御世話になります。宜しくお願いします。
4月に父親がステージ3の食道がん(動脈や器官を巻き込むように浸透していて手術困難と言われた)と大腸がんのステージ2の多重癌が見つかりました。

大腸ガンは転移もないので手術で取りきれたのですが、
食道がんは手術も困難なので、抗がん剤と放射線で治療をしましょうと言われています。

余命は1年はないと言われていて、治療をしても癌の消滅する率は20パーと言われました。

父親は治療はもうせずに家で静かに時を過ごしたいと言っております。(父は病名は知っていますが、余命は知りません)

今、現在、首からの点滴と腸からの栄養のみで過ごしています。(水分は飲める状態です。)
このような状況ですが、在宅医療が希望であるならば家で過ごさせてあげたいと思っております。

先生は口から物が食べられないのに家に帰れないとおっしゃっていたのですが、本当にそうなのでしょうか?
(治療を勧められているので、治療したら食べられるようになるよ・・の意味でおっしゃってくれたんだと思うんですけどね)
在宅で点滴を受けるなどは無理なのでしょうか。

在宅医療について何かわかることがあれば何でも結構ですので教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

訪問看護師してました。


単純に食べられないということだけなら、「在宅中心静脈栄養法」や「胃瘻造設」といった方法で、ご自宅で生活することはできると思います。
通常、医療機関か訪問看護ステーションからの訪問看護+地域の医師の往診体制を組んで対応します。がんの末期であれば、介護保険の認定にかかわらず、医療保険を用いた訪問看護が受けられます。
また、がんの痛みに対して麻薬などで対応しながら、ご自宅で最期を迎える方もおられます。
どちらかというと、今の病院経営としては早期退院が望ましい仕組みになっているので、在宅を勧めない担当の先生には、何かその他のお考えもあるのだと思います。
 ご本人のご希望と、ご家族の皆さんの意向と、医師をはじめとする医療職の治療・ケアの方向性がそろっていくことが大切だと思います。多少時間があるようなので、慌てずに準備してゆくことが大切だと思います。
 病院に医療ソーシャルワーカーさんがいれば、相談に乗ってくださることもあると思います。

参考URL:http://www.zenhokan.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、詳しく説明してくださりありがとうございます。
父の入院している大学病院は訪問看護のようなことをしていないみたいですが、ソーシャルワーカーさんはいらっしゃるようなので、さっそく相談してみます。^^

がんの末期であるなら、医療保険を用いた看護が受けられるのですね^^安心しました。

家に帰りたいと本人も言ってるのですが、お医者様は治療を受けたほうがいいと言っていて、本人も気持ちがその日、その日で違ったりすることもあるようなので、家族もその意見に振り回されているかんじなところもあります。(^^;;

おっしゃってくださったように、慌てずに準備していこうと思います。
とても説得力のあるご助言をくださったことで、少し冷静になれた気がします。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/06/04 20:47

最近、在宅で95歳の高齢者を看取りました。


昨年8月から今年1月までIVHとなり、口からは水すらむせて飲み込めない状態でした。
高カロリー点滴で、退院した時点から、介護度4の在宅治療となり月一回の医師による往診、毎週一回の訪問介護でした。段々に点滴が漏れたり、アラームがなったりということが度重なり、看護師とは24時間体制で連絡も取れ、安心して看護できました。何よりも病院が嫌いで、入院すると帰りたいと暴れたりもしましたので、在宅に切り替えて本人も落ち着き、幸せで立派な最期を家族と共に迎えられました。笑顔で旅立ちました。
お父様の場合は保険者による介護の認定は下りていますか?治療等もあるでしょうからIVHとの兼ね合いで、万一の場合の入院受け入れ体制などが合意されれ病院の管理下にて不可能なことはないと思います。
今、入院されている病院に訪問看護室があるのでしたら、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

点滴をながら在宅治療されている方はいくらでも居られますよ。薬等も一緒に点滴できますので、ただ今後の痛み等のコントロールの点が心配ですね。

医師とも十分に話し合いをなされ、納得いく治療を受けられますように。
どうかご家族と共に心穏やかにお過ごしできますようお祈り申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験をお話頂きありがとうございます。
介護の認定というのはおりていませんが、大腸がんで人工肛門になったので障害者の手帳はもらえるとのことでした。介護認定されるに当たっては、かなり本人は元気ですので認定されないでしょうか・・。

幸い、痛みは全くなくてやせたこと以外はとても元気なのです。トイレや売店にも毎日1人で行っているし、わざわざ待合室にあるテレビを見に行ったりをしていますが、
痛みなどのこともこれから、在宅医療を考えるのであれば
考えなくてはなりませんね・・。

心温まるお言葉を頂き、涙が出ました・・・。正直、父が
癌であることや、余命を言われても受け入れられないでいるので、動揺するだけの1ヶ月を過ごしてまいりました。
nanami2000さんのように体験を詳しく話していただき、
なんだかそれを聞いただけでホッとしてしまいました。

父が望むように、家族が納得できるような時間を過ごしていきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/02 21:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期患者の、一般病棟における入院についてです。効果が出る確率が低い、苦

末期患者の、一般病棟における入院についてです。効果が出る確率が低い、苦しい延命治療をせずに、緩和処置のみの入院は一般にできるのでしょうか。

Aベストアンサー

病院によるとおもいます
私がい通院している総合病院は入院可能です
ただし最後の最後まで出来る限り家での生活を勧められます
緩和処置(モルヒネ)だけなら家でOKですから…
最後の延命処置の有無も確認されます

私がガン末期ですので主治医に確認しました

地域的に他にこのクラスの病院があまりないのでしょうがないのかも…

Q宜しく御願い致します。

宜しく御願い致します。
視力回復のため近いうちにレーシックを受ける予定なのですが
噂で両眼保険が降りると聞いたのですが、御経験ある方で保険屋さん
教えて頂けないでしょうか。

家庭での負担も厳しい、メガネは肩がコリ疲れるし、コンタクトは眼病に成るし
、手術も高額なので出来れば両眼が保障されて自費が半額になるくらいで有ればありがたいのですが。
今後保険も必要なので保険に加入し、レーシック受けたいと考えています。

お手数ですがお解かりの方いらしゃいましたら宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

自分自身が処置を受けたわけではないですが、体験者の方のブログのURLを貼っておきますね。

つ http://lasik-eye.seesaa.net/article/13155967.html

Q末期医療と入院特約

簡保、その他生命保険に加入していて、入院特約をつけていますが、末期がんと診断され本人が自宅での療養を希望した場合、入院しないわけですから、入院特約は無効となるのでしょうか?これって払い損ですよね・・・

Aベストアンサー

がんの保障についてですが、やはり単品の「がん保険」に加入しておくべきだと思います。
何故なら、単品の「がん保険」であれば、がんの保障が充実しているからです。
あなたが、おっしゃる払い損になる可能性は低くなります。

例えば、がん保険大手のアフラックであれば、がんで余命半年(末期がん)と宣告され、自宅で余命を送りたい場合に「在宅末期医療」を受けたときは、一時金として10万円、1日につき5,000円×180日までは給付されます。

また、がんで通院した場合に、「特定治療通院給付金」というのがあり、入院しないで通院だけの場合でも、抗がん剤治療や、放射線治療、ホルモン療法を受けるために通院したときは、通院1日に付き5,000円が通算120日まで受け取れます。

