こんにちは、ご存じの方がいらっしゃったら教えてください。
今日子供が学校からヤゴを持って帰ってきたのですが、ヤゴを体調10cmほどの金魚がいる水槽に一緒に入れて大丈夫でしょうか?

ご教示よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

オニヤンマを初めとするヤンマ類は大丈夫でしょうが、それ以外の小さなヤゴは喰われてしまいますよ。


個別に飼わないとダメです。
オニヤンマのヤゴでも金魚と一緒では良いこと何も有りません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

子供が学校のプール掃除の際に貰ってきたヤゴで、種類は不明なのです。大きいの小さいの併せて3匹ほどいるのですが、襲われても可哀想なので水槽は分けることにしました。有り難うございました。

お礼日時:2006/06/01 22:22

ヤゴと水槽の大きさはどのくらいでしょうか?


大きさにもよりますが、相当大きい水槽(90cm以上)でであれば問題無いでしょう。
ただ、それより小さい水槽ですと、他の方もおっしゃられているように襲われる可能性があります。

安全を考えれば入れない方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。やはり水槽は別にします。

お礼日時:2006/06/03 14:04

餌用にメダカを飼いましょう。


ヤゴの大きさにもよりますが、10cmの金魚は襲わないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なにぶんにも金魚は一匹だけ、ヤゴは3匹いますし中には大物も混じっていますので、水槽はやはり分けることにします。有り難うございました。

お礼日時:2006/06/01 22:17

NO1さんと同じです。


かなりの肉食ですヤゴ、ザリガニや
タガメと同じでかなり危険ですよ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ザリガニと同じですか・・以前にザリガニも飼いましたが、あれも激しかったですよね(苦笑)。
別水槽を用意します。

お礼日時:2006/06/01 22:16

大丈夫じゃないと思います。


ヤゴは肉食ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に有り難うございました。やはり横着せずに別水槽を用意した方が良さそうですね^^;

お礼日時:2006/06/01 22:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカの鉢にヤゴが発生!!

室外でメダカを育てています。
大きな水がめにメダカが大小あわせて30匹くらいいるかな?
天気が良くなってきたので水を替えたら、水がめの底からヤゴらしき生物が10匹以上出てきました。

まだ5mmちょっとくらいですが、このままメダカと暮らしたらメダカが全滅しますか?
ヤゴを逃がすとしたら、どんな場所がいいですか?
うちの周りは自然が豊かなので、ため池や川はあるのですが、どこに逃がしたらいいのか分かりません。
あと、ヤゴって死んだフリしますか?
バケツにヤゴを入れたら、急に動かなくなったのがいるのですが…。

ヤゴの生態が分からないので、知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

確実に全滅すると思われます。
ヤゴにとってはえさですから、そのままえさを食べる形になってしまいますからね。

ヤゴは綺麗な水でなくとも大丈夫でしょうから、特にこだわらなくても良いと思いますよ。NO1さんおっしゃられるように、あまりに流れが速いところだと問題でしょうけどね^^;

また水を入れ替えて温度差で動かなくなったり、触ったら死んだふりも確かしたはずです。あまり気にせず逃がしてあげてください。

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Qヤゴをうまく羽化させる方法は?

去年、ため池のようなところで、たくさんのヤゴを見つけました。人に聞いて、ペットボトルの上を切り、そこにその池の水と割り箸三本を、ゴムで三脚のように立てた物を入れて置いておきました。ヤゴは、羽化する時期に来たら割り箸を上って、羽化し始めましたが、ほとんどのヤゴがからから頭を出しただけで、羽化できずに死んでしまいました。
1.原因はなんなんでしょうか?
2.また、どうしたら、捕まえて来たヤゴを、上手に羽化させてトンボにすることができるのでしょうか?
どちらかでも結構です。教えてください。

