非常に程度の低い質問ですが、、、
例えば電池に豆電球を導線で直列で繋いだとします。
その時、導線内の電子には位置エネルギーが加わり電子がマイナスからプラスへ移動しますが導線の外にある電子(空気中の電子とか)には電圧はかからないのですよね?
これって何故ですか?
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


  >導線の外にある電子(空気中の電子とか)には電圧はかからないのですよね?
 
  そうではありません。導線の外にある電子にも、電圧はかかります。問題は、その程度です。また、空気中の電子に電圧がかかって、それでどういう効果が出るかの話になります。
 
  「電池」と仰っておられるので、一番普通の1.5ボルトの市販の乾電池のようなものを考えましょう。この場合、電池のプラス極とマイナス極があります。普通は、こういう電池が生産・製作されると、何か特殊な処置をほどこさない限りは、プラス極とマイナス極のあいだで、電界(電場)が発生します。この電界は、何か特殊な遮断壁などがなければ、空間全体に広がっていて、そのなかのあらゆる電荷、例えば電子やイオンや、色々な荷電粒子などに力を及ぼします。ただ、それは「非常に微弱な力」です。また、できる電界(電場)も非常に微弱な、微かな、弱い電場です。普通は、この程度の電場は、電池がなくとも、自然状態でもあります(静電気の造る電場がそうですし、もっとレヴェルが低くなりますが、太陽からも電場の元になる荷電粒子や電界が放射されています)。
 
  仰っておられる電気回路を造ると、豆電球に電気が流れ、豆電球が点灯し、電気エネルギーが、熱や光のエネルギーに変化します。また、消費した分の電気量に応じた電流が、電線=導線のなかを通過します。
 
  ここで、考えてみてほしいのは、この回路を造る導線を、非常に長くすることです。例えば、電池だと、プラス極とマイナス極が一定距離にありますが、これを、例えば、4万キロメートル離れた位置に置けるものとします。これだけ離れると、普通は、4cmほど離れているだけのプラス極とマイナス極が、4万キロメートルも離れているので、その二つの極のあいだの電界は、もの凄く弱く希薄なものになります。しかし、豆電球の回路の方は、導線に非常に優秀な、途中の抵抗がほとんどゼロのようなものを使えば(現実的には、銀や金を使っても、4万キロメートルとなると、導線抵抗が無視できなくなるほど大きくなりますが、ここは、「超伝導」というものも現にありますし、そういう導線抵抗ゼロに近いものが実現できるとします)、豆電球は、あいだの4万キロメートルの距離に関係なく点灯します。
 
  一方の電界(電場)は、4cmから4万キロメートルにすると、もはやあるかないかも分からないくらい小さなものになるのに、同じ回路の豆電球は、4万キロメートルの距離をものともせず、何故同じように点灯するのか? ここに問題のキーがあります。
 
  つまり、導線のなかで、電子が流れる時、それは、空気中や真空中で、電場の力で引き寄せられて電子が移動するという運動とは別の原理による電子の運動だということです。
 
  1.5ボルトの電位のプラス極のすぐ近くの電子は、回路が成立した瞬間に、プラス極の電位がプラスで高いので、そこに引き込まれます。すると、導線のなかで、その電子(自由電子)の占めていた位置に空きができます。この空きに、少し離れた隣の電子が入り込みます。この場合、「空き」そのものが、プラスの電位を持っていて、この空きのプラスの電位に引き寄せられて、隣の電子は、この空きの位置へと移動するのです。こういう移動過程がずっと、導線のなかで続いて行きます。2万キロメートルも、プラス極から離れた位置でも、同じことで、空きの位置のプラス電位が、隣の電子を引き寄せ、電子の移動が起こります。
 
  2万キロメートルも離れると、真空中であっても、1.5ボルトぐらいのプラス電位では、あまりに電場が小さくて、電子をとても引き寄せるどころではなくなります。無論、何千年もかければ、導線のなかで起こったような、電子の位置移動が起こるかも知れませんが、導線のなかでの電子の位置移動は、ほとんど瞬間、光速に近い速度で起こります。こんなことは、電池が真空中に、あるいは空気中に造る電場ではとても起こりません。
 
  いまのは、一つの電子が、プラス極に引き込まれると、その後、何が起こるかの話ですが、プラス極に引き込まれるのは一個の電子だけではなく、もの凄く多数の電子が引き込まれ、空いた位置に次々に電子が移動して来て、こういう自由電子の高速の移動によって、導線内で電子が流れ、電流が流れるのです。
 
  上の導線内の電子の流れの説明は一種の譬えで、そのままではありませんが、基本的にはこういう原理で、導体内を電子は流れます。他方、空気中や真空中の電子の電場による移動というのは、クーロン力の遠隔的作用というような力の作用原理に基づき、一見すると、電池の造る電界で、空気中の電子移動が起こっていないように見えるのです。
 
  実際は、他の方も言われているように、「放電」という形で、空気中を通じての電子の移動が起こっているのです。ただ、非常に規模が小さく微かなので、何ヶ月も経過しないと、効果が目に見えて分からないのです。
 
  (追記:空気は、かなりに絶縁性が高いですが、非常に高い電圧がかかると、絶縁体ではなくなります。絶縁強度とも言いますが、耐絶縁抵抗を越える電圧を超える電圧がかかると、絶縁は破壊され、電気が流れます)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお答えどうもありがとうございました。まさにかゆい所に手が届いた感じです!

お礼日時:2002/02/23 13:42

”電池に豆電球を導線で直列で繋いだとします”


とすると、銅線の周りにはガウスの法則どおり、電場ができます。
(右手の親指を上げて、グーに握ったことありましたよね。)
この電場(電界)が導体、半導体に電位差をもたらし、力を与えます。
ほんのちょっと影響あるのでしょうね。
    • good
    • 0

>例えば電池に豆電球を導線で直列で繋いだとします。


その時、電池の電圧は、導線の電気抵抗はごく小さく豆電球の電気抵抗は大きいので、銅線では、ほとんど電圧降下をしないで、電圧は豆電球の両端に掛かります。
豆電球を含む直列回路には、電池の内部抵抗と導線の抵抗を無視すると電圧を豆電球の電気抵抗で割った値の電流が流れます。(適切な単位をつける)
空気は、銅線や豆電球の電気抵抗に比較して、ほぼ理想に近い絶縁物(電気抵抗が無限大に近い)なので空気には、電流は流れません。
    • good
    • 0

実際には導線の外のある電子たちにも電圧はかかっています。


そして空気中などの電気抵抗は導線に比べてはるかに大きいため電流は流れないように思えますが実際にはほんの少しだけ流れています。
導線をつないでいない状態でも長い間放置した電池はなくなりますよね。
あれは導線に電気が流れるように周りの空気にも流れているのです。
    • good
    • 0

一言で言うと金属とか導電体中の電子は動きやすくて


空気とかプラスチックとか絶縁体中の電子は動きにくいからです。

ですから、電気を流している時、導線にも空気にも電圧はかかっていますが
導線の電子はその電圧で電子が動くのに対し
空気の電子はその電圧では電子を動かせないんです。
ですから空気でも電圧を上げれば電気を流すことができます。

氷のチューブに水を流したときを考えたら良いかもしれません。
どちらも水分子からできていますが、液体の水は動きやすいから流れるけど
氷になると水が流れるぐらいの圧力では動きません。

ちょっと感覚的な説明ですが、ざっとそんなところです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4月からV-max(新車)が買えなくなるって本当ですか?

私はV-maxに乗りたくてバイクの免許(今は中型)を取りました。1年以内に大型免許を取ってV-maxを買おうと思っていたのですが、4月以降排ガス規制のために新車のV-max(逆車)の登録ができなくなるという噂を聞きました。この噂が本当か知りたいのです。
もし本当なら3月中にV-maxを買って、とりあえず大型免許を取って乗れるようになるまでガレージに置いておこうと思うのですが、ただ置いておくだけでもバイクは痛むと聞きました。これも本当なのでしょうか?
私は女でしかも小柄。でもV-maxのためにバイクの免許を取ったし、いつかV-maxを乗りこなせるようにと運転技術を向上させたくてライディングスクールにも通っています。これでV-maxに乗れなかったら・・・と思うと悲しくなります。
どんな情報でも構いません。ご存知の方教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

排ガス規制でV-MAX(逆車)が入らなくなるかはよく分りませんが、買ったバイクを長期にわたり放置すると色々不具合が生じるのは確かです。(体験済み)
ガソリンタンクからガソリンを抜いて放置すれば、タンク
内部に錆が出ます。かといってガソリンを入れたままだと
ガソリンが酸化しキャブレター内部に付着し、キャブのオーバーホールをしなくてはならなくなります。(かなり長期に放置した場合)
当然、バッテリーもはずして保管しなければならないし、
エンジンオイルも抜いた方がいいと思います。
クラッチがくっ付いてしまう事もあるので、クラッチレバーをグリップに引いた状態で固定したりとか、色々です。
よく周に1度くらいエンジンをかけ、数分間アイドリング
状態にすれば何とかなる・・・などと言われましたが
私の場合はあまり効果が見られませんでした。
なんにせよ、もし限定解除をする前にバイクを購入するなら(期間にもよりますが)それなりの覚悟は必要かと思います。
バイク(とくに大型)は楽しいのでがんばってください。

Q電池と豆電球の実験で豆電球への銅線が一つ枝われしてます

電池と豆電球の実験で豆電球への銅線が一つ枝われしてます。その先にはいきどまりで何も有りません。やはりいきどまりだと、電池の
減りは早い?

