【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

映画などでみる賞金稼ぎのようなガンマンはアメリカに実際にいたのでしょうか。平気で撃ち合いしていますし、開拓時代とはいえ、どうも現実味がないような気がします。wikiでガンマン、gunslingerのページを見たのですがもっと詳しく知りたいです。どういった人たちをガンマンと呼ぶのか、生計はなりたっていたのかなどなんでも構いません。一応ネットで調べては見たものの、映画やゲームがあまりに多く引っかかってしまい、実際はどのようだったのかについてのサイトはなかなか見つかりません。そういったサイトの紹介(英文でも)でも良いのでぜひお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

西部劇内での表現では、ガンマンは銃を護身用の道具としている男性となるのでしょうか?



彼らが映画の中で犯罪者として扱われない背景として、
(1)アメリカでは登録さえすれば、銃を所持しても良い。「憲法修正2条でアメリカ市民が銃器を持つ権利が保障されており、市民が自らの銃でイギリスと戦って独立を勝ちとったから、アメ リカの銃文化は建国時から」と言う通念がある。(これに反論されているサイトもあります)ttp://profiler.hp.infoseek.co.jp/gun.htm

(2)ガンファイトは私闘であり、先に銃を抜いた者が処罰される。後から銃を抜いて、先に撃つ「早撃ち」が犯罪者にならない条件になる。これを確認する立会人も必要になる。(参考URLの本はこの辺りの魅力を描いています)

(3)生計は映画の中ではカウボーイ、保安官、賞金稼ぎなどが多いですね。実際にはもっと様々な人たちが、銃を手にしていたのでしょうが。日本のやくざと同列に扱われだしたのは、ビリー・ザ・キッドの時代ぐらいからではないでしょうか?

ガンファイトや銃規制法などで検索かけてみると色々面白いページが見れました。西部劇ファンとして、楽しかったです。ありがとうございます。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4569637779.h …
    • good
    • 1

平気で撃ち合いしていますし、開拓時代とはいえ、どうも現実味がないような気がします


>現代の日本の感覚ではそうなるかもしれませんが・・・
No2の方が書いているように所詮無法者ですし西部劇の時代は日本でも江戸時代ですから
 ようは日本のヤクザと一緒ですよ生計が立ってたかも一緒日本の十手持ちもヤクザの親分さんがやってたりするじゃないですか。日本で言う同心や奉行がアメリカの政府役人や騎兵隊等の兵士で保安官は親分さん下っ引は保安官助手
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%BC%95
治安の悪さからすれば戦国時代の野武士なんかの方が近いかも・・
中には名を上げて仕官とか考えている奴も居たのでそいつらは日本で言う武者修行者調べてみたいならwikipediaのガンマンの下にある名前を1つずつクリックしていけばいいんでない?
 映画やゲームが引っかかるのは日本でも最近は廃れてしまいましたがヤクザ映画やヤクザのお芝居は定番ですので仕方が無いことかと・・・

因みに賞金稼ぎと言うのは現在も実在しイギリス私立探偵事務所やアメリカの誘拐交渉人等は有名だと思うのですが。
    • good
    • 1

ガンマンは単に「早撃ちの名手」をさすか


「殺し屋」「無法者」を意味するかのどちらかなので
いずれにしても職業ではありません。
銃の扱いに慣れていればみなガンマンと言えるわけ。

賞金稼ぎはバウンティハンターといいますが
ギャンブラーやカウボーイ、保安官やその助手が
彼らの職業であるか、
あるいは犯罪者として銀行強盗や牛泥棒などを
生業とするかのどちらかです。

西部開拓時代の有名なガンマンはほぼ全員が犯罪者で
あるいはワイアット・アープのような保安官も
犯罪行為に近いヤクザな保安官であったことは有名です。

西部開拓時代とそれに続く時代では
多くの流民が流れ込みましたがすぐに土地は囲われ
仕事にあぶれた多数の失業者を生みました。
それが犯罪者となり、法の支配が及ばないことをいいことに
銃と度胸を武器に悪事を働いていたのがガンマンという人々です。

その後、冒険小説のテーマになってから英雄譚のように
語られるようになったのでロマンに溢れたガンマン像が
登場しますが、こういうのが現実と乖離した空想の産物なのです。
    • good
    • 0