Aベストアンサー

一口にヤゴと言っても、トンボの種類によって生活環境が違うようです。

1.で考えられるのが、割り箸3本を三脚のようにしたとありますが、この場合、脱皮してトンボになるには狭すぎたと考えられます。

2.↓URLにトンボ別のヤゴがありますので、どのヤゴか確認して、デリケートなヤゴの場合飼育法も参考にしてください。
デリケートで無いヤゴの場合も岩や木の枝で、足場をつくってあげると良いかとおもいます。
できれば、下からてっぺんまで登っていけるようにしておいたほうが良さそうですよ。
食事もほどほどにあげてくださいね。

参考URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~yago/index.html

Qタニシが爆殖して困ってます

メダカとミナミヌマエビを飼育してます。
直射日光の当たらないところに置いてますが、水草(アナカリス)にくっついてきたのか原因不明でタニシが私の水槽に密航してきました。
アナカリスにはゼリー状の卵らしき物も見つかりました。
ほかっておいても良いのでしょうか?
飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
知恵を貸してください!!

Aベストアンサー

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html

> ほかっておいても良いのでしょうか?
> 飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
・スネールは、魚たちには無害ですから、リセットは最後の手段です。
爆繁殖すると、水草を食い荒らします。

スネールは、飼育水中の有機物が増える(=汚れてくると)と爆繁殖しやすくなります。
逆に、飼育水中に有機物の少ない、綺麗な水では爆繁殖することが出来ない生物です。
高水温時期である、夏場は、普段よりも飼育水が汚れやすくなります。
急に増えてきたスネールは、飼育者に水の汚れを教えてくれる、有り難い生物でもあります。

スネールが、急に増えてきた場合は、
・底砂や濾過器の清掃。
・水替え頻度を増やす。
・エアポンプによるエアレーションを強化。
・魚やエビに与えている餌を減が多すぎる可能性があるため、減らす。
・第二フィルターの追加。
などの清水化対策を実施することにより、少しずつ数を減らすことが可能です。
とりあえず、上記の清水化策を行いながら、水槽の横に瓶などを置いて、見つけ次第、ピンセットで瓶へ引っ越し。

それ以外の方法では、スネールは酸性を嫌い、繁殖できなくなります。
酸化剤(天然または化学的)を使い、水槽水のpHを5.5程度の弱酸性に下げることによりスネールを駆逐することも可能です。

天然酸化剤:使用中、水槽水は薄茶に染まります。
http://www.rva.jp/shop/sera/sera3.htm

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geociti...続きを読む

Qヤゴのエサ

ヤゴのエサ
水槽で飼うヤゴのエサをご存知ありませんか?
3センチくらいのヤゴを育てています。
以前は小さなミミズをエサにしていましたが 最近、ミミズがとれなくなってしまいました。
めだかも 水槽に入れてみましたが 食べていません。
熱帯魚屋さんにも 冷凍エサしかありませんでした。
ためしに 赤ムシを解凍して与えましたが 全然ダメでした。
エサに適したものをご存知の方が 居られましたらぜひ 教えてください。
お願いいたします

Aベストアンサー

 私はメダカや金魚を飼育しているものですが、私共には天敵ですが別角度から回答をします。

 トンボの種類によりヤゴは様々な食性をしますので、種類が解れば比較的簡単に解説等が可能です。小型のイトトンボの系統は生体のアカムシやイトミミズを食性にしています。大型のオニヤンマの系統はカエル、イモリの両生類は勿論の事、小さい亀や生まれたばかりの甲羅の固まらない亀でも甲羅を残して食べ尽くしますので、タガメと同様に貪食です。

 最近は大型のヤゴよりも小型のヤゴの方が発生率は高く、多くは気温の関係で死滅しているのが現状です。ヤゴは20℃位ですと活発ですが、15℃以下ですと弱くなり殆ど成長した個体はません。

 小型のヤゴの場合はアカムシ、イトミミズ等は観賞魚専門店で取り扱っていますので別の店舗を何件かあたれば該当する場合があります。イトミミズの生体は割高ですが、生エサとしては優良です。留意点は寄生虫が多いので、泥や寄生虫を吐かせてから与えます。

 金額を抑えたいのならば自己繁殖でミジンコを飼育して与える事も可能です。必要なのは鶏糞等でこれを発砲の箱に入れて水を腐敗させて繁殖させると自然に繁殖をしますので、比較的簡単に繁殖できます。ここにヤゴが多く、ヤゴを排除していますのでエサとして与えても大丈夫です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA

 私はメダカや金魚を飼育しているものですが、私共には天敵ですが別角度から回答をします。

 トンボの種類によりヤゴは様々な食性をしますので、種類が解れば比較的簡単に解説等が可能です。小型のイトトンボの系統は生体のアカムシやイトミミズを食性にしています。大型のオニヤンマの系統はカエル、イモリの両生類は勿論の事、小さい亀や生まれたばかりの甲羅の固まらない亀でも甲羅を残して食べ尽くしますので、タガメと同様に貪食です。

 最近は大型のヤゴよりも小型のヤゴの方が発生率は高く、多くは気...続きを読む

Qメダカのいるスイレン鉢の肥料は?

ベランダでメダカを飼い始めて2年目になります。
今までは、赤玉土にアナカリスのみを植えてメダカを飼っていましたが、新たに違うスイレン鉢に温帯スイレンを植えてそこでもメダカも飼おうと思っております。
今までの鉢では肥料は何も入れていなかったのですが、調べてみたところスイレンは肥料くいで、花を咲かせたかったら肥料を入れた方がいいとのこと。
メダカがいる場合は有機肥料がいいそうですが、有機肥料はすごく臭いとかで・・・マンションのベランダでの栽培なので心配です。
匂わない肥料で、同じ鉢でメダカを飼育しても問題のない肥料がありましたら教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

元肥えと追肥で発酵油かすをやっていますが、そばによっても臭くないです。メダカも問題なく増えています。
いま、きれいに咲いていますよ。

油かすは必ず発酵と書いてあるのを使ってください。

Qビオトープ 生体入り 底砂の掃除は必要?不必要??

ビオトープを始めたばかりですが、底砂に中粒の砂を入れていてメダカ、シジミ、スネール、シュリンプなど生体を入れる予定です。

現在はスネール入れてバクテリア繁殖待ちの状態です。

そこで疑問なのですが、換水や底砂の掃除はやはり必要なのでしょうか?

換水や底砂の掃除が必要ない場合はなぜ必要ないのかを知りたいです!

アクアリウム水槽なのでは、底砂の掃除は定期的に必要だとおもうのですが、ビオトープに生体を入れている方はどのようにしているのでしょう??

ビオトープやアクアリウムの上級者の方、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

水槽内に溜まり続ける酸性物質「リターとスラッジ」の扱い次第でしょう。

スラッジの原因は、水槽へ投入し続ける有機物=餌。
餌の量を極限まで減らすか、コケなどを食べて餌なしで飼育できる水生生物(ヌマエビなど)の飼育。
これら、水生生物からの排泄物には窒素とリンが含まれています。
水生生物からの排泄物と硝酸塩を肥料成分として、抽水植物や沈水植物の育成。

植物の根、茎、葉は、やがて朽ちて、水槽の底でリターとなります。
リターに原生動物(ゾウリムシやツリガネムシなど)が繁殖すれば、それらを餌とするエビや小魚を養えることになります。

光をエネルギーの源として、植物と水生生物、原生動物、バクテリア類がバランスすれば、底砂清掃や水替えは必須ではありません。

植物の育成には、窒素、リン、カリウムの3つは必須要素です。
窒素とリンは、有機物を食べる水生生物(魚、エビ、貝)から供給されます。
しかし、カリウムだけは外から補給する必要があります。
水道水には微量のカリウムが含まれています。

植物が勢いよく生長し、水の吸い上げ量が多い場合、水槽水の自然蒸発量も手伝い、水槽水量は思いの外、ドンドン減少します。
当然ながら、減少した水道水の不足分を補給することになります。
この、補給水によりカリウムは供給されることになります。

掛け流しではない、水槽ビオトープの寿命について。
スラッジやリターは酸性物質です。
7年~10年程度で、、、
最後の最後は、水槽環境が酸性化し水槽内のバランスは崩壊します。
この時が、水槽ビオトープの寿命(再リセット期)となります。

