『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

単相2線式と三相3線式の引込みケーブルの損失(抵抗?)の比較を教えてください。初心者なので、質問の内容がおかしいかもしれませんが、よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

#3追記


少し理解しにくいのは、「1/2の配線損失」という事と
● 三相は単相に比べ、電流は 1/√3 となります。
● 電力損失は 電流の自乗と抵抗に比例します、従って電線1本当りの損失は (1/√3 * 1/√3)で 1/3 となります。
● 電線は3相は3本線、単相は2本線でその長さは3相は単相の1.5倍となります。
● 全体の損失は1本当りの損失(三相は1/3)と電線の本数であり(三相は1.5倍)、三相の損失は単相に比べ、1/3* 1.5倍 = 1/2 となり 1/2 となります。

まとめ 電流は 1/√3 ですが、全体の損失は 1/2となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明でした。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/06/03 10:34

#5です 不十分な記述がありましたので 補足します



>それぞれの線に流れる電流は1/√3になります ・・・

それぞれの線に流れる電流は1/√3になります、その線での損失は電流の二乗に比例しますので 1/3になります
単相の場合を 1とすれば 三相では 3÷(√3^2)÷2 で1÷2 になります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切な説明をしていただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/06/05 19:12

>単純にどちらがどのくらい有利なのかという事です。



これは一概には言えません
どちらが有利かは、初期費用と運転費用を総合的に判断しなければなりませんし、どの程度の期間を想定するかでも大きく変わってきます

また、三相で引き込む(受電する)には条件があります、動力負荷を使用する場合で無いと受電できません(動力負荷とは何かは自分で調べてください)

それから三相はある程度消費電力の大きい機器の場合に使用します、このとき単相か三相かを選択できる場合はほとんどありません(単相100Vか単相200Vかの選択の方が多くあります)

そのようなことは無視し、同一電力で同一電圧の場合、機器の効率の違いを無視すれば、それぞれの線に流れる電流は1/√3になります

電線が同一の場合、電線での損失は
単相ならば、流れる電流の2線分
三相ならば、流れる電流の3線分 になりますので
単相の場合を 1とすれば 三相では 3÷√3÷2 で√3÷2 約0.85になります

がこれはあくまで 計算上のことで、
実際には 単相か三相かを選択できるケースは非常に少ないです、
また電線も想定負荷に合わせたものが配線されています

計算間違いがあるかも知れません、確認はしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的な事も含めて説明していただいて、理解しやすい内容でした。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/03 10:42

何を聞きたい/知りたいのですか



ある負荷に電力を供給したい、そして、その負荷は単相でも三相でも可能(設備設計段階なので)
そのような場合、単相/三相のどちらを選択するのが良いか ですか

それとも、単純に同じ負荷に対して単相/三相で供給した場合、損失はどちらが有利か ですか

それとも、それ以外

設計段階ですと、機器・ケーブルの費用も関係してきます

この回答への補足

回答ありがとうございます。質問は、2番目の単純にどちらがどのくらい有利なのかという事です。

補足日時:2006/06/02 23:46
    • good
    • 0

小型機器を使う場合は単相、三相の選択肢としてあるが、3相は配線損失が少なく、モーターなどは起動トルクが大きいなど特徴があります。



●同じ 消費電力の機器を使用する場合、同じ配線太さの配線損失は単相に比べ3相は50%となります。
● 例えば200Vで1kwの配電線、1本当りの配線抵抗を1オームとすれば
●単相の場合は 1000w÷200V= 5A
損失は5A*5A*2Ω(往復2本の配線で)=50w
●3相の場合は 1000w÷200V÷√3 =2.8867A
損失は 2.8867A*2.8867A*3Ω(3本の配線で)=25W

まとめ 配線電力、電圧、配線太さであれば、3相は単相の比べ1/2の配線損失となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。大変参考になりました。少し理解しにくいのは、「1/2の配線損失」という事と、2番目の回答者の方が書かれている「送電損失が√3分の1」という事の違いです。

お礼日時:2006/06/03 00:06

単相 2線式の引き込みぐらいいくらでもあります。


送電する電力および線間電圧が同じで、電線の太さも全く同じなら、三相は単相に比し送電損失は、√3 分の 1になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。大変参考になりました。少し理解しにくいのは、「送電損失が√3分の1」という事と、3番目の回答者の方が書かれている「1/2の配線損失」という事の違いです。