がんに対する保障を充実させるのであれば、特約で付加せずに単品の、がん保険に加入することをお勧めします。

Q医療関係に詳しい方宜しくお願い致します

来週ですが、75歳の父が大腸癌(直腸癌)の手術を受ける事になりました。事前の検査で他の持病も指摘されました。心臓、頸動脈の血管のつまり、元々の糖尿病も指摘されましたが、手術にはOKがでました。合併症のリスクが高いやら色々心配させられる言葉を昨日、先生に説明を受けてきました。どの程度高いのですか?と聞きましたが、とにかく一般の方の何倍も高いと言われるだけで、いまいち納得ができませんでした。致命的になるような事以外は、1%位とか5%以下とかの説明でしたが、血栓が飛ぶ(肺、脳、心筋)梗塞についてがリスクが高いばかりの言葉で・・・具体性がなく本当に心配でたまりません。術中、術後の最悪の合併症の比率が知りたいのです。お医者さんは、まず大丈夫などとは言えないのは分かります。どう急変するのも分からないでしょうし・・・でも経験豊富な医師ならば少しは確率論でも良いから教えてもらいたいです。健常者と持病持ちでは当然リスクが変わるのも分かりますが、それを踏まえてでも結構ですので、教えて頂きたいです。因みに全身麻酔で腹腔鏡手術です(お腹に炭酸ガスを入れるそうです)宜しくお願いします。

来週ですが、75歳の父が大腸癌(直腸癌)の手術を受ける事になりました。事前の検査で他の持病も指摘されました。心臓、頸動脈の血管のつまり、元々の糖尿病も指摘されましたが、手術にはOKがでました。合併症のリスクが高いやら色々心配させられる言葉を昨日、先生に説明を受けてきました。どの程度高いのですか?と聞きましたが、とにかく一般の方の何倍も高いと言われるだけで、いまいち納得ができませんでした。致命的になるような事以外は、1%位とか5%以下とかの説明でしたが、血栓が飛ぶ(肺、脳、心筋)...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)どの程度高いのですか?と聞きましたが、とにかく一般の方の何倍も高いと言われるだけで、いまいち納得ができませんでした。
(A)具体的な数字の提示を求められても、
それは、不可能ですよ。
つまり、そのような統計的数字は存在しません。

(Q)血栓が飛ぶ(肺、脳、心筋)梗塞についてがリスクが高いばかりの言葉で・・・具体性がなく本当に心配でたまりません
(A)理論的に、血栓が飛ぶ可能性があるだけで、
そのような患者を手術したら、何人中何人に血栓が飛んだ……
という統計的数字は、存在しません。

例えば、腹腔鏡手術で、何人中何人が死亡したか
という具体的な数字ならば、統計を取れば数字が出てきます。
その程度の数字ならば、統計を取っている可能性はあります。

しかし、例えば、直腸がんの腹腔鏡の手術で……といように、
細かくなってくると、統計も話が変わってきます。
単に直腸がんと言っても、癌のある場所などで、手術の難易度も
変わってきます。
それを、直腸がんという一括りで論じるのは、正確性に欠ける……
という話になってくるのです。

同じことが、血栓でも言えます。
血栓が飛ぶ可能性がある……ということはわかっていても、
それが、どれだけの確率で飛ぶのか、分らないのですよ。
もしも、それが飛ぶ確率が高いならば、手術はしません。
逆に言えば、ある部位に狭窄があり、血栓がありそうだ……
ということがわかったとします。
では、その血栓が飛ぶ確率は、どれほどか?
ということになると、その患者を「治療せずに」経過観察をして、
「あ、飛んで死んだね」という数を数えろと言っているのと同じです。
薬で治療する場合、血が固まりにくくなる薬を使うのですが、
その状態で手術をすると、出血が止まらなくなるので、
そのような薬を使っていたのでは、手術できなくなります。
なので、血栓を先に治療するとなると、手術しかありません。
となると、それが、手術適用になるのか、どうか、ということになります。
どうしても、先に治療して欲しいとなれば、
治療を優先してもらえる可能性がありますが、
今度は、その血栓治療で、血栓が飛んで死亡する可能性が
できてきます。
となると、軽症例では、手術によるリスクを考えて、
手術の適用にならないのですよ。

