ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

はじめまして。
4月から社会人をしております。配属は簿記経験はないですが経理になり、仕訳に悪戦苦闘しております。

うちの会社では在庫を「商品」、仕入れを「売上原価」の勘定科目にしております。
先輩に

*「売上原価が立つのは物が売れたとき、粗利がでたとき」
*買掛金の増減明細の仕入れ欄を見ると借方に売上原価と商品、貸方に買掛金という仕訳ができる

とのことなのですがいまいち理解ができません。
本やwebで探しても参考になるものが少なく四苦八苦しております。

精通された方、どなたか御享受のほどをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仕入れ時


1.商品  1000  / 買掛金 1000

売上時
2.売掛金 2000    / 商品 1000
             /商品売買益 1000
  
ですが、質問者様の会社は、売上時の仕訳を
下記のようにされていると思います。


A.売掛金  2,000  売上  2,000

B.売上原価 1,000 商 品 1,000

C 売上   2,000 売上原価 1,000
             商品販売益1,000

Aの仕訳は売上代金を収益計上します。
Bの仕訳は引き渡した資産である商品を費用に
振り替えています。つまり販売する事によって資産が
費用となった訳です。
Cの仕訳は文字通り収益から費用を差し引いて儲けで
ある利益を求めています。

借方・貸方を相殺消去した仕訳が上のほうの仕訳になります。


 
    • good
    • 5

実務経験はありません。


日商簿記3級を10年以上前に取得しました。
検定試験と経理実務は違う点が多いと思うのですが、検定試験程度でコメントします。

勘定科目は、資産・負債・資本・収益・費用のどれに分類されるかを考えます。

現金や商品は会社の財産ですから、資産
売掛金も現金か小切手で月末には取引先から入ってくるので財産となり、資産

買掛金は仕入先に月末には支払いをしなければいけない借金なので、負債
とにかく、未払いのものなど借金はすべて、負債

資本とは純粋な会社の財産(純資産ともいう)のことで、資産-負債→資本 です。

商品を10,000円で購入し、12,000円で売れると2,000円儲かります。
商取引などで儲かった商品売買益は、収益

社員の給与など必要経費で会社が支払いをしたのは、費用 です。

仕訳は次のように分類されます。

  借方          貸方
  資産増         資産減
  負債減         負債増
  費用発生        収益発生

では、商品10,000円でを仕入れ、12,000円で売れた場合(いずれも月末払い)の仕訳は

  借方          貸方

  商品  10,000     買掛金   10,000  (資産増の負債増)

  売掛金 12,000     商品    10,000  (資産増の資産減)
              商品売買益  2,000  (資産増の収益発生)

となります。この方法だと、ひとつひとつ商品売買益の科目が発生するので

  借方          貸方

  仕入  10,000     買掛金   10,000  (資産増の負債増)

  売掛金 12,000     売上    12,000  (資産増の資産減)

と仕訳をし、決算時に売上の総計-仕入の総計→儲けとします。

ところが、仕入れた商品が売れるのが次期になることもあるので、売上原価という科目を使い、

期首商品+仕入の総計-期末商品→売上原価 (だったかな?)

売上の総計-売上原価→儲け と算出します。



>*「売上原価が立つのは物が売れたとき、粗利がでたとき」
>*買掛金の増減明細の仕入れ欄を見ると借方に売上原価と商品、貸方に買掛金という仕訳ができる

質問者さんの経理では、おそらく、売上原価の科目は検定で言う「商品売買益」(収益の科目)を使っているのだと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕入高・材料費 仕訳の違い!

なんとか弥生会計を使えるようになってきたのですが、簿記が苦手なので進みません(苦笑)

仕入高と材料費の考え方です。[製]材料仕入高・・というものもあり、本を見ても明らかな違いが分かりません。

例えば、手作りのバックをオークションで売った場合を想定して教えて頂けると助かります!!

基本的なことでお恥ずかしいですが、お願い致します!

Aベストアンサー

[売上原価]の区分にある「仕入高」は商品仕入高です。他社製のバックを仕入れて加工しないでそのまま販売する場合、「仕入高」を使います。

「材料仕入高」や「材料費」は[製造原価]の区分にあります。バックを作るための材料を仕入れるときはこれらを使います。決算で材料の棚卸高を計上するならば、「材料仕入高」を使う方が良いでしょう。棚卸高を計上しないならば、「材料費」を使う方が良いでしょう。

正しい決算をするためには、バックの主要な材料の棚卸高を計上するようにお薦めします。

Q仕入れた商品を自社使用する時の仕訳は

例えばFAXのトナーを仕入れて在庫にしている分を、自社使用(消耗品)する時の仕訳を教えてください。

まず、(借方)仕入××  (貸方)買掛金(現金)××

以降どうすればいいのでしょうか?
また仕入れをした段階で商品が在庫にあがると思うのですが、その仕訳は必要ないのでしょうか?