水槽内に溜まり続ける酸性物質「リターとスラッジ」の扱い次第でしょう。

スラッジの原因は、水槽へ投入し続ける有機物=餌。
餌の量を極限まで減らすか、コケなどを食べて餌なしで飼育できる水生生物(ヌマエビなど)の飼育。
これら、水生生物からの排泄物には窒素とリンが含まれています。
水生生物からの排泄物と硝酸塩を肥料成分として、抽水植物や沈水植物の育成。

植物の根、茎、葉は、やがて朽ちて、水槽の底でリターとなります。
リターに原生動物(ゾウリムシやツリガネムシなど)が繁殖すれば、それ...続きを読む

Q屋外での金魚の飼育のポイントを教えてください。

 最近、ベランダにラックを組んで家庭菜園をしています。そのラックの下段が空いているので、発泡スチロールの箱に水を張って、増えすぎたホテイアオイとかリシアとかを入れといたのですが、”ああ、ひょっとしたら、これで金魚が飼えるのかな?”とか思ったんです。

 金魚は熱帯魚ついでに見ていましたが、可愛いなぁと思うものはいて、飼ってみたいなぁとは思っていたんですが、熱帯魚との同居は考えられるものではないので、諦めていました。

 そんなこんなで、ひょっとしたらと思ったのですが、金魚飼育の先輩方に聞いてみようと思いました。飼うとしたら流金の白赤のがいいなぁと思っています。

 あと、ある本で、屋外で飼うのはプラ舟が一番最適とあったのですが、理由が書いてありませんでした。プラ舟ってどうしてそんなにいいのでしょうか?それも教えてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
 これって結構難しい質問ですね。
熱帯魚飼育と同様に考え、濾過器を付けて水を透明にしようとすると電気が必要になり戸外では面倒です。また濾過器を使用することで水流が置きストレスとなりますので金魚の飼育には不適です。

 和金、シュブンキン、コメットなどのフナ尾の金魚は水流が有ってもそれ程負担にはなりませんし、丈夫ですから金魚は簡単に飼育できると思っている方が多いのですが、琉金、オランダ、出目金、ランチュウ等の丸物はフナ尾の金魚とは違い、熱帯魚飼育と同様では長期の飼育はずっと難しくなります。

 生産地で生まれた金魚は広い池のグリーンウオーターで育てられます。このグリーンウオーターは植物性のプランクトンで光合成をして酸素を出し、稚魚の餌としてもこれを食べ育ちますので、この水で飼育する事が金魚にとって最良の水と認識してください。但しこれも濃くなりすぎると、夜に酸欠を起しますので水換えやエアレーションが必要となります。
 グリーンウオーターを作るには日光とアンモニアの元となる有機物が必要で、水道水をそのまま使用するとなかなかこの水には成り辛いです。私は熱帯魚水槽で水換えして捨てる水を3分の2と水道水の塩素抜きした水をブレンドしてエアレーション(濾過してはいけません)フナ尾の金魚を飼育すると短期間にグリーンウオーターが出来上がります。このときに有機物を吸収するので、水草も入れてはいけません。

日光が5時間前後あたる場所が最適で、夏場は高水温を避けるため3分の1程蓋をしています。

>プラ舟ってどうしてそんなにいいのでしょうか?
 これはただ単に水深が浅く広いと言うことで、製品化されたものがこれしかなく、発泡箱でも広くて浅ければ問題無いはずです。材質によっては丈夫とはいえませんので、これにシートを貼って水漏れを防ぐ事も有りますし、ランチュウ専門店では専用のシートを販売している店も有ります。
 プラ舟よりも土中に埋め込んだ池やタタキ池のほうが水温変化が少ないので、良いのですが、そうなると費用や水換え時の水抜きに苦労する事になり、プラ舟のほうが手軽に扱える事となりますね。

