹸(液体も含め)にしました。
でも固形の石鹸でも合成界面活性剤を使用したものもありますので注意が必要です。

例えば昔、アルミがアルツハイマーに関係しているという話がでて、家庭のアルミなべを全て捨てて、ステンレスなどに変えたという話をよく聞きましたが、それはテレビで特集などをしたから多くに浸透したんだと思います。

合成洗剤についてはそういう報道はしないので皆大丈夫と思っており、知らずに平気で使っているのだと思います。ワイドショーや「あるある」など特集や雑誌、新聞などでは合成洗剤の害は絶対(!)報道されません。されたら多くのスポンサーがからんでいるので番組自体やっていけなくなるというか、マスコミの存在自体危ぶまれるからです。

★★★★★暗黙の了解というかこの話題に触れることはマスコミではタブーとなっているそうです。★★★★★

花○、ライオ○、大手化粧品会社、食品会社をはじめ多くの大企業=スポンサーが絡んでいます。マスコミ全般はこういった企業なしにはやっていけないのです。車のCM以外ほとんど全てじゃないか?という印象を持つくらい多いです。

多くの食品や子供も食べるお菓子に乳化剤って当たり前のようにはいっていますが、あれも合成界面活性剤と同じ働きです。働きについては本やインターネットでご参照ください。

食器洗剤は泡がないとしても関係なく悪影響です。洗剤で洗ったあと、水に当てるだけ(!)でピカッときれいにのいたような気がしますよね。
あれは表面に洗剤成分が残っているということです。
そして味噌汁など熱いものを入れたとき成分が再び溶け出します。(プラスチック食器から溶け出す環境ホルモンのようですね)

ですから口に特によく入る、食器洗剤、歯磨き粉、この2つはすぐにでも石鹸洗剤と石鹸はみがきにかえたほうがいいよと私は友達によく話します。

洗濯洗剤や、シャンプーなど口に入らないから安心かというとそうではなく、合成界面活性剤自体、皮膚から浸透し内臓まで達するといいます。

どんなことをしても分解されず蓄積され、水道水にも含まれているそうです。
逆に石鹸は分解されるし、プランクトンなどのえさにもなるのでいいそうです。
それに石鹸は文明が発達する何千年前から使われているので安心です。(5000年前と言われています)
合成洗剤はたかだか30~40年前にできたものです。はは・・

しかも金儲けのためだけです。
人間、生物、環境のことなど何も考えていません。環境を大切にすること=人間を大切にすること=自分や家族を大事にすることです。
必ずつけは自分たちに回ってきます。

それに石鹸はサラダ油など口に入るものだけで作ることが出来ます。

ゴキブリが出たら、家庭の食器洗剤をピュッとかけると死んでしまいます。そんなものが人間に悪影響ないといえませんよね。人間も虫、細菌もそういう意味では同じです。

私は石鹸洗剤に慣れてしまい、会社などで合成洗剤の食器洗剤を使うと泡が異様にたってしまい、逆にとても不気味に思います。
匂いもきついし使うとき不快です。石鹸では油が取れないでしょ?と聞いてくるかたがいますが、全くそんなことないです。ひけをとりません。たしかに泡立ちは劣りますが、劣るというより、それが(石鹸)が当たり前に思います。
合成洗剤の倍の量スポンジにつければいいことです。それでもほんとにお安いものです。198円で2~3ヶ月は持ちます。
慣れだと思います。

手も荒れないし、私は主婦ですが水仕事のあとにクリームなど冬でも塗ることはないですが、すべすべです。
夏などは洗顔した後も、化粧水、乳液をつけなくて大丈夫です(家に一切ありません)。冬に水と酢とはちみつを混ぜ少し塗るくらいです。

合成洗剤は花粉症、アトピーなどアレルギー、不妊症などいろんな病気に関係しているといいます。
合成洗剤に限らず、(必要以上の)薬、環境ホルモン、化学物質、大気汚染そういった文明とともに発達してきたものが癌などを含めいろんな病気に関係していると読んだことがあります。
もちろん、原因は他にもあり、あくまで原因の一部ではありますが。