Aベストアンサー

期末棚卸をきちんとされて3分法で売上原価を計上されている(ほとんどの会社はそうですが)のであれば、下記の仕訳が正解です。

消耗品費   999/商品他勘定振替高   999

商品他勘定振替高と言う科目は商品を売上以外の目的に振り替えるときに使う科目です。
情事の例では自社の消耗品費に振替という場合です。

3分法(期首商品棚卸高、仕入れ高、期末商品棚卸高をつかって売上原価を計算すること)の場合に、売上以外で商品を使う場合や仕入れ以外で受け入れる場合に使用する科目です。

この場合の売上原価の計算は

期首商品棚卸高+仕入れ高(+-)商品他勘定振替高-期末商品棚卸高

期末の商品他勘定振替高が借方残高である場合は+、貸方残高である場合は-となります。

Q商品を廃棄処分にした勘定科目?

仕入れ額10万円程の商品ですが、性質上、長期間保管すると劣化を招く商品なので廃棄処分にしました。

この場合、帳簿としてどのような処理にして、勘定科目はどうすればいいのでしょうか?

ご多忙中恐縮ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

廃棄した商品の仕入原価を10万円とします。
商品会計は「分割法(例えば、三分法)」とします。


◇まず、次の仕訳を起します。

〔借方〕棚卸資産廃棄損 100,000/〔貸方〕他勘定振替高 100,000
※この「他勘定振替高」は売上原価の控除項目です。
※法人会計の場合、「棚卸資産廃棄損」は特別損失の項目です。

◇次に、仕訳の借方と貸方の金額をそれぞれ総勘定元帳に転記します。


以上です。

Q仕入れ勘定と商品勘定

簿記の勉強をしています。
問題で「A社から商品を掛けで1,000円仕入れた」という問題があるとすると、

借方 仕入 1,000
貸方 買掛金 1,000

という仕分けになると回答にはあるのですが、仕入を商品という勘定に
して回答しても正解なのでしょうか?
もしだめなのであればだめな理由を教えてください。 

Aベストアンサー

こんにちは
正解か不正解かは問題の指示によります。
商品売買の記帳方法には分記法と三分割法(三分法)などがあります。

分記法では、商品勘定と商品販売益勘定を使用して記帳します。
また、三分法では、仕入勘定、繰越商品勘定、売上勘定の3つの
勘定を使用します。

従って、問題に三分法で指示があった場合に、商品勘定を使用する
と不正解になります。
ちなみに、三分法(仕入、繰越商品、売上)を使用する問題が一般的です。


(1)A商店は商品1000を仕入を行い、代金は掛けとした。
(2)A商店は(1)で仕入れた商品を1200で販売を行い、代金は掛けとした。
(3)決算時の処理を行いなさい。
  期首商品棚卸高 200
  期末商品棚卸高 300

上記の問題があったとします。

分記法では次のように記帳します。(商品と商品販売益を使用する)

(1) (借)商品  1000 /(貸) 買掛金   1000

(2) (借)売掛金 1200 /(貸) 商品    1000
               /    商品販売益  200

(3) 仕訳なし

  ※分記法では、商品の原価と利益を分けて記帳します。

 (3)は分記法では毎回商品の受け払いを記帳しているので、帳簿と
   期末商品棚卸高に誤差がなければ記帳する必要はない。

三分法では、次のように記帳します。(勘定科目が3つに分かれている)
三分法では、商品を仕入れた時は、仕入勘定、販売を行った場合は
売上に記帳します。
また、勉強の過程がどの辺かわかりませんが、決算時に期末商品棚卸高
を仕入勘定から繰越商品に振り替えて、売上原価を算出します。

売上原価 = 期首商品棚卸高 + 当期商品仕入高 - 期末商品棚卸高

(1) (借)仕入  1000 /(貸) 買掛金   1000
(2) (借)売掛金 1200 /(貸) 売上    1200
(3) (借)仕入   200  /(貸) 繰越商品   200
   (借)繰越商品 300  /(貸) 仕入     300