こんにちわ。


Wikiって、Wikipedia(ウィキペディア)のことですよね?
じゃあ、その下の方にたくさん、名前が出ていたと思いますが、それを順次読んでみるorそのリストから映画として取り上げられた人も沢山いるので、その映画を見てみる、というのはどうでしょうか?
私も詳しくは知らないのですが、すくなくともバッファロー・ビル、ワイアット・アープ(「ワイアット・アープ」1994/ケビン・コスナー)、ドク・ホリディ(「OK牧場の決闘」1957(古っ(^^;))、ビリー・ザ・キッド(「ヤングガン」1988)などは映画になっているはずです。
あと、アメリカではないですが(なので厳密にはガンマンといわないかも・・・(^^;)、オーストラリアの英雄「ネッド・ケリー(「ネッド・ケリー」2003)なども参考になるのでは?と思います。
ヤングガン以外は観てないので、面白いかどうかはわかりませんが、雰囲気はつかめると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西部劇の時代の一ドルっていくらくらいの価値ですか?

映画、「荒野の七人」で百姓がガンマンを一人二十ドルで雇おうとしていましたが、当時の一ドルって今のどれくらいの価値なのですか?

Aベストアンサー

1865年(南北戦争終結後)の設定として、

こちらのグラフを素直に信じれば
http://www.zerohedge.com/sites/default/files/images/SeanMaloneRiseFallDollarLarge.jpg

1800年を1ドルとして1865年は1.11倍、2008年は0.08倍、
現在から考えれば1ドルの価値は13.875倍

13.875×20×89.8(今日のレート)=24919.5円≒¥25000

Qアメリカにおける警察と保安官の関係

過去の質問、回答もチェックしましたがいまいちよく分かりませんでしたので
ご質問させていただくことにしました。
さて、アメリカには警察の他に保安官がいますが両者の関係はどういうもの
なのでしょうか?
そもそも保安官がどういうものかすらわかりません。
1.保安官とはどのようなものなのか?
2.警察と保安官、両者の権限の違いは?
3.身分的にはどちらが上?
4.なぜ他国にはない保安官制度が必要なのか?
その他、、保安官の人数は警察に対してどのくらいのいるのか
などなどいろいろ教えてください。
お願いいたします。。

Aベストアンサー

アメリカの警察制度は複雑で、州によって異なっています。また、建国当時の制度と現在の制度では名前が同じでも役割が違っていたりするので、ますます、はっきりしたことはわかりにくくなっています。

歴史的に言いますと、アメリカは十三のそれぞれ別々の植民地がイギリス支配に抵抗するため協力して独立戦争を戦い、独立後に憲法を作ります。この時各植民地はそれぞれの独自性を持ちつつ、全体としての連邦政府を作ります。そして、教育制度や警察などは各州の管轄とされたわけで、これが各州によって制度が異なったものである理由です。

そして、フランスからルイジアナを購入するなどしたために、いわゆる西部開拓時代には、準州(テリトリー)と言って連邦政府(アメリカ合衆国)の領土ではあるが、まだ州として認められていない地域が存在しました。このような地域では、警察は存在しません。そこで連邦政府が任命したUSマーシャル(郡保安官、権限は任命された郡内のみ)、町や市の住民が自分たちで地域の治安を守るために雇ったマーシャル(保安官、権限は雇われた町の中のみ)、郡で選挙され、治安だけでなく司法権・行政権なども執行できるシェリフ(行政執行官、権限は選挙された郡のみ)が生まれ、治安の維持すなわち警察活動を行いました。

さらに、20世紀になり、各州において州警察組織も確立されていきますが交通機関の発達によって、州を股にかけた犯罪も起こるようになり、州警察の権限問題もあって(犯罪を犯した州とは別の州に逃げ込むと犯人であると分かっていても逮捕されることはない)州にまたがる犯罪などを取り締まるためにFBI(連邦捜査局)が設立されます。FBIは基本的に一つの州内だけの犯罪にはタッチできず、複数の州にまたがる犯罪にのみ捜査権があります。

以上のような歴史背景を説明した上でお答えしますと
1.保安官とは組織的な警察が存在しない町や郡などで治安活動にあたる個人です。また、現在では警察とは独立して拘置所の運営などにあたっていることが多いうです。ですから、保安官に関しては時代と地域で異なるとしか言えません。
2.警察と保安官の権限の違いは基本的にはありません。管轄地域が違うわけです。
3.身分の上下はありません。
4.保安官制度が必要なのは、アメリカが広大であって同一組織で全国をおおうことが出来なかったからです。そうした歴史的経緯の上に保安官は存在します。
また、警察官と保安官の人数比は知りようがありません。

