はじめまして。
4月から社会人をしております。配属は簿記経験はないですが経理になり、仕訳に悪戦苦闘しております。

うちの会社では在庫を「商品」、仕入れを「売上原価」の勘定科目にしております。
先輩に

*「売上原価が立つのは物が売れたとき、粗利がでたとき」
*買掛金の増減明細の仕入れ欄を見ると借方に売上原価と商品、貸方に買掛金という仕訳ができる

とのことなのですがいまいち理解ができません。
本やwebで探しても参考になるものが少なく四苦八苦しております。

精通された方、どなたか御享受のほどをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仕入れ時


1.商品  1000  / 買掛金 1000

売上時
2.売掛金 2000    / 商品 1000
             /商品売買益 1000
  
ですが、質問者様の会社は、売上時の仕訳を
下記のようにされていると思います。


A.売掛金  2,000  売上  2,000

B.売上原価 1,000 商 品 1,000

C 売上   2,000 売上原価 1,000
             商品販売益1,000

Aの仕訳は売上代金を収益計上します。
Bの仕訳は引き渡した資産である商品を費用に
振り替えています。つまり販売する事によって資産が
費用となった訳です。
Cの仕訳は文字通り収益から費用を差し引いて儲けで
ある利益を求めています。

借方・貸方を相殺消去した仕訳が上のほうの仕訳になります。


 
    • good
    • 1

実務経験はありません。


日商簿記3級を10年以上前に取得しました。
検定試験と経理実務は違う点が多いと思うのですが、検定試験程度でコメントします。

勘定科目は、資産・負債・資本・収益・費用のどれに分類されるかを考えます。

現金や商品は会社の財産ですから、資産
売掛金も現金か小切手で月末には取引先から入ってくるので財産となり、資産

買掛金は仕入先に月末には支払いをしなければいけない借金なので、負債
とにかく、未払いのものなど借金はすべて、負債

資本とは純粋な会社の財産(純資産ともいう)のことで、資産-負債→資本 です。

商品を10,000円で購入し、12,000円で売れると2,000円儲かります。
商取引などで儲かった商品売買益は、収益

社員の給与など必要経費で会社が支払いをしたのは、費用 です。

仕訳は次のように分類されます。

  借方          貸方
  資産増         資産減
  負債減         負債増
  費用発生        収益発生

では、商品10,000円でを仕入れ、12,000円で売れた場合(いずれも月末払い)の仕訳は

  借方          貸方

  商品  10,000     買掛金   10,000  (資産増の負債増)

  売掛金 12,000     商品    10,000  (資産増の資産減)
              商品売買益  2,000  (資産増の収益発生)

となります。この方法だと、ひとつひとつ商品売買益の科目が発生するので

  借方          貸方

  仕入  10,000     買掛金   10,000  (資産増の負債増)

  売掛金 12,000     売上    12,000  (資産増の資産減)

と仕訳をし、決算時に売上の総計-仕入の総計→儲けとします。

ところが、仕入れた商品が売れるのが次期になることもあるので、売上原価という科目を使い、

期首商品+仕入の総計-期末商品→売上原価 (だったかな?)

売上の総計-売上原価→儲け と算出します。



>*「売上原価が立つのは物が売れたとき、粗利がでたとき」
>*買掛金の増減明細の仕入れ欄を見ると借方に売上原価と商品、貸方に買掛金という仕訳ができる

質問者さんの経理では、おそらく、売上原価の科目は検定で言う「商品売買益」(収益の科目)を使っているのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記3級「売上原価勘定で売上原価を算定」の意味

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定への振替

■■■■■■■■■■■■
よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。
売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で
求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る
値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の
意味。
(つまり、仕入の行で、
”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから)
と、ここまでは認識しています。

この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、
(1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。

しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で
算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に
変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。

(1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000

となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と
売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?)
とは異なるものにならないのでしょうか。
なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。

仕入(=当期仕入高)
売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)
なのに、どうして??

初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定へ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと思います。

他方、売上原価算定に仕入勘定を用いるときは、仕入勘定は決算仕訳では売上原価を算出するための道具であり、決算整理後の仕入勘定の額がすなわち売上原価となりましょう。そしてこの額は、繰越棚卸高のあるときは、もはや当期仕入高と一致しません。

したがって、
仕入=当期仕入高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。


これと同様に、売上原価算定に仕訳科目としての売上原価勘定を用いるときは、売上原価勘定が売上原価を算定するための道具となり、したがって決算整理手続で仕入勘定の代わりとして用いることが出来ます。

代わりになるのですから、仕入勘定と同じく、
(仕訳科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。

他方、決算書に表示するための表示科目として売上原価勘定を用いるときは、
(表示科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
は常に成立します。

つまり、売上原価勘定は決算書上で売上高に対する売上原価を表示するために用いることのほか、その設問のように、売上原価を算出するための仕訳科目として用いることもある、ということです。


あるいは、次のようにお考えになってもいいかもしれません。

勘定科目名はそもそも、一般的なものまたはそれに準ずるもの(ないし分かり易いもの)であれば何を用いても構わない、ただし問題文等で指定されているときはそれに従わなければならない、とされているのはご存知のことと思います。

この点、売上原価算定時に用いる勘定科目名として、学習上の簿記では「仕入」を用いることが多く、しかしながら「売上原価」を用いるよう指定されることもある。このような捉え方も出来るように思います。

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと...続きを読む

Qソフトウエア制作業の売上原価(仕入れ)は?