まずは合成界面活性剤がどういう働きをするのか検索してみてください。すぐにでもやめたくなると思います。

小さいお子さん、お孫さんがいる方はなおさらです。
どうせ大きくなれば口に入るんだから、という考えではなく、小さいときほどその量を減らしたほうがよいような気がします。

うちは市販のお菓子を一切あげません。ジュースもです。かわいそうではありません。簡単に手作りできるし、果物があれば必要ないですよね。
かわいそうとまず感じた方は、残念なことですがCMに洗脳されている、ということになると思います。

大きくなれば勝手に食べますが、小さいときは大人より影響が大きい気がするので、一年でもその時期を遅らせればよいと思います。

お嫁さんは、ああいう洗剤が手ですすぐことなく水を当てるだけで綺麗になるように見えるので、いいかげんなすすぎになるのだと思います。石鹸洗剤なら手でこすらないととれないので、いいかげんにはできなくなるかもしれませんね。それか石鹸にすること自体はじめは反対されるかもわかりませんが。

ULRはりつけておきます。
http://www.ne.jp/asahi/kikko/living/sekken4-2.htm

http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/mizu/senzai.html

http://www.gosen-tuihou.gr.jp/

「太陽油脂」
http://www.taiyo-yushi.co.jp/

その他、「合成洗剤、界面活性剤、恐ろしい合成~」などで検索するといくらでもでてきます。

最後のは「太陽油脂」という会社ですが、宣伝するつもりではありません。
HPに非常にためになることがたくさんかいてあるからです。

一般の洗顔料で顔を洗うより、こういう会社の洗濯用(!)石鹸で顔を洗ったほうがましだということです。(昔ながらの単純な石鹸です。この単純という言葉が重要です。資○○などの合成界面活性剤をはじめきつい香りの香料、色んな添加物が入った固形石鹸はもはここで言う石鹸とはいえません)

初めは私も含め長年CMに洗脳されていましたので、信じ難いかもしれませんが、真実です。今では当たり前だと思っています。

事実私は、近所のドラックストアで135円くらいの食器用石鹸で顔を洗っています。もう4年になりますが、つっぱりません。何用でも基本的には石鹸なので同じです。

やはり通販だと費用もかかりますので、近所のドラッグストアで「しゃぼんだま石鹸」などの石鹸、歯磨き粉をつかっています。コープなどに行けば、石鹸はみがきでなくても「合成界面活性剤不使用」の歯磨き粉があります。
この「太陽油脂」の通販で買っているのは私は日焼け止めだけです。これだけはそこらでは売ってないからです。本当は色々買いたいですが、いいものは費用もかかります。
それでもこの日焼け止めに関しては市販の有名会社のより随分安いし、優良です。

少し関係ないことまで書きすぎましたが一人でも多くの人がこれを読んでくれることを心から祈りながら、締めくくります。

最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

泡が残っているなんて一言さらっと言ってもいいくらいなことなのに、それも躊躇されるとは、rhcps10さんは思いやりのあるお姑さんですね。

食器洗剤や、ボディーソープ、洗顔料、歯磨き粉、シャンプー、日焼けどめ、洗濯洗剤、一部の化粧品にまで、市販のそういったほとんどのものに合成洗剤(合成界面活性剤)がはいっています。害があるそうです。

(2)の大丈夫な洗剤というと合成界面活性剤を使用していないもの(おおまかにいうと石鹸ですが、すべての石鹸ではありません)になります。

図書館など...続きを読む

Q食器用洗剤を薄めて使ったら子供の皮膚炎が治った?

