どうしてジャンプの時だけ世界新記録が出た時に「○○137m世界新記録!!」というふうに記録が打ち破られたみたいな事をいわないのでしょうか?スピードスケートとかだったら言うのに。試合会場によって条件(角度、高低差など)が違うので世界新記録が決められないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 普通の競技の場合、速すぎて危ない、ということはありません。

まあ、その速さを選手がコントロール出来なくなれば当然危険ですけれど。
 それに対して、スキーのジャンプ競技は空中に飛び降りる、という最初から命を張った競技になっています。
 その落下による衝撃を緩和するためにその落下地点はかなりの急傾斜になっており、そこに斜めに着地するためにビルから飛び降りたような凄いことをしても怪我がないどころか手を横にあげるなどという信じられないような技を披露出来るわけです。
 しかしどこまでも斜面ではそのまま止まれませんから、その先は御覧になってお解りのように平らな空間になっています(ブレーキングトラック)。
 そして、もしこの平らなところまで飛んでしまうと文字通り飛び降りと同じショックが選手を襲うため、ただでは済みません。
 ですから、ジャンプという競技では、その最大のジャンプをしても平らなところまではいかないよう調整しつつ競技を行なっているのです。
 具体的には一番先にある赤線(以前はPK点と言っており、今はTV解説etc.によるとインジュアリー何とかと言うらしい)辺りまでに全員が収まるようにしています。要はこれ以上は怪我をするライン、ということですね。
 しかもシャンツェによってこの距離には違いがあり、いつもそれに合わせて最高距離(想定)が決められます。ソルトレークのはこれが結構短いようです。
 そこで、まずは全員事前に試技をやり、その後本番直前にテストジャンパーが更なるチェックをします。
 それでも実際には思ったより飛んでしまうことがあり、それが早目に判った時は再度やり直し、となります。早い順番の選手はそれだけきつい目に遭わされるのです。やはり普段から好成績をあげていた方が良いのはこんなところにも出てしまいます。今回のオリンピックのラージヒルでも確か5人位やり直していた筈です。
 飛ぶ距離を変えるにはスタートする位置を上下に変え、滑走距離を変えることで調節しています。

 そうしたわけで、ジャンプでは純粋な意味での世界記録というのがないわけです。但し、ジャンプ台毎にはそれなりにどこまで飛べるかも記録にはなり得るため、バッケンレコード、という名称でそれを表彰しています。
 また、No.1の方も書かれているようにとにかく遠距離まで飛ぼう、というフライング競技、というものがあり、こちらには世界記録もあるかもしれません。
 ただ、これはあまりに危険なため参加も限られているようです。以前日本選手が大怪我をして以後数年を棒に振ったケースもありましたし。

参考URL:http://www.snowbrand.co.jp/jump/rule/
    • good
    • 0

ジャンプ競技はシャンツエ(飛ぶところ)によって当然条件も違いますし、同じ場所でもスタート位置が違いますので単純に比較はできないと思います。


スタート位置は参加しているメンバーがK点を越え過ぎないような条件で決めているようです。
2回飛びますが、1回めに全員が飛びすぎるようだとスタート位置を前にするようです。
ですのでジャンプはあくまでも距離ではなくて得点で競います。
記録としてはバッケンレコードとして残ります。
また、競技としてフライングヒル(K点185m)などというとんでもない競技もあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィギュアスケートのジャンプについて

以前より疑問に思っているのですが、
フィギュアでジャンプする時の軸足は右足の人が多いですよね。
ということは、ジャンプの時に利き足が軸足になっているということですか?

サッカーなどでは、蹴る方の足が利き足になりますよね?
格闘技なども蹴る方が利き足です。

なぜフィギュアでは利き足が軸足なのでしょう?
利き足の方が器用だから、ということでしょうか?
反時計回りが正回転なのもやはりジャンプの回転方向の影響ですか?

マニアックな質問ですみません。
長いことすごーく気になっているので是非おしえて下さい。

これで「単に左利きの選手が多いから」なんて理由だったら、笑っちゃうんですが。

Aベストアンサー

No.1&2です。スピンに関して誤解を招く書き方をしてしまったようです。ごめんなさい。
反時計回りのスピンをするとき左足のインエッジ(親指側のエッジ)で、背中のほうへ向かって滑っているイメージです。右足の場合はアウトエッジ(小指側のエッジ)でやはりうしろに向かって滑っているイメージです。このときエッジの位置は体の中心より左側にあります。いずれにせよスピンもジャンプも真の回転軸は体の中心にあって、頭のてっぺんから串刺しになったイメージです。スピンの練習をするときはまずバックですべる練習から始めるんですよ。

Qフィギュアスケート ペアのスロージャンプについて

こんにちは。質問させていただきたいのはタイトルのとおり、フィギュアスケート・ペアのスロージャンプについてです。ふと、得点について知りたくてwikipediaの「スロージャンプ」のところを見ました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A8%E5%BE%97%E7%82%B9#.E3.82.B9.E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.B8.E3.83.A3.E3.83.B3.E3.83.97.EF.BC.88.E3.83.9A.E3.82.A2.E3.81.AE.E3.81.BF.EF.BC.89
すると、気づいたのですが、スロージャンプに「ルッツ」がありません。
どうして「ルッツ」がないのでしょう。教えてください!

