手形、小切手以外の有価証券を他の人に譲渡するときや保険の権利を他の人に譲渡するときにも証券に「裏書」しますが、手形、小切手以外にする裏書きについても法律で決まりがあるのでしょうか。
もし、あるのでしたらどの法律なのか教えて下さい。

A 回答 (2件)

 財産関係のあらゆることの基本になる法律は民法です。

民法469条には「指図債権ノ譲渡ハ其証書ニ譲渡ノ裏書ヲ為シテ之ヲ譲受人ニ交付スルニ非サレハ之ヲ以テ債務者其他ノ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス」として、指図債権(指図により譲渡できる債権)に対する基本的な規定があります。しかし、この規定では、当事者のみにおいては意思表示だけでも効力を生ずるのに対して、商人に適用される商法では、手形小切手と同じく、裏書がなければ譲渡の効力は生じないことになっています(商519)。保険債権は当然には指図債権ではありませんので、譲渡には原則として債務者の承諾が必要です(指図式の場合は不用との説もあります)。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1612/mpb/m …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
的確なご説明に感謝しております。
商法519が根拠となっているようですね。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 21:31

債権を他人に譲渡するときは譲渡人である債権者が債務者に「誰々に譲渡する」と云う通知か又は債務者の承諾がなければなりません。

(民法467条)そしてこれを第三者に対抗するためには内容証明郵便などの確定日付が必要です(同法同条2項)ところで平成10年に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律」(俗に「債権譲渡特例法」と云います。)と云う法律が制定され、法人の場合で、かつ、金銭債権に限って一定の登記することで民法上の通知や確定日付が不要となりました。私は、まだ実務経験がありませんが手元の六法ではそのように書いてありました。また、同時に「債権譲渡登記令」と云う政令があり、更に、「債権譲渡登記規則」と云う省令がありますので、それらの規定に従ってなされるようです。それらの特別な場合以外は民法の原則に従って手続きすればよいと思います。
なお、保険の権利を他の人に譲渡するときは証書を持っている者が債権者で保険会社が債務者ですから保険会社が承諾すれば証書に裏書きするだけで譲渡は有効です。ただし、それだけでは第三者に対しては対抗力がありません。(これも特例があるのかも知れません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tk-kubotaさん、早速のご回答ありがとうございます。
詳しいご説明で、大変、参考になりました。早速、教えていただいた法令等を調べてみようと思います。
また、「裏書」すれは゛法的に譲渡の意思表示と解されるのか疑問を持ちました。

お礼日時:2002/02/17 18:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実印と印鑑登録証明書について

実印と印鑑登録証明書について教えてください。
今、手元にある実印と印鑑登録証明書でも、役所で実印の変更手続きさえすれば、変更前の実印と印鑑登録証明書は、もう実印ではありませんし、使用することはできませんよね?

Aベストアンサー

一般的には印鑑証明書の有効期限は発行日から3ヶ月以内とされています。

したがって、その範囲内であれば有効であるといえます。つまり旧の実印、印鑑証明は使用することが出来ます。
逆説的に言えば、変更手続きしても3ヶ月以内は旧実印は変更後の実印なみに管理する必要があると言うことです。

Q有価証券 船荷証券

有価証券と聞くと
手形、小切手、株券、社債と
お金の価値の乗ったものを思い浮かべてしまうのですが

船荷証券、倉荷証券というのは
お金ではなく、物品そのものが
証券で流通するイメージなのでしょうか。
でも物品を即時取得した人が出てきたりすると
現実に所有権を有するかどうかはまた違う話になりますよね?
また、お金じゃないので担保にしてもらいにくい気がするんですが。
結構実務では使用されているのでしょうか。
供託も可能ですか?

船荷証券が特にイメージしにくいのですが
たとえば外国にから商品を買う場合
ひとつの取引の中で
船荷証券、外国為替と
相互に証券が飛び交っているんでしょうか。

証券として流通可能なので
宅急便などの受領書とは異なると分かるのですが
トラック、貨物列車や航空機での輸送でも
船荷証券みたいなものはあるんでしょうか。
個人の海外ショッピングというよりは
担保にも出せるような
高額な物品の移動に使われるのでしょうか。

Aベストアンサー

 船荷証券や倉荷証券は,石油,石炭,穀物,その他転売を予想される貨物(多くは大量の物)について発行されるもので,そこに表章されている権利は,貨物の引渡請求権です。

 これらが発行される貨物は,倉庫に入っていたり,船に積まれており,倉庫業者や輸送業者は,証券の所持者に対してでなければ,貨物を引き渡してはならないとされていますので,証券の受け渡しをするだけで,船荷や倉荷の転売ができることになるわけです。

 もちろん,倉庫業者らが,不正をして,貨物を持ち出し,転売することで,即時取得が可能になることはありますが,上のような貨物について,買主が善意無過失ということは余りないと考えられますし,その場合には,あるはずの貨物がないということで,その分については,これらの業者がその損害賠償債務を負うことになります。

 一般には,貨物の価格が相当額になるので,担保価値も十分ありますし,有価証券ですので,担保に出す場合にも,貨物そのものに対する占有の移転を要することなく,質入裏書で済むという利点があります。

 船荷証券や倉荷証券に,為替手形がくっついたものが,荷為替手形といわれるもので,売主は,これらの証券と一緒に為替手形を振り出し,それを銀行で割り引いてもらって代金を回収するとともに,銀行は,買主に為替手形の引受を求めて,代金を取り立て,買主に証券を引き渡すという関係になります。

 トラック,鉄道,航空機については,そもそも船荷証券にあたる有価証券を発行できるという法律がありませんので,同様の証券が出されることはないと思います。もともと,このような輸送手段では,輸送時間が短いですので,証券を出すメリットもない(輸送中に売買する。)ように思えます。

 私で分かるのはこの程度です。

 商行為法や,海商法というタイトルの本が出ていますので,そちらを見ればよいと思います。

 船荷証券や倉荷証券は,石油,石炭,穀物,その他転売を予想される貨物(多くは大量の物)について発行されるもので,そこに表章されている権利は,貨物の引渡請求権です。

 これらが発行される貨物は,倉庫に入っていたり,船に積まれており,倉庫業者や輸送業者は,証券の所持者に対してでなければ,貨物を引き渡してはならないとされていますので,証券の受け渡しをするだけで,船荷や倉荷の転売ができることになるわけです。

 もちろん,倉庫業者らが,不正をして,貨物を持ち出し,転売することで...続きを読む

Q転居に伴い、実印登録の印鑑を変更したい

実印登録する印鑑を変更したいのですが登記簿などですでに実印を使用しています。
実印登録する印鑑を変更した場合、昔の実印で作った書類などに何か影響がでますか?

Aベストアンサー

実印をどのように使用していたかで手続きが変わると思います。
登録した実印を銀行印としても使用していた場合、かなり煩わしい手続きが待っている…かも?
不動産取得、相続、法人登記などで継続事項が無ければ、影響は無いかも?
自動車取得時の印鑑証明書は…?そのあたりは、詳しい事は解りません。済みません…。

Q手形の裏書きをしてしまいました。

1年程前、両親の会社の手形の裏書きをしました。
先月、倒産してしまい、当然私の所に請求がくると思っているのですが、
今だになんの連絡もありません。
現在主婦で財産も何もありません。
弁護士は「あなたに財産がないと思えば、請求しない可能性もある」
と言っていました。でもその手形をそのままにはしておけませんよね。

1.手形とはそのようなものなのですか?
2.何も言ってこない業者にはどう対応すればいいのでしょうか?
3.和解のように、話し合いで済ませる事もできますか?
他にも保証しているものがあるので、自己破産も考えてますが・・。

Aベストアンサー

ご指摘の通り、手形はお金と同じように市中を流通します。
流通の際、裏書人が増えていきます。
債権としての価値を担保するため、一旦振り出された手形は
振出人が必ず期日に買取る仕組みになっています。
買取りされなかった手形が不渡りとなり持参人へ返却されます。
3月末分の手形が落ちなかったとすると、これから連絡が
入るかもしれません。
ご両親の会社が振り出した手形を最初に受取った方が
今も持っていたら、その方から連絡が入るでしょう。
枚数と期間を考慮すると未決済の手形が残っていますね。
しかし、その方が手形を第3者へ裏書しているとしたら、
あなた以外にも裏書人がいる事になります。
また手形訴訟は2週間程度で結審するそうですが、
「資産」がない相手に訴訟は起こさないかもしれず、
弁護士さんが仰る通りかもしれません。
ご心配の段お察ししますが、今は状況を見守る事が
良いかと存じます。

Q実印と印鑑証明について

実印と印鑑証明について

実印は印鑑証明を受けたものですが
昨日,住宅ローンの減税を受ける為
ある金融機関(J○)に年末のローン残高証明書を発行してもらう為に行きましたら
実印が必要と言われました。

本当に必要なのでしょうか?

あまりいろんなところにポンポン押したくないので
必要な理由が知りたいのです。

その金融機関が必要と言えば他の金融機関がどうかなど関係なく必要なんでしょうか?

また、実印を押した場合は印鑑証明も通常 提出するんですよね?

印鑑証明は不要と言われました。実印が必要なときは印鑑証明書も必ず必要だと思ってましたが。。。

普通、実印は大きな買い物の契約などで本人確認をする為と思っていますが
ローンの残高証明書発行でも必要な世の中でしょうか?

よく分かっていませんので教えてください。

Aベストアンサー

この様にお考え下さい。

実印=本人確認 です。

すでにローンを使用されてるので印鑑証明は最初に提出しています。
印影が同じであれば、申し込んだ時の印鑑と申請の印鑑が同一なら
本人 と認めれます。

それと
>あまりいろんなところにポンポン押したくないので
この考え方は正解ですが、実印は印影だけでは何ら意味なしません。
印鑑証明とセットで初めて効力が出ます。

なので印影で悪いことは出来ませんよ。
仮に行ったら、警察に訴えれますので・・・

Q小切手・手形 再発行について

小切手・手形 紛失の件で質問です。

受取手形もしくは得意先から支払われる小切手を
紛失してしまった場合、相手先に再発行して貰うのは
可能なのでしょうか?

その際に発生する問題(例:手数料が必要など)や
こちら側で用意しなければならない書類、必要な手続き、
等教えてください。

また、紛失したことのある方はいらっしゃいますか?

もし弁償しないといけないとしたら、弁護士などに
相談したほうが良いでしょうか?
あともし見つかった場合、返金して貰えるんですよね?

ご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再発行できますがあなたの信用は地に落ち、手形などであれば裏
書きされ換金されてしまいます。
即、以下の手続きをして下さい。
1.相手先の会社への報告
相手先の会社では以下の手続きをしなくてはなりません。

1.支払停止の依頼
  取引銀行に対して事故の発生を通知し、支払停止を依頼すること。
2. 警察への届出
  所轄の警察署に紛失の届出をすること。
これは、後に法的手続きをする場合に必要となります。
3.信用情報センターへの届出
  盗難または紛失された受取手形は、手形割引業者に持ち込まれ
即日現金化されることがあります。 金融業者で出資している信用
情報センターにその受取手形の内容をお届け頂きますと、加入して
いる業者へ連絡されます。
4.裁判所への手続き
  所轄の簡易裁判所に盗難手形の無効宣言をしてもらうために申
し立てを行うこと。 手続き等は、弁護士へ相談ください。
盗難ならしかたない部分もありますが、紛失など会社経営もしく
は、その業務に携わる者としてあってはならない事です。
今後は銀行などに預けるなど十分に注意して下さい。

再発行できますがあなたの信用は地に落ち、手形などであれば裏
書きされ換金されてしまいます。
即、以下の手続きをして下さい。
1.相手先の会社への報告
相手先の会社では以下の手続きをしなくてはなりません。

1.支払停止の依頼
  取引銀行に対して事故の発生を通知し、支払停止を依頼すること。
2. 警察への届出
  所轄の警察署に紛失の届出をすること。
これは、後に法的手続きをする場合に必要となります。
3.信用情報センターへの届出
  盗難または紛失された受取手形は、手形割引...続きを読む

Q印鑑証明を添付しない時の実印の法的効力は?

印鑑証明を添付しない時の実印の法的効力は、認印と変わらないのでしょう
か?
もし印鑑証明が添付されていると、裁判になった時の法的効力が大変大きい
と聞きました。
もし印鑑証明がなければ実印も認印も効力が一緒なら、契約書に押印する時
すべて実印を押そうと思うのですが、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

 実印や印鑑証明は、相手から見た時に、あなたが不正をしていないことの証明になるものです。
 なので、仮にあなたが実印登録をしている実印をあなたの契約時に押した場合、裁判になった時、印鑑証明が無くてもあなたの実印であることは相手側は容易に証明できます。認印でもあなたの筆跡があれば、あなたが契約をしたことは容易に証明できます。
 ところが、仮にあなた以外の人があなたをかたって、実印登録していない実印のようにみえる印で契約したとします。契約相手は、それはあなたと思いますから、訴訟になった場合あなたを訴えるわけですが、それは当然あなたではないわけで、契約相手は困るわけです。それを防ぐためのものです。

>もし印鑑証明がなければ実印も認印も効力が一緒なら、契約書に押印する時すべて実印を押そうと思うのですが、どうなんでしょう? 