汚れた食器や調理器具を洗うとき、
以前は市販の食器用洗剤(キュキュットなんとか)をスポンジに2、3滴垂らし、
泡立てて使っていました。すすぎは、かなりしつこくしていました。

先日、医学系の研究室で働いている友人が
「洗剤を原液のまま使うと、いくらしつこくすすいでも、食器に界面活性剤が残るから気持ち悪い」と話しているのを聞き、
「ふーん、そういうもんか」と思い、
それからは、洗剤をフタ付きプラ容器に2、3滴垂らし、お湯をジャッと入れ、
バーテンダーよろしくグワワと泡立てて使うようにしました。
薄めた洗剤液は、余っても時間がたったものは使わないようにしています。


3週間ほどたって気が付いたのですが、1歳半の娘の皮膚炎(アトピーではないのですが、赤くなって痒がる)が、かなり和らいでいました。
わたし自身も体のだるさがなくなっていることに気が付きました。

そういえば洗剤の使い方を変えたことも思い出し、もしかしたら、洗剤の使い方と
皮膚炎が関係あったのかもと思いました。
もしそうなら、娘にものすごく悪いことをしていたことになります。

たしかに説明書にも薄めて使うように書いてありますが、周りで薄めて使っている人は
いないし、涼しくなってきたからなのだろうと自己弁護していました。

それから更に一ヶ月ほどたったのですが、娘の皮膚炎は、ほぼ完治し、
よく食べ、よく遊び、よく寝ています。
私の体調も相変わらずいいままです。

実のところ、界面活性剤と皮膚炎に関係はあるのでしょうか?

その手の筋の方、似たような経験がおありの方、
よろしくお願いします。<(_ _)>

汚れた食器や調理器具を洗うとき、
以前は市販の食器用洗剤(キュキュットなんとか)をスポンジに2、3滴垂らし、
泡立てて使っていました。すすぎは、かなりしつこくしていました。

先日、医学系の研究室で働いている友人が
「洗剤を原液のまま使うと、いくらしつこくすすいでも、食器に界面活性剤が残るから気持ち悪い」と話しているのを聞き、
「ふーん、そういうもんか」と思い、
それからは、洗剤をフタ付きプラ容器に2、3滴垂らし、お湯をジャッと入れ、
バーテンダーよろしくグワワと泡立てて使うよ...続きを読む

Aベストアンサー

薄めて症状が軽くなるということは、もともとその洗剤が「良くないもの」だからですよね。ならば、量を薄めるよりも使わないほうがいいですね。

私も昔は普通に市販の合成洗剤を使っていました。あるとき、ふと石鹸洗剤(食器洗い用)を使ってみたら、なんと!すごくよく落ちるし、水をさっと一流ししただけできれいになるし、それ以来、合成の洗剤は一切使わないです。もう何年も使っていませんが、会社などで合成洗剤があるので、仕方なく1回でも使うと、指の先がカサカサになってしまいます。

界面活性剤はすごく悪いですよ。

ANo.1の方も書かれていますが、実験結果があります。市販の合成洗剤(食器洗い)を数滴たらした水の中に金魚を入れると、確か数分(1分以内か?)で金魚は死んでしまったそう。
液体石鹸洗剤を入れた水では、金魚はいつまでも生きて元気に泳いでいたそうです。これが数滴どころか、日々大量に家庭で使われているのだから、とても恐ろしいですね。ちょくせつ我が子に触れなくても、排水はいずれ海に流れ着き(浄化してもしきれないのです)、海の生き物を汚したり、雨となって振って大地を汚したり。結局人間の体に入ってきます。

スーパーなどでも「液体石鹸洗剤」売っていますよ。安いものでは\200もしません。手がしっとりして、いくらつかっても全く荒れませんよ。ぜひ使ってみてください。

*参考URLは、「合成界面活性剤の恐怖」
皮膚のバリヤーを破壊するので、すごく肌に悪いです。肌だけじゃなくって、身体にも悪いでしょう。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/dz/dai/gouseikaimen.htm

薄めて症状が軽くなるということは、もともとその洗剤が「良くないもの」だからですよね。ならば、量を薄めるよりも使わないほうがいいですね。

私も昔は普通に市販の合成洗剤を使っていました。あるとき、ふと石鹸洗剤(食器洗い用)を使ってみたら、なんと!すごくよく落ちるし、水をさっと一流ししただけできれいになるし、それ以来、合成の洗剤は一切使わないです。もう何年も使っていませんが、会社などで合成洗剤があるので、仕方なく1回でも使うと、指の先がカサカサになってしまいます。

界面活性剤...続きを読む

Qヤシノミ洗剤は合成石鹸なのでしょうか?そうなら粉石けんと違って何か良くない点があるのでしょうか?

お世話になります。

少しでも自分や環境に優しいものを使おうと石鹸
生活を1年程前から始めているのですが、洗濯洗剤
は粉石けんではないみたいだけれど良さそうと思って
ヤシノミ洗剤を使っています。
ただ、石鹸を使った生活に関するHPを結構見てみた
のですが、一度もヤシノミ洗剤って出てこないので
やはりこれも合成洗剤なのかしら??と思ったり。
実際の洗濯の為に手間のかかる、HP上に載っている
粉石けんは使えないとは思うものの、良いと思って
ちょっと高いけど(売り出しとか殆どないし)と思って
買っているのですが、一般の合成洗剤と一緒なら全く
意味はないし、と思いまして。
一体この洗剤はどういう位置づけなのか??と改めて
考えてしまいました。
合成洗剤なのか、そうでないのか。合成洗剤なら
一体普通のものとどう違って、何が良いのか?
一応蛍光剤とか入っていないというのが良いという
のは判りますが…。

すみません、まとまらなくなったのですが、タイトル
に書いたのが要旨です。もし何かご存知でしたら教え
て下さい。

お世話になります。

少しでも自分や環境に優しいものを使おうと石鹸
生活を1年程前から始めているのですが、洗濯洗剤
は粉石けんではないみたいだけれど良さそうと思って
ヤシノミ洗剤を使っています。
ただ、石鹸を使った生活に関するHPを結構見てみた
のですが、一度もヤシノミ洗剤って出てこないので
やはりこれも合成洗剤なのかしら??と思ったり。
実際の洗濯の為に手間のかかる、HP上に載っている
粉石けんは使えないとは思うものの、良いと思って
ちょっと高いけど(売り出しとか殆どないし)と...続きを読む

Aベストアンサー

品名:洗濯用合成洗剤
界面活性剤(25%、アルキル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸ナトリウム)、水軟化剤(アルミノけい酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、酵素

明らかに合成ですね;ただ…

石油から作られる界面活性剤LASは、一切使用せず、蛍光剤や漂白剤も無配合。だから、生成りや色柄ものが色落ちすることなく、自然な仕上がりです。また、皮膚刺激のもとになる物もできるだけ抑え、無香料・無着色。お洗たく後の排水も、微生物によって99%以上生分解されて地球に還ります。
という商品説明なので、合成なのに良品なの??と訳がわからなくなりますよね。

無添加ではないが、石油系合成洗剤(ア○ックやア○エール等)よりは良いところがあるといったところではないでしょうか。このような微妙な位置づけの商品結構ありますね。
あとはもう、消費者の判断というか満足度だと思います。とことんこだわるか、アレよりマシと思うか。アトピーや手荒れがひどいようならこだわった方がいいかもしれませんね。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~wadasho/y-zukaisentaku.htm 

品名:洗濯用合成洗剤
界面活性剤(25%、アルキル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸ナトリウム)、水軟化剤(アルミノけい酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、酵素

明らかに合成ですね;ただ…

石油から作られる界面活性剤LASは、一切使用せず、蛍光剤や漂白剤も無配合。だから、生成りや色柄ものが色落ちすることなく、自然な仕上がりです。また、皮膚刺激のもとになる物もできるだけ抑え、無香料・無着色。お洗たく後の排水も、微生物に...続きを読む