Aベストアンサー

銅線を水道のホースと考えます。
また、電池をポンプと考えます。
 豆電球は、水車と思ってください。

 銅線が途中でふたつに分かれていて、その先には何もつながっていないのは、・・・
 水道のホースが途中でふたつに分かれていて、その先に何もつながってはいないけれど、水もれしないように栓がしてある状態と同じです。

 はじめは、何もつながっていないところまで水は流れて行きますが、ホースの中が水でいっぱいになってしまうと、もうそれ以上、そこには水がながれていきません。
 (※もしかすると、先端から少しは水もれしているかもしれませんが、無視していも良いくらいの量です。)

 これと同じで、電池の減りは枝われしていても、いなくても、あまり違いはありません。


 

QV-MAXのライバル車は出てこないか??

僕のイメージですがV-MAXの対抗車はX4だと思います。
しかし、X4は生産中止となりV-MAXの対抗車が
なくなってしまったように感じます。
今後X4の復活やV-MAXの対抗車としてドラッグマシン
が新発売されたりすることはないのでしょうか?
個人的にはX4が好きだったので生産中止なったことは
非常に残念です。

Aベストアンサー

この車種なんかどうでしょう?
排気量の違いがあるのでライバルとはいえないかもしれませんが。

参考URL:http://www.presto-corp.jp/lineup/05_mt-01/index.html

Q豆電球2個の直列回路と並列回路で・・・

豆電球2個の直列回路と並列回路で、豆電球を1個ソケットから外したとき、もう一方の豆電球の明かりはついてるか。
という問題が、わからないので教えてください!
回答は、直列回路と並列回路両方ともです。

Aベストアンサー

解答間違っていませんか?

別の例えで考えるしかありません。
A地点からB地点に行くのに豆電球という橋があります。

直列回路は、A地点から少し行くと1個目の豆電球1という橋があり、そこをもう少し行くと2個目の豆電球2という橋があります。そこを渡って最後にB地点にたどり着きます。どちらか1つでも豆電球という橋を取り外したらAからBにはいけません。

並列回路は、道は2本あります。A地点から豆電球1という橋をとおりB地点まで行きます。もうひとつはA地点から豆電球2という橋をとおりB地点まで行きます。
たとえば豆電球1という橋をはずしても、豆電球2という橋はありますから、AからBにいけます。

つまり並列回路なら1こ豆電球をはずしてももう一方は点いています。
並列と直列とはこういうつながり方という意味ですので解答の答えは合っていますか?

QV-MAXについて

私の知人がV-MAXに非常に興味があるらしいので、いくつか質問させていただきたく投稿しました。

・まず、インプレ集などでV-MAXは加速「感」が物凄いとよく見ますが、加速感が凄いだけで実質の加速はさほど凄くないのでしょうか?
CBR1000RRやR-1など各社SSと比べると厳しいものがあるかとは思いますが、排気量なりの加速は味わえるのでしょうか?

・あと、以前雑誌で時期V-MAXが発売されるという記事を見たのですが、皆さんの予想ではいつぐらいに発売されると予測されていますか?

それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際の加速も凄いです。
ほとんどの人が満足できます。
しかし現在ではもっと速いバイクがあるのが現実です。
V-MAXの基本設計は85年から同じですから。

新型は、まだ出ないんじゃないですかね。

Q直列回路と並列回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのか

道筋が一本の回路と道筋が枝分かれしている回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのですか??
直列回路より並列回路の豆電球のほうが明るいのはどうしてですか??

Aベストアンサー

豆球ひとつの両端にかかる電圧が異なるからです。並列につなぐと電池そのもの電圧がもろにかかり、直列に繋ぐとそれぞれの電圧は半分になります。電流の強さは電圧に比例しますから、ワット数が大きくなり、それだけ明るく輝くことになります。

QV-MAXに似たバイク

この間雑誌を見ていたらV-MAXというバイクがあり、一目惚れしました。

V-MAXの形似た中型・大型のバイクってあるのでしょうか?