このように、そうなる可能性はあるが、具体的な数値はわからない
ということが、医学の世界では、たくさんあるのです。
どうしてそうなるかと言えば、相手が「人」だからです。
命を軽んじて、統計の数字を調査することを優先する
ということは、ありえないのですよ。

(Q)どの程度高いのですか?と聞きましたが、とにかく一般の方の何倍も高いと言われるだけで、いまいち納得ができませんでした。
(A)具体的な数字の提示を求められても、
それは、不可能ですよ。
つまり、そのような統計的数字は存在しません。

(Q)血栓が飛ぶ(肺、脳、心筋)梗塞についてがリスクが高いばかりの言葉で・・・具体性がなく本当に心配でたまりません
(A)理論的に、血栓が飛ぶ可能性があるだけで、
そのような患者を手術したら、何人中何人に血栓が飛んだ……
という統計的数字は、存在し...続きを読む

Q7月から個室に1ヶ月入院して、末期癌の治療を受け、8月に亡くなりました

7月から個室に1ヶ月入院して、末期癌の治療を受け、8月に亡くなりました。
家が凄く貧乏で貯金もありません。
高額医療費の手続きはしましたが、100万近いであろう病院代を一括で払う事ができそうにありません。
そういう場合どうなるんですか?

Aベストアンサー

大きな病院であれば「」または「総合相談室」と言うところがあります。
そこで病院の支払いについて割賦にするという相談ができますよ。

ただ「病診連携室」も「総合相談室」も無い時は事務の責任者(たいてい事務長です)にお話ください。
ないものは取れませんし無理強いも出来ません。

包み隠さずお話になってください。

Q在宅医療用酸素ボンベの料金

母が肺癌になり現在一時在宅看護をしています。看護の中で在宅医療用酸素ボンベを使用していますが、料金は1ヶ月単位で説明を受けています。もし途中で必要無くなっても1ヵ月分の料金を支払わなければ、ならないのでしょうか?

Aベストアンサー

指導管理料ですね。HP探すと結構ありますが、
1割負担で
指導管理料 2,500円
酸素濃縮器 4,000円
携帯酸素ボンベ 880円
呼吸同調式デマンドバルブ 300円
ですね。ボンベの種類で金額に上下があります。
後は、往診だと通常の診察代よりも結構かかりますね。
HOT(在宅酸素)はざっくり言うとレンタル&使用料ですね。
月単位の支払いになるので日割り計算ってわけにはいきません。
なので例えばですが、3月1日に導入になっても、3月30日に導入になっても金額は同じになります。

色々大変ですが、申請したら少しは補助が出る場合もあると思いますので、かかりつけ医に確認してみたほうがいいかもしれません。

とにかく大変だと思いますが頑張ってください!

参考URL:http://www.zaitakusansoryoho.com/hot/h08.html

Q末期ガンで入院してた母がもう病院では治療が出来ず介護老人ホームに緩和ケア入所する事になりましたが、そ

末期ガンで入院してた母がもう病院では治療が出来ず介護老人ホームに緩和ケア入所する事になりましたが、その際担当ケアーマネージャーが入所して一週間は面会しないでくださいと言いました、理由は本人が早く老人ホームに慣れ為だとの事、入院中はずっと付き添って居たのに子供じゃああるまいし、このケアーマネージャーの言葉に強制力はあると思いますか?
因みに、入所する老人ホームには、入所時に一週間は面会しないでくださいと言う規則は無いとの事てます。人それぞれ自由にして下さいとの事でした。普通に考えれば、ホームに慣れるまでは、本人に付き添ってあげて下さいと言うのが当然だと思いますが、皆様のご意見をお聞かせ下さい、お願いします。