Q食器洗いのすすぎ

食器洗いのすすぎ

食器を洗剤で洗ったあと水ですすぎますが、どの程度すすげば「大丈夫」なのでしょうか?
この「大丈夫」をいう基準はあいまいで、人それぞれ感じ方によって異なると思いますが、人体に悪影響がないレベルを指すかと思います。

私は、流し水ですすいで泡が落ち、食器を指でこすって「きゅっきゅ」となるくらいまですすいでいます。
しかし、先日行ったとある飲食店では、泡のついた食器を流水でカチャカチャ流して、かごにポイッて感じでした。
そんなんで「大丈夫??ちゃんと洗剤落ちてる??」と思ったのですが、実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

食器用洗剤は食品衛生法により食器食品用洗浄剤に関する規制を受けています。
一言で言うと、誤って泡食っても(大量でない限り)大丈夫、
仮に飲んでも(大量でない限り)腹下すくらいで致命的な毒性は無いということです。

食器のすすぎについても以上のとおりでそもそもすすがなくても人体に影響は無く、
原液をべっとりつけて洗うのならともかく(これでは汚れは落ちませんが)、
ふつうは流れやすい泡で汚れを落としていますので、水でさっとすすぐだけで
有害性が無くなるのはもちろん、洗剤の残留も十分無視してよいレベルまで低下します。

Qイギリス人ってどうして食器洗剤を洗い流さないの?

イギリスに留学してるんですが、これまで普通のイギリス人家庭を少なくとも30件以上は訪問して、ディナーパーティとかの後の食器洗い(ディッシュウォッシャーでなく)を垣間見て、不思議でならないのが、どの家庭でも、お湯をためて、洗剤をちょびっと入れて、汚い食器を洗剤の入ったお湯で洗った後、そのまま食器たてに置いて、すすぎをしないことです。洗剤の泡がいっぱいあるのに気にしないのです。どうして?と聞いても、泡は流れ落ちるからいいっていいます。イギリスの洗剤は身体に害がないのでしょうか?何故、イギリス人は洗剤をすすぐ事をしないのでしょうか?他の国でももしかして洗剤をすすがないのが普通で日本人が特別に神経質できれい好きなのでしょうか?ほんと、なぞです。分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

 感覚の相対的違いの一つ、と言ってしまえばそれまでです。
市販されている台所用洗剤の裏側を見ると日本のそれと大きく違っているわけでもないようです。ですから成分が違うから問題がない、のなら日本でもそのように考える人が大勢いても良いはずですが、日本では泡が切れるまで流しますよね。
英国はなんたってストリーキング発祥の地ですから、厳格な階級社会と紳士の国のイメージの一方で、老若男女関係なく「はだか」になる頻度がとても高いお国柄でもあります。留学中であれば「あ、そういえば!」という場面を思い出してみると多々あるのではないでしょうか。太陽光の少なさに影響されているのか何なのか、こればっかりは仮説の域を出るものではないですが、外気温や身の回りのいろいろな温度に対する「皮膚感覚」が日本人とは違っていると思しきケースが随所に見られます。ビールの温度はぬるいのが普通で、小雨程度で滅多に傘はさしませんし、海沿いの街へ行けば5月の未だ冷たい海で海水浴する人が現れるし、、、
このように皮膚感覚が違っていれば、他の感覚も違っていて不思議はありません。
突き詰めれば「洗剤の泡なんて気にしない」感覚の人が多いという、ただそれだけのことなんだと思います。
どこかの砂漠で生活している人たちのように、皿を「砂で洗う」という習慣、感覚に比べれば、イギリスのそれは取るに足りない小さな違いだと、そう考えられるのではないでしょうか。
ボトムラインでの人間性の本質については質問者さん自身が留学先で違和感を持つこともなくイギリス人と大きくは違っていない、ということがかえってこうした日常の小さな違いを際立たせるのでしょう。そう考えれば留学はすこぶる快調、実りあるカルチャーショックをもっと感じて、それでも喜びとか悲しみとか愛だとか人の本質に違いはないのだということを感じ取れたなら、それこそ差異を感じなければ発見できなかった留学の賜物なのでしょうね。