 不正利用される可能性が広がります。
 例えば、あなたが押した印と同じようなものを作られ不正利用されたり、押した印の朱肉痕を写し取られて不正利用されたりする可能性が有ります。
(普通されることは有りませんが)

Q手形小切手法の勉強方法

法科大学院生です。

手形小切手法を勉強しているのですが、
何となく他の教科と違う気がして
(条文がカタカナということもありますし、
なんだか学説と判例の立場の祖語が大きいような、、、)
なかなかマスターするのに苦労しています。

手形小切手はなぜ特殊な感じがするのでしょうか。
自分でもなぜなのか分からず困っています。

それが分かれば対処方法が分かるかと。

教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

対処法になるか、自信はありませんが
一応。

この分野は非常に技術色が強い分野です。
憲法ならイデオロギー、政治がバックにあり
刑法なら哲学的なものがバックにあります。
民放だと現実の社会的な背景てのがあります。

しかし、手形小切手はそういうバックが
あまり無いのですね。
これが一つ。

後は、他の法律だと色々な結論が出てきますが、
手形小切手については、結論は大体同じです。
採る学説により、説明の仕方が
変わって来るだけです。
この説明の仕方が「理論」になります。
ある理論を採ったなら、その理論で一環させる
必要があります。
そういう意味で理論矛盾があってはいけません。
致命的になります。

対処法はそうですね。理論が一環し、矛盾が
生じないように注意する、てことでしょうか。
一度理論をマスターしてしまえば、短期間で
克服できる分野でもあります。

頑張って下さい。

Q印鑑証明と実印登録について

相続手続き上の話ですが、必要書類の1つとして、市役所発行の実印の印鑑証明を取得するように、と言われました。私、転勤族なもので、引越しした先で、市役所への印鑑登録をしたりしなかったりです。また、実印として登録する印鑑も、時々で変わったりするのですが、そもそも登録する市役所によって実印が変わる、ということは、特に問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

実印登録は転出で登録無効になります。転入先で新たに実印登録しない限り登録実印は存在しません。実印登録された印でも紛失による改印届けで別の印鑑で再登録すれば旧印鑑は実印ではなくなり、再登録した新印鑑が実印となります。ある時点で実印登録されている印鑑に対して印鑑証明書を発行してもらえます。実印は硬い変形しない材質の印鑑(100円や300円の三文判でも可能、ゴム製のシャチハタ印は駄目)であれば何でも良く、実印とすることが可能です。印相学に基づく縁起の良い印(開運印)など気にしなければどんな印でもいいし、登録して印鑑証明書を発行して貰い、その後で改印登録しても構いません。印鑑証明書はその発行日に実印登録されていたことを証明する有印公文書に過ぎません。実印登録は住民票のおいてある市役所のものが有効で、過去の印鑑登録は新住所へ転出した時点(転入届出市役所から転出市役所に転入届受理が通知される)で無効になります。つまり実印が同時に色々な市役所に登録されているわけでなく、過去に住民票のあった市役所に登録していた実印は登録抹消されていますので以前の市役所で登録していた旧実印の印鑑証明は受けられません。

>引越しした先で、市役所への印鑑登録をしたりしなかったりです。

印鑑証明書や実印が必要でなければ特に印鑑登録する必要はありません。

>実印として登録する印鑑も、時々で変わったりするのですが、そもそも登録する市役所によって実印が変わる、ということは、特に問題はないのでしょうか?

何の問題もありません。旧住所から転出すると同時に実印登録も無効になります。
印鑑証明書が必要なら改めて転入した住所の市役所で印鑑登録して実印を決めその印の印鑑証明書をとります。登録印鑑の改印手続きや転出引越ししない限り実印は変わりません。

実印登録は転出で登録無効になります。転入先で新たに実印登録しない限り登録実印は存在しません。実印登録された印でも紛失による改印届けで別の印鑑で再登録すれば旧印鑑は実印ではなくなり、再登録した新印鑑が実印となります。ある時点で実印登録されている印鑑に対して印鑑証明書を発行してもらえます。実印は硬い変形しない材質の印鑑(100円や300円の三文判でも可能、ゴム製のシャチハタ印は駄目)であれば何でも良く、実印とすることが可能です。印相学に基づく縁起の良い印(開運印)など気にしなければ...続きを読む

Q使用済みの小切手、手形の所有権は?

手形帳、小切手帳を、銀行から買い、交換支払い済みの手形、小切手は、銀行から戻ってこないが、所有権は、買い取った振出人のものと思いますが、返還請求出来ますか?あまり、聞いたこと無い初歩的な質問で、すみません。宜しくお願いします、

Aベストアンサー

返還請求はできます。

しかし、返還した場合何に使われるかわからないのでそのような危険を冒してまで請求には応じないでしょう。

何に使われるかと言うと使用済の小切手を回収しても新たな小切手として振り出せますが誰かが偽造変造した場合裏書人に迷惑がかかります。

また、裁判時の証拠にもなりますので恐らく無理です。


人気Q&Aランキング