Aベストアンサー

ケアマネの言葉は、強制力はありません。
況してや、この入所は末期がんでの入所ですので、家族との面会を規制する事が間違いです。
相談者さんは、ケアマネの言葉には左右されないで、お母さんの面会に堂々と行って下さい。
その時に、ケアマネが何かを言ってくれば「強制はできないはずですので、逆に法的な措置を講じますよ」と強気で言って下さい。
こんな言い方をして悪いのですが、お母さんは残りの時間が少ないです。
そのお母さんとの時間を、過ごす妨害を誰もすることは出来ません。
相談者さんが、出来る範囲で面会をして付き添ってあげて下さい。
例え、1分1秒でも長くお母さんとの時間が過ごせることを祈ります。

Q医療に携わっている方宜しく願います

健康診断とか人間ドックでCT、MRI等
撮るけど

その悪性腫瘍とか病気を見つけるのは誰なんですか?←説明がおかしいですが


放射線科とか?

又は

その臓器の担当の先生方とか?



宜しく願います

Aベストアンサー

こんにちは、医療に携わっていませんが。

画像診断の医師です。大きな病院ですと専門の画像診断の医師がいて、病院のすべての画像を読影して診断をしています。

参考してください。

Q緩和ケアーとホスピスについて 叔父が末期膵臓癌肝臓転移有り 叔父の今入院している病気には、緩和ケア

緩和ケアーとホスピスについて

叔父が末期膵臓癌肝臓転移有り
叔父の今入院している病気には、緩和ケア課が有りますが、娘達はホスピスを選択し
今月11日に別の病院のホスピス転院予定になりました。

私なら、慣れた病院での緩和ケア科を選ぶと思うのですが…
4月半ばから、余命宣告は週単位で考えて下さいと言われていたようです。
叔父は余命宣告を知りません。

ホスピスの方が良いのでしょうか⁉扱いが良いのでしょうか⁉

誹謗中傷はお断り致します。

Aベストアンサー

緩和ケアと、ホスピスケアは共通する部分も多くあります。
解釈や、行っていることも、団体によって微妙に異なると思います。
在宅ホスピスという分野もありますが、緩和ケアの中で、抗がん剤などの方法は用いず、副作用での大きな苦痛を患者に与えないで、緩やかに死に向かうためのケアを行うという意味では、その違いは大きくは無いと思うのです。

また、余命宣告の話ですが…
(私は医師ではなく、病院関係者でもありませんので、そこはご了承ください)
余命、というものは、ある程度の「算式」みたいなものはあるようなのですが、これはあくまでも過去例からの算出であり、精度としてはかなり大まかなものだと言わざるを得ません。
実際に私が知りえたものでも、余命宣告の十倍以上の時間生存された方もいらっしゃいます。
また、その逆ももちろんあります。
ですのであまり拘らない方が良いと思います。

いわゆる「施設型(病院型)ホスピス」は、容体の急変などにも対応は可能だと思います。
扱いというのが、イコール「延命」ということであれば、施設の方が良いと思います。
ただそれだと、患者の精神というか「畳の上で、家族に見守られて」ということからは離れてしまいます。
または、患者さんが自立心旺盛な方であり、共に重度である患者さんたちと共に生きたい、コミュニティーを築きたいということであるならば、そういった施設の方が良いということになるでしょう。

肝心なのは家族、というよりは「患者さん本人」がどう終末を迎えたいのか?という希望だと思います。
そこがまずは最優先であり、家族の希望というものはその次、というのが、ターミナルケアを利用する上での意義であると思います。

緩和ケアと、ホスピスケアは共通する部分も多くあります。
解釈や、行っていることも、団体によって微妙に異なると思います。
在宅ホスピスという分野もありますが、緩和ケアの中で、抗がん剤などの方法は用いず、副作用での大きな苦痛を患者に与えないで、緩やかに死に向かうためのケアを行うという意味では、その違いは大きくは無いと思うのです。

また、余命宣告の話ですが…
(私は医師ではなく、病院関係者でもありませんので、そこはご了承ください)
余命、というものは、ある程度の「算式」みたいなものは...続きを読む

Q膵臓がんステージIVbの患者が受けられる先進医療

膵臓がんステージIVb、肺に遠隔転移有の患者に、受けられる先進医療はないのでしょうか?