Aベストアンサー

ペアのルッツ・ツイストは見ますが、
スローのルッツは見かけませんね。
ルッツは、通常の回転の選手の場合、左足をバックのアウトサイドエッジにして、右足のトウをついて踏み切るため、
かなり長い助走を必要とします。
しかも、ルッツは、踏み切りまでに描くカーブと逆の方向に向かって回転します。
これが、ルッツジャンプが難しいといわれるゆえんですが、
2人でスピードに乗りながら、この姿勢を保つのは無理があるからではないでしょうか。
踏み切りのカーブと逆方向に投げる、というのも、物理的に無理があるような気がします。
逆に、踏み切りのカーブと同じ方向に投げるスローアクセルなどは、
スピードに乗って、タイミングさえ合えば、スローの力を利用し、より遠くに跳べるわけです。

Qフィギュアスケートは何度ジャンプしてもいいの?

フィギュアスケートは何度ジャンプできるのでしょうか?
ジャンプが失敗したら、それを挽回すべくもう一度ジャンプしたらと思うのですが、そういう選手をみかけません。
ジャンプの回数が決まっているのでしょうか?
それともジャンプは一回の演技で、何回かまでしか採点されないルールなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャンプの回数の上限は決まっています。
また、種類やコンビネーションジャンプとの兼ね合いも
あります。
今シーズンの全日本選手権の男子シングルで、織田信成
選手はジャンプのミスをしたのを後半に取り戻そうと
試みたところ、回数違反になって点数がカウントされない
というトラブルがありました。
(これによって一度は一位のジャッジを受けたのに、
あとから覆され、優勝を撤回されました。)
回数制限に引っかからなければもう一度トライするのは
可能なのですが、実際には演技中に余分な時間はないため、なかなか入れることはできません。
ちなみにショートプログラムは行う要素が決まっており
ます。

QGPファイナルと世界フィギュアスケート選手権

初歩的な質問で申し訳ないんですが、GPファイナルと世界フィギュアスケート選手権ではどちらが位の高い大会なのでしょうか?また、大会を位の高い順に並べると、どのような感じになるのでしょうか?
1.~
2.~
という感じで教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

元フィギュア経験者です。

結論から言って採点方法こそ同じですが、参加資格などが若干異なりますので単純比較は難しいと思います。

グランプリシリーズは一言で言えば世界6カ国(主要国)で行われるフィギュアスケートの世界シリーズのことで、6つの大会はそれぞれアメリカ・カナダ・中国・フランス・ロシアそして日本(NHK杯)で行われます。
そしてこれら大会の上位6選手がGPファイナルに参加する資格を与えられます。ですからグランプリファイナルはそのシーズンを通して平均的な力が最も現れ易い大会だと思っています。
反面、ピークをここに持って来にくいのも事実です。

一方で世界選手権は前年実績から国毎に参加人数が割り当てられ、その中で競われるものですが、一発勝負的な力(集中力)が求められます。
一般にはこちらが世界一を決める大会と称されています。

しかしながら今年はオリンピックなどが開催された年ですので、例外にもれず今年もオリンピック上位者が世界選手権を棄権する事態がありましたので必ずしも最高位を競う大会でなくなってしまったのは残念です。

ちなみに年齢制限はオリンピックと世界選手権でありますが、GPシリーズ(年間を通した大会なので)ではありませんので真央選手が参加できたのはご存知の通りです。

ご参考にして下さいね。

元フィギュア経験者です。

結論から言って採点方法こそ同じですが、参加資格などが若干異なりますので単純比較は難しいと思います。

グランプリシリーズは一言で言えば世界6カ国(主要国)で行われるフィギュアスケートの世界シリーズのことで、6つの大会はそれぞれアメリカ・カナダ・中国・フランス・ロシアそして日本(NHK杯)で行われます。
そしてこれら大会の上位6選手がGPファイナルに参加する資格を与えられます。ですからグランプリファイナルはそのシーズンを通して平均的な力が最も現れ易い...続きを読む

Qフィギュアスケート世界ランクについて

http://www.isufs.org/ws/wsladies.htm
上記のページで、右側にselected international competitionと書いてるんですが、それって何の大会のことですか?教えてください。

Aベストアンサー

世界選手権、オリンピック、ヨーロッパ選手権、四大陸選手権、グランプリシリーズ
これらの大会以外のシニアの国際大会です。

上位の選手がほとんど出場していないのは
上記の主要大会と日程が近く、詰めて出場するほど世界ランキングに意味がないからです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報