不良債権をきっちり処理すると大銀行でも債務超過に陥る可能性があるのでしょうか?
もしそうなら、すでに日本の経済は死んでいるのと同じです。もしそのような状態なら、即刻その大銀行を国有化すべきではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足をいただきましたが、私の意見だけしかここには出ていないので片寄りすぎるかも知れません。



今回ブッシュ大統領が来て、歯切れの悪い記者会見をしましたが小泉首相を非難する形をとれば、また橋本一派の反対勢力により

構造改革は益々遅れることを懸念しているからで、実際は3兆円も不良債権が増えていることなど心配事は多いのです。

つまり今まで90年頃から歩いた道をもう一度繰り返そうとしている訳ですが、痛みが数年先になる方がイイということなのか

関心がないのか、怖いことは考えたくないのか、一般国民も構造改革には約半数が諦めながらほっとしているように見えます。

いずれにしても役人、役所は減らないし、各企業、銀行も自分の担当責任でない時に何か起こればよいという姿勢ですから

日本には期待をしない方が後になって寂しい思いをしなくてよいのでは...と悲観的に考えています。

私ばかり書いても仕方ないので、一つ別のURLを紹介して終わりますが、あくまで個人的な意見ですのでご容赦ください。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=219159
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。上記の別サイトの Evisさんの意見も読ませていただきました。
やはり、いつまでたっても、日本の政策は事なかれ主義、責任回避優先、先送り優先の政策なのですね!

お礼日時:2002/02/18 23:55

>国有化された大銀行はそのまま塩漬け致すしかないと思います。

  不良債権も塩漬けです。

私は不良債権と決定した物は、可処分債権として二束三文で処分されるべきものだた思っています。。。

政府筋はそのような事態が怖くて、企業の生殺しをして延命を図っているので、多分自分の時代には責任をとりたくない

というだけの事でしょう。

特にゼネコン、銀行、関係省庁の中でどこに消えてもらうか談合を重ねても結論は中途半端で、特に今回F社の例では会社を

分離分割してよい所だけを別のゼネコンに抱き合わせるなど、苦肉の策を考えていますが上手く乗り切れるかどうかは別問題です。

いまだ整理すべきゼネコンスーパーもこのように延命しては【予定納税の前倒し】は金持ちレベルだけの問題ではない筈です。

この回答への補足

と、ということは! 解決方法がないということは、どうなるんでしょうか?!日本の経済は?やはり円安、債券安、スタグフレーションということなのでしょうか?

補足日時:2002/02/17 19:42
    • good
    • 0

kisigennさんの 一見簡単そうな質問の中に、今日の問題が凝縮されているのでしょうね。

。。

【今日現在の時点で】不良債権をきっちり処理すると大銀行でも債務超過に陥る可能性があるのでしょうか?・・・あり!

>もしそうなら、すでに日本の経済は死んでいるのと同じです。

・・・【今日現在の時点で】不良債権を処理するとしたら仮死状態の日本がよく見えるでしょう。

>もしそのような状態なら、即刻その大銀行を国有化すべきではないでしょうか?

【即刻国有化した大銀行】は、どのように処分すればよいのでしょう?、、、また外資系に二束三文で売るわけにも行きません。

もちろん国有化された銀行は仕事なんか出来ません・・・そこでもう一度...

一番最初に戻って【今日現在の時点で】不良債権をきっちり処理すると大銀行でも債務超過に陥る可能性があるので、各銀行は

融資先会社が決定的にダメ会社か、カンフル注射で立ち直れるのかを選別しているのですが時間のかけ過ぎなど等、~で問題は

日本的情に絡んだシガラミで悪い成績の会社でも見限ることが出来ずに生命維持装置を付けていることが致命的なのだと思います。

たぶん私はすでに国民は幾つかのゼネコンやスーパーの会社の不良債権分を知らない内に【予定納税】しているような気がします。

この回答への補足

やはりそうですかっ!予定納税しているのですかっ!
ということは、税金というのはお金を持っている人からしか取ることができませんので、お金を持っている人はそろそろ、お金を逃がさなければならないということでね。

補足日時:2002/02/17 13:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>即刻国有化した大銀行】は、どのように処分すればよいのでしょう?、、、

さらに補足いたします。国有化された大銀行はそのまま塩漬け致すしかないと思います。不良債権も塩漬けです。

お礼日時:2002/02/17 17:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qりそな銀行国有化?そして埼玉りそな銀行は・・・?

りそな銀行が公的資金注入とのニュースが伝えられています。実質国有化になるとの話も聞きますが、国有化になると利用者にはどのような影響が出るのでしょうか?

また、以前なにやらの雑誌であさひ銀行は埼玉りそな銀行になった時にピカピカの健全銀行になったという記事を読んだのですが、今回のりそな銀行問題は埼玉りそな銀行には影響がありますか?

