『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今、欧州の歴史や各国対立の変遷を幅広く知ることが出来る「映画」や「本」を探しています。

というのも、南東欧のカントリーリスク等について分析する仕事になり(全く未経験)、欧州全般の歴史的な背景や政治体制、その変遷、欧州各国の覇権争いの背景などを知らないと、理解が出来ないことが多いです。
とはいえ、真正面から歴史を捉えた学術的な本は、頭に入りづらく困っています。(特に、海外本の日本語翻訳版は理解するのに難しいです)

このような背景から、例えば「プラハの春」「百年の預言」などドキュメンタリー要素が入っている小説や(核心に近いものではありませんが、東欧革命前後の雰囲気がなんとなく分かりました)ハプスブルグ帝国の歴史本など、雑多に読んでいます。

また、第二次世界大戦前後の各国列強(特に欧州)の対立関係や、共産主義社会とはいったいどういうものなのかをイメージするのが難しかったので、「ヒトラー~最後の12日間」というビデオを見ました(ただ、短期間にフォーカスした映画だったのであまり得るものはありませんでしたが・・・)。

あまりに自分が欧州・東欧・歴史・政治について何も知らないので、幅広く知識を収集したいと思っています。
どんな本、映画(古い映画)でも構いません。
キーワードとして思いつくのは
・東欧革命
・共産主義
・バルカン
・EU
・社会主義崩壊
・チャウシェスク、スターリン、ヒトラー

共産主義、社会主義時代を記録した映画、風刺、人々の生活、密告社会などが映画を通じて垣間見れると嬉しいです。

幅広い質問で恐縮ですが、お勧めがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ごめんなさい、少しずれているかもしれませんが、大変に面白かったので。

ボスニアの話です。下記アマゾンの評価をご覧になってみてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062750 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。確かにお勧め頂いたご本は大変面白そうです!早速試してみます。貴重な情報ありがとうございます!

お礼日時:2006/06/12 14:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング