懸賞で車や現金1000万円等を当てると確定申告をするようになっていると思うのですが税金はどのような扱いになるのでしょうか?次の年の住民税にも影響するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

懸賞で50万円以上のもの(現金、物品)が当たった場合、競馬・競輪で50万円以上の払い戻しを受けた場合は、一時所得となり確定申告が必要になります。


しかしながら、貰った全額に課税はされません。課税される金額は
{(貰った金額-貰う為にかかった経費)-50万円}×2分の1
となります。
但し、現金が当たった場合、一定金額(確か100万円)を越えると、貰う段階で大体7.5%が源泉所得税として引かれますので、実際に確定申告で払う金額は少なくなります。(1000万円で75万円引かれます。)
住民税にも当然影響してきます。大体の税金の金額ですが(ほかの所得によってもかわりますが)100万円で所得税と住民税合わせて10万円、300万円であわせて40万円、1000万円であわせて200万円くらいでしょうか。
ただ、源泉である程度引かれますので、貰った分の2割を残しておけば問題はないはずです。
でも、はっきりいってもらってみたい…。クイズ・ミリオネアでもでようかな(爆)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ当たった訳ではないんですが、もし当たったらと思って心配でした(>_<)やっぱり住民税とかのために残しておかないといけないんですね。勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/17 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎年税金を1000万円収めている場合

一概に言えないと思いますが、家賃収入などの不動産収益で年間1000万円の税金を払っている場合、
年間所得はいくらくらいになるのですか?

Aベストアンサー

給与所得ではないので
 簡易計算で
 ・控除額:249万
 ・税率 :37%
 で逆算すると
 ・課税総所得金額は3380万くらい

 1000万の税金が所得税の場合:別に地方税が掛かります

 1000万が所得税+地方税の場合3380万より少なくなります

Q懸賞の税金は?

懸賞で車とかが当たると確定申告が必要ですとか書いてますがどのくらい税金を取られるのですか?それは一時的なもので翌年の住民税などに影響はあるのでしょうか?どなたかわかる方、簡単に説明をお願いします。
当選した訳ではないのですが、いざという時の知識として知っておこうと思ってます。

Aベストアンサー

税金が発生するようなものは、おそらく支払先から支払い通知書のようなものもくると思いますよ。私も、そんな大きなものは当たったことがありませんが、おそらく、<申告の参考にどうぞ>という書類がついてきて、申告額(書き方)もあると思いますが・・・。
なぜなら、申告が必要なものは、受領者が申告するかしないかにかかわらず、事前に税務署に支払い調書が送られていくはずです。ですので、こっそり頂いたつもりでも、税務署にはすでにお見通しで、のちのち「お尋ね」の通知が来て、その時に申告してももう余分な利子税や延滞税も払わざるを得なくなりますね。懸賞とは違いますが、満期保険金の受け取りでも一定額以上になると同じですね。
でも、私も、例え一度でもこういう懸賞に当たってみたいですよ(笑)。
なお、当然、翌年限りですが住民税(県市民税)なども同じように増えますね。

Q現金で家を建設する場合の税金

マンションを売却し、そのお金で親の土地に家を建設予定ですが、ローンを組まないと税務署から問い合わせが来るのでしょうか?又、ローンを組んだとして、すぐに全額返済をしても問い合わせが来て、税金がかかるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

>マンションを売却し、

 譲渡所得が掛かる場合が有ります。

>問い合わせが来て、税金がかかるのでしょうか?教えて下さい。

 何に対してどんな税金が掛かると思われているのか知りませんが
 
>ローンを組まないと税務署から問い合わせが来るのでしょうか?

 ローンか現金かで税金の額が違うことはありません。
 不動産取得税、固定資産税

 現金の出所を自分名義の預金口座等ではっきりさせておけばいいですが、
 親から貰ったとかならば贈与税がかかります。

 これ以外に家を建てて掛かる税金なんて無いはず

Q不動産賃貸の税金<経費の扱いについて>

こんにちは。
主人の転勤に伴う引越しのため、自宅マンションを賃貸に出すことにしました。
やっと借り手が決まり、11月からの入居です。
今年の不動産賃貸による収入は89000円×2ヶ月分の178000円です。
経費が仲介料、広告料等が186900円、
管理会社への毎月の管理費が10500円×2
ハウスクリーニング代が69300円
マンション自体の管理費、修繕積立金・・・・と、経費のがはるかに多い状況です。

今年は申告は必要ないと思うのですが
来年1年間まるまる貸すことができれば
経費を差し引いた金額が20万を超えるかもしれず
青色申告が必要になるかもしれません。

管理会社には、収入からの差し引きで経費を払います。
なので今年の収入ではまかないきれないので
手数料等は来年分の収入からも払うようになります。

この場合、仲介料、広告料等の手数料はあくまで平成23年にかかったものとみなされて
来年の経費には組み入れられないのでしょうか?
それとも、実際の家賃がいくらか、ではなrく
経費を差し引いて管理会社から実際に振り込まれた金額が所得ということに
なるのでしょうか?

わかりにくいかと思いますがどなたかわかる方お願いします。

こんにちは。
主人の転勤に伴う引越しのため、自宅マンションを賃貸に出すことにしました。
やっと借り手が決まり、11月からの入居です。
今年の不動産賃貸による収入は89000円×2ヶ月分の178000円です。
経費が仲介料、広告料等が186900円、
管理会社への毎月の管理費が10500円×2
ハウスクリーニング代が69300円
マンション自体の管理費、修繕積立金・・・・と、経費のがはるかに多い状況です。

今年は申告は必要ないと思うのですが
来年1年間まるまる貸すことができれば
経費を...続きを読む

Aベストアンサー

まず、早急に事業開始届けと青色申告承認申請を税務署に提出しましょう。
青色申告の場合には「欠損金の繰越」ができます。
平たくいうと、平成23年の所得計算の上で発生した赤字を、平成24年分の所得から控除できるという制度です。

会計処理は「総額主義」を採ります。
例えば、10万円が家賃で、管理会社からの経費3万円を引いて入金があった場合です。
家賃収入7万円という計上の仕方は「×」です。
家賃収入10万円、支払い手数料3万円という記帳をします。
頭の中で足し算引き算をして差額を記帳するということをしてはいけませんよ、ということです。


「仲介料、広告料等が186900円」
支払った日の属する年の経費です。

「管理会社への毎月の管理費が10500円×2」
平成23年12月分として、平成24年1月入金分から差し引きされてるなら、23年分の経費計上です。
帳簿上は「未払い費用」として処理し、年を越して入金があったら、未払い費用を払ったという処理をします(※)

「ハウスクリーニング代が69300円」
支払った日の属する年の経費、あるいは「開業費」にする手もあります。
開業費にすれば、繰延資産になりますので、今後利益が発生した年から5年間以内で経費として償却という手が使えます。
青色申告なら既述の欠損金の繰越ができますので、いずれ経費と出来ますから、どちらを選ぶかは本人の選択です。
ただし、開業費になるかならないか?と考えなくてはなりません。
私は開業費にして良いと思う派なのです。違う考えもまたあると思います。
それを考えるのが面倒だというなら「支払った日の属する年の経費」にしてしまいます。

※12月発生分翌年1月払いのみこうします。貸借対照表に「未払い費用」として上げるためです。
尚、もし興味がありましたら「期中現金主義」をネット検索してみてください。
そういうやり方もあるということです。

まず、早急に事業開始届けと青色申告承認申請を税務署に提出しましょう。
青色申告の場合には「欠損金の繰越」ができます。
平たくいうと、平成23年の所得計算の上で発生した赤字を、平成24年分の所得から控除できるという制度です。

会計処理は「総額主義」を採ります。
例えば、10万円が家賃で、管理会社からの経費3万円を引いて入金があった場合です。
家賃収入7万円という計上の仕方は「×」です。
家賃収入10万円、支払い手数料3万円という記帳をします。
頭の中で足し算引き算をして差額を記帳す...続きを読む

Q住民票のないところにある家屋の売却とそれにかかる税金

父親の自宅看病のため、父母には、自分たちの家から姉のいる県外のマンションに2年前に引っ越してもらいました。住民票も移してもらいました。その後、父が亡くなり、遺言通り元の家を母親が相続しました。その後、母はいろいろ考えた末に、仲介業者を通じて家を売却しようと考えています。しかし、住民票を移し2年間住んでいなかった家を売却すると相当に税金を取られるのではないかと心配しています。
 売却対象の元の家とは、土地付き1戸建てです。売却する場合には、土地の取得費用+減価償却を考慮した建物価格+取得時の諸費用のほうが、売却予定金額よりも多いと思われます。

 そこで、質問です。上記の状況下で、住んでいない家を売却した場合には、税金がかかるのでしょうか?かかるとしたら、その税金はどのように算出されるのでしょうか?

売却に至るまで、そこに住んでいた家ならば税金がかからないと思われますが、住んでいなかった場合にはたくさん税金を取られるのではないかと母が心配しています。

Aベストアンサー

>土地の取得費用+減価償却を考慮した建物価格+取得時の諸費用のほうが、売却予定金額よりも多いと…

ということなら、税金の心配などする必要はありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/3202.htm

>そこに住んでいた家ならば税金がかからないと思われますが…

「譲渡所得額」(売値から買値を引いた残り) がブラスであれば、3,000万円を控除してもらえる制度はあります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/3223.htm
しかし、所得がマイナスの場合は関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報