Aベストアンサー

公的資金は、りそなホールディングスとして受けるので、傘下の埼玉りそななども影響はあると思います。

国有化でも、預金も保護されますし当面は利用者には影響はないものと思われます。

参考URL:http://www.resona-hd.co.jp/group/g_05.htm

Q銀行国有化について、

初めまして、私は、社会人1年目でまだ世の中の事がよく分らないので、教えてください。
(1)銀行国有化になったら、銀行の株を所有している人は、得をするのでしょうか?それとも損をするのでしょうか?
また、メリット、デメリットを教えてください。
私はあまり頭がよくないので、できれば分りやすく教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

金融再生法に従った国有化であればこんな感じでしょうか。

銀行が預金保護が出来ないほど危ないと金融再生委員会が判断し、裁判所に一時国有化する手続がされて、預金保険機構が株を全て買い取ります。買い取り価格は時価で預金保険機構が定めて新聞に告示します。
金融機関からは機構が強制的に買い上げるのですが一般投資家も株式をその価格で売る事ができます。
健全融資先以外の不良債権はRCCに移行し、銀行の買い取り先を探すわけです。買い取り先がなければ清算されます。
破綻していて銀行としての機能が維持できないという状況で既に損をしているのでそれ以上損にも得にもならないということです。

メリットは債権がリセットされること、預金が保護されること(そもそもこの制度は預金者保護が目的ですので)。
デメリットは清算の形をとらないので最終的に公的資金が使われ国民にしわ寄せが来る事でしょうか。

最近も話題になっている国有化ですが、「金融再生プログラム」は「特別支援」(日銀の特別融資、公的資金投入は預金保険法に従う)というやり方であり、国有化とは違うようです。

金融再生法に従った国有化であればこんな感じでしょうか。

銀行が預金保護が出来ないほど危ないと金融再生委員会が判断し、裁判所に一時国有化する手続がされて、預金保険機構が株を全て買い取ります。買い取り価格は時価で預金保険機構が定めて新聞に告示します。
金融機関からは機構が強制的に買い上げるのですが一般投資家も株式をその価格で売る事ができます。
健全融資先以外の不良債権はRCCに移行し、銀行の買い取り先を探すわけです。買い取り先がなければ清算されます。
破綻していて銀行として...続きを読む

Q銀行を「国有化」するとは、具体的にどうする事なのですか?

先程日経で、イギリスの中堅銀行が国有化されるのでは?という記事を読みました。少し前にもノーザンロックの国有化のニュースがありましたが、銀行を国有化すると、具体的にどのような手続きが行われるのでしょうか。

上場してるのなら株を保有するとか、人材を送り込むとか、想像がつきませんでした。又、昔日本が行っていた護送船団方式のように「銀行は絶対つぶしません」という“政策”と採ることと、国有化してしまうことに、実質的な差はあるのでしょうか?併せてご教授願えれば幸いです。

Aベストアンサー

「国有化」といいますが、一言でいってやり方は国によって様々です。
日本では

特別公的管理

という措置がとられました。日本政府がいきなり銀行の株を市場で買ったりするなどという荒っぽいことはしません。

1.金融再生法に基づいて、特別公的管理の命令を出す。または銀行側に申請させる。

2.資産査定のための銀行検査を行う。

3.株の買取価格を決める。1の処理決定前に、だいたい債務超過かどう見当はつけていますが。債務超過ならゼロ円。日本政府が直接株を持つのではなく、預金保険機構を通じて買います。

4.経営陣は退陣させ、新経営陣の下で出来るだけ早くスポンサーをみつける作業に入る。

5.入札方式で再生計画と価格を競わせ、内容のもっともよい入札チームに銀行を継承させる。日本長期信用銀行の場合はリップルウッド、日本債券信用銀行の場合はソフトバンクなど3社、足利銀行の場合は野村グループです。

この辺りの厳密な手続や根拠法は金融庁の『金融庁の1年』各年版に詳細に掲載されています。米国の場合は、日本と違って中央銀行(FRB)が銀行の監督権限を持っています(州法銀行や貯蓄金融機関の一部を除く)。また日本と違って預金保険公社への加盟は義務ではないため、国有化されず破綻処理される場合もあります。

「国有化」といいますが、一言でいってやり方は国によって様々です。
日本では

特別公的管理

という措置がとられました。日本政府がいきなり銀行の株を市場で買ったりするなどという荒っぽいことはしません。

1.金融再生法に基づいて、特別公的管理の命令を出す。または銀行側に申請させる。

2.資産査定のための銀行検査を行う。

3.株の買取価格を決める。1の処理決定前に、だいたい債務超過かどう見当はつけていますが。債務超過ならゼロ円。日本政府が直接株を持つのではなく、預金保険...続きを読む

Qアイスランド国有銀行デフォルト

・・・らしいのですが、これって国家のデフォルトと同じなのですか?
アイスランドのように豊かな国がデフォルト、というのが今一実感わきません。

Aベストアンサー

>>国家のデフォルトと同じなのですか?
アイスランドの銀行はすべて国営になったので、国家のデフォルトとに近いと思われます。
国に金がないのです。
IMFからの融資がなければ、国が崩壊するところまで追い詰められています。

>>アイスランドのように豊かな国
漁業が主産業の貧しい国が実態です。
金利を常識外に上げて、世界中から金を集め投機の虚業で豊かになった国です。
投機が全滅ですので、元の最貧国に戻るしかないでしょう。

今は、インフレ率が2桁にとどまっているようですが国有銀行の信用が失墜すると、3桁になる可能性は充分あります。
インフレ率100%越え・・・・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081028-00000795-reu-int

Qアイスランド国有化銀行が債務不履行

ってニュース。
この後、どんな影響がでるの?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000043-yom-bus_all

Aベストアンサー

その外債を買った所に影響出ます。
とりあえず、現時点では利息が出なくなるとなってますが、アイスランドは
国自体が破産状態なんで、国有化されていても元本を返すことすら出来ないでしょう。
まぁ、外債は元々利息も元本も保証されてないんで丸々大損です。

大量にこの債権を買っている所があれば、経営危機で倒産なんて事が起こるかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報