500mlのペットボトルを縮小して100ml位にし、小物入れにしたいのです。

 「口のネジは使いたい。透明度は高い方がよい」

以上のような条件で縮小できる方法をご存じの方、教えて下さい

A 回答 (3件)

縮小するより小さいサイズのペットボトルを探した方が良いと思います。


探せば100mlぐらいのが見つかると思いますが。
ちなみに、うちの会社では近々120mlのものが出る予定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もし、宜しかったなら小口でも売っていただける所を教えて下さい

お礼日時:2002/03/06 08:33

油で揚げてはどうですか?



ペットボトルの樹脂にはある程度形状記憶性があります。加熱することによって整形する前の大きさにある程度は戻るかもしれません。ペットボトルは樹脂が柔らかいうちに圧縮空気を吹き込んで風船のように膨らませて整形されますが、整形前は試験管のような形だそうです。

あまり高温で揚げると危険なので、低温で行ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少しこわい様な気がします。火傷に気を付けて最後の手段にしたいと思います。

お礼日時:2002/03/06 08:38

お茶のペットボトルに熱いお茶を入れて、少しペットボトルが縮んだ経験があります。


感覚的には20%ぐらいかなぁ。
底の部分が通常へこんでるのですが、熱湯を入れることにより
出てきてボトルの座りが悪くなるので、ここを上手くこなさないといけませんね。
3回くらい繰り返すと100mlまでは無理にしても半分くらいまで縮まるかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。試してみたいと思います

お礼日時:2002/03/06 08:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最小のペットボトルホルダー探してます。

 秋葉原の雑貨やでみつけて気に入って使ってたものなんですが、失くしてしまって。300円で手に入れたものですが、とても気に入って1000円でも買います。
どういう物か説明します。歩いてるときに使うものでベルトやかばんに付けて使いますペットボトルの飲み口のすぐ下のくびれた部分にU字型の金属をパチンとはめこんで固定します。大抵のペットボトルは固定できます。それだけで落ちませんし、飲むときは少し力をいれればすぐはずせます。
そのペットボトルホルダーはU字型の金属の部分に短いナイロンのヒモが付いてその先に、カラビナが付いてますそれだけですので、ペットボトルホルダーとしてはかなり小さい、最小だと思います。使わないときはじゃまにならないし、使うときは便利。

Aベストアンサー

これですか?
私も使ってます。

http://item.rakuten.co.jp/rebass/pr0197507/

Q木材、幅100位、厚さ19~20、長さ900~3600位を探してます。

木材、幅100位、厚さ19~20、長さ900~3600位を探してます。
テラスの補修に5枚位探してますが、規格品ですと幅89になってしまいます。
長野県北部~群馬県~埼玉県~東京都周辺で置いてある店等ありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

杉でよければ、お近くの製材所に訪ねるのが一番と思いますが? 希望のサイズを伝えれば、その大きさに仕上げてくれます。 

自動カンナで仕上げてくれるところもありますから、何件かあたってみると良いと思います。配達もしてくれますから、便利ですよ。

既製品?と気にされていますが、木はリューベ(1立方メートル)いくらで、計算するので、特殊(一枚板で幅広とか)なことを要求しなければ、値段は変わりません。

Qペットボトルの入場門の作り方

9月に文化祭で「ペットボトルの入場門」を製作することになりました。
しかし、作り方がわからず困っています。
どなたか教えてください。宜しくお願いします。
大きさは、車が通れるくらいの大きさです。また、使ったペットボトルはリサイクルしたいので、あまり切ったりはできないのですが、
可能でしょうか。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

検索かけてみたら以下のような作品もありますし、作成自体は可能だと思います

 “ペットボトル・トラス競技”(“ペットラ”)
 http://www.suken.co.jp/subject/rika/sc_net/18/sc18_3.pdf

しかし作成方法に注意しなければいけないと思います
単純に重ねていったら、ペットボトル自体の重さで下の方になるペットボトルが潰れて倒れてしまいそうですし・・・
この辺りは実験してみるしかないかも

例えば、門の柱となるものを別のもので作り、それだけで安定して立っていられるようにする
そこにペットボトルをくくりつけるという方法もあると思います

またそのサイズになると、風の影響を受けると思うので、結構丈夫な作りになるように気を付けた方がいいのではないでしょうか
と言いつつ、自分は作った事がない上に作成経験者も身近にいないので、どんな注意点があるか挙げた点以外に判りません


 ペットボトル オブジェ

で検索かけると、ペットボトルを使ったオブジェクの作成工程等の情報が見つかるので、それらを参考にしてみるといいのではないでしょうか

検索かけてみたら以下のような作品もありますし、作成自体は可能だと思います

 “ペットボトル・トラス競技”(“ペットラ”)
 http://www.suken.co.jp/subject/rika/sc_net/18/sc18_3.pdf

しかし作成方法に注意しなければいけないと思います
単純に重ねていったら、ペットボトル自体の重さで下の方になるペットボトルが潰れて倒れてしまいそうですし・・・
この辺りは実験してみるしかないかも

例えば、門の柱となるものを別のもので作り、それだけで安定して立っていられるようにする
そこにペット...続きを読む

Qペットボトルを切り貼り

ペットボトルを切り貼りして、植木鉢などの防寒カバーのようなものを作りたいのですが、ペットの樹脂用で紫外線にも強い接着剤はありますか?また、壊れ難く他に工作しやすい紫外線に強い素材はありますか?

Aベストアンサー

耐水ダンボールですが、
近くの魚屋さん、スーパーの魚コーナーの方に聞けばただでもらえますよ。
家電品でも耐水ダンボールが使ってある場合があります。

ペットボトルですが物理的に張り合わせるといいかな。
やけ火箸で二枚重ねて穴を開ける、カシメ状態にならないかな。
根気があれば穴を開けた後針金、紐で結べば確実です。

Qグラスマーカーでなくペットボトル用のマーカーってありますか

 ワイングラスなど用にグラスマーカーってありますよね
 これのペットボトル用ってないのでしょうか?

 大勢の集まりなどでペットボトルを配ると、同じ種類なのでどれが誰のかが分からなくなります。
 ペットボトルなのでマジックで書いたりすればいいのだと思いますが、出来ればいいものがあればと思い質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マーカー代わりとなると、色んな種類を取りそろえなければ
いけないという点が少し大変ですね。
思いついたものをあげていきます。

ペットボトルのキャップにフィギュアが点いたノベルティや、
キャップにかぶせてフタを取るキャップオープナー(内側にギザギザがついていて、フタを回しやすくする)はいかがでしょうか?
時々、ペットボトルのおまけで付いているようなやつです。
キーホルダーやストラップになるデザインのものがあれば、
お土産品にもなりますし……。

あとは、ペットボトルカバーというのでしょうか。
ボトルをすっぽり覆う巾着袋で、保温性もあるようなもの。

キャップに近い用途ですが、ボトルストッパーというものもあります。
http://www.promobiz.co.jp/bottllestopper.htm
ただし、これを使ってもらうとなるとフタを捨てねばなりませんので、
フタの回収が必要です。

ラバーブレスも考えたのですが、ペットボトルが太すぎるため不向きそうです。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

Qペットボトルの切り口をヤスリたい

ペットボトルを再利用したくてハサミで切りました。
その切断面を切りっぱなしではなく、危険がないように滑らかにしたいです。

そこで教えていただきたいのですが、紙やすりでやすろうと考えていますが、
何番くらいのやすりを買ってくればいいのでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

危険防止とのことで、
表面の仕上げは拘らないでしょうから
実にテキトウで大丈夫です。

600~1000番くらいの「耐水ペーパー」を使い、
水をつけながらヤスります。
これは目詰まり防止、加熱による「熔け」防止、削りクズ飛散防止の
効果があります。

Qペットボトルの食品容器としての再利用について

メーカーは、ペットボトルを一回だけの使用前提で製造していると思うのですが、ペットボトルに食品を入れて再利用することは安全面から良くないことでしょうか?

以前から水筒代わりに使用することは、よく行われていましたが、使い回しは衛生面で問題があるとは言われていますね。

私はステンレスボトルを使用しているので、飲み物を入れるためにペットボトルを再利用することはしないのですが、お米の保存に使っている人を見て、なるほどと思い、夏場は利用しています。

ただ、気になるのは、特に水の容器で最近ペットボトルの材質がかなり薄いものが増えてきていることです。
単に使用量を減らして薄くなっているだけなのか、原材料そのものも多少変わっているのか、薄くなることによって容器が弱くなって、何らかの有害成分が出やすくなったりということはないのかということを心配しています。

Aベストアンサー

>ペットボトルに食品を入れて再利用することは安全面から良くないことでしょうか?

瓶の特性に配慮すれば、20回程度なら再利用しても問題ありません。再利用できる、できないは外見で判断できます。詳しくは下を参照ください。ポイントは温度と圧力です。

http://www.petbottle-rec.gr.jp/more/kind.html

>水筒代わりに使用することは、よく行われていましたが、使い回しは衛生面で問題があるとは言われていますね。

再利用できるタイプなら、水筒代わりに使用しても問題ありません。衛生面で気を付けるのは普通の水筒と同じです。良く洗えば問題ないですし、それで気になるなら塩素系ブリーチを100倍に薄めた溶液に30分ほど浸けて消毒し、良く洗って乾かせば完璧です。但し、上に述べたように、半永久的に利用するのはお勧めできません。20回程度に留めるのが良いでしょう。理由は目に見えない細かいくぼみがあり、雑菌が入り込みやすいからです。

入れるものは原則水、お茶、ジュースなどです。強い酸やアルカリには弱いです。アルカリ性の食品は無いので省きますが、酸性の場合、利用できるのは食酢程度までです。アルコールの場合は日本酒とかワイン程度までとなります。焼酎、ウイスキーのような濃度の高いアルコールを入れると瓶の成分が溶け出し、瓶も弱くなります。(ウイスキーや焼酎用のペットボトルは特殊処理されています)

>特に水の容器で最近ペットボトルの材質がかなり薄いものが増えてきていることです。

そのタイプは使いまわしするのはやめましょう。熱や衝撃に弱いので、使いまわすと内容物が漏れ出ることがあります。フィルターで雑菌をろ過した水など熱処理をしていないものの容器に使われます。

>薄くなることによって容器が弱くなって、何らかの有害成分が出やすくなったりということはないのかということを心配しています。

常温での1回限り利用には十分な強度があります。瓶を薄くすることでコストを下げています。有害成分が出るということはありません。(もともとペットボトルの原料に有害成分は使用されていません)

>ペットボトルに食品を入れて再利用することは安全面から良くないことでしょうか?

瓶の特性に配慮すれば、20回程度なら再利用しても問題ありません。再利用できる、できないは外見で判断できます。詳しくは下を参照ください。ポイントは温度と圧力です。

http://www.petbottle-rec.gr.jp/more/kind.html

>水筒代わりに使用することは、よく行われていましたが、使い回しは衛生面で問題があるとは言われていますね。

再利用できるタイプなら、水筒代わりに使用しても問題ありません。衛生面で気を付ける...続きを読む

Qペットボトルのキャップ同士をくっつけたい

キャップの頭同士を強力にひっつけたいんです
理想は一体成型ですが、ボトルが装着できるのであれば
接着剤・溶接・金具での固定なんでも構いません
とにかく引っ張っても、捻っても剥がれなくしたいんです
お願いします。
__
┃  ┃     __
┗━┛    ┃  ┃
     ⇒  ┣━┫
┏━┓    ┃  ┃
┃  ┃      ̄ ̄
 ̄ ̄

Aベストアンサー

接着は無理だと思います。

ふたを背合わせにしてガムテープなどを巻いて仮止めし、錐・ドリル・熱した針金などで穴を四つ貫通させて針金を通して縫い合わせればねじっても大丈夫だと思います。

ボルトナットならば一個だと回ってしまうと思うので、ナベ小ネジ2個以上使って平ワッシャを両側に。(補強です)
リベットでも可能と思いますが、叩くのも押さえるのも何か工具を工夫しないと難しい。

Qペットボトルの捨て方

会社でゴミの担当をしております
ペットボトルの捨て方ですが
カバ-のビニ-ルやふたはどうすればいいのでしょうか
不燃でしょうか
それともペットボトルでしょうか
会社は東京都豊島区です

Aベストアンサー

豊島区のサイトのQ&Aに回答がありますが具体性がなくはっきりしませんね。「ふたははずしてそれぞれの品目の回収容器へ」となっていますが、それぞれの品目というのはペットボトルのふたはペットボトルの回収容器へということでしょうか。絵を見るとカバーはつけたままのように見えます。

私の住んでいるところでは、ペットボトルのふた・カバーはプラスチック容器のところへ出すことになっています。

直接問い合わせて確認した上、説明がわかりにくい旨を伝えてはどうでしょうか。

参考URL:http://www.city.toshima.tokyo.jp/seikatu/009_gomi/01.html

Qペットボトルを建材として利用するアイデアをください

お世話になっています。


ソーダ水をよく使うので、ペットボトルが定期的に出ます。
その空いたボトルを有効に利用したいのですが、
「工作」としての加工法は紹介されていますが、
「建材」としての認知はあまりないようです。

海外では、ペットボトルで家を作った、というサイトがみられます。

簡単な小屋をひとつ建てたいです。
木枠に透明な波トタンを打ちつけたていどのものです。
透明がよいので、ペットボトルで代用できないかなと思いました。

たとえば、縦に四つに切り開いて、それぞれ波状になるように接着したら、
波トタン的な壁材になると思います。

ペットボトル専用の接着剤?のようなものがあるそうですが、
お金をできるだけかけずに工事する場合、どのように接着したらよいでしょうか。

ペットボトルで家を作った、を見ると、切らずに複数のペットボトルを紐で結んでいます。

そういう使い方をすると、壁に「厚み」が出すぎて不都合です。
ですが、断熱的にすぐれるような気もします。

すいません、まとまらず。

空のペットボトルを建材として簡単な小屋を建てたいです。
切開方法、接着方法、組み方、など、アイデアをください。

おねがいします。

お世話になっています。


ソーダ水をよく使うので、ペットボトルが定期的に出ます。
その空いたボトルを有効に利用したいのですが、
「工作」としての加工法は紹介されていますが、
「建材」としての認知はあまりないようです。

海外では、ペットボトルで家を作った、というサイトがみられます。

簡単な小屋をひとつ建てたいです。
木枠に透明な波トタンを打ちつけたていどのものです。
透明がよいので、ペットボトルで代用できないかなと思いました。

たとえば、縦に四つに切り開いて、それぞれ波状になるよ...続きを読む

Aベストアンサー

ペットボトル工作は幾らかしたことありますが、接着剤の強度ってのは大したことないです。
温度差による収縮も若干ありますし。

溶剤や熱で溶かして溶着する方が経年変化に強いでしょうが、曲率の問題でキッチリ面接合するのは難しい素材です。双方に穴を空けてハトメやリベットなどの別体を使って「接合」する方がまだ確実かもしれませんが、「板状」を作るのは難しいでしょう。
あと、隙間をどうやって埋めるかってのも難しいですね。


と、理屈を抑えた上で一案を。


1)下ごしらえ
ペットの天底(口のすぼまり部分と底部分)を除き、曲率が一定している円筒の胴部分のみを使います。
まずは天底の断面方向のカットから。小型丸鋸やグラインダに切刃かダイヤモンド砥石を付けてやれば早いです。もちろんリューターなど小型のものでも使えます。本体を固定してペットの方を回転させて切るのですが、パイプか空き缶を使ってカット位置を簡単に決める冶具が作れるでしょう。数をこなす事になりますし、材料のペットの形が一定でしょうから加工冶具を作った方が安全上も良いですね。
・ニクロム線を使ったカッターも使えます(換気は重要ですし、遅いですけど、削りカスはほとんど出ない)。
天底を落として円筒状にしてから、上下方向を切る。3~6分割お好みでどうぞ。内径に合わせた丸棒にカット位置の印をつけ、ペットを被せてさらにスリットを空けた筒を被せてカッターで切る。お菓子の円筒などにカッターの刃が通る隙間を空けて金属の棒や定規を2本くっ付ければ冶具になるわけです。ギザ刃の工作ハサミを使うと後ほど端面で手を切る恐れは小さくなるのですが、フリーハンドだと真っ直ぐ切るのが難しいですね。

2)波板にする
パンチで1枚当たり6個の穴を空けて、4mmのハトメで繋いでいく。これも定位置の穴開けですから位置決め冶具を作りましょう。交互に表裏に並べますが、上下と繋ぐために表と裏は2cmほど端面を凸凹させて接合していくことになります。
少しでも雨水の進入を防ぐため、ウロコ張りにします(空に近い方が面上側になるように重ねて接合)
この段階で中間にシリコンシーラントを塗っておいても良いでしょうね。


さて、これでペラペラながらも「板」が出来ますかね。これを骨組みに固定していくわけです。
単管使うなら、棟木クランプで板を渡しておいて、そこに打ち付けてしまえば良いでしょう(ペット側にはドリルで下穴を開けておく)。傘釘を使いたいところですが曲率が違うので、木片かパイプでスペーサーを作ってシーラントを塗ってネジ留めの形ですかね。最後に全体の隙間をシーラントでチマチマ埋めていくことになります。

以上、よほどのペットボトルと根気がないと出来ない作業とは思いますし、コスパ上も疑問が残りますが、方法としてはこのうようなものになろうかと思います(^^;

~~~~
ちなみにPETを丸のまま使うなら、穴を開けて棒や針金、ワイヤを通します。上下でも左右でも接合が簡単ですから立ち上がりまでの手間は劇的に下がるでしょう。数本おきに板か棒を挟んでおけば強度も稼げます。隙間をどうするかってのが大問題ですけど、発泡スチロールに型紙を当ててニクロム線でカットしたスペーサーを作り、それをシーラントで固定すれば良いでしょう。もっとも壁厚が厚くなる使い方が、一番簡単です。倒した状態で柱の間に積んでいけばいいのですから、穴加工の手間すらありませんね。スペーサーも作り易いです(平板でもいいので発泡トレイからでも作れる)。
蓋に小穴を空けて、シリカゲルを一匙入れておけば空気膨張による変形への対策になるでしょう。

ペットボトル工作は幾らかしたことありますが、接着剤の強度ってのは大したことないです。
温度差による収縮も若干ありますし。

溶剤や熱で溶かして溶着する方が経年変化に強いでしょうが、曲率の問題でキッチリ面接合するのは難しい素材です。双方に穴を空けてハトメやリベットなどの別体を使って「接合」する方がまだ確実かもしれませんが、「板状」を作るのは難しいでしょう。
あと、隙間をどうやって埋めるかってのも難しいですね。


と、理屈を抑えた上で一案を。


1)下ごしらえ
ペットの天底(口のすぼ...続きを読む


人気Q&Aランキング