中型・大型バイクについて全くの初心者なので失礼な質問かもしれませんが、ご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ああ、判りますその気持ち。
私も20ン年前にV-MAXにあこがれて限定解除したオッサンですので。
あまり似たのってないんですが、
意匠的に類似点があるとすると
FZX750とかT-MAX(これはスクーターですが)あたりでしょうかね‥‥。

Qなぜ直列回路で2つの豆電球のうち片方しか点かないのですか?

直列回路で豆電球を2つつなぎます。
このとき,一方の豆電球しか点かないのですがなぜですか?
電流はどこでも同じだけかかるため,電圧に理由があるのだと思いますが
その場合,2つの合計の電圧が電池よりも大きいからですか?
抵抗までは習っていないので,電圧と電流だけを使って説明しなければいけません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後の質問も含めて 電気の基本です

オームの法則を習っていなければ イメージだけです

電池に豆電球2個を明るく光らすだけの力がないからです
(厳密には片方しか光っていないのではなく、光り方の程度が違うだけです、電球ではなく発光ダイオードの場合には全く異なります))

同じ規格の電球の場合でしたら、その違いは製品のばらつきによります
異なる規格の電球ならば 乾電池で光易い電球と光り難い電球の違いです

質問者が 小学生か中学生かそれ以上かでも 回答は異なります
このような初歩的な質問の場合には、それを書いていただかないと 見当はずれな回答になってしまいます

QV-MAX乗りの聖地

V-MAX乗りの聖地ってどこですかね?

Aベストアンサー

V-MAXに限ると難しいですが、ヤマハ車の母胎ということで静岡県磐田市の製造工場はいかがでしょうか?

東京圏、大阪圏のライダーとも集まりやすいエリアなのでオフ会も多く開催されているみたいです。

Q電地のプラス極から「豆電球」を点灯して

小学生の娘からの質問で私にはまったく分かりませんのでお聞きしたいのですが?

電地のプラス極から「豆電球」を点灯してマイナス極に戻る流れの中で。
「豆電球」を点灯したあとマイナス極に戻る所は何が戻ってるの?
という質問です。
何が電池に戻っているのでしょうか?

母子(頭脳は共に子供)にお教え下さいませ。

Aベストアンサー

苦労されているようですね。

まず、電子がマイナス極から出て、プラス極に戻るというのは良いでしょうか?
ややこしいですが、他の方の回答にあるように、電流はこっちに流れると決めて
しまったあとで、実際に電子が逆方向に流れているということがわかったため、
マイナスの電気を帯びた粒子が電流と逆方向に流れるという説明にしたそうです。

さて、水路を考えます。水は高いほうから低い方へ流れます。電子はマイナス極
を高いと感じ、プラス極を低いと感じます。マイナス極から出た電子は水が高い
方から低い方へ流れるようにプラス極へと流れます。電池はそれをもう一度高い
ところへ汲み上げる働きをします。

次に水路の途中に水車を置きます。水は水車を回しますが増えも減りもせず流れる
じゃないですか。電子も違うものになるわけでも、減るわけでもなく、プラス極に
もどるのです。

さて、電球で起こっていることを説明します。今度は水のかわりにビー玉で考えま
しょう。電線の中を電子は何の邪魔も無く流れるのではありません。必ず電線を
構成している金属の原子があり、電子が通るのを邪魔します。丁度ビー玉を転がす
道に釘が打ってある感じです。これを抵抗と言います。普通の電線はその釘の数が
少ないので抵抗が少ないのですが、電球の所はその線が細かったりして抵抗が高く
してあるのです。丁度幅が狭く、釘がたくさん打ってある感じ。そこをビー玉が
流れるときっと音がたくさん出るでしょう。電子も原子にたくさんぶつかりながら
ながれると原子の振動が大きくなります。どんどん振動が大きくなると、温度が
上がります。少しだとちょっと赤い感じ。それがだんだんオレンジになり、黄色に
なりというように、温度が上がると明るくなります。空気中だと線が焼けきれて
しまうので、電球の中は空気を抜いて真空になっています。これが電球です。

もう一度いいますけど、原子を振動させた電子はどこに行くわけでもなく、また
プラス極に戻ってきて、「高い」マイナス極に電池によって汲み上げられ、また
流れるのです。

苦労されているようですね。

まず、電子がマイナス極から出て、プラス極に戻るというのは良いでしょうか?
ややこしいですが、他の方の回答にあるように、電流はこっちに流れると決めて
しまったあとで、実際に電子が逆方向に流れているということがわかったため、
マイナスの電気を帯びた粒子が電流と逆方向に流れるという説明にしたそうです。

さて、水路を考えます。水は高いほうから低い方へ流れます。電子はマイナス極
を高いと感じ、プラス極を低いと感じます。マイナス極から出た電子は水が高い
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報