お礼日時:2006/06/03 00:16

単相2線が電柱から引き込まれる事は無いと思うけど・・・



とりあえず
導体抵抗の事?
電線の種類・メーカーによって違います。
http://www.swcc.co.jp/yoshidadensen/seihin_2.htm

http://www.hitachi-cable.co.jp/catalog/H-001/pdf …
http://www.hitachi-cable.co.jp/electricpower/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2006/06/03 00:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単相と三相の違い、メリットとデメリット

単相と三相の違い、メリットとデメリット

お世話になっております。
だいぶ年の離れた高校に通う従兄弟がおります。

ある日に質問を受けることがありました。
「日本と外国でコンセントの形が違うって知ったんだけど、電気は単相と三相で
違うみたいだね。日本は単相で50Hzか60Hzだって知ってるんだけど、三相って
どんなヤツなの?三相にしてメリットとかデメリットってあるの?それで電圧も
200V以上らしいけど何で?」
と聞かれました。

私が電子工学を専攻していたので電気を知ってると思い聞いてきたと思います。
ただ、正体は電子で100V以下のことしかいじってないので電気はそんなに
詳しくないのです。
(ミリVとかマイクロVとかそんなのばっかです。)

三相は位相が120度づつずれて送られることだと思ってます(汗)。
メリットは高圧のほうが途中の損失などが少なく効率よく送電できると思ってます(汗)。
デメリットは・・・思い浮かばない(汗)。
200V以上なのは、上記の送電の効率がいい(汗)。

うまく答えられず次回あったときに説明すると言っておきました。
(忘れててくれれば助かるな。。。)

どなたか、うまく説明できる内容を教えていただいてもよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

単相と三相の違い、メリットとデメリット

お世話になっております。
だいぶ年の離れた高校に通う従兄弟がおります。

ある日に質問を受けることがありました。
「日本と外国でコンセントの形が違うって知ったんだけど、電気は単相と三相で
違うみたいだね。日本は単相で50Hzか60Hzだって知ってるんだけど、三相って
どんなヤツなの?三相にしてメリットとかデメリットってあるの?それで電圧も
200V以上らしいけど何で?」
と聞かれました。

私が電子工学を専攻していたので電気を知ってると思い聞いてきたと思...続きを読む

Aベストアンサー

三相三線だと単相二線に対し線を1本増やすだけで3倍の電力を送れる。

 …逆に言えば2本で十分間に合う程度の電力を送るのにも三相三線だと必ず3本の線を引かなきゃいけないという事です。そして三相均等に使わなければならないので直流を得るのにも整流素子が少なくとも3個(単相なら1個)必要だったりしますから、単相で間に合うのに三相を引くのはコスト高になります。

 誘導電動機を使う場合は三相だとごくシンプルな仕組みでいいんですが、単相だと始動に工夫がいるとか(普通に使われていますが)ないこともないです。

 線を1本増やすだけで3倍の電力を送れるのがメリットなので、別に200Vが必須という訳ではありませんが、大電力を送りたいのですから電圧は高いほうがロスが減って有利ですわな…。

QΔ-Y結線にて位相が30°進むのはなぜ?

Δ-Y結線にて、1次電圧に対して、2次電圧の位相が30°進むのはなぜでしょうか?

Y結線は、線間電圧が相電圧に対して、30°進むのですよね?
それだと、Δ-Y結線では、Y結線の相電圧は、Δの線間電圧に対し、30°遅れると
思うのですが、違うのでしょうか?

Aベストアンサー

Δ接続の相電圧(=線間電圧)とY接続の相電圧が対応しているので、一次の線間電圧と二次の相電圧が同位相になります。
二次の線間電圧(Vuw)が二次の相電圧(Vu)より30度進みになるので、二次の線間電圧は一次の線間電圧より30度進みになるかと思います。

Q三相交流のV結線がわかりません

V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。

一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか?

それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
>V結線になると電源が1つなくなりベクトルが1本消えるということですよね?
●変圧器のベクトルとしてはそのとおりです。

>なぜ2つの電源の和を「マイナス」にして考えることができるのかが疑問なのです。
●もっと分かりやすいモデルで考えてみましょう。
乾電池が2個あってこれを直列に接続する場合ですが、1個目の乾電池の電圧をベクトル表示し、これに2個目の乾電池の電圧をベクトル表示して、直列合計は2つのベクトルを加算したものとなりますが、この場合は位相角は同相なのでベクトルの長さは2倍となります。

同様に三相V結線の場合は、A-B,B-Cの線間に変圧器があるとすれば、A-C間はA-B,B-Cのベクトル和となりますが、C-A間はその逆なのでA-C間のマイナスとなります。

つまり、どちらから見るかによって、マイナスにしたりプラスにしたりとなるだけのことです。

端的に言えば、1万円の借金はマイナス1万円を貸したというのと同じようなものです。

Q単相2線式と三相3線式

どちらの電圧降下率が大きいのですか?その理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問には条件が書かれていないので(同一の電線とか、電線量が同
じとか)正しい回答はできませんが...

電線量を同じと仮定すれば、単相2線と三相3線で送れる電力比は、
(sqr(3)/2)ですから、同一の電線で同一の電力を送ったならば
三相3線式の方が電圧降下率は小さくなります。

計算とか理屈は、初歩的な電気工学とか電気計算の本を見れば必ず
載っていますのでここで質問をするよりも本を見た方が早いと思います。

基本的には
2×ρ×(L/A1)×I1^2=3×ρ×(L/A3)×I3^2
の関係が成り立ちますのですぐ分かると思います。
三相3線の電圧降下は
sqr(3)×I×(Rcosθ+Xsinθ)=(PR+QX)/Vr
です。

もし同一の電線で同一の電力と言うなら、計算するまでも無く三相3線
の方が1本あたりの電線に流れる電流が小さいんですから電圧降下は
小さいです。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q対地静電容量って

電気について勉強しているもの(電工2種の知識程度)です。
質問1 漏電と地絡は同じと解釈していいでしょうか?
質問2 対地静電容量という言葉がどうも理解できません、架空電線は大地から空気絶縁されていると思うんですが、本などでは大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが、意味がわかりません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問2 対地静電容量
コンデンサは導体と導体の間に絶縁物を入れたものです。
電線(導体)と大地(導体)の間に絶縁物(空気)を入れているのでコンデンサとなります。
 単位あたり(例えば1mあたり)静電容量としては小さくなりますが配電線など距離が長いので大きな値になったりします。
地面に対する静電容量というイメージでよいです。
ですので「大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが」のその通りです。
電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q三相交流の電圧降下について

はじめまして。
三相交流の電圧降下について質問させてください。


参考書には三相交流の電圧降下の公式が、
「e=√3RI」と書いてあります。

なぜこのような公式になるのでしょうか?


単相2線式の電圧降下の公式の意味は理解できるのですが、
なぜ三相3線式の公式には√3がつくのかが理解できません。

スター結線でもデルタ結線でもこの√3がつくのが不思議でしょうがありません。

図書館にいって調べたものの、参考書を見てもいまいちわかりませんでした。

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

Iは線電流、eは線間電圧、Rは一線あたりの抵抗、ですね。

RIはY結線1相あたりの電圧降下になりますので、線間電圧では√3倍になります。(負荷や電源がΔ結線になっていても、電線での電圧降下はY結線1相分に相当しています)

別の説明をしてみると、
たとえば、UV間での電線での電圧降下を見ると、
euv=RIu-RIv=R(Iu-Iv)となります。(Ivの前の符号が負になっているのは、Iu,Iv共に負荷に流れ込む向きを正にとっているため)
対称な三相だと、IuとIvは大きさが等しく、位相が120度異なっているため、
|Iu-Iv|=√3Iになります。

Q電力損失と電圧降下についてお聞きします。

電力損失と電圧降下についてお聞きします。

三相三線式の電圧降下は√3rIですが、電力損失はなぜ3rI2になるのでしょうか?
(P=VI×三本の電線分=√3rI×I×3にはなぜならないのでしょうか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。まず訂正。
#1で「P=.....=2rI^2」は「P=.....=3rI^2」 の間違いです。

ご質問文から「線間電圧」を強く意識されているように感じましたので、#1では「Y接続1相あたり」という表現をしました。
一般的には、「電線一本あたりの電圧降下がrIで、電線一本あたりの損失はrI^2、三相三線だと電線が3本あるので、全体の損失は3RI^2」と表現するのがより適切かと思います。

電圧降下の表記に関しては、三相三線式だと受電端で直接計測できるのは線間電圧であることと、一般に三相の電圧は線間で表すことから、電圧降下も線間電圧に換算する方が扱い易い、というのが理由かと思います。


人気Q&Aランキング