 感覚の相対的違いの一つ、と言ってしまえばそれまでです。
市販されている台所用洗剤の裏側を見ると日本のそれと大きく違っているわけでもないようです。ですから成分が違うから問題がない、のなら日本でもそのように考える人が大勢いても良いはずですが、日本では泡が切れるまで流しますよね。
英国はなんたってストリーキング発祥の地ですから、厳格な階級社会と紳士の国のイメージの一方で、老若男女関係なく「はだか」になる頻度がとても高いお国柄でもあります。留学中であれば「あ、そういえば!」とい...続きを読む

Q合成洗剤の危険性について

最近、ホームページ上で合成洗剤を批判する記述をよく見かけるのですが、(ほとんどが小さな石鹸会社の宣伝文句のようですが)科学的な根拠も事実的な根拠もない様に思えるのですが。詳しい方に見解を求めたいと思い、質問させてもらいました。以下に、よく目にする批判内容と個人的な見解(…の後)を述べさせてもらいます、妥当かどうかご意見いただければ幸いです。
1:合成洗剤(洗濯用・食器洗い用・シャンプー等)に含まれている合成界面活性剤が食器・衣類に残留し、皮膚・口を通して健康に影響する。

…昔使用されていたベンゼン環の合成界面活性剤は毒性が強かったようですが、現在製品に使用されているものは、急性毒性・慢性毒性・皮膚毒性・催奇性・発がん性は無いとされているし、安全性に関しては日本より厳しいと言われるアメリカでも使用されているほか、他の国の研究結果でも問題ないとされているため、根拠のない批判のように思えます。

2:主に洗濯洗剤に添加されている蛍光増白剤に対して、発がん性を指摘し、その根拠に日本国内で赤ちゃんのオムツ・医療用ガーゼ等に使用が禁止されている事を挙げている。

…国内外で多くの研究機関が発がん性は無いとしているし、ガーゼ等への使用禁止理由は使用の必要性が無い不純物であるという考え方のためだと聞いたことがあるほか、アメリカではガーゼ等の使用は禁止されていない事から、見当違いの根拠だと思えます。
また、仮に発がん性があるとしても、普段我々が口にする天然の作物(野菜等)には生体毒として発がん性物質を持っているほか、日常ほんのわずか体内に入る物質の危険性を指摘することに疑問を感じます。

長い質問ですみませんが、ご意見よろしくお願いします。

最近、ホームページ上で合成洗剤を批判する記述をよく見かけるのですが、(ほとんどが小さな石鹸会社の宣伝文句のようですが)科学的な根拠も事実的な根拠もない様に思えるのですが。詳しい方に見解を求めたいと思い、質問させてもらいました。以下に、よく目にする批判内容と個人的な見解(…の後)を述べさせてもらいます、妥当かどうかご意見いただければ幸いです。
1:合成洗剤(洗濯用・食器洗い用・シャンプー等)に含まれている合成界面活性剤が食器・衣類に残留し、皮膚・口を通して健康に影響する。

…昔使用...続きを読む

Aベストアンサー

私は専門家ではないので詳しい事はわかりませんが、意見のひとつとしてお聞き頂ければ幸いです。

いわゆる自然物(食物や樹木、雨水なども)は、地球創生の昔から今に到るまでの長大な時間をかけて出来あがってきたものです。
その過程において、時には硫酸の雨が降ったこともあったでしょうし、二酸化炭素が充満する大気状態のときもあったことでしょう。
生物が多数種類を育む時代とはお世辞にも言えない、原始的なバクテリアや微生物のみが環境に適応できるような時代だったと思います。

