人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

1)初めてジェット戦闘機が実戦で使われたのはどの戦争?
2)初めてヘリコプターが使われたのはどの戦争?
3)初めてヘリコプターが飛んだのはいつ、だれによって?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

3)につきましては、先賢御回答の通りです。



1)は独Me262「シュワルベ」か英グロースター「ミーティア」です。何を以て「使った」とするかで、どちらが早いかに対する見解は変わってきます。

 初撃墜はドイツに軍配が上がりますが(44年7月。英国のそれは8月)、これは試験飛行中のスコア。実戦配備の早さでは英国が勝っています。
 また、英ミーティアは44年8月にドイツのV-1(ジェット推進の今で言う巡航ミサイル)を撃墜しています。ただし、相手は無人なので、撃墜スコアにはカウントしないそうです。
 因みに、初の「有人ジェット戦闘機同士の空中戦」は朝鮮戦争で米P-80VS.ソMig-15による物ですが、発生の日時は米ソで若干の違いがあります(いずれも50年11月だが、双方とも、自分が勝った戦闘を初の交戦としている)。

2)も使い方によって見解が分かれますが、形はどうあれ「使った」のはやはりWW2が初です。
 独は数種類のヘリを実用化しています。しかし、あまり生産数が多くないため、目立った活躍はしていません。
 うち、FA-223「ドラッヘ」は20機あまりが生産され、輸送、救難、偵察に用いられています。一応機銃も搭載しており、ヒョッとすると世界初のヘリによる攻撃も記録している可能性があります。戦後英国に接収された1機が自力飛行で空輸されたため、初のドーバー海峡横断も記録しました。
http://www.centennialofflight.gov/essay/Dictiona …

 また、Fl 282「コリブリ」は小型のヘリで、巡洋艦に搭載され、テストや哨戒任務に用いられました。
http://www.german-navy.de/kriegsmarine/aviation/ …

 一方、米国はシコルスキーの開発したR-4ヘリを正式採用しています。これは約100機が生産され、陸海軍・コーストガード、英軍で使用されています。また後継機や改良機のR-5、R-6も採用され総生産は400機ほどです。
 うち、英軍に供与されたR-4ヘリがビルマ戦線において撃墜されたパイロットを救いだし、ヘリによる初の航空救難を記録しています。

#主計・救難がヘイタイならばトンボ蝶々も鳥のウチ♪、とするなら、これらは除外されますが。

 本格的に輸送任務に就くようになったのは朝鮮戦争の米軍においてです。ヘリは道路が整備されていないところでも飛んでいけますし、車よりはスピードが速い。民間なら料金が気になるところですが、なにせ戦争です、関係なし。
 機体の量や質もWW2からは各段に進歩しました。すでに輸送ヘリにある程度の武装を施したものも存在していました。

 さらにそれが発展するのがベトナム戦争です。ベトナムの密林に、陸兵をよりスピーディーに展開させるため、ヘリコプターに搭載し、任意の地点に投入する「ヘリボーン」という戦法が考えだされました(英軍はもっと早く植民地における対ゲリラ戦術として行っていた)。
#同時期は冷戦期であり、核戦争が真剣に議論された時代でもありました。核が投射されると、地面は当然核汚染されます。そのため、汚染地帯を速やかにヘリで突破させようと言う構想があり、それが転用されたのがベトナムでありました。

 ところが、輸送用のヘリは打たれ弱い。同航でき、敵兵を駆逐する専用の機体が必要になります。そこでこの時期に攻撃ヘリコプターが導入されます。
    • good
    • 0

No.7の補足と一部訂正です。


1)について ドイツの Me262の実験隊ですが、一機が 1944.7.18 に出動して墜落しています。  英軍には戦闘記録無く、事故とみられています。  1944.7.26 モスキートと対したのが、初の戦闘記録で、戦果でもありました。  ドイツ側は撃墜といいましたが、実際は帰還し、撃墜記録はなりませんが、損害を与えました。(本により 7.25 と書かれています)   
しかし量産が遅れ、実戦配備は10月になり、10.7 にB-24を撃墜したのが、最初の撃墜になりました。
一方イギリス、ミーテイアのほうは、 1944.7月 V-1号対策のため実戦配備され、7.27 出動しましたが、V-1号を撃墜出来ませんでした。  8.4  になり一機撃墜し初手柄になりました。
その後両者とも活躍しています。
評価は難しいのですが、心情として、開発の早かったMe262に軍配を上げたいものです。
    • good
    • 0

No.7です


3)No.6 No.5さんの通りなのですが、どちらかと言うのは難しいです。
動力式回転翼飛行体として始めての成功は 1907.11.13 のフランスのポール.コルニュですが、ヘリコプターとして完成した、操縦の出来るものは、1936.6.26 のドイツのフォッケウルフ Fw-61の原型機です。 
単に飛ぶだけではライトの飛行機と、あまり変わりないともいわれ、ヘリコプターとして通常の飛行機と違う性能を出せた、後者の功績も大きいので、併記したらどうですか。
    • good
    • 0

1)イギリスのグロスターF-9/40ミーティアが1944年7月に実戦配備され、8月戦果を挙げました。


 ドイツのMe262はヒットラーの口出しで生産計画が混乱し、実戦配備は1944年11月でした。
    • good
    • 0

1944年7月 第二次世界大戦においてドイツ軍の実用化した「メッサーシュミットMe262」によって。

ちなみに「Me162」と言う機体は存在せず、「ハインケルHe162」、または「メッサーシュミットMe163(ロケット機)」の誤りではないかと思われます。引用される場合はご注意ください。また日本軍の「橘花(菊花では有りません)」は「特攻機(特別攻撃機-体当たり専用機)」では有りません。特殊な動力を使用した機体で「特殊攻撃機」と呼ばれます。こちらは実戦投入記録がありません。試作中に終戦となりました。Me262と同時期にイギリス軍の「グロースターミーティア」が実戦配備されており、Me262かミーティアかどちらかが「世界初の実戦を経験したジェット戦闘機」と言うことになります。

はじめてヘリコプターが使われたのは朝鮮戦争においてです。YH-19が輸送任務で使用されております。

はじめてヘリコプターが飛行したのは1907年、フランスのポール・コルニュによって。

「自分で調べて」なんていうぐらいなら、正しい情報を教えてあげてください。またwikipediaも万能ではないので注意してください。
    • good
    • 0

1.第二次世界大戦、ドイツ軍メッサーシュミット Me262、Me162


日本では特攻用で菊花です
2.ベトナム戦争です
3.Focke-Wulf Fw61は、世界初の実用ヘリコプター

自分で調べて下さい
    • good
    • 0

1)第2次世界大戦


利点ガソリン不要
    • good
    • 0

1)は第二次世界大戦末期です。


ドイツのメッサーシュミットMe262が最初ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%83% …

2)は私はわかりません、他の方の回答をお待ち下さい(^^ゞ

3)は1936年6月26日でFocke-Wulf Fw6という機体です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Fw61
    • good
    • 0

宿題、それとも何かのクイズ?



http://ja.wikipedia.org/wiki/
↑あたりで調べたらすぐ分かるよ。
    • good
    • 0

1.は第二次世界大戦、ただし実用的になったのは朝鮮戦争。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング