こんにちは。はじめまして。私は24歳の普通のOLです。
もし専門家の方がおられましたら、是非ご回答頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

昔見た風景や、体験した事、なんとなくボーッと考えていた事がふとした瞬間に
思い出されるのです。これは一体どういう心理状態なのでしょうか?
ソウマトウというほど、沢山頭の中で巡る訳ではないのですが、何か共通する
ものがあるような気がして心配です。死ぬんでしょうか?

ふとした時とは、決まってこんな時というのはなくて、まちまちです。
ふとした時に昔の風景などを思い出すのはよくある事なのは私もよくわかります。
ただ、今までとは何かが違うような感じがするので、ご相談させて頂いております。
何が違うのかは、上手く説明できないのですが、今までそういう時に
思い出しもしなかった風景を思い出す。思い出す頻度が激しい。
というところでしょうか。思い出して、別にイヤな気分になる訳ではありません。
むしろ、仕事で行き詰まっている時なんかは、癒されます。

これは私の推測なのですが、ちょうど、このような症状が出始めたのが
今の仕事を始めた頃です。この仕事というのは、一生やっていきたい仕事をやっと
見つけられた。と思い、今仕事を通じて勉強中なのですが、
学生の間全く勉強をしてこなかった私にとって、今までで一番頭を使っている
のではないかなぁ。と感じています。
今まで使われなかった脳が今フル回転して、パニックを起こし、情報を
どこにどうしまうのかに迷い、このような症状が起こっているのでしょうか?
それともこれは、何かの前触れなのでしょうか?

A 回答 (3件)

 


  わたしは心理学の専門家ではありませんが、臨床心理なら、幾らか分かります(また、分からないものは、無責任なことをいうのは避けます)。
 
  >昔見た風景や、体験した事、なんとなくボーッと考えていた事がふとした瞬間に
  >思い出されるのです。
 
  これは、ご自身も仰っておられるように、ごく自然なことで、誰でも経験しますし、毎晩夢のなかで起こっていることは、こういう過程です(もっと多様ですが)。問題は、そういう経験をすることではなく、そういう経験に「注意が向く」、また「今までとは何かが違うような感じがする」、あるいは「何かの前触れなのでしょうか?」このように感じられ、考えられることが問題になります。
 
  勿論、生活環境が大きく変化すると、これまでは何気なく見過ごしてきたことが、意識の前面に出て来て気にかかるようになるというのは、一般によくあることで、特に、気にすることでもないと言えます。
 
  意識と無意識のダイナミクスから言えば、あることに意識的に集中していると、ふと意識が当面の課題から少し焦点をずらすと、その隙間に、進行している無意識の過程が入り込むことがあります。例えば、非常に多忙で、休みが取れない仕事をしている場合、この仕事が終わったら、温泉に行ってゆっくりしてとか、あの小説をお菓子を食べながら自由に読みたいとか、長く故郷にも帰っていないので、この仕事が終わったら帰省してみようとか……色々な想念が流れ込みます。
 
  無意識の運動は絶え間なく続いていますので、意識が無意識の流れをそれとなく感じつつ日々を過ごしている場合と、意識的課題に集中している場合とでは、無意識の流れの感じ方が違って来ます。意識的課題に集中していると、何か、その場に関係のない、エピソードのように無意識の活動内容が意識に流れ込みます。意識や自我は、当惑感を覚えます。いま起こっていることは、こういうことなのかも知れません。
 
  意識と無意識のダイナミクスでは、無意識は意識に対し「補償的」に機能することが多くあります。意識が、意識の課題に集中していると、無意識は、「そんなに、そのことに集中しないで、もっとのんびりと、別のことを思ってみてはどうですか? 例えば、こんなこともありましたね」というような感じで、当面の課題と一見関係のない情景を提示することがあります。「意識全体を広い状態」にという心の原理から、こういうことが起こるとも言えますし、現在の課題を、「もっと大きな、広い視野から眺めてみては?」と無意識(の貴方)が、自分に提案し、自分で自分をよりよい方向へと、模索している可能性もあります。そういう情景などが出てくると「癒される」というのは、意識が集中課題で喘いでいるのに対し、ここで「休息」を、ということで、「ほっとした思い」が導き出されるのだとも言えます。
 
  意識が、課題に集中し、それに熱中しているとか、困難に直面してどうしようと困惑する場合、無意識の方で解決のヒントや、慰めや、色々な可能性を提示してくれます。この心の働きに敏感であるかないか、年齢や状況や機会、時運(カイロス)によって色々なようです。
 
  >何か共通するものがあるような気がして心配です。死ぬんでしょうか?
 
  「死」ということを考えられる、または感じられる場合は、「象徴的な死」と、「現実の死」の無意識による予感の二つが大きく分かれます。「現実の死」の予兆・予見は非常に珍しいことです(ただし、貴方に何か心当たりのあることがあれば、それは予知ではなく、無意識の適切な判断の可能性があります。心当たりあることとは、貴方が心臓などに重い疾患を持っているとか、近親者で大勢の人が、貴方ぐらいの年齢で、理由不明で病死しているなどの例がある場合です。この場合は、意識で考えても、そういうリスクがあるなあ、というのが率直な処で、予感・予知とは別になります)。
 
  「象徴的な死」ということなら、それは発達のステージの上昇はすなわち「古い自分の死」という意味で、合理的に筋の通った話です。(ただ、「死ぬんでしょうか?」という発想には、少し飛躍を感じます。発達ステージの切り替えが普通だと思うのですが、違う可能性もごく僅かですがあるように思います。その場合、専門の精神医などに質問される方がよいかも知れません……これは不安感が、もっと大きくなって来て、制御できなくなったような場合で、とりあえずは、ふとそう思う程度なら、心を自分自身に対し広く持って、様子を見られることです)。
 
  なお、以下のURLを参照してみてください。これは「夢」の話ですが、回答者が興味深いことを記しています:
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=210376
 
  成長のステージというものがあり、その時々で象徴的な「夢」を見ることがあるという話ですが、実は「夢」「空想」「ふと思い浮かんだ心のイメージ」こう言ったものは、無意識の心理学では、同じ意味を持ちます。
 
  こういう心理現象に何か展開があり、危惧するような内容でしたら、このサイトで、「心理学」のカテゴリーで質問されれば、分かるようであれば、再度回答させて戴きます(他のカテゴリーでは、質問が届かないことがあります)。
 
    • good
    • 0

(専門家じゃないですがなんとなく経験者より)


十数年間完全に忘れていたこと、脳のいったいどこにこんな些細な記憶が十数年間とどまったいたのか不思議なくらいのことを、鮮明に次々と思い出すと死んでしまう・・としたら、私はとっくに死んでなきゃいけない。

パニックの逆だと思います・・。
脳の"メモリ"には限界があって、対処しなければいけない問題や精神的ストレス・苦痛がたくさんあるときは、記憶を思い出す余裕がなくなって、そういうストレスが解消された分、記憶を思い出す余裕が出てくるらしいです。

今はとても忙しいのでしょうけど、自分らしく生きているとか、自立したことで自分に自信が出てきたとか、気持ち的には解放されているのかも。

良いできことを思い出すのだとしたら、とてもいいことでしょうし、
つらいことを思い出すのでしたら、心に余裕ができて、思い出すことができるようになったのでしょう・・。
仕事で行き詰まったときにということは、無意識の脳が自動的に、空きメモリを利用して、ストレス解消をしているわけで、メンタルヘルス的にすごく健康だと思います。行き詰まった時に気持ちの切り替えができない人は病気になりやすいらしいです。

でも第六感とか虫のしらせも確かにあって、昔の友人と再会したりもあると思います。嫌なことが起きる前触れの第六感は、起こる直前(当日)にひどく気分が悪くなるものなので、今回のは違うと思います。
    • good
    • 0

心理学については専門家ではありませんが‥


ご質問の中にも書かれていますように,今まであまり使っていなかった領域をフル回転させていることにより,記憶領域が活発に働き始めているということが一つ考えられますネ。
もう一つは,仕事を通じて真剣に勉強されているということですが,その際に自分でも気付いていないようなキーとなることが五感を通じて認識されているのではないかと思われますネ。
自分でははっきりと気付いていなくても,その思い出される状況,風景,物等を連想させる何かのキーに触れているのではないでしょうか?
おそらくはこれらの二つのことが合わさっているものと思います。
別に死ぬ前兆というわけでは‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春の山 横切る風が 瞬間に これを英語にするとどうなりますか?

春の山 横切る風が 瞬間に

これを英語にするとどうなりますか?

Aベストアンサー

The wind cross the mountains on the spring in the moment.

Q何かを思い出すとき、斜め上を見るのは何故?

人と話していて、途中で言葉が思い出せなくなった時、思い出すために「斜め上を見上げるしぐさ」をすることがあります。これは、何故でしょうか?

また、皆さんは、右上を見上げますか、それとも、左上を見上げます(私は右上です)?

Aベストアンサー

回答ではありませんが、数年前にそのような実験をテレビでやってました。
そのとき実験では、人それぞれあらゆる方向を見るらしいですよ。
上見たり、下、右、左と人によって違うみたいです。
ちなみに、私は右を見てしまいます。
人間観察してみてください^^いろんな人がいますから

Qふとした瞬間に過去を思い出して苦しくなります 高校の時の英語の教師が、成績の悪い子が嫌いで、心無い言

ふとした瞬間に過去を思い出して苦しくなります



高校の時の英語の教師が、成績の悪い子が嫌いで、心無い言葉でけなしたり、無視したり、テスト返却のテスト用紙を気に入らない子には放り投げて返却したりと、とてもまともではありませんでした。
そして、私は英語がとても苦手科目でした。
なので、私も゛嫌いな子゛の部類で、こういったことを受けていた一人でした。

ある日の授業で、私に対して教師が英語の単語テストをすると言い出しました。そして、クラスのみんなの前で立たされ、みんながみる前で口頭でテストをされました。私が答えられないと、永遠にそこから進みませんでした。シーンとしたクラスの中で私はずっと立たされていました。
その日の夜、泣きながら単語ノートに単語を書きまくりました。
当時は私が覚えられないのが悪いんだと思いました。

あれから数年経って、今でも、あのときの光景、先生の顔ががふと頭に出てくるんです。
消えろ消えろと思っても頭に出てきて涙がボロボロ止まらなくなり、眠れなくなるんです。
もう何年も経っているのに夢にもでてくるんです。
気分も悪くなり、本当につらいです。
何なんですかこれは。どうすればいいですか。

ふとした瞬間に過去を思い出して苦しくなります



高校の時の英語の教師が、成績の悪い子が嫌いで、心無い言葉でけなしたり、無視したり、テスト返却のテスト用紙を気に入らない子には放り投げて返却したりと、とてもまともではありませんでした。
そして、私は英語がとても苦手科目でした。
なので、私も゛嫌いな子゛の部類で、こういったことを受けていた一人でした。

ある日の授業で、私に対して教師が英語の単語テストをすると言い出しました。そして、クラスのみんなの前で立たされ、みんながみる前で口頭...続きを読む

Aベストアンサー

先生は聖職者の身分でありながら人徳者ではない。

大昔、私も似た経験をしました。
「わからなものは立て!」と授業中、わからない人を立たせる。
自分の教え方に問題があるのかなどまるで考えもせず。
それでも先生なのか?と思いました。

相当なトラウマになってしまったのですね。
この気持ち、家族に話しましたか。
当時の友達でなくても、それ以降の友達や恋人に話しましたか。

この手の話は一人で抱え込むと本当にしんどいです。
私は小学生の時に経験しましたが、友達は立たされない優秀な子
なので話をしませんでした。あえてそれ以降に知り合った子に
話しています。
「げっ、そんなのいるんだ」からもっとなじる言葉もあり
代弁してくれて少しだけ楽になりました。

やはりその先生、どうしているのかと思うこともありますが
『教師として寂しい人』それで片付けています。
人の気持ちや痛みをわからない、この人の子供でなくて
本当に良かったと心底思っています。

きっと心が繊細で優しい方なのでしょう。
でも、気持ちを一人で抱えることなんてないんですよ。
もっと外に出しましょう。出すことで涙を流すことも減ると
思います。

それでも辛いなという時はカウンセリングなどで心を
解き放ってみましょう。カウンセラーに違和感があるなら
心療内科の先生でも良いです。彼らはその手のプロです。
秘密も保持しながらあなたの気持ちを楽になるよう全力を
付くすと思います。

一人じゃないから大丈夫ですよ、ここで話せたではないですか。
もう少しだけ勇気を持って顔の見える人に気持ちを伝えてみましょうね。

先生は聖職者の身分でありながら人徳者ではない。

大昔、私も似た経験をしました。
「わからなものは立て!」と授業中、わからない人を立たせる。
自分の教え方に問題があるのかなどまるで考えもせず。
それでも先生なのか?と思いました。

相当なトラウマになってしまったのですね。
この気持ち、家族に話しましたか。
当時の友達でなくても、それ以降の友達や恋人に話しましたか。

この手の話は一人で抱え込むと本当にしんどいです。
私は小学生の時に経験しましたが、友達は立たされない優秀な子
なので話を...続きを読む

Q「何かを得たなら、必ず何かを失う。」とこれを今更分からない人はいない筈ですが……………………。

これは、満更映画や漫画の世界ではなく、実際でも何故~~か、不思議とそのようになっている感じですよね?

何かに満足すると言う事は、また新たな不満を生み、悪い所を一つ治せば、また新たな欠点が生まれると言う事。

私の友人S氏の場合です。
これから話す内容は、まあ事実ですので聞いて下さいね。
「やっぱり、何かを得たのと引き換えに、何かを失った。」のですよね?


昔のS氏と今のS氏について。

小さい頃のS氏は、

・明るくて元気が良かった。しかしその頃は、勉強も嫌いで本も読まなかった。不真面目で字も下手。
なので、親や先生から「もっと本をしっかり読め。知恵が付かないぞ。」とか「もっと性根に入れて勉強しよう。」
等と、何度も何度も言われて、諭された。

そして。
高校へ入って、S氏はまるで180度変わったかのように、勉強と読書を好きになり、真面目になって字も上手。大学に入って読書家になったのだが、
その分、まるで代金を支払ったかのように、かなりの人見知りになってしまった。
偶に喋るかと思ってもボソボソとしか言わない。
すると今度は「もっと人とのコミュニケーションを大事にしなさい。」とか「もっと喋らないとやって行けないよ。」
なんて言われて諭されている。
しかし傍らではよく「真面目だねえ。」と褒められる事も屡。

そして就職活動の時も困った。でも消去法で介護施設へ入って黙々と頑張っているので、偶に「もうちょっと声出そうよ。その方が良いよ。」と時々言われる事はあるも、「真面目だねえ。」とよく褒められたりもする。
優しい人が多い職場だし、彼は寧ろ慕われてはいるが。そして今は彼は作家志望。元々は内向的な芸術肌。


如何でしょうか?

・明るくて元気が良かった頃は、反面本とかを全く読まなかった。ゲームと漫画しか能が無かった。怠け者でチャランポランだったので、勉強も運動も嫌いだった。

・そして思慮深くなり、勉強と読書を好きになったかと思えば、今度は無口で非社交的に。
でも、オマケに合間で筋トレも頑張るようになった。
勉強が嫌いだった頃は、ダラダラとしていた為筋トレもしなかった。



彼の場合はこれです。


「社交性を犠牲に、向学心(好学心)を手に入れた。」と。


しかも満更"言い訳"ではなく、"正当な理由"に値すると、確信している模様です。


「明るくて元気よくて、且つ勉強や本が好き」なんて人は、いたとしても少ないですよね??

彼の場合は、

「明朗快活で勉強嫌い」か、
「非社交的で勉強家」

のどちらかでないと無理だそうです。

致し方無い事なんでしょうか?如何ですか?


そもそも、親や先生が子供達に言う
「本をしっかり読みましょう。」と
「人とのコミュニケーションを大事にしましょう。」は
本来、この2つは矛盾しますよね。相対していると捉えられがちですね。
ですが、一概には言えず、必ずそうとも限りませんが、人によりけりです。

漫画やドラマの世界ではよく、まあキャラの分担が解り易いようにステレオタイプ化されている場合が多いですよね。
「内気な分、本をよく読んでいる。」
「本は読まない分、明るく活発で話し上手。」

「バランス型はいても、片方を極めたら、もう片方を極める時間は無い!!だから、大読書家と、超話上手の両立は無理。」


ですが、彼の場合は、盥回しの渦だったようです。

A.元気が良かったその頃は本を読まなかった。

B.「本をもっと読もうよ。」と、鬱陶しいぐらいよく言われて諭された。

C.やがて本を読むようになった。(しかし、オマケにしなかった筋トレ、水泳、ジョギングまでつられて頑張るようになった。それまでは運動もてんで駄目だった。根気が付いたからだろうか。)

D.人と話す事を忘れ、知らずのうちに引っ込み思案に。

E.「もっと友達作りなよ。もっと喋ろうよ。本ばかり読んでるでしょ。」と親や先生、周囲の人から言われて諭される。

F.「何て我儘なんだ!身勝手な!あの時、ああ言われたから、ちゃんとやったのに!!」とイライラ病、躁鬱病状態に。

G.現在に至る。
相変わらず、彼の趣味・特技は、文科系の学問(政治、歴史を除く)と読書と、筋トレと水泳。
理系の学問と球技は相変わらず苦手なままだけれど。

文武を頑張った分、社交性が失われた。
こんなもんですかね?
でも基本的な彼の性格は、真面目で几帳面で優しいと、
昔からそのままです。ただ尚且つ頑固、虚勢張りに、神経質~神経過敏になりましたね。

これは、満更映画や漫画の世界ではなく、実際でも何故~~か、不思議とそのようになっている感じですよね?

何かに満足すると言う事は、また新たな不満を生み、悪い所を一つ治せば、また新たな欠点が生まれると言う事。

私の友人S氏の場合です。
これから話す内容は、まあ事実ですので聞いて下さいね。
「やっぱり、何かを得たのと引き換えに、何かを失った。」のですよね?


昔のS氏と今のS氏について。

小さい頃のS氏は、

・明るくて元気が良かった。しかしその頃は、勉強も嫌いで本も読まな...続きを読む

Aベストアンサー

>何かを得たなら、必ず何かを失う。
「必ず」ということではないと思います。自分が進みたい方向が2つあって、どちらかを選べねばならないという場合、そういうことがいえると思いますが、質問者様の仰る「Sさんの場合」がこれに当たるとは思いませんね。単に成長の途中で性格が変ったという例だと思います。
社交性が失われたということは残念ですが、それ以上に得たものも大きかったのではありませんか。私は彼のためには良かったと思います。
社交性はそのうちに過不足ない程度に良くなるだろうことは間違いないだろうと私は思います。
友人のことを心配しておられる質問者様のお気持ちは素晴らしいと思いますが、ご心配は無用だと私は思います。

ご参考まで。

Q英語の勉強が楽しくなった瞬間は?

よく「日本人は英語の勉強を中学生から大学まで10年近くやっているのに使えるようにならない。」と言うフレーズを聞きます。
自分自身もそうです。

他のことでは「あっ、そういうことか、なるほど」のような場面があり、
それがきっかけになってそのジャンルの勉強はどんどん進んでいくことがよくあります。

しかし、英語に関してはそういう場面に出会ったことがありません。
「英語が使えるようになりたい」という気持ちはあります。
「英語が使えるようにならなけばならない」という場面もたくさんあります。

なんとかしたいと思っていて、色々試しています。
例えば、
DSの「英語漬け」。
自分の気に入っている外国人歌手のライブトークでどんなことを話しているのか理解したい。
日本文学を英語版にした書籍を読む。
英語の文法説明をわかりやすく丁寧に説明している書籍を読む。
英語の学習CDを聴く。
等々、色々試してみたのですが「これだ!、ここからだ!」のような感じになれません。

上にも書きましたが、数学や物理やプログラミングとかだと
「これだ!、ここからだ!」が自然と出てきて、
そこからどんどん理解できるような感じです。

プログラミング言語とかも言語のひとつですし、もともと英語の文化を取り入れているものが多いと思います。
そういうのは、すんなり理解できて使えるようになるのですが、
「自然言語」としての英語は色々試してみてはいるもののそんな感じに慣れていないのが現状で、
四苦八苦しながら「相手に正しく伝わっているかどうかも定かではない英文を書いたりしています。」

英語(に限らず語学?)に堪能なみなさんは「どんなことがきっかけ」で「ツボ」にハマられたのでしょうか。

参考にさせていただきたいと思います。

よく「日本人は英語の勉強を中学生から大学まで10年近くやっているのに使えるようにならない。」と言うフレーズを聞きます。
自分自身もそうです。

他のことでは「あっ、そういうことか、なるほど」のような場面があり、
それがきっかけになってそのジャンルの勉強はどんどん進んでいくことがよくあります。

しかし、英語に関してはそういう場面に出会ったことがありません。
「英語が使えるようになりたい」という気持ちはあります。
「英語が使えるようにならなけばならない」という場面もたくさん...続きを読む

Aベストアンサー

> 3番さんも書かれている「もとの文章を少しずつ変えていく」

#11の再入場です。 お礼の言葉楽しく読みました。 英語が好きな人に会えるのがこの頃では生き甲斐にもなっています。 多くの人に助けられ、上達したこの技術を次の世代に伝えたいと思っています。 

長男が浪人中(十数年前)にふたりでやった英会話のゲームについて書きます。 どうか年寄りの自慢話と取らないで、趣旨を汲み取って頂けたら嬉しいと思います。

A: I went to London.
B: I went to London last summer.
A: I went to London last summer with my wife.
B: I went to London for sight-seiing last summer with my wife.
A: I went to London for sight-seeing for two weeks last summer with my wife.

ふたりでしりとり風にして文章を長くして行くのです。 お互いに助け合って長い文章を覚える訓練に使いました。 

やっているうちに、不思議なんですが『情景が絵になって浮かんで来る』のです。 そうなると文章が覚えやすくなるのです。 十回くらい繰り返すと、またリセットして次の文章。 

どこででも出来る簡単で効果的な勉強法でした。

> 3番さんも書かれている「もとの文章を少しずつ変えていく」

#11の再入場です。 お礼の言葉楽しく読みました。 英語が好きな人に会えるのがこの頃では生き甲斐にもなっています。 多くの人に助けられ、上達したこの技術を次の世代に伝えたいと思っています。 

長男が浪人中(十数年前)にふたりでやった英会話のゲームについて書きます。 どうか年寄りの自慢話と取らないで、趣旨を汲み取って頂けたら嬉しいと思います。

A: I went to London.
B: I went to London last summer.
A: I went to London ...続きを読む

Qお礼 何かしてもらっとき、 何かされたときに、ありがとうとお礼を言うが、 中にはお礼を言われたい人

お礼

何かしてもらっとき、
何かされたときに、ありがとうとお礼を言うが、
中にはお礼を言われたい人がいるようで。。。

これまたややこしいこともあるんだけど、
相手に何かしたとき、お礼を言われないと、

あの人はお礼を言わない。
普通はお礼を言うものだ。
失礼な人だ

と思う人もいるらしい。

お礼は、してもらいたいから何かをするのではないと思っていた。

なんにでも、ありがとうございますと言う人が多くなったからでしょうか。

お礼を言われたい心理は、どこから来るのでしょうか??

Aベストアンサー

お礼を言われたい心理はかんたんです
・私ってよく気が付くでしょ(気が利く)
・あなたの分もやっておいてあげたわ ありがたいでしょ
と思われたい そしてお礼を言われて満足する
「私ってなんて世のため人のために役立っているんだろう」
自己満足に浸る

人それぞれ考え方はありますので お礼はした方がいいですね(とりあえずでも)

Q英語をそのまま理解する瞬間

英語をマスターされた方に質問です。

私はどうしても英語を日本語に訳して理解してしまうのですが、
よく、ある時突然英語のまま理解できるようになるという事を聞いたりします。

それは本当なのでしょうか?
本当だとしたらどれくらいの勉強を続けたらそうなるのでしょうか?
勉強法とか教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

★私はどうしても英語を日本語に訳して理解してしまうのですが、よく、ある時突然英語のまま理解できるようになるという事を聞いたりします。それは本当なのでしょうか?
→本当です。

★本当だとしたらどれくらいの勉強を続けたらそうなるのでしょうか?
→私の経験と数百人の同士の経験をあわせてお答えいたしますと、英語漬けになることで、普通2週間から3か月でなれます。

★古い話で恐縮ですが、むかし、英会話の神様的存在であった、松本亨先生(NHKラジオ英会話を26年ぐらいにわたって放送してきた人で有名です)は、「英語で考える」を提唱しました。その考えに傾倒した人たちがたくさん先生の学校に集まり、英語を学びました。そこでは、文字通り、英語漬けになり、一言日本語をしゃべったら、千円の罰金をとられました。そうしてやりはじめると、本当に2週間から3か月で英語で考えるの第一段階とも言える、日本語なしに理解することができるようになります。

★あなたの場合、日本語に訳す癖がついていますので、それをとる(unlearnするといいます)のに少し時間がかかりそうですが、次のことを守って試してみましょう。きっとあなたにもできるようになります。
1.易し過ぎるほどの、知らない単語がないような、英語の本を、日本語に訳さずに読み始めます。そして、なるべくドラマ化されたテレビを英語で見(映画ではなく、話がどんどんすすむテレビがよい)、新聞も読めそうなら英語、ラジオも英語、インターネットも英語にします。
2.日本語の接触を極力断ちます。テレビも新聞も読書も、日本語としばらくさよならします。
3.ここが一番のポイントですが、考え事を英語でする努力をはじめます。今日の晩ご飯はどうしようかなとか、ああ、明日は大切な会合があるけどとか、ありとあらゆることを英語で考える努力をします。
4.英語で考えるという習慣を身に付けるすべを本からも学ぶべきですので、紹介しました松本亨著「英語で考える」を買って読みますーー日本語と英語のちゃんぽんで書かれた、さっと読んだだけでは内容が薄いという印象を持つかもしれませんが、英語で考えることをはじめると、なるほどと思えるところがたくさんでてくるような本です。
5.辞書は易しめの英英辞典のみにします。わからなければ英英辞典を引く、それでもわからなければ、自分はまだその語や表現を覚えるだけの実力に達していないとあきらめ、わかるところからはじめる。
6.できれば、ネイティブと会話をする日がときどきあればさらにいいと思います。あるいは、日本人でも一緒に英語だけでしゃべる相手がいればそれでもかまいません。実践も大事です。
7.以上のことを続けていくと、ある日、開眼するはずです。

以上、ご参考になればと思います。

★私はどうしても英語を日本語に訳して理解してしまうのですが、よく、ある時突然英語のまま理解できるようになるという事を聞いたりします。それは本当なのでしょうか?
→本当です。

★本当だとしたらどれくらいの勉強を続けたらそうなるのでしょうか?
→私の経験と数百人の同士の経験をあわせてお答えいたしますと、英語漬けになることで、普通2週間から3か月でなれます。

★古い話で恐縮ですが、むかし、英会話の神様的存在であった、松本亨先生(NHKラジオ英会話を26年ぐらいにわたって放送してきた人で有名で...続きを読む

Qなぜ人は風景を見て感動する?

こんにちは。

「きれいな風景を見たい」ために旅行へ行く方も多いと思います。
しかし、なぜ自然や建物などの風景を見て人は感動するのでしょうか?

どなた様か教えてください。

Aベストアンサー

やっぱし、人を産み育ててきた自然がそこにあるからじゃないですかね。
例えば、地球以外の風景には、驚嘆はしても感動しないかも知れません。
<自然に育まれて進化してきた人間の脳は、風景に感動する仕組みを獲得した>
自己撞着の回答ですが、やはり、このように考えます。

Q英語が話せるようになった瞬間

がどんな感覚だったかを教えていただきたいのですが?

「英会話」の勉強を始めて半年近く経ちました。教材はNHK「基礎英語2」・「英会話入門」などです。

最初英会話の勉強を初めた時は、テレビで海外ニュースなどを見ても全く聞き取れず、最初から最後まで「1つのつながった単語」のようでしたが、最近はなんとなくですが英語の一言一言が聞き取れてきて「字幕に頼らずに理解してみよう」みたいな感覚が芽生えてきております。でも「うんうん、なるほどそうか」までは全然いきませんが・・・

また自分がまだ話せないので、話せる日が近づいている実感みたいなものも感じたいのですが。。。

例えば「あれ?何で??話せちゃってるジャンw」みたいな感覚になったのは英会話の教材などを手にしてから、どれぐらいの月日が経過してからですか?個人差はおありになるかとは思いますが、是非知りたいと思います。

また「今から考えれば、自分が英語を話せるようになったのは少なくても、これだけ○○をやったからだな」といった「悟り」のようなものがあれば教えてくだされば幸いです。

また英語が話せる方の「勉強法に対する持論」がありましたら、教えてくだされれば尚幸いです。

例えば、

(1)やはり英会話は「ボキャブラリー」の積み重ねに他ならない。

(2)1にも2にも単語、フレーズの「暗記」である。「王道」はない。

(3)好きな音楽と一緒で、とにかくCD(教材)の「ヒアリング」を重ねる。そうすればいつか話せるようにもなる、焦るな。

(4)「英会話教材」などでは英語は絶対に話せるようにはならない。

(5)「留学」をしなければ英語は話せるようにはならない。

などなんでもいいです。

宜しくお願いいたします。

がどんな感覚だったかを教えていただきたいのですが?

「英会話」の勉強を始めて半年近く経ちました。教材はNHK「基礎英語2」・「英会話入門」などです。

最初英会話の勉強を初めた時は、テレビで海外ニュースなどを見ても全く聞き取れず、最初から最後まで「1つのつながった単語」のようでしたが、最近はなんとなくですが英語の一言一言が聞き取れてきて「字幕に頼らずに理解してみよう」みたいな感覚が芽生えてきております。でも「うんうん、なるほどそうか」までは全然いきませんが・・・

また...続きを読む

Aベストアンサー

お返事を読ませて頂いて、もう一言^^

>日本語も「読むこと」「書くこと」「話すこと」はセットになっておりますし、文法がなってない外国人が日本語を話すと、片言でなんかぎこちなくて陳腐でそれがかえってウケたりもします。逆に外国人から私が見られたときに「自分はそれでいいのかな?」って思うのですが、私がちょっと固過ぎるのでしょうか?

文法は、教科書を読んで覚えると言うよりも、実際に使ってみてからでも十分間に合うって感じの意味です。そりゃ知識として前もって分かっていれば理解の手助けには、あきらかになるでしょうね。
最初は片言の外人でいいんです!その時に、文法は無視しても、とりあえずは単語が出てこなければ話にもならない!って意味で、単語量重視に私はなったんですね。

日本にいる片言外人を例にとってみると・・・
ラーメン・・食べるよ・・・昨日・・・私・・・夢。。。
って言ってても、あなたは(彼は昨日ラーメンを食べた夢を見たのかな?)って想像して、『あなたは昨日、ラーメンを食べた夢を見たの??』って聞き返すでしょう。
もしくは『私は昨日、ラーメンを食べた夢を見た。って言いたいの?』
って聞くかも知れません。
そのあなたの言葉を聞いて、相手は・・・(ふ~ん、最初は【私は】で、次は【昨日】、ラーメンには【を】を付けて、【食べる】は【食べた】に変化するんだなぁ~)みたいに、覚えていくわけです。

まぁその一回が全ての答えではないですし、何回も、色んな人の答えを聞く事、その繰り返しで、前置詞を覚えたり、フレーズを覚えたり、単語の変化を覚えたり、イントネーションを覚えたり、と情報は色々です。


>ということはやはり「文法」、ということではないのでしょうか?それとも「生きた英語」≠「文法」ということなのでしょうか?

生きた英語とは日常会話の英語って意味ですか?
それは日本語でも言える事ですが、正確な文法とは=ではないかもしれませんね。
未熟同士の接触を反対した意味は、自分に間違いを判断する力がないから。が一番の意味です。それは文法に限らず、単語もそぉですし、発音もです。
ですから、文法的に正確でない英語に出会った時も「本当はこんな言い方はしないんだろうけど・・・」みたいな補足説明がないと、ダメでしょう。相手もその判断力が無かったらグダグダです(笑)
片言外人同士よりは、先生と生徒の方が勉強になるじゃないですか^^
とくに基本を学んでいる段階ならば特にです。
やはりアレンジは基本がしっかり備わってからじゃないと!!


ちょっと戻りますが【片言の外人が陳腐でウケる。】とありましたが、その感覚はやはり【恥ずかしい】って事ですかね。
その考えは・・・固いですねぇ^^♪
アメリカでは、世界各国から人々が集まり人種の坩堝を形成しています。ハッキリ言って片言外人ばかりです(爆)
それでも、アメリカの地に足を踏み入れ、どうにかして生きているじゃないですか!!!
自分の英語力が恥ずかしくないレベルに達してから渡米しようなんて人はいないような…。
勉強目的でなくても、いつのまにか片言でも喋れるようになっていますしね。たぶん失敗と繰り返しの積み重ねだけでですよ。
その中で、もっと喋れるようになってビジネスしたいと思っている人とか、アメリカ人と触れ合う機会を作っている人は、より正確な英語に自然となっていますよ。

【恥ずかしさ】は英会話に限らず、勉強の敵ですよ^^♪
特に日本人は多いみたいですしね。図々しいくらいが丁度いいのかも!
ガンガン片言英語で話しかけて、間違いを指摘されて(←これが大事)、それでもめげずに繰り返す!ただひたすらに繰り返す攻めの姿勢です(笑)
で、自分である程度意思疎通も出来るようになって、判断力も付いてきたら、より正確な文法や深い意味を探求すればよろしいのでは??

もっと伝えたい!もっと知りたい!と言う欲求と好奇心があれば必ず前に進めるでしょう。

お返事を読ませて頂いて、もう一言^^

>日本語も「読むこと」「書くこと」「話すこと」はセットになっておりますし、文法がなってない外国人が日本語を話すと、片言でなんかぎこちなくて陳腐でそれがかえってウケたりもします。逆に外国人から私が見られたときに「自分はそれでいいのかな?」って思うのですが、私がちょっと固過ぎるのでしょうか?

文法は、教科書を読んで覚えると言うよりも、実際に使ってみてからでも十分間に合うって感じの意味です。そりゃ知識として前もって分かっていれば理解の手助...続きを読む

Q美しい風景を見ると心が癒されるのはどうして

美しい風景写真を壁紙にしています。
心が落ち着くからです。
森林浴など、自然に触れると癒されるのは当然のことです。
写真を集めていて疑問に感じたのは、
同じ自然でも、平凡な風景写真と絶景写真とでは癒し度が違うということ。
何が違うのか?
美というものを感じるからだと思いますが、
では美とは何なのか?
いろいろな疑問が想起されました。
疑問をまとめると、
1.ある風景を見て美しいと感じるは人類共通なのか?
2.美しい風景が特に癒し度が高いのは何故?
3.人は何をもって美しいと感じるのか?風景の美とは何か?
4.風景を美しいと感じる心理と、女性を美しいと感じる心理は共通なのか?

ちなみに美しい風景とは、Googleでキーワード「絶景写真」で画像検索したときに
でてくるような風景です。
参考本などあれば教示願えれば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
「美しいと感じること」と「癒されること」は脳内の反応が異なります。「美しい」というのは感覚情報に対して高揚感を得るということです。これに対しまして、「癒される」というのは心に安心感が与えられるということです。
我々の脳はこのふたつを同時に扱い、美しい風景に癒されたと感じています。ですから、より美しい風景は癒し度が高いのではなく、高揚感が増すのではないでしょうか。このため、脳内に発生する報酬も大きくなります。

視覚的な美しさといいますのは主に色彩から得られるものであり、鮮やかさや鮮明さが人類に共通の基準となります。これに対しまして、「上下安定」や「左右対称」といいますのは全てのひとに安心感を与えます。芸術家といいますのは美しさを表現するのが商売ですが、基本的にはこのような人間の心理に共通する要素の組み合わせを極限まで追求していることになります。ですから、逆にこのルールをわざと崩すことによって見るひとに強い印象を与えることもできるわけですが、同時に芸術かガラクタかの境界線もまたここにあります。
山の緑に裾野の安定感、鮮明な尾根を境に輝くような青い空、風景といいますのはこのようなものを併せ持っています。更に、特に急激な変化というものがなく、果たしてそこに動き回る危険が存在しないという状況は「精神的な安全」を保証します。そして、壮大な風景といいますのは新規性を掻き立て尚、遮るものは何もなく広範囲に渡って極めて安全ということであり、我々はこれを開放感と呼んでいます。ですから、オフィスや部屋の壁紙に向いているんですね。

紅一点、むさ苦しい男どもの中に女性がいればそれだけで和みます。女性といいますのは男性と比べるならば誰にとっても安全な存在です。ですから、女性に癒されることと風景に癒されることには十分な共通点があるのではないでしょうか。そして、色鮮やかな服を着てすらっとしたヒールを履けばそれだけ美しさも引き立つわけですから、美しい女性の姿は男女どちらから見ても高揚感を伴うものなのだと思います。

こんにちは。
「美しいと感じること」と「癒されること」は脳内の反応が異なります。「美しい」というのは感覚情報に対して高揚感を得るということです。これに対しまして、「癒される」というのは心に安心感が与えられるということです。
我々の脳はこのふたつを同時に扱い、美しい風景に癒されたと感じています。ですから、より美しい風景は癒し度が高いのではなく、高揚感が増すのではないでしょうか。このため、脳内に発生する報酬も大きくなります。

視覚的な美しさといいますのは主に色彩から得られるもの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報