新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

30歳の男です。
現在、WEBディレクターをしております。
前職は出版系広告代理店で
コピーライターをしておりました。

出版業界の衰退や自らの給与の少なさつらく感じ、
3年ほど前よりWEb業界へ転職したのですが、
やはりコピーライティングをやりたいとの想いがあります。

そこで表題件を思いついた次第です。

現在、求人サイトを見ると、
WEBやモバイル関連のコピーライターを募集している
広告代理店が存在し始めていることは確かなのですが、
やはりまだTVや雑誌やラジオ業界ほど"専業"として
確立しているようには思えません。

もちろん、大企業などは専業のライターが存在する
と思いますが、中小のWEB関連会社などは
編集運営のものにコピーライティングも
兼任させているところがほとんどのように思えます。

ただし、WEB業界の広告費は年々成長しているという
良い面もあります。
それに比例するように、今後は需要が拡大していくでしょうか?


お詳しい方がおられましたら、何卒ご教授お願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

希望的観測ですが、需要は拡大傾向にあると思います。



先年、とうとうWeb広告費がラジオを抜きました。どんな分野でも成熟が進むと職業の細分化も進みます。ということでWebにも専業のコピーライターができるのでは…と思いますが、現状、Web制作専門の会社でコピーライターを抱えている所はかなり少ないです。

広告代理店が関わる場合は、その代理店にコピーライターがいるのでその人がやりますけれど、正直、Web業界でのデザインやプログラムに比べて、コピーライティングは実作業的にはかなり「ラク」そうに見えるので(笑)、Web製作会社は専任のコピーライターを置きにくいのでしょう。アイディア出しの部分での苦労はどの職種でも同じでしょうが、「かたち」にする苦労はコピーのそれに比べて、デザインやプログラムの方がはるかに上です。その実作業量の差を補う意味で、編集や営業、ディレクションを兼任させているのでしょう。

という訳で、今はまだ、コピーライター専門、というのは難しいと思います。どうしてもやりたければ、今は編集や営業も兼任して時期を待って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答まことにありがとうございます。
ひじょうに参考になりました。

>正直、Web業界でのデザインやプログラムに比べて、コピー
>ライティングは実作業的にはかなり「ラク」そうに見えるの
>で(笑)、Web製作会社は専任のコピーライターを置きにく
>いのでしょう。

不遜ながら、仰るとおりだと思いました。
ひどいところですと、既存の類似サイトをいくつか
ピックアップして、それらの文章を加工したサイトを
制作依頼してきた業者さんもいたくらいです。
FLASHやCGIなどを駆使した見栄えのいいサイトを希望する
業者さんが多いですが、その反面、コピーに関しては
"凡そそういう体(てい)でいい"というノリの業者さんが
多く見受けられます。

そう考えますとWEB広告はまだまだ成長の余地が
あるといえますね。

>今はまだ、コピーライター専門、というのは難しいと思い
>ます。どうしてもやりたければ、今は編集や営業も兼任し
>て時期を待って下さい。

やはりそうですか。
では、意図的にキャッチコピーやボディコピーを
主張するディレクターとして頑張っておきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/01 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未経験からコピーライターに絶対なりたい!

現在32歳、食品会社の製造業で働いている者ですが(契約社員)
専門学校時代に学んでいたコピーライターになりたくて
最後の悪あがきをしております。
経験は企業研修で電通のお抱えの制作プロダクションで一ヶ月ほどおりました。
10年くらい前ですが、当時はNECの98マルチの全15段広告制作や
佐藤雅彦さんの「バザールでゴザーる」のキャンペーンを受けて、その対象になるPCの広告を作る
プロダクションでした。
去年、広告批評の広告学校に通い、
少しですがコネクションもできました。
ですが、それでけで転職できるわけもなく
毎日作戦を練り直す毎日です。
同じ状況から転職するとしたら、どのような方法が考えられますか?
また必要なことがありましたら、アドバイスが、とてもとても欲しいです。
何でもやる覚悟はあります。
バイトからでも、広告業界に潜りこみたいです。

Aベストアンサー

10年前の話ですが役に立てばどうぞ。
  
30才未経験でコピーライターとして
広告代理店に転職した男です。
  
D通やH堂じゃあないですよ。
でもね、文章力や知識なんて今でもそんなに
ないのに、受けたところ全部通りました。
  
どうしてなんでしょう?
 
あの頃はそんなもんなんだと、
特に思うところもなかったのですが、
人を選んだり使ったりもしなければならない
立場になった今考えると、
なんとなく分かるような気がします。
  
だって根っからの広告業界熱望者って
なんだか型にはまっておもしろくないんだもん。
流行のマーケティング理論やキャンペーンやコピー
手法ばっか唱えてさ。話してもつまんないんですよ。
終始過去論の机上論だから。
そういう手合いに限ってひとりよがりのコピーやデザインしか書けないんだよね。

 
売れてる寿司屋の大将とかスナックのママと
どうやったらもっともっと流行るかなぁ、なんて話をしてる方がよほど販促やクリエイティブに役立ちます。
  
つまりはね、みんな新しい発想が欲しいんであって、
誰かさんの孤独な思い込みなんて要らないワケです。
発想という機軸さえあればコピーなんてそこそこのヤツが当然できる。発想の土台は自分と周囲の関わりかた、すなわち生き方、コミュニケーションそのものですよ。そんなもん生活してりゃ誰でもやってる。フォーマットな業界経験なんて意味ないんです!
   
32年間の暮らしの中で培ったあなたの発想力とコミニュケーション能力が、どれだけ世間様に対して付加価値を提供できるかってことですね。
今さら既成のフォーマットに埋没していこうなんて方針はやめた方がいいんじゃないでしょうか。きっとムリです。
  
飾らない今の自分で手当たり次第に受ける。
それでいいんじゃないですか?
ダメならあなたの発想力は広告業界では金につながらないってことですよ。他で活かせばいいと思います。
   
 
そうそう、僕が30の時はなーんにも<作品(この言い方キライだけど)>なんてものを一切持ち合わせていなかったので、面接に行った会社から今進行中の仕事を聞き出して、明日までに案出しするんで見てくださいってやったな。コピーだけじゃない、どうやったらその商品やサービスが売れるか、自分が思いつくことを一晩書き連ねて持って行ったワケだね。
相手はそればっか考えてる人だよ。
 
でも、どうしてなんでしょう?
全部通ってしまいました。
  
そういうコトなんですよ。
わかってもらえるかなぁ?
 
そこからぺいぺいコピーライターの
修羅場がやっと始まるんだよ。

  

 

 

 

 

 

10年前の話ですが役に立てばどうぞ。
  
30才未経験でコピーライターとして
広告代理店に転職した男です。
  
D通やH堂じゃあないですよ。
でもね、文章力や知識なんて今でもそんなに
ないのに、受けたところ全部通りました。
  
どうしてなんでしょう?
 
あの頃はそんなもんなんだと、
特に思うところもなかったのですが、
人を選んだり使ったりもしなければならない
立場になった今考えると、
なんとなく分かるような気がします。
  
だって根っからの広告業界熱望者って
なんだか...続きを読む


人気Q&Aランキング