そんな苛烈な状態が終息し、哺乳類が生存、繁栄を許される時代が到来し、やがて、その中に「人類」というものの影が出始め、やがて人類は地球上で一番繁栄する種族となり、現在に到っています。
(もちろん、昆虫類・微生物などを除いてですが…)

生物は環境に「適応して」生きてきました。
それはご存知の通り「殺虫剤に強い蝿」や「MRSA」などの事例を見ても明らかですが、そればかりとは到底思えません。
「環境に適応してきた」ばかりではなく「環境に生かされてきた」…つまり「死滅していかなかったから」こそ、今もってこの世界に生物があふれているのです。

火山爆発などが地上や大気中の成分変化をもたらし、その環境に適応可能な生物が「ふるいにかけられて」残ったのです。
いわば、今現在地球上に生息している生物達は「地球というフォーマットに適応した事で生存している種族」に過ぎず、その他の「フォーマット」を体内に宿してはいないのです。

化学合成物質がこの世に、人間がもたらしてからどれくらいの年月が経ったでしょうか?。
科学というものは、人類が自然現象の中から「拾い出して」きて、それを人類が「便利なように」「扱いやすいように」改造してきた「ツ-ル」に過ぎず、いうなれば「サルが枝を使って物を取る」という行為の延長線上にあることに変わりありません。
ヒトのDNAすら全部を解析するのに膨大な時間がかかる、ということですが、この世の生きとし生けるもののDNAを解析していくのは、このままでは無限の時間を必要とする事でしょう。

「安全」という保障をするには、DNAの解析や変化などを事細かに追調査していく必要があると思いますが、それが「人類」のみに限定されて良いわけはありません。
我々の食物たる野菜や、家畜、またその野菜を育てるための水に含まれる物質や、家畜が食べる飼料のことなども考慮に入れても、まだ不足分が残るくらいのものです。
「安全」というものは、そういったもので「完全な安全」というものは、現在の人類に達成できるはずも無く、保証が出来ない以上は「安全かもしれない」とか「大丈夫と思う」という「あやふやな結論」を行使していくほかないのです。
ですので「これは何々の機関が保証したから安全だ」という発表を私は鵜呑みにする事はどうしても出来ません。

しかしながら、その「科学」の恩恵が無ければ毎日の生活を送っていく事が困難なのが現代人ですから、人類が「信じている」科学というものの尻馬には乗っかっていかざるを得ません。
だから「不確定なものを確定したものと呼ばない」というのは、人類にとって非常に大事な事だと私は信じます。

また「自然物の毒性」についてですが、もとより「人間に食べられるために地球に存在している」ものなど「ひとつも有りはしない」と思いませんか?。
牛や猫や犬と我々人類は仕組みが違っています。
我々が平気で食べている食物だって、猫が食べれば昏倒して、場合によっては死んでしまうものだって有ります。
自然物は自分の子孫繁栄のために、自分が生き残るための「術」を行使していると思われますが、その中に「強い毒を体内に持つ」という手段も有りますよね。
植物にも、動物にも、そのような種族はたくさんあります。
たまたま「人類が食べても平気なくらいの毒性」を、そういった植物が持ち合わせていただけに過ぎず、これを人工的に作り出された物質の持つ「毒性」と並んで評価するのは危険とはいえませんか?。

「実例」というものは、多ければ多いほど、その総合的評価は精度を上げられるものです。
十例よりも千例のほうが、評価として確かなのはいうまでもありません。
化学物質が生まれてからの時間と、地球が誕生して今までの時間と、そのどちらが長い時間と経緯を持っているかを考えれば、その答えは自ずと決まってきます。

我々人類は「自分という身体」で、その時間をキチンと証明しているという事を、忘れてはいけないはずです。

私は専門家ではないので詳しい事はわかりませんが、意見のひとつとしてお聞き頂ければ幸いです。

いわゆる自然物(食物や樹木、雨水なども)は、地球創生の昔から今に到るまでの長大な時間をかけて出来あがってきたものです。
その過程において、時には硫酸の雨が降ったこともあったでしょうし、二酸化炭素が充満する大気状態のときもあったことでしょう。
生物が多数種類を育む時代とはお世辞にも言えない、原始的なバクテリアや微生物のみが環境に適応できるような時代だったと思います。

そんな苛烈な...続きを読む

Q大丈夫ですか? 賞味期限を3日過ぎた豚肉

冷蔵庫の中にスーパーで買ってきたままの状態の豚肉を入れておいたのですが、賞味期限を3日過ぎてしまいました。

これって大丈夫でしょうか?

料理に疎い為、教えて下さいませ。

ちなみに出張が延びに延びて、なかなか帰ってこれず過ぎてしまったので、冷蔵庫は一度たりとも開けていません。(関係ないかな)

Aベストアンサー

 なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。

 この場合は消費期限ではないですか?
(1)消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。
(2)賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。安全性を保証する期限ではありません。
 なお、(1)も(2)も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。

 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何かあっても販売者はしりませんよというものです。ただし、こうした期限はあくまで原則に過ぎませんので、これよりももつものもあれば逆の場合もあります。安全率を考慮してあるのも事実ですが、まあ生鮮品は期限内に消費するに越したことはありません。豚肉の場合であれば、傷んできたら臭い・べたつき・変色のいずれかの変化がでてきます。あくまで自己責任で、五感を働かせましょう。
 なお、豚肉の寄生虫が日本で問題になったのは遙か昔の話。現在ではほぼ考えなくていいです。

 余計なことかも知れませんが、こと身の安全に関わる質問をここでするのは感心しません。回答は玉石混合、間違って食中毒でもおこしたら大変ですよ。

 なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。

 この場合は消費期限ではないですか?
(1)消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。
(2)賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。安全性を保証する期限ではありません。
 なお、(1)も(2)も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。

 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何か...続きを読む

Q【化学】食器用洗剤のジョイで体と頭を洗う人がいてビックリした。 しかも貧乏だからという理由ではない。

【化学】食器用洗剤のジョイで体と頭を洗う人がいてビックリした。

しかも貧乏だからという理由ではない。

子曰く、「食器用洗剤は舐めても安全なように作られているが市販のボディソープやシャンプーは舐めるようには安全配慮されていない。

この世に売られているボディーソープやシャンプーの中で1番人体に影響がない洗剤は食器用洗剤のジョイである。

ジョイは99%の除菌とさらにヌメリがあり伸びが良いので少量で全身も髪の毛も頭皮も洗えてこれ以上良い石鹸はない」

と言うのだ。

確かに西洋の欧州ヨーロッパでは水道水が硬水で食器用洗剤で洗った後に水道水で洗剤を洗い流すとカルシウムが付着して白いカルシウムの結晶が白く濁るので洗剤を付けっぱなしで洗い流さずに使っていると聞いたことがある。

要するに洗い流さずに食べ物をその上に乗せて食べても人体に影響がない食器用洗剤こそがこの世に存在するボディーソープやシャンプーの全ての面で優れているという主張である。

これどう思いますか?

Aベストアンサー

数年前のジョイのCMで、
重油まみれになった海鳥を、ボランティアの方々がジョイを使い洗体するというものがありました。
ジョイが人体や動物に悪い影響が無く、油汚れがよく落ちると証明する内容だと思いました。
全ての食器洗い洗剤が安全とは言い切れませんが、質問者様がおっしゃるように、ヨーロッパの方ではオーガニックのものを洗い流さずに保管しているようですし、良質のものでしたら、悪影響は無いと思います。
しかしながら、ジョイで洗体や洗髪した場合、本来残すべき油分まで洗い流してしまい、保湿が不十分になる事により肌トラブルが起きそうです。
やはり、人間の肌にはそれ用の石鹸やボディソープを使うべきだとは思いますね。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング