初めての店舗開業を成功させよう>>

マイルを貯めたいと考えていますが、海外旅行は年に1回くらいしか行かないので、普段の生活でもマイルが貯まればと思い、クレジットカードをつくろうかなぁと考えています。
今のところ、2年間でNWが15000ポイントでUAが13000ポイント貯まりました。どちらをよく使うとかではなく、格安航空券だったり、ツアーだったりなので、とくに航空会社をこだわっているわけではありません。どちらかのマイレージサービス付加されているクレジットカードを作りたいのですが、どちらを作るべきだと思いますか?
今後イギリスに行く予定があるのですが、その場合だとヴァージンアトランティックなので、また違うマイレージカードを作らなければいけないのかと思いますが、だったら直行便ではなく、NWかUAにポイントが貯まるように、経由便で行くのも手だなとも思うのですがどう思いますか?ご意見聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず一番目のご質問について。


提携クレジットカードを1枚作るとして、ノースウエスト"WorldPerks"とユナイテッド"Mileage Plus"のいずれかを選ぶとしたら、私は後者をお勧めします。
ただしクレジットカードの利用額が少ない場合はどちらも作らず、他の適宜のJCBカードでポイントを貯めて、そのポイントをWorldPerksのマイルに移行する方が有利です。

WorldPerksで最も年会費の安いクレジットカードは「ワールドパークスJCB テイクオフカード」(年1,575円)です[1]。ところがこのカードでマイルが付与される割合は利用額200円に対し1マイルです。一般的な換算率(100円で1マイル)の半分でしかありません。
年会費が10,500円のカード(「ワールドパークスJCB 一般カード」など)にすれば100円で1マイル貯まりますが、長い期間をかけてマイルを貯めていると「特典航空券は手に入ったけど、そのために年会費を全部で5万円以上払った」ということになりかねず、本末転倒です。年間のクレジットカード利用額がだいたい50万円に満たないならこの方法はやめた方がよいです。

クレジットカード利用額が少ない場合、JCBのポイントサービス「Oki Dokiポイントプログラム」で貯めたポイントをWorldPerksのマイルに移行する方法[2]の方が適しています。移行手数料は無料ですので、年会費無料の適宜のJCBカード(*1)を使えば出費なしにWorldPerksのマイルを貯められます。ただし利用額1,000円=1 Oki Dokiポイント=3マイルの計算で、換算率が低くなる点はご承知おきください。

Mileage Plusで年会費最安のカードは「マイレージ・プラスJCBクラシックカード」(年1,312円)ですが、換算率は200円=1マイルと低めの設定です。
Mileage Plusで換算率を上げたいなら「セゾンUAカード」+「マイルアップメンバーズ」で決まりでしょう[3]。セゾンUAカードは年会費1,575円で、200円=1マイルの換算ですが、追加で「マイルアップメンバーズ」年会費(年5,250円)を払うと、1,000円に対し15マイルの割合で加算されるようになります。上記のWorldPerksの例に比べると年会費は安く、利用額→マイルの換算率は高いので「Mileage Plus有利」という冒頭の結論になるわけです。

ただしこの場合でも年6,825円ずつ払うことになるので、長期間かけて貯めるのは損です。アメリカ系航空会社のマイレージプログラムは、航空機搭乗でマイルを貯めることに関してはよく出来ていますが、クレジットカード利用だと結構マイナス面が目立ちます。

次に質問の二番目、別のマイレージプログラムに入ってヴァージンアトランティック(以下VS)便に乗るか、航空会社を変えてでもWorldPerksやMileage Plusに貯めるかですが、基本的にはどちらでも構わないと思います。質問者さんのご意向次第です。

とにかく早くマイルを稼いで特典航空券に引き換えたいなら、航空会社を変え乗り継ぎ便にしてでもWorldPerksかMileage Plusに貯めた方がよいでしょう。WorldPerksに貯めたければエールフランス/KLM/大韓航空/アリタリアなどの選択があります(今後アエロフロートも入ってきます)。Mileage Plusに貯めたければANA/スカンジナビア/ルフトハンザ/オーストリア航空/スイス国際航空/アシアナなどから選べばよいわけです。ANAなら直行便がありますね。

そこまでは急がず気長に貯めるのでよい、直行便が楽でいい、VSに一度乗ってみたいなどの理由があるなら、VS搭乗分を加算できるプログラムに入会してVS便に乗ればよいわけです。
VS分を加算できるプログラムには自社の"Virgin Flying Club"のほか、ANAの"ANA Mileage Club"、コンチネンタル航空"Onepass"、スカンジナビア航空"Eurobonus"、デルタ航空"SkyMiles"、シンガポール航空"KrisFlyer"などがあります。

この中でマイルの有効期限がない、あるいは実質的にないプログラムはVirgin Flying ClubとOnepass、SkyMilesの三つです。
Virgin Flying Clubは何らかのマイル加算・減算があるたびに、マイルの有効期限がその時点から3年先まで延びます(Mileage Plusと同じ)。世界的な航空提携グループには入っていませんが、提携会社の数では遜色ありません。
Onepassも獲得マイルが無期限有効で貯めやすいプログラムです。ただし提携航空会社の大半がWorldPerksと重なるので、WorldPerksとの掛け持ちだとマイルが分散してしまうのが難点です。
SkyMilesも何らかのマイル加算・減算があるたびに、マイルの有効期限はその時点から3年先の年末まで延びるので実質無期限です。ただし日本語のWebサイトがない、OnepassやWorldPerksに比べキャンペーンが少ない、OnepassやWorldPerksと提携会社がかぶるなどの理由でお勧めはしにくいです。

ANA Mileage Clubはマイルの有効期限が「獲得の翌々年12月31日で失効」と厳しく、また提携会社がMileage Plusとかぶってしまうのですが、日系航空会社ということもあって国内線での貯めやすさはピカイチです。国内線もある程度乗られるなら、VS分をANA Mileage Clubに貯めるのでもよいでしょう。

3つも4つもマイレージプログラムを掛け持ちするのを面倒に感じたり、旅行の機会が多くなく次にいつマイル加算できるか分からなかったりといった場合は、プログラム数を絞ってそこに集中して貯めた方がよいです。もちろん、ルートなどが多少不便になるのは甘受する前提でです。
利用する航空会社が一定せず、その都度その都度最も好条件の航空券/ツアーを選んで旅行することが多いなら、受け皿としてのマイレージプログラムは多めに入っておいてもよいでしょう。その場合当然、航空会社やルート選択での自由度は上がります。

[1] ワールドパークスJCBカード http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/mileage.html
[2] Oki Dokiポイント→NWマイル移行 http://www.jcb.co.jp/pointservice/point05k/nwa.h …
[3] セゾンUA/マイルアップメンバーズ http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca041.html

*1 ワールドパークスJCBカードである必要はなく任意のJCBカードでよい。ただし他の航空会社提携のJCBカード(ANA JCBカードなど)からは移行できない。

参考URL:http://www.jcb.co.jp/pointservice/point05k/nwa.html,http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca041.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

完璧なご回答ありがとうございます!
すごく助かりました^^
もう、Umadaさんには30ポイント差し上げたいくらいです!
Oki Dokiポイントと、セゾンUA/マイルアップメンバーズに興味がわきました。クレジットカードは年間20万円もつかわないので、年会費も大切なんですよね~。私が持っている三井住友のvisaカードはマイル移行に6千円もかかってしまって・・泣
良い情報教えていただいて本当に感謝です!!!
ありがとうございましたo(^?^)o

お礼日時:2006/06/03 00:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング