外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

皆さんはじめましてAgoMoonと申します。
今回ご質問させていただきたいのは、「根管充填後の痛み」についてです。
現在、左下の奥歯(奥から2番目の歯)を治療中です。
対象の歯は、(根の治療-化膿-根の治療-化膿)を繰り返して来た歯です。
そのため、当時の歯科医院の治療方針になっとくがいかず、転院し継続
治療していたのですが、1度だけ薬を詰める処置を行ったのち特に説明
も無く「根管充填」をされてしまいました。
当然痛みはとれず(というか根管充填時に詰められた段階で既に痛かっ
た)処置から5日経った状況でも鈍い痛みが継続的に出ている状況です。
本日現状の状況を医師に説明したところ、再治療(根の消毒?)は「根管
充填」後は出来ず、後1週間様子を見てだめなら抜歯との説明でした。

私としては自分の歯をなるべく残したいと思っていますが、以下の点に疑
問を持っているため今後の対応の判断に迷っている状況です。
どうか皆さんのご意見お聞かせください。

****** <判断に迷っている点(疑問点)> *****************

(1) 根管充填後の再治療は本当に出来ないのか?

(2) 対象の歯に違和感(鈍い痛み)のある状況での根管充填は正しい処置
  だったのか?

(3) 根管充填を行った歯が実は炎症した状況だった場合、ある程度の時間
  経過で自然に炎症が治まることは考えられるのか? 症状が改善され  る事はあるのか?

(4) 私のような状況で抜歯以外の選択肢はもう存在しないのか?

************************************************************

以上 ご助言お願いいたします。

A 回答 (2件)

 現在、感染性の根治において私の知っている流れは3つあります。

1つは細菌検査をして、陰性である事を確認した上で根充に移るという治療。保険治療の基本はこの考え方です。2つ目は細菌検査をせず、とりあえず根充してしまう治療。検査をする治療法でも擬陽性の場合はこの方法をとりますが、ここで言うものは別で、単なる賭けです。3つめは、一層の感染した歯質を取り除いたら根充するという治療。2に似ていますが、意図的に相しているところが違います。どうせ、根の外にいる細菌には根治の薬剤は届かないのだから、根充してしまい、腫れたら薬剤投与で抑えるという考え方です(当の研究グループは異論を唱えるでしょうが)

[本文]
(1) 根管充填後の再治療は本当に出来ないのか?
 根充に使用する材料や状態にも因りますが、基本的に充分に保存可能な状態であれば、根充後の再治療もできます。もし、根充後の再治療が全く不可能だったら、一度根治をしてかぶせた歯は、全て抜歯しかない事になってしまいます。そうなったら、患者さんの半数以上は抜歯対象者になってしまいます。

(2) 対象の歯に違和感(鈍い痛み)のある状況での根管充填は正しい処置だったのか?
 これについてはなんとも言えません。根の外側の組織の非感染性の炎症であれば、逆に根充して安静にする事によって痛みが消えやすくなる場合があるからです。

(3) 根管充填を行った歯が実は炎症した状況だった場合、ある程度の時間経過で自然に炎症が治まることは考えられるのか?症状が改善される事はあるのか?
 (2)と同じく、非感染性の周囲組織炎であった場合は痛みは消える可能性が高いです。
 実は根治に使用する薬剤は「劇薬」指定を受けています。それほど作用の強い薬ですから、場合によっては「化膿性の病気が治ると、薬を入れる事で痛みがでる」(反応性の歯周組織炎)事があるのです。このとき薬剤を刺激の弱いものに替えると痛みは消えます。(それでも消えず、細菌培養試験も陰性だった場合は根充して安静を保ち、様子を見ます。)
 但し、これは薬剤の注意書きにも書いてない事なのです。つまり経験から判る事で、薬剤の種類が多くない医院では刺激の強い薬を使用し続ける事になり、痛みが消えにくくなります。
 また、反応性の痛みが消えるまでの期間は患者さんによって個人差があり、中には1ヶ月以上痛む場合もあります。
 患者さんにとってはそんな事が判るはずもなく、痛みが引かないと別の歯医者に行って、適当に治療されて、たまたま反応性の痛みが消え、「あぁ、前の歯医者はヤブで、今度の歯医者は名医だ」と誤解する事も結構あります。

(4) 私のような状況で抜歯以外の選択肢はもう存在しないのか?
 (1)~(3)のような事から、特に保存不可能な理由が無い限りは、再根治の可能性はあると思います。もし抜歯以外の選択肢がないとすれば、その理由は「根充後の再治療はできない」ではない筈です。
    • good
    • 1

今回、治療が1回にも関わらず、充填されたということですが、症状や歯の状態を判断してのことだと思います。


そして、今まで治療・充填を3回繰り返して来ておりますが、どうも状態から察するに、残すのは厳しい状況なのではないかと存じます。実際、2か月以上根管治療を行なっても改善が見込めない歯は、残すことが困難な場合が多いです。

これ以上の治療となりますと、歯を内視鏡で見ながら治療方法を探ることになるでしょう。対応できる歯科医院は、「内視鏡 根管治療 地域名」などで検索してみてください。セカンドオピニオンを求め、そのような歯科を受診しても宜しいのではないでしょうか。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q根充後の痛みが続いています

神経を取り、根の治療中も全く問題はなかったのですが
土台を作って歯が入ってから噛むと痛みが出て鈍痛も続いたので
再治療してもらった歯がなかなか治らずにどの歯医者でも
抜歯と言われましたが、
現在通っている歯医者さんで根の治療を毎日のように行なってもらい、
治療も痛く治療が終ってからもものすごく痛かったのですが、
7回くらい根の治療をしていただいて、徐々に痛みが和らぐとともに
先生も「治ってきた」と言いました。
自分的にはまだ少しその時痛みがあって先生もちょっと膿みが出てると言っていましたが、多分なのですが細菌の検査(液体をかけ泡で
判断する検査?)のようなものをして
良かったようなので根充をすることになりました。
私的にはもう一回くらい薬を入れてもらいたかったのですが
先生は治ってるのにやっても仕方ないから根充すると言っていました。

根充してとても痛みが出ましたが、
先生が一日くらいで治まると言っていましたが、
一週間経った今も痛みは取れません。
土台を作ることになっていたのですが
2月まで様子を見ると言うことになりました。
また根の治療は出来るとは言いますが、あまりないことだと言って
先生の態度には消極的なものを感じました。

かなり大変だった根の治療だったと思いますので
根充後の痛みはだいぶ続くのでしょうか。
先生は三週間様子を見てどうするか決めるとおっしゃってますが
その期間で妥当でしょうか。
このまま様子を見れば治るものなのか、それとももう少し
根の治療をするべきだったのか分からなくなってしまっています。
先生は治ったのだから抜歯はしなくて済んだ、薬が吸収され
後は体力でどうなるかということをおしゃっていました。

根充してすぐの痛みより3日程で痛みは徐々に和らぎましたが
現在は常にある鈍痛と、歯をぎゅっと押さえたりすると痛いのと
骨に響く痛み(後頭部をトントン叩いたり激しい運動など)
で安定してしまって痛みが良くならないのでとても不安です。

長くなり、稚拙な文章ですがご回答いただければ幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

神経を取り、根の治療中も全く問題はなかったのですが
土台を作って歯が入ってから噛むと痛みが出て鈍痛も続いたので
再治療してもらった歯がなかなか治らずにどの歯医者でも
抜歯と言われましたが、
現在通っている歯医者さんで根の治療を毎日のように行なってもらい、
治療も痛く治療が終ってからもものすごく痛かったのですが、
7回くらい根の治療をしていただいて、徐々に痛みが和らぐとともに
先生も「治ってきた」と言いました。
自分的にはまだ少しその時痛みがあって先生もちょっと膿みが出てる...続きを読む

Aベストアンサー

状況によって原因もこれからの経緯も大きく変ってしまうので、予想は難しいです。
特に治療に苦労した場合はその可能性も大です。

完全に原因が取り除かれていない場合もあります。この事を考慮して「また治療ができる」と言ったのではないでしょうか。
歯の根の治療は大きな神経組織に直接触れる処置です。だから痛みが出ないほうがおかしい。
歯医者は様々な方法を駆使して痛みが出ないようにしているのです。
その方法は原因によって処置法も様々なので、原因と処置が合わなければ痛みが残ります。

また、根の治療の最後は健全な神経の直前までクスリを入れるので、その圧力で痛みを出す事があります。
これは皮膚に傷を負ったときの痛みや、消毒薬を塗ると痛むのと同じ痛みです。この痛みは神経組織が変性して痛みを感じなくなるまで続きます。
皮膚の切り傷でも、クスリの塗りたては痛んでも時間とともに痛みが消えるように、根の治療でも次第に痛みが消えるのが通例です。
この場合、あまり処置を続けることはカサブタを剥がすのと同じで買ってよくないので、暫く時間を置いて経過を見ます。

その他様々な情報の分析のために経過を見るといったのでしょうから、もう少し言われたとおりにして見ましょう。
もし症状に変化があったらすぐに連絡しましょう。

状況によって原因もこれからの経緯も大きく変ってしまうので、予想は難しいです。
特に治療に苦労した場合はその可能性も大です。

完全に原因が取り除かれていない場合もあります。この事を考慮して「また治療ができる」と言ったのではないでしょうか。
歯の根の治療は大きな神経組織に直接触れる処置です。だから痛みが出ないほうがおかしい。
歯医者は様々な方法を駆使して痛みが出ないようにしているのです。
その方法は原因によって処置法も様々なので、原因と処置が合わなければ痛みが残ります。

...続きを読む

Q根管治療で、仮詰め→数日後激痛→開放の繰り返し

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われたため、
次の予約を待たずに飛び込み受診、再び開放され、今に至ります。

仮詰めするときは、根管を洗浄して無菌状態にして塞いでいる、と説明を受けましたが、
2~3日という僅かな間に再び膿が溜まるということは、バイ菌を取り切れていないまま
塞いでしまっているということなのではないでしょうか?
そうではなく、どこかからバイ菌が侵入して炎症を起こしているのでしょうか?

今後の見通しを聞いてみると、状態はかなり悪いと言わざるを得ず、
最悪抜歯になるとのことでしたが、
現状のように、仮詰めしては激痛を繰り返す(開放中には痛みがない)のは、
いったい何が原因なのでしょうか?

15年ほど前に神経を抜いた奥歯が最近痛みだし、歯医者を受診しました。
根の奥に膿が溜まっているのが原因とのことで、被せ物を外して中の膿を出したところ、
劇的に痛みが収まりました。
その日は開放のままとし、翌日、仮詰めをしました。

次の予約は5日後だったのですが、2日目から痛みだし、我慢できなかったため、
3日目に飛び込みで受診したところ、再び開放にされました。

開放された翌日には痛みがなくなり、3日後に再び仮詰め。
その4日後に痛みだし、5日目にはロキソニンが効かないほどの激痛に襲われ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の歯の状態は急性化膿性根尖性歯周炎と思われます。人によっては7日~1

0日痛みが続く場合がある歯科の痛みでも痛い方に分類されます。文章から考

えられる不適当なことは歯科医の治療は妥当であるが排膿のため開放した後、

次回までの予約期間が長いことです。急性であるから慢性時のような排膿はな

く状態収まるまで2~3日毎ガス排除させる必要性があります。慢性の状態にな

ると切開排膿しやすくなり一段と落ち着くと思われます。今は根管内の圧高ま

っては開放するという悪循環になっていると思われます。組織変性抑えるとと

もに口腔外科で入院切開ならないよう抗生剤の投与が必要で重篤にならないよ

う早期に対処することが望まれます。仕事も大事ですが歯科医が望む治療日で

治療されるのが悪化しない方法と思われます。

Q歯の根管治療中の痛みが消えない。

今、歯の根の再治療中です。
再治療を始めてからもう1ヶ月以上経つのですが・・・・
痛みが消えないんです。医師はもう中はキレイになっていて問題ないから歯の中の痛みではなく歯根膜の炎症だと言っています。
それも細菌性の炎症ではなく、治療における刺激によるダメージでの炎症だからあとは自然治癒力に任せるほかないそうなんです。ちなみに、顕微鏡を使って治療をしてくれている医師なので・・間違いないとは思うのですが・・
でもこの痛み、交合痛のようなかみ合わせた時に痛むとかっていうなら我慢できるんですけど・・何もしてなくても
ず~っとズキズキしてるんです。そんなわけで何をしていても集中力が続かずイライラと不安が募るばかりです。
同じようなけ経験された方いらっしゃいますか?
もう抜歯しかないのでしょうか?
辛いです。

Aベストアンサー

1ヶ月以上痛いのはつらいですね。
私の考えでは原因は2つ考えられると思います。
1つは治療中の歯の歯の根の治療が不十分である事。
治療中の医師が言っている歯根膜炎も根管治療によって直る事が普通です。又奥歯のときは根管の数が普通の歯より多いときに見逃しも考えられます。

もう1つは他の歯が原因の時です。
歯の神経は上下前後の歯は同じ神経が枝分かれしています。このため1本の歯が痛くなってその歯の治療を始めても、前後上下のほかの歯が悪いときに治療中の歯が痛く感じるときがあります。特に奥歯では間違う事が多いと思います。
この時の判断基準の一つとして、治療中の歯を指で軽くたたいて、あまり響(痛み)かなければ他の歯の原因の可能性が高いと思います。

どちらにしても他の歯医者さんに行くのもいいと思います。

田舎歯医者

Q根管治療後、また歯茎が腫れてきた

先日根管治療を受けました。普通なら根元に膿が溜まるそうですが、私の場合は根の横に膿が溜まり、レントゲン写真では黒い袋状になっていました。根っこを消毒して一週間後、腫れも痛みもひいたので、そのまま充填となりました。歯科医の説明では、まず袋部分にヨウ素を注入し、それから充填したとのことです。ヨウ素は体に吸収されるので、大丈夫とのことでした。また治療後レントゲン写真を見たところ、黒い袋部分はなくなっていました。治療後歯が非常に痛くなってきましたが、翌日には治まり安心していたところ、4日後には少し顎が腫れてきました。歯茎も痛痒いです。これはヨウ素のせいなのでしょうか。歯医者に相談して抗生物質で治るものなのか、再度根の治療をしないといけないのかご回答いただけると有難いです。

Aベストアンサー

根の治療は、完全に無菌状態にすることは困難ですし、それを確認する方法はありません。
なぜなら、細菌は骨の中に残存し、治療は根の先の非常に細い穴から行なわれるからです。
骨の中に残存する細菌が完全になくすには患者さんの自己免疫力に頼らざるを得ません。

そのため、骨の中の細菌まで取り除くには開窓手術や歯根端切除術などしかありません。(といっても成功率は100%ではありません)
しかし、この手術は患者さんにとっても大きな負担を強いるので、積極的な歯医者と消極的な歯医者に別れているのが現状です。
消極的な歯医者では、抗生物質の投与によって内科的に治癒を促す人が多いようです。
(別に積極的が良く、消極的が悪いと言うのでもありません。それぞれに長所短所があり、リスクが伴うからです)

内科的処置を続ける
内科的処置で行なって、予後不良なら外科的処置を行なう
最初から外科的処置を行なう
どれを選択するか決めるのは患者さん自身です。
内科的処置を優先する歯医者であれば、外科処置を選択すれば転医をうながすか、大学病院などの口腔外科を紹介するでしょう。
これは医者で内科から外科に紹介するのと全く同じです。
なので、この辺の所を担当医と良く相談して決めて下さい。

腫れたのがヨウ素の成果は判りません。
ただ、薬が効けば細菌が死に、その量が多ければ細菌や汚染組織が膿になるという経過は有り得る事です。
従って、残存した細菌が再繁殖しても症状が悪化しますし、薬が良く効いても一時的に症状が悪化する事はあり得ます。
これも担当医が判断するしかないでしょう。

根の治療は、完全に無菌状態にすることは困難ですし、それを確認する方法はありません。
なぜなら、細菌は骨の中に残存し、治療は根の先の非常に細い穴から行なわれるからです。
骨の中に残存する細菌が完全になくすには患者さんの自己免疫力に頼らざるを得ません。

そのため、骨の中の細菌まで取り除くには開窓手術や歯根端切除術などしかありません。(といっても成功率は100%ではありません)
しかし、この手術は患者さんにとっても大きな負担を強いるので、積極的な歯医者と消極的な歯医者に別れている...続きを読む

Q歯の神経を抜いた後の痛み

20日前に下の歯の神経を抜きました。その後痛むんです。
激痛ではなくうずく感じで、特に夜が痛いです。
ここ最近では昼間もかみ合わせたときは痛いです。

神経を抜いた後、5日~7日ペースで消毒と薬をつけてもらっていまして、器具をグリグリするのですが、
やはり奥の方へ器具が入ると、
「ズーン」とした痛みがあります。
4回の消毒・薬つけをしています。

歯科医の話では、かさぶたが残ってる為少し炎症してる。薬が合わない時がたまにある。とのことなので、
様子を見たり薬を変えたりしているのですが・・・・

器具を入れたまま再度レントゲンも撮りました。
レントゲンで見える範囲の神経もちゃんと取れている様なのですが。

激痛ではないけれど気のせいではないし、このまま痛んだまま治療が進むのもイヤだなぁと思います。
(今はフタをしている状態)

神経を取っても痛いことがあるんでしょうか?
この場合、今後どのような治療になるのでしょうか?

教えて下さい。よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

こんにちは。
私も一週間前、前歯の神経を抜いたんですが、全く同じ症状が出てます。
痛みが完全に引かず、毎日不安で、お気持ちがよくわかります。
治療方法ではないので、以下、参考にならなかったらごめんなさい。

神経を抜いた当日の夜は薬も効かず、夜ピキピキ疼いて眠れませんでした。
神経をいじったので痛むとは聞いていたのですが、それから痛みがあまり引かず、痛み止めも効かなかったので、今は2~3日ごとに掃除→薬を替えて交換(もう3回目)してもらってます。
私も歯の根元の炎症が長引いていると言われました。歯茎の根元も少し腫れてます。
(1)夜うずく(2)歯の方へ器具が入ると、まだ「ズキン」として響く痛みがある。この症状はまだ炎症が治まってないか、神経の取り残しではないかと思います。
根幹治療が不完全だと、数年たって腫れたり、最悪の場合歯自体を失ってしまいます。知人はレントゲンで神経の取り残しを見落とされ、鼻まで腫れ歯茎を切開して膿を出しました。また、別の知人は、治療後も根っこが膿み歯の根元自体がだめになり、抜歯し、結局両隣の健康な歯も削ってブリッジになりました。もし最初の根幹治療が上手く行っていたら、歯を失ったり、健康な歯を削ることはなかった筈です。
そうならないためにも痛みが引くまで、とことん治療してもらうべきです。

また、私の場合、他の要因もあるため、先日、大学病院へ行きました。
1ヶ月経っても痛みが残る場合は、マイクロスコープで見てくれるとのことですので、そうする予定でいます。あまりに長引く場合は、設備の整った病院へ行ってみるのもいいと思います。
治療費等高額になりますが、やはり歯はお金には変えられません。

こんにちは。
私も一週間前、前歯の神経を抜いたんですが、全く同じ症状が出てます。
痛みが完全に引かず、毎日不安で、お気持ちがよくわかります。
治療方法ではないので、以下、参考にならなかったらごめんなさい。

神経を抜いた当日の夜は薬も効かず、夜ピキピキ疼いて眠れませんでした。
神経をいじったので痛むとは聞いていたのですが、それから痛みがあまり引かず、痛み止めも効かなかったので、今は2~3日ごとに掃除→薬を替えて交換(もう3回目)してもらってます。
私も歯の根元の炎症が長引い...続きを読む

Q神経を抜いた歯がしつこく痛いんです

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をかけてふたをしました』と言う事だったのですが、途端に痛みが激しくなり、神経を抜きたての頃のような痛みに悩まされています。
昨日、たまらずに歯科医院に行って、状況を説明し、「当たっていて痛むのだろう」と詰め物を削って当たらない様にして貰いました。

しかし本日になっても痛み止めが切れるとズキズキして目が覚めるほどの痛みで、豆腐すら噛めません。
食事は治療してない側でこわごわ噛むと言う状態です。

1.原因はなんでしょう?
2.もうしばらく様子を見るべきでしょうか?
3.思い切って転院してみた方がよいでしょうか?

通っている歯科医院はずっと診て頂いていた先生に代わり、先生の息子さんが後を継がれていて、私は若先生に見て頂いています。
その辺りで不安もありつつ、あまりに痛むので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をか...続きを読む

Aベストアンサー

歯の神経を抜いた場合(抜くといってもコンセントを抜くようにスッと抜けるわけではなく、根の先の部分で引き千切る様な状態です)

傷が出来るわけで、その周りが炎症を起こし、歯が響く様になります。が、通常1週間程度でましになります。

2ヶ月近く経つのに豆腐すら噛め無い様な痛みがあるのは、異常です。他に原因が有るのではないでしょうか。

神経を抜くようになった原因は虫歯ですか?

医療には限界があり、絶対もありませんが、他のDrが治療すれば(Drそれぞれに技術も経験も違うので)あっさり直るかもしれません。

今の痛みが続くようなら転医もやむなしです。

Q歯医者で神経抜きましたが、これは普通?

歯医者で神経抜きましたが、これは普通?

結論から言うと神経を抜いて2日目、時間にして24時間位しかたっていません。

1日目
 部分レントゲンを撮影
 神経を取らないといけないか、取らずにすむかギリギリの虫歯っていう事でした。
 実際に削ってみたら、やはり神経と取らないとキビシイとの事で神経を取りました。
 最後に神経部分?の洗浄+消毒?みたいなのをして、綿をつめて終了でした。
2日目
 今日は消毒した部分を再度洗浄して、消毒?みたいなやつをして再度綿をつめて終了。
 「明日は塞ぐから」っていうことでした。
 
まだ痛みがあるかもしれないと言われ、ボルタレンをもらいました。

1日目は麻酔が効いていた事もあるのか、特に痛みも感じず、夜に少し痛い程度でした。
2日目午前中に治療が終わって昼ご飯食べているときに、噛むと痛みが走ります。
グッっと噛むとズキーンって痛みが走ります。
 スタッフの方は、しばらく痛いかもしれませんが、段々と引いてきますという風にいってくれてます。


普通、神経抜く治療をした場合、どれくらいの期間痛みがあるものなのでしょうか?
個人差があるとは思いますが、宜しくお願いします。

※文書が結構デタラメですみません。
 

歯医者で神経抜きましたが、これは普通?

結論から言うと神経を抜いて2日目、時間にして24時間位しかたっていません。

1日目
 部分レントゲンを撮影
 神経を取らないといけないか、取らずにすむかギリギリの虫歯っていう事でした。
 実際に削ってみたら、やはり神経と取らないとキビシイとの事で神経を取りました。
 最後に神経部分?の洗浄+消毒?みたいなのをして、綿をつめて終了でした。
2日目
 今日は消毒した部分を再度洗浄して、消毒?みたいなやつをして再度綿をつめて終了。
 「明日は塞ぐから...続きを読む

Aベストアンサー

神経は徐々に死んでいくらしく、私も3日ー4日痛み、相談者さんと同じく噛むとズキーンと痛みがありました。私の場合、最初の処置で神経を抜いてもらい、そこからほぼ1週間おきに治療が続いて1月ぐらいかかりました。友人は、神経抜いてから最終の詰め物までけっこう早かったみたいで、神経のない歯のはずなのに半年たっても痛み、別の歯医者さんで調べた結果、詰め物の中で炎症おこして膿がたまってたそうです。あまり早い処置も良し悪しみたいです。

Q神経治療後、脈打つような拍動を感じる

神経を抜いた時も、なかなか痛みがとれず、銀歯をかぶせるまでに
1年ほどかかりました。
その約1年の間は、消毒等で週に1回ほど、根気良く通い続けました。

それで、やっと痛みもなんとか治まり、無事治療を終えて、半年ほど経ちます。

ですがここ1、2ヶ月、特に夜(寝ようと思い布団に入った時など)に、
治療した銀歯の部分に、中から押されているような圧迫感と
脈打つような拍動を毎日感じます。

これは、誰でも感じる症状なのでしょうか?

上記の症状があるものの、痛みは感じません。
中から押されているような圧迫感のせいか、
中で押しているものを出してほしいというか、突いてほしような感じです。

痛みがないので、一時的なものなのかなと思い、様子をみてきたのですが
即歯医者に行った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

治療の内容がはっきりしないので、断言は出来ませんけど・・
治療中に、なぜそうなっているかの説明はなかったんでしょうか?
麻酔して神経を取ったのであれば基本的に根は非感染なので、出来るだけ早く密閉するのが基本です。出ないと感染させてしまうからです。
感染した根の場合は、消毒するので時間がかかります。いずれにせよ説明義務があるので、説明されていなければなんで一年もかかったかが分りませんね。

一つだけ確かめたいのは、根の長さを測定したかどうかです。
治療中にピーとか音の出る器具を使ったでしょうか?あるいは器具をさしたままのレントゲンを撮ったでしょうか?
何かしらの方法で根の長さを計ったかどうかは重要になります。

鼓動にあわせた痛みを感じる多くの場合は血管を傷つけているか、健康な組織を傷つけているということです。
可能性は幾つもありますが・・
長さを測定していない場合は、器具が根を突き抜けて、周囲の組織を傷つけている事が考えられます。
も一つは逆に先端までキチンと治療できていない場合です。この場合は神経が残ってしまう事になります。
これに近いもので神経が枝分かれしている場合があります。
いずれの場合も治療しようとすると痛みを感じる事が多いです。また傷を治すために血液が集中するのでドクッドクッという痛みが出る事があります。組織をキスつけたり反応が強いと、きつい痛みになる場合が在ります。