4月に設立した有限会社で、情報サービス提供会社として
スタートしようとしたのですが、現在はPC等のソフトウエアを
受注制作しています。
日々の経理は弥生会計で試行錯誤、なんとか入力してきました。

細々とした各プロジェクトごとに受注した仕事の一部または
全部を年間業務委託契約を結んだ個人と会社に外注しています。
毎月一定の成果物を納品してもらい、当方で検収して取引先に
納品しています。

それで、弥生会計で損益計算書をみてみたのですが、売上原価が
0円なんです。
売上総利益率も100%で、貯蔵品としての商品もなく、今のところ
棚卸高も0円です。
貸借対照表の方では外注費は仕入債務として計上されています。

すべて外注費(販売管理費)で処理しているので、いわゆる商品の
仕入れというのはないという理解なのですがこれは正しい処理なの
でしょうか。

また、期をまたぐ仕事の場合は、半製品、仕掛品として棚卸しする
ものなのでしょうか。
商品の仕入れではないのでソフトウエア制作業務については棚卸しも
なにもないと思うのですが、売上総利益率100%の損益計算書を見て
普段の経理の処理が正しいのかどうか不安になってしまいました。

どなたかご意見を頂ければ嬉しく思います。

4月に設立した有限会社で、情報サービス提供会社として
スタートしようとしたのですが、現在はPC等のソフトウエアを
受注制作しています。
日々の経理は弥生会計で試行錯誤、なんとか入力してきました。

細々とした各プロジェクトごとに受注した仕事の一部または
全部を年間業務委託契約を結んだ個人と会社に外注しています。
毎月一定の成果物を納品してもらい、当方で検収して取引先に
納品しています。

それで、弥生会計で損益計算書をみてみたのですが、売上原価が
0円なんです。
売上総利益...続きを読む

Aベストアンサー

この場合の外注費用は販売管理費ではなくて、外注原価になると思いますが・・・、入力間違いされているのではないでしょうか。

Q仕入先の買掛金を一割を売上にする仕訳の仕方

初心者の為説明が足りないかもしれませんが、
宜しくお願いします。

仕入先の買掛金を一割を売上にするということになり
仕訳の仕方について困っています。
(例)
売掛金5000/売上5000
普通預金5000/売掛金5000
現金1800/普通預金1800(支払分しか引き出さない!)
-------------------------
仕入2000/買掛金2000
買掛金2000/現金1800(1割引いた金額を支払う!)
買掛金残り200円はどういう風に売上として仕訳をすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

その様なことでしたら、

買掛金 20,000 /  現金    18,000
xxxxxxxxxxxxxxxx 受取手数料  2,000

2,000円は雑収入にされてもいいでしょう。

Q委託売上仕入れの仕訳

よろしくお願いします。
委託販売は書籍などでは積送品という科目を使用しますが、実務上使用しない会社もあります。
つまり、商品を委託先に発送しますが、経理上の処理はしません。システム上は在庫をマイナスします。委託側が受託側に報告書を送付して売上に計上します。10を発送して、9を売上て、1返品した。
9が売上に計上をすると同時に仕入も計上するそうですが、その仕入は既に仕入先から物を購入しているので、商品勘定を使うのでしょうか。
仕訳は
売掛金/売上
期末商品/商品

どなたかおしえていただければ、幸いです。

Aベストアンサー

No.2です。回答の一部に誤りがあったので訂正します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【誤】

次に、委託先へ発送した商品のうち、400円分が700円で売れた時、

〔借方〕売掛金700/〔貸方〕売上高700
〔借方〕販売手数料140/〔貸方〕未払金140

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【正】

次に、委託先へ発送した商品のうち、400円分が700円で売れた時、

〔借方〕売掛金700/〔貸方〕売上高700
〔借方〕社内商品400/〔貸方〕委託商品400
〔借方〕販売手数料140/〔貸方〕未払金140

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q売上原価算定の仕訳

職業訓練で弥生会計を学んでいます

自宅で売上原価算定の仕訳について復習しているのですが、わからない所があります

(1)期首の在庫商品は当期中に全て販売したとみなして、資産の減少として商品を貸方に計上する

相手科目は売上原価の算定に用いる期首商品棚卸高となる

期首商品棚卸高 445200/商品 445200

(2)期末の商品在庫は資産の増加として商品を貸方に計上する

相手科目は売上原価の算定に用いる期末商品棚卸高となる

商品 659085/期末商品棚卸高 659085

(3)月次決算を行う場合、2ヶ月目以降の仕訳は次の通り

期末商品棚卸高 ######/商品 ######

商品 ******/期末商品棚卸高 ******

上記(3)の1つ目の仕訳の#は(2)と同じ金額(4月末在庫)ですか?

2つ目の仕訳の*は5月末在庫ですか?

Aベストアンサー

先ず、前期の期末商品在庫の仕訳は、

〔借方〕商 品 659085/〔貸方〕期末商品棚卸高 659085

だったとします。

◇今期、4月の月次決算では、
〔借方〕期首商品棚卸高 659085/〔貸方〕商 品 659085
〔借方〕商 品 ######/〔貸方〕期末商品棚卸高 ######
※今期4月の売上原価を算定できます。
※######は4月末の商品在庫

◇今期、5月の月次決算では、
〔借方〕期末商品棚卸高 ######/〔貸方〕商 品 ######
〔借方〕商 品 ******/〔貸方〕期末商品棚卸高 ******
※今期4月と5月、二カ月間の売上原価を算定できます。
※******は5月末の商品在庫

以上です。頑張って下さい。  (^ ^;


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報