現代日本のように、ほぼ社会のシステムが完成し、全国に統一的に法や同じ制度が
通用するようになっているのは社会の進歩の現れであり、歴史的な結果ですが、これが「当たり前」「標準」と考えて他国のことを測ってはいけません。特にアメリカという国は、現代でこそ一枚岩のように見えますが、一皮むくとさまざまな制度や法律などに各州によって独自のものがあり、また連邦としての法・制度もあってその全てを知ることは困難です。

アメリカの警察制度は複雑で、州によって異なっています。また、建国当時の制度と現在の制度では名前が同じでも役割が違っていたりするので、ますます、はっきりしたことはわかりにくくなっています。

歴史的に言いますと、アメリカは十三のそれぞれ別々の植民地がイギリス支配に抵抗するため協力して独立戦争を戦い、独立後に憲法を作ります。この時各植民地はそれぞれの独自性を持ちつつ、全体としての連邦政府を作ります。そして、教育制度や警察などは各州の管轄とされたわけで、これが各州によって制度が...続きを読む

Q日本の剣豪とアメリカのガンマン

日本には宮本武蔵など多く語られている剣豪がたくさんいますが、
アメリカで実在した無敵のガンマンはいたのでしょうか?
剣と違い拳銃の決闘は運が大きく左右しそうなのですが、
どうなのでしょう?

Aベストアンサー

余り詳しい事は、私も分からないのですが
結構、有名なガンマンはいるみたいですね。
ただ、他の方が仰る通りアウトローというか、悪役が多そうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

あと#2さんの回答の補足なのですが、
アメリカ開拓に使われた銃は、ライフルではなく
散弾銃(ショット・ガン)だったと思います。
(もちろん、ライフルも使われてますが、開拓というよりは
戦争用といった感がありますね。)

ライフルは銃身の内部に溝が掘られており、
それで銃弾に回転を与えて推進力と命中率を上げようとする銃です。
飛距離が長く、回転によって弾が安定するため命中率も高い分、
扱いが専門的で難しかったようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB

散弾銃は、溝がなく無数の弾が散らばるように発射されます。
弾が届く距離は少ないのですが、弾が散らばるため命中率が高く、
また、扱いも容易なために素人でも相手を倒すことが出来、
それ故に、護身用として広まりました。(元々、狩猟用に開発されました)
散弾銃は、その威力と命中率から恐れと信用が高い銃でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E5%BC%BE%E9%8A%83

名前は忘れたのですが、有名な駅馬車強盗は散弾銃を使っていたのですが、
一度も発砲したことがないそうです。
と、いうのも散弾銃を見ただけで馭者が恐れて逃げ出すためだそうです。
そして、捕まった後の証言で「弾を籠めたことは一度も無い」と言ったそうです。
散弾銃は恐れられていた、という事を示すエピソードですね。

あと、「OK牧場の決闘」は史実のようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/OK%E7%89%A7%E5%A0%B4%E3%81%AE%E6%B1%BA%E9%97%98

余り詳しい事は、私も分からないのですが
結構、有名なガンマンはいるみたいですね。
ただ、他の方が仰る通りアウトローというか、悪役が多そうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

あと#2さんの回答の補足なのですが、
アメリカ開拓に使われた銃は、ライフルではなく
散弾銃(ショット・ガン)だったと思います。
(もちろん、ライフルも使われてますが、開拓というよりは
戦争用といった感がありますね。)

ライフルは銃身の内部に溝が掘られており、
それ...続きを読む

Q映画「シェーン」の主人公は死にましたか?

映画「交渉人」の中で、ウエスタン好きの男が、
映画「シェーン」のラストシーンで、去って行く主人公はすでに死んでいる、
全く動かないのが証拠だ、と力説する場面が二度あります。
シェーンは死んでいるのでしょうか?
そもそも弾に当ったという記憶がないのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔から論争のあったネタですね。日本の映画ファンの間でだけかと思っていましたのですが、『交渉人』でも同じやりとりがあったので、“アメリカでも同じ論争があるのだな~”と思いました。

>そもそも弾に当ったという記憶がないのですが。

ウィルソン(殺し屋)もストレーカー(敵の親玉)も、まともにシェーンに向けて発砲はできていませんが、3番目の男が2階のバルコニーからショットガンで撃ったときには弾が当たった可能性があるように見えます。というか、よく見ますとアラン・ラッドは「撃たれた!」という演技をしていますよ。左の肩から脇腹あたりに痛みを感じているという動作になっています。
その後、去っていくまでずっとシェーンは左腕をぶらぶらさせたままでいます。
ジョーイ(少年)のセリフでも“シェーン、血が出てる”というのがありますので、撃たれたことに間違いはないでしょう。映像として血が出ていないのは当時の映像表現における'品'の問題だと思います。