濾過器を使用しないで何故金魚が飼育出来るかを理解してください。
グリーンウオーターであれば猛毒アンモニアが発生する前段階で窒素分を肥料として吸収してしまうので濾過が必要ないわけで、透明な水で飼育すると必ずアンモニアが発生してしまいます。こうなると金魚は糞が大きく水を汚しますので熱帯魚の飼育と同様に大きな濾過器を使用しないと病気や死魚の発生となり、数限りなく金魚の病気と死魚の発生でこのサイトに質問が寄せられているわけです。
 グリーンウオーターと同様に箱の周りに付着するコケも水質浄化の重要な働きをしますので、綺麗に掃除をしないで下さい。

 金魚が中国から日本に入ってきて昨年で500年と言われておりますが、昔から金魚は上から眺め鑑賞するもので、水槽飼育のように横から鑑賞するようになったのは50年前からで、熱帯魚飼育のように飼育法が確立されておらず、透明な水での丸物金魚の長期飼育は決して簡単は事ではなく、それなりの知識が必要かと感じています。

 金魚すくいの金魚が何年も生きました等の話は、知識の無い方でも和金をグリーンウオーターで飼育した時に、金魚は簡単に飼育できるとの錯覚です。

>”ああ、ひょっとしたら、これで金魚が飼えるのかな?
浮草や水草を入れると、グリーンウオーターにならないので、弱いエアレーションを使用したほうが良いと思います。条件は水草や浮き草が殖える事で猛毒アンモニアの元、窒素分を吸収させる事です。

こんにちは。
 これって結構難しい質問ですね。
熱帯魚飼育と同様に考え、濾過器を付けて水を透明にしようとすると電気が必要になり戸外では面倒です。また濾過器を使用することで水流が置きストレスとなりますので金魚の飼育には不適です。

 和金、シュブンキン、コメットなどのフナ尾の金魚は水流が有ってもそれ程負担にはなりませんし、丈夫ですから金魚は簡単に飼育できると思っている方が多いのですが、琉金、オランダ、出目金、ランチュウ等の丸物はフナ尾の金魚とは違い、熱帯魚飼育と同様では長期...続きを読む

Qグリーンウォーターが透明になりました…

2か月位グリーンウォーターだったのに、
最近透明になってきました。
水が減った分だけ足してただけなんですが、
なんで透明になったんでしょうか?
あと、めだかの大人と子供に被害はありませんか?
もう一回グリーンウォーターにしたいんですけど、
透明な水とどちらがいいんでしょうか…?

Aベストアンサー

メダカや金魚を飼育してもうすぐ45年になるベテランです。

 青水が透明になる要因は植物性プランクトンが減少し、水が変わって来たのが原因です。プランクトンは死滅をすると色素を失いますし、動物性の場合は赤水になります。メダカ、金魚に被害があるのは赤水だから心配はいらないし、青水はカビや細菌の要因になる場合以外は問題がない。

 青水を作るには最低でも半月は掛かるから気を付けないと疾患に罹る要因になるから問題になるし、水草を腐敗させて作る場合にはスネールがいると稚魚や卵は食べられる。この場合は飼育する水槽等の水が時間が経って変わるのを期待した方が良いし、その方がメダカ等にも好ましい。一度作ったらボトル等に小分けして保存すると種水として利用できるし、手間も省ける。

 青水は稚魚の成育に適しているし、色揚げにも適しているから飼育者の多くが利用している。透明の水は水槽で楽しむ以外では使用しない場合が多く、本来のメダカ等の色は落ちる。 

Qエアレーションなしで金魚飼うの難しいですか?

テーブルの上に小さな金魚蜂を置きたいと思っています。エアレーションは欠かせないものなのでしょか。したほうがいいのは解るのですが、ポンプが邪魔になって危ないと思いまして、昔は、金魚飼うのにエアレーションなどはしていなかったように思うんですが。

Aベストアンサー

そうですね。
昔は庭に小さな池がありましたがエアレーションしないでも結構長生きしていました。
これは水の深さに比較して面積が広いからだと思います。(普段でも水面上では微量の酸素が溶け込みます)
また、屋外の池は風によって波が立ったり、雨が降ったりして、酸素が溶けやすい状態になっています。

今の水槽のような深いものではなく、昔の金魚鉢のような底の浅めのものをお使いになったらどうでしょうか。
金魚を少なめ、水草を多めに入れておけば、さらに条件は良くなると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報