回答の正解・不正解は記帳法によって異なりますので、問題の指示に
従ってください。

なにかあれば補足してください。
ご参考まで

こんにちは
正解か不正解かは問題の指示によります。
商品売買の記帳方法には分記法と三分割法(三分法)などがあります。

分記法では、商品勘定と商品販売益勘定を使用して記帳します。
また、三分法では、仕入勘定、繰越商品勘定、売上勘定の3つの
勘定を使用します。

従って、問題に三分法で指示があった場合に、商品勘定を使用する
と不正解になります。
ちなみに、三分法(仕入、繰越商品、売上)を使用する問題が一般的です。


(1)A商店は商品1000を仕入を行い、代金は掛けとした。...続きを読む

Q仕入れ商品の返品の仕訳について

個人事業主です

1月に15,000円の商品を、A社から掛で仕入れました
仕 入15,000/買掛金15,000

2月に上記の買掛金を支払いました
買掛金15,000/現 金15,000

3月に品違いや不良品が見つかったので、45,000円分返品しました
まず、この仕訳方法がわかりません。

なお1月には15,000円しか仕入れていないので、残りの30,000円分は
前期(12月末で決算済み)に仕入れた物の返品です。

返品した45,000円は返還してもらっておらず、次に仕入れが発生した
際に充当することになっています。

次に仕入れが発生した際の仕訳方法も、併せて教えてください。

A社とは取引があまり頻繁でないため、当期内で45,000円分の
仕入れが発生せず、残りは来期に繰り越される可能性もあります

Aベストアンサー

返品の仕訳はあ仕入れ時の逆の仕訳をすればよいのです。
買掛金 45000/ 仕入高 45000

このとき買掛金が45000のマイナス残高になります。
これはいつか仕入先から返してもらう金額です。

次の仕入れは通常のとおりで

仕入高 99999/ 買掛金 99999

これをしばらく続ければそのうちに買掛金はプラスの残高になっていきますね。
それまでは支払いを止めたらよいだけです。

しばらく仕入れが起こらないのであれば返金してもらうように交渉しましょう。そうしないと何時までも資金がそこに固定してしまいます。
又貸倒れのリスクも抱えることになります。

又買掛金のマイナス残高は決算上は未収入金に振り替えたほうが良いでしょう。

Q期末棚卸高と仕入の仕訳

期末棚卸の仕訳を教えてください。

・昨年の途中から、仕事に、商品の販売が加わり、
一昨年から繰り越されるものはゼロです。

・三分法というのでしょうか、

商品の仕入れは、「仕入/現金」で行い、
商品の売り上げは、「現金/売上」で行っています。

会計ソフトに、
「期首商品棚卸高」と「期末商品棚卸高」の勘定科目があり、

昨年末の在庫の仕訳を
「期末商品棚卸高/仕入」でよいのか?と思い、やってみたら

期末商品棚卸高の当期残高にマイナスで表示されます。



簡単な数字にしてみると
会計ソフトの損益計算書に表示されている、

仕入の借方金額は2000円、貸方金額は700円、当期残高は1300円

期末商品棚卸高の借方金額は700円、貸方金額は0円、当期残高はマイナス700円

売上原価計の借方金額は1300円、貸方金額は700円、当期残高は2000円


これで合っているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

>「商品」という勘定科目は
期末と期首でしか使わない、ということになりますか?

そうです。三分法における商品勘定では、「商品」という科目の金額は、常に「期末商品棚卸高」または「期首商品棚卸高」とが同額でなければなりません。このバランスが崩れると決算仕訳が不可能になります。原則として、期中に「商品」という科目を使って仕訳を行うことはないと考えて下さい。「期末商品棚卸高」または「期首商品棚卸高」についても同じことが言えます。

Qサンプルを購入した時の仕訳は「仕入」と「費用」のどちらになりますか?

表題のとおりですが、商売で実際に取引を始める前にその商品の品質などを確認するためにサンプルを購入した際の仕訳は「仕入」になるのでしょうか?それとも「費用」になるのでしょうか?

サンプルとはいえ、場合によっては売ってしまうこともあるかと思います。
しかし、通常はその商品がどういうものかを確認して終わるのではないかと思います。
単純に売ってしまうなら「仕入」勘定でも良いと思いますが、サンプルの目的自体を考えると「費用」が正しいと考えています。

実際のところどうなのでしょうか?企業によっても変わっていたりするのかもしれませんが、ご回答を頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の勤め先では「広告宣伝費(サンプル購入)」と言う科目で計上しております。

費用に計上したサンプル品[仮に90円]を販売した場合には、次の様な仕訳方法が挙げられます。
1 100円で売ったので、利益が少なく、損益の表示に大きな影響が無いと考えた場合。(最も手抜きした仕訳)
  現預金 100/費用科目 100
2 1と同じだが、販売益は区分したいと考えた場合。
  現預金 100/費用科目 90
        /雑益   10
3 売上に計上する場合
  売掛金 200/売上高 200
  仕入原価90/費用科目 90

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報