父70歳のことですが、
CT,MRI、PET検査をし、
喀痰細胞診で腺癌を確認、肺から直接細胞を採ってくる検査では癌細胞未確認
腫瘍マーカーでは、肺の数値問題なし、膵臓の数値問題あり、
という状態です。

父が知り合いから聞いたらしく、日本で3か所でしかしていない粒子線医療という先進医療を、すっかり受ける気になっています。私が少し調べたところ、遠隔転移の膵癌には出来ないようで、でもあまりにもその治療に希望を抱いている父の様子を目の当たりにしていると、なかなか言い出せずにいます。、近いうちにかかっている先生から知ることになるのは確実なのですが。
膵癌ステージIVbの患者が、他に受けられる先進医療はないのでしょうか?
ないとなるとやはり父の場合は、抗がん剤治療しか手はないのでしょうか?
温熱療法の併用は考えています。食事も、出来ることは実行しています。

8月5日に、初めは肺がんのみの疑いだったのが、原発は膵臓かも?となり、さらに膵臓も含めて検査した結果、19日にこのような話になりました。
非常に進行が早い癌らしいのに、何も治療を始めていないことに、焦りを感じています。

あと、先生が、抗がん剤治療を始めるにあたり、最後の念押しに病理検査をしたいと言っていたのですが、
その話の前に、合併症などのリスキーな前置きをかなり聞かされて、こちらは尻込みしてしまいました。
病理検査は、抗がん剤治療に、必ず必要なものなのでしょうか?
確かに、画像診断などでそう診断されても、病理検査で確証がなければ、抗がん剤治療をスタートするのは、こちらも怖い気はしますが。

先生は、強く抗がん剤治療を進めるわけでもなく、でも何もしなければ、余命は月単位だと言われ、
こちらは、あまり膵臓がんの知識もない中、先生からは、今後の明確な治療方針を示してもらえなかったので、家に帰って自分たちでインターネットで調べて知るという、後手後手になってしまっています。
違う病院に、一度行ってみた方が良いのだろうか?でも抗がん剤治療するなら家から近い病院がいいだろうし..などと、いろいろ考えてしまいます。ですが、悠長にしている時間もないので、気ばかりが急きます。

週明けに、病院の予約は取ってあるのですが、それまでに少しでも情報が欲しくてこちらに質問しました。
ご経験者様、医療従事者様、ご意見やご情報をお願いいたします。

膵臓がんステージIVb、肺に遠隔転移有の患者に、受けられる先進医療はないのでしょうか?

父70歳のことですが、
CT,MRI、PET検査をし、
喀痰細胞診で腺癌を確認、肺から直接細胞を採ってくる検査では癌細胞未確認
腫瘍マーカーでは、肺の数値問題なし、膵臓の数値問題あり、
という状態です。

父が知り合いから聞いたらしく、日本で3か所でしかしていない粒子線医療という先進医療を、すっかり受ける気になっています。私が少し調べたところ、遠隔転移の膵癌には出来ないようで、でもあまりにもその治療に希...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっとわからんしところがあります。
ステージIVと診断されているのに、今更腫瘍マーカーは
意味がないだろうと思います。

重粒子線治療は高価な機械であり日本でも導入例が少ないです。
ですから、他の治療法が少なく、かつ治る見込みの高い患者が
優先されます。

残された戦うための手段は非常に少ないです。
ジェムザールやtsー1などの抗ガン剤しかないでしょう。
tsー1は去年の終わりくらいに他範囲のガンに効果があると
いう治験データが出たような記憶があります。
抗がん剤での治癒確率はほとんどなく、見込みがあるのは
数ヶ月の延命効果だけです。これに対して、個人差はあります
が、大きな副作用が出ることもあります。

戦わないのも手段ではあると思いますが、お父様が戦う意思を
示しておられるのならば家族として支援してあげてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報