麻酔して生きている神経を抜いた場合は、神経は生きているので傷つけば直そうとする作用が起きます。
ですから通常であれば痛んで当たり前なんです。
歯医者はそれを痛まないようにしているだけですから、人によっては痛む場合もあります。
「痛む治療は腕が悪い」などと言っている歯医者はこの仕組みを知らない者です。
しかし、通常の場合は長い人でも1ヶ月ほどで消えて行きます。
多少反応の激しい人でも消炎鎮痛剤で軽減する事が多いのですが、歯医者の中には極端に薬に頼る事嫌う者が居ます。なかには薬を出す事が未熟だというものまでいるので気をつけましょう。

化膿している歯の治療では長くかかる場合もあります。特に血糖値が高い人や、他に蓄膿などの可能性疾患を持っている人、傷口がすぐに化膿する人は体の抵抗力や自然治癒力が低いので長く罹ります。
また酒や甘いもの好きな人も、当分は体の抵抗力を下げるので注意が必要です。

案外治療に一生懸命になってしまうと、治癒過程での痛みを消そうと、何度も治療を重ね、逆にその刺激で痛みが続くこともあるんです。だからそれは未熟といえば言えますが、判断の難しいところでもあるのです。

断言は出来ませんが、現状は内圧が高まっていると思われます。
担当医が処方を出さないのであれば、他院に行くしかありません。
同じ歯医者であれば根の治療代は支払わねばなりませんが、土台から冠のセットまでは2年を経過していないので無料となります。(自費を請求すること、自費治療を強要する事は違法行為です)

ただ個人的意見として、治療内容の説明が無い、根の長さを測定していないということであれば転医する方がイイと思いますけど。お金の問題より治療内容でしょう。

治療の内容がはっきりしないので、断言は出来ませんけど・・
治療中に、なぜそうなっているかの説明はなかったんでしょうか?
麻酔して神経を取ったのであれば基本的に根は非感染なので、出来るだけ早く密閉するのが基本です。出ないと感染させてしまうからです。
感染した根の場合は、消毒するので時間がかかります。いずれにせよ説明義務があるので、説明されていなければなんで一年もかかったかが分りませんね。

一つだけ確かめたいのは、根の長さを測定したかどうかです。
治療中にピーとか音の出る器具を使...続きを読む

Q歯の根に膿 抗生物質・痛み止めが効かず困っています

10年以上前に治療した右下の奥歯(神経を抜いて銀歯を被せてあった物)が先週木曜日からズキズキ痛み始め、我慢できない状態になったので、月曜日に受診しました。
レントゲンをとった所、神経をとった歯の根っこに膿がたまっており、隣の歯の根っこまで及んでいるとの事だったので、被せ物を取り隣の歯も神経を抜いて、切開をし膿を出す処置をして頂きました。(歯茎が化膿しているので麻酔も治療も非常に痛く、涙が出るほど痛かったです)
翌日、消毒との事で再度受診、麻酔無しで針金の様な物をぐりぐりされて終了しました。
現在もガス?を出す為、次回の診察(お盆明け16日)まで空けてある状態との説明を受け、治療は終了しました。

初日に痛み止め(ロキソニン)と抗生物質(レフトーゼ・フロモックス)を処方して頂き、服用しています。

翌日の受診時に痛みが治まらず、首のリンパと頬がはれている事を伝えると、抗生物質は2日たたないと効かないので、2・3日すれば痛みは治まるでしょうと言われました。
(明日からお盆休みに入るので、抗生物質とロキソニンを追加で出して頂きました)

薬を飲み始めてから2日が経過しますが、痛みが落ち着く所か酷くなっていき(脈打つ様な激痛)、ロキソニンも3時間しか効かず我慢が出来ません。
夜も薬がきれると激痛で目が覚めてしまいます。
頬の腫れも酷くなり、おたふく風邪の様に腫れあがり痛みがあります。

こちらの薬を飲み続ければ、本当に痛みは治まるのでしょうか?
時間が経つごとに酷くなっていく様な気がしてとても不安です。

痛みのあまり支離滅裂な文章で申し訳ありません。
歯科医療従事者の方、同じ様な痛みの経験者の方のアドバイス・ご意見宜しくお願い致します。

10年以上前に治療した右下の奥歯(神経を抜いて銀歯を被せてあった物)が先週木曜日からズキズキ痛み始め、我慢できない状態になったので、月曜日に受診しました。
レントゲンをとった所、神経をとった歯の根っこに膿がたまっており、隣の歯の根っこまで及んでいるとの事だったので、被せ物を取り隣の歯も神経を抜いて、切開をし膿を出す処置をして頂きました。(歯茎が化膿しているので麻酔も治療も非常に痛く、涙が出るほど痛かったです)
翌日、消毒との事で再度受診、麻酔無しで針金の様な物をぐりぐりされて...続きを読む

Aベストアンサー

痛みの具合はいかがでしょうか?
治療されている歯は穴を仮封材で塞いでいるのでしょうか?
薬は次の受診日までもつのでしょうか?

痛みは2,3日目にピークを迎え徐々に症状がなくなると思います。
前日より痛みが増えて苦痛でしたら診てもらった方が良いかも知れません。
薬を代えたり投与量を増やしたり痛み止めの服用を頓用でなく内服に切り替えたりできます。
歯科医院にもよりますがレーザーを照射したり点滴をする事もあります。

痛いのを我慢するより少しでも痛みをとってもらったほうが良いと思います。

Q根管治療はどのくらいで終わるか

今、親知らずの下の歯の根管治療を行っています。
大きく欠けて、中が大分痛んでいたので、神経を抜いて、かぶせ物をしましょう、ということになりました。
5回目の治療のときに、
「次回状態がよければ、根っこの治療を終わりにして、最終段階の治療をし、かぶせ物をしましょう」
との事だったのですが、つい先日6回目の治療で、歯を叩かれたときに響く感じがあり、詰め物を取って、根の掃除をするときも、まだ痛みがあり、担当医も「これで痛みがありますか…」という感じでした。
神経の治療で、麻酔もかけて治療しました。
治療の最後に、「根っこは大分綺麗になっているので、後は痛みの症状が出なくなれば終わりなんですが・・・」と歯切れが悪く、
「次回症状が続くようなら、仮にかぶせ物をして、次の歯の治療に移りましょうか」という話になりました。
神経の掃除がかなり終わっているのに、痛みが残るというのはどういう原因が考えられるでしょうか。
また、個人差もあると思いますが、どのくらいかかるものなのでしょう。
お分かりになる方、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

 抜髄後の根治は通常1~2回です。しかし叩いた痛み(打診痛)や何もしないのに痛む(自発痛)がある場合は、どこかに炎症が起きている事を示唆するので、先に進む事は難しいです。

 治療中も痛いということであるなら、第一に考えるのは「側枝・分岐」です。これらはメインの神経の脇から大根の髭根のように細い神経が伸びているものを側枝。神経が根先付近でマングローブの根のように枝分かれしているのを分岐と呼びます。 この事を考慮せずに治療を進めると歯を支える歯根膜という組織が炎症を起こし、痛みが続きます。
 治療法としては、薬剤処理をして様子を見るか、根充まで進めて安定させてから暫く様子を見ます。

 次に考えられるのは、根尖外への侵襲です。治療中「ぴっぴっ」という音がしませんでしたか?このほかにも何らかの検査をして根の長さを測り、「何mm」と言ってませんでしたか?
 根の長さを測っていれば、あまりこのケースは無いのですが、測定せずに根治を進めると、根の先から器具が飛び出し、周囲の組織を傷つけてしまう事があります。この場合も噛んだり叩いた場合に痛みが出ます。

 あと、大きな原因と考えられるのは術後感染です。
大きな虫歯では神経が活きていても感染を起こしている事があります。この場合、抜髄後に感染根管になる事があります。
 これは細菌培養試験をする事で、ある程度は確認できます。保険では抜髄後の培養検査を認めていないのでやらない歯医者が多いのですが、確認の為にも必要です。

 このほかにも原因はありますが、良くある原因はこの三つです。

 仮に根充して様子をみるのも一つの方法ですが、仮の蓋だけにして、金属などをかぶせるのはやめて貰いましょう。噛み合わせまで回復させてしまうと、それが原因で痛みが消えない事がありますから。

 抜髄後の根治は通常1~2回です。しかし叩いた痛み(打診痛)や何もしないのに痛む(自発痛)がある場合は、どこかに炎症が起きている事を示唆するので、先に進む事は難しいです。

 治療中も痛いということであるなら、第一に考えるのは「側枝・分岐」です。これらはメインの神経の脇から大根の髭根のように細い神経が伸びているものを側枝。神経が根先付近でマングローブの根のように枝分かれしているのを分岐と呼びます。 この事を考慮せずに治療を進めると歯を支える歯根膜という組織が炎症を起こし、...続きを読む


人気Q&Aランキング