(最大の問題は、別れ際にシェーンは'左手でジョーイの頭をなでる'んですよね。カメラアングルや演出上で仕方がないとはいえ、その後またすぐに'左手ぶらぶら状態'に戻るのでちょっと違和感がありますが、それは突っ込まないようにしましょう。)

>全く動かないのが証拠

確かに、シェーンは右手で手綱をとり左腕をぶらぶらさせたまま去っていきます。馬上でほとんど動きませんが、その身体の揺れ方は弱々しく、確かに死を感じさせますね。
日本での論争では、この際にシェーンは墓地の中を通っていきますので「明らかに死を暗示している」という説が有力でした。「あの墓場でシェーンは死のうとしているのだ」という説もありましたが、それは穿ちすぎの解釈だと思いますね。そんな身近なところで死んだら、それを知ったあの家族がみんな悲しむことになるのだから、シェーンとしてはいまにも死にそうであっても、できるだけ遠くに行こうとしているというふうに思いたいですね。

で、実際に死んだのか?
といいますと、監督としては「ガンマンの時代が終焉して農民の時代が来る」ことを暗示しているのだと思いますね。
ストレーカーとのやりとりの中にも
シ“お前たち(ガンマン)の時代は終わった”
ス“(お前もガンマンなのに)お前はどうなんだ?”
シ“俺は心得ている”
という意味深なやりとりがあり、シェーンが時代の変遷とともにガンマンとしての自身の引き際を強く感じているふしがあります。
(このあたり『七人の侍』の“勝ったのは百姓たちだ、俺たちではない”というセリフにもつながるものがありますね。)

というわけで、シェーンは滅び行くガンマンの時代の象徴として去っていったのであり、その描写として強く'死'のイメージが描かれていますが、彼個人が死んだのか、それとも負傷したまま遠くへ去っていったのかは観客の思いにゆだねられているのでしょうね。

PS:私個人としてはシェーンは「ただ、去っていったのだ」と思いたいのであります。

昔から論争のあったネタですね。日本の映画ファンの間でだけかと思っていましたのですが、『交渉人』でも同じやりとりがあったので、“アメリカでも同じ論争があるのだな~”と思いました。

>そもそも弾に当ったという記憶がないのですが。

ウィルソン(殺し屋)もストレーカー(敵の親玉)も、まともにシェーンに向けて発砲はできていませんが、3番目の男が2階のバルコニーからショットガンで撃ったときには弾が当たった可能性があるように見えます。というか、よく見ますとアラン・ラッドは「撃たれた!」...続きを読む

Q西部開拓時代の貨幣価値

アメリカの西部開拓時代の1ドルは今のアメリカドルで、どれくらいの価値があったのかが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東海岸での日当平均が1ドル/日だったようです。
http://www.noguchi.co.jp/archive/goldrush/gr_002.php

・四輪がついた大型の幌馬車が、約$500。
・鉄道建設現場での日本人工夫の給料
   1890~1900年頃 10時間労働で $1.00~1.25。

また、ゴールドラッシュに参加する際のガイドブックに、必要な装備品として、以下のような情報が載っていたようです。

<品目>    数量/ポンド  価格/ドル  
 牛        8頭      200
 ワゴン等     100     (空欄)   
 ラバ       1頭       50
 ライフル     3丁       60
 ピストル     6丁       45
 鉛        30        1.20
 火薬       25        5.50
 道具類      25        7.30
 採掘道具     30       12
 テント      30        5
 寝具       45       22.50
 獣脂       50        2.50
 マッチ     (空欄)      1
 蠟燭・石鹸   (空欄)      5.50
 調理用具     30       4
 小麦粉5樽  1030      20
 ベーコン    600      30
 コーヒー    100       8
 紅茶        5       2.75
 砂糖      150       7
 米        75       3.75
 乾燥果物     50       3
 塩・胡椒など   50       3
 重曹       10       1

東海岸での日当平均が1ドル/日だったようです。
http://www.noguchi.co.jp/archive/goldrush/gr_002.php

・四輪がついた大型の幌馬車が、約$500。
・鉄道建設現場での日本人工夫の給料
   1890~1900年頃 10時間労働で $1.00~1.25。

また、ゴールドラッシュに参加する際のガイドブックに、必要な装備品として、以下のような情報が載っていたようです。

<品目>    数量/ポンド  価格/ドル  
 牛        8頭      200
 ワゴン等     100   ...続きを読む


人気Q&Aランキング