私はまえまえから思っていたのですが
なぜ「大回転」なのでしょうか?
この名前の由来をご存知の方、教えてください。

A 回答 (2件)

 スキーの基本はスピードとターン。


 これをそのまま競技にしたのが滑降と回転です。

 回転は旗門と呼ばれる旗を左右に掻き分けながらターンの正確な技術を競う競技です。
 ただ、残念ながらこれにはダイナミックさがありません。見ていて、どうにも地味です。
 そこで、そうした回転の技術を要しながらもっとダイナミックに且つ高速に滑ることでスキーの基本を両方とも競技に盛り込もう、として産まれたのが、この大回転です。
 旗門もコースの左右に離れて置かれる部分もあり、文字通り大きな回転を要求されます。
 こうした回転の違い、競技としてのダイナミックさの差からこれが「大回転」と呼ばれることになったのだと思います。
 またそこからさらにスピードに取り憑かれ、これを滑降のコースを使ってやってしまえ、ということで最近誕生した怖ろしい競技が「スーパー大回転」です。

参考URL:http://sports.nikkei.co.jp/saltlake/setsumei/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
とてもわかりやすい説明で納得がいきました!
ありがとうございます!

お礼日時:2002/02/20 12:53

その競技はジャイアント・スラロームと呼ばれてます



スラロームはスキーの回転競技種目をさします。

だから日本語にあてはめると「大回転」となると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり早いうちに返答をいただいたのに反応が遅くてすみません。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 12:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーパー大回転の青いライン

こんにちは

オリンピックのスーパー大回転等で、コースに青いラインが引かれてますが、昔は無かったですよね。
最近のトレンドなのか、規定のようなものなのか、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

安全のためです。
特に雪や曇り、ガスが出ているときは斜面変化がわかり難く、一瞬の操作の遅れがコースアウト=クラッシュに繋がってしまいます。
スーパーGや滑降の高速系種目ではいまや当たり前になってきましたが、GSでも最近はよく見られます。
規定ではありません。
またラインではなく、松葉を雪面に撒かれる時もあります。

Qスノボー日帰りツアーご存知ですか?

9(祝)に京都からバスに乗って日帰りでスノボーに行きたいと思ってます。場所はどこでもいいのですが詳しい方おられますか?8(日)の夜出発でもかまいません。リンクなど情報よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バスではないですが、電車、バス、リフト券がついてます。
シーズン中に二回もしくは、二人で行くなら使えますよ。

一回だけのものはないみたいです。

参考URL:http://www.jr-odekake.net/navi/ski2006/

Q★スキーVSスノボ IN大回転★

オリンピックを見ていて気になった事です。

大回転という種目があります。左右の旗をくぐりながら降りていき、スピードを競う競技。

あれって・・スキーとスノボが勝負したらどちらが勝つのでしょうか。

コースに有利不利があるときはそれも教えてほしいです。
例えば・・
「コース関係無しにスキー」
「斜面の急さが多ければスキー」
「旗の間隔が広がっているコースが多ければスキー」など。

純粋にあの競技を見ていて、どっちが早いのかなぁと疑問に思っただけですので、多分・・という答えでも結構です。

関係ないですが、ボードの男子はすごかったですね。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

スキーをするものがボードと同じレベルや技術者で全く同じコースだったとして、スキーの方が早いと思います。
ボードは、滑走するのみですがスキーはスケーティングやストックで押すといった加速をすることができます。
ゆえにスキーの方が早いと思いますよ。

シギーグラブナー選手と鶴岡選手が目的でTVを見ていましたが、兄弟で金銀を取ったショッホ兄弟の滑りは、素晴らしかったですね。

Qスキー大回転のストックの謎

スキーの大回転などの競技のストックは必ず曲がっていますが、どうしてでしょうか?大変シロウトくさい質問ですみません。父が知りたがっているので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 空気抵抗を少なくするためにクラウチングスタイル(しゃがみこみ)を取って、ストックを抱え込んだ時にストックの後ろ(先、下)の部分が、体の後ろに隠れて、ストックが受ける空気抵抗を小さくするためです。真直ぐだと、手を近付けて抱え込んだ時にストックの先が広がって(体の後ろからはみだす)しまい、特にリングの部分の空気抵抗が大きくなって損なんです。回転(スラローム)では強くストックを付くことが多いため、強度を重視しますし、逆にポールに引っ掛かり易くなるため曲がったストックは使わないのでしょう。

Qアサマ2000をご存知の方。

近日のスキーツアーで、空きがあるのはアサマ2000だけでした。

レビューをみると、ガヂカチで強烈に寒そうなのですが、万年初心者の私にはキツイところなのでしょうか。レーサー系の方がビュンビュン滑っているようですが、初心者コースであれば、ゆっくり滑っていても大丈夫でしょうか。

アイスバーンになっているところが多いのでしょうか。

Aベストアンサー

ゲレンデ自体は斜度も緩く、難しいスキー場ではありません。しかし、#1さんが言われるように厳冬期はおやめになるべきと思います。ネーミングの通り標高2000mにあるスキー場です。群馬では(アサマ2000は群馬県です)草津の本白根と逢峰(あいのみね)と並んで標高が高く、厳冬期はとんでもなく寒いスキー場です。

服装もそれなりの特別な服装が必要です。例えば手のグローブですが、私は登山用高機能インナー手袋の上にスキーグローブをしてバックパックに登山用オーバーミトンを予備に持っていきます。ほとんど冬山の装備ですね。マイナス十数度の世界ですから普通のスキー場の装備では寒くて楽しむどころではありません。厳冬期は、寒くとも誰も滑っていないゲレンデに自分のシュプールを付けたい特別な人が行くスキー場です。


おすすめ情報