Ne sont-ils pas a Paris?という文なのですが、このぶんの肯定の答えと否定の答えを言ってみようというものなのですが、肯定がSi,ils sont a Paris で否定が、Non,ils ne sont pas a Paris?なのですがこれらの訳をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  >Ne sont-ils pas a Paris?
  彼らは、パリにいないのですか?
 
  否定質問に対する「否定肯定」……Si
  >Si,ils sont a Paris.
  いいえ、彼らはパリにいます。
 
  否定質問に対する「肯定否定」……Non
  >Non,ils ne sont pas a Paris.
  はい、彼らは、パリにいません。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。やっと理解でしました!

お礼日時:2002/02/19 06:43

Ne sont-ils pas a Paris?



《彼等はパリにいないのですか?》

etre動詞の複数、男性形の否定形の疑問文です。
(etreには^のアクサンが付きますし、a Parisのaにもアクサンが付いていると思います)

それに対する答えとして

もし肯定をするなら、疑問文が否定形なのでOuiではなく Siで答えます。
Si,ils sont a Paris
《いいえ、彼等はパリにいますよ》

否定の答えなら、
《はい、彼等はパリにいませんよ》

日本語の場合、疑問文の形(否定形か肯定形か)によって、答えの
はい、いいえが違ってきますが、フランス語は英語と同様に、疑問文に対する答えは、肯定の場合は Oui(Yes)、あるいは否定形疑問文に対しては Si(Yes),否定の場合は Non(No)となります。
ですから、《Oui》は《はい、そうです》、《Si》は《いいえ、ちがいます。~なのです。》であり、《Non》は《いいえ、~ではありません》と《はい、~ではありません》となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。やっと理解でしました!

お礼日時:2002/02/19 06:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qje ne me casse pas la nenette 

はい、こんにちわ。

"nennette"の意味を教えてください。(辞書はチェック済です)

Aベストアンサー

この言葉は、口語で判断するとか理解するとの意味の『頭』です。

1950年前後から利用され始めました。
この言葉の生成は、はっきりしておりませんが、口語のcomprenette
(動詞comprendreより派生で『理解』)からだと言われております。
つまりこの最後の部分netteがreduplication(音節・文字の加音・重複)で
nenetteとなったと推測されています。

このように生成過程を知ると、掌で言語を慈しむことを覚えるようです。

同じ様な語尾の単語に
genette,renette,tenette、そしてvenette とあります。
ご参考として一緒にnenetteにしまっていただけると幸いです。

Qdepuis と il y a の違いを教えてください(フランス語)

Elle est sortie depuis une heure.
J'ai vu un film francais il y a huit jours.

そもそも depuis と il y a は交換可能なのでしょうか?それとも使い分けのための何らかのルールが存在しているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
ご質問の文を英語にしてみましょう。

Elle est sortie depuis une heure.
She has been out sinse an hour.

J'ai vu un film francais il y a huit jours.
I saw a French movie a week ago.


フランス語の複合過去と英語の現在完了は形は似ていますが、やはり違いますね。
先ず、英語の現在完了(中学で習う範囲で)でフランス語に訳すと複合過去になるのは、ご質問の例のようにsortirやpartirのような移動を表す自動詞を除くと、「経験」くらいでしょうかね。
英語の現在完了とそれに相当するフランス語の表現を大まかに突き合せてみます。

経験 have ever+pp → avoir(etre)+deja+pp
完了 have just+pp → venir+inf
継続 have +pp since~ → 現在形 depuis~
have +pp for~ → voila~ que・・・
avoir (etre)+pp

そうすると 「voila~ que・・・ avoir (etre)+pp 」
の形が使えると思います。

#2です。
ご質問の文を英語にしてみましょう。

Elle est sortie depuis une heure.
She has been out sinse an hour.

J'ai vu un film francais il y a huit jours.
I saw a French movie a week ago.


フランス語の複合過去と英語の現在完了は形は似ていますが、やはり違いますね。
先ず、英語の現在完了(中学で習う範囲で)でフランス語に訳すと複合過去になるのは、ご質問の例のようにsortirやpartirのような移動を表す自動詞を除くと、「経験」くらいでしょうかね。
英語の現在完了とそれに相...続きを読む

Q”me tues pas a pris stp” の意味

よろしくお願いします。
フランス人の友達とチャットをしてて、普通に楽しく終わったのですが、最後に、私がオフラインにした後で、”me tues pas a pris stp”というメッセージを受信しました。
”me tues pas” のところで ”僕を殺さないでね”と言ってる気がするのですが、その後の ”a pris”はどうつながるのでしょうか?

「avoir + prendre」というのは分かるのですが、前のフレーズとつなげて訳すことが出来ません…辞書を駆使しても訳すことが出来ませんでした。(もちろんこの会話自体は、半分ふざけている内容です…)

全体ではどう訳せばいいのか教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。(短い文なのに訳せないところが悔しいです…)

Aベストアンサー

こんにちは。8/8のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問:
<その後の ”a pris”はどうつながるのでしょうか?>

これは本当にa prisなのでしょうか?apresのタイプミスのような気がするのですが、

a prisだと動詞の複合過去形になり、意味がつながらないのです。

もしapresであれば、
(Ne) me tues pas après stp (s’il te plait).
「どうか後で僕を殺さないでね」

といった意味になるかと思います。

チャットですから、文脈によって、どういう意味でtuerという動詞を使ったかは、推察しかねます。

以上ご参考までに。
PS:実は9/9の深刻なご質問を拝読して、緊急な事態のようでしたので、長い回答を用意したのですが、投稿しようと思ったら、なぜか質問が削除されていました。

その後どうなったのかと、心配しておりました。かなり遅ればせではありますが、その際書いた回答(アドバイスも含め)をご参考のために下記に添付しておきます。もし、今は無事納まって、却ってご迷惑なようでしたら、予めお詫び申し上げます。その際は削除依頼されて下さい。

(以下の回答は、当質問とは関係ありませんおで、予めご了承下さい)

「こんにちは。8/8のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。この夏、ノルマンディー、南仏とバカンスに出かけ、9日(土)にやっとパリに着いたばかりで昨日はゆっくり休んでしまい、今日始めてご質問を目にしたので、遅ればせながら回答させていただきます。

ついに決心されたのですね。身を切るほど辛かったことと拝察しますが、ete-heureさんの賢明な判断とその勇気を心から称えます。今、ご質問文にあるような彼の反応を目のあたりにして、ご自分の判断が正しかったことを、身にしみてわかっていらっしゃるのではないでしょうか。

ご質問1:
<裸に近いような私の写真(うまくいってた頃に撮ったもので、彼のパソコンに保存されている)を、名前つきでネット上に流すと脅してきました…>

これは「脅し」です。それも低次元の、やくざ者の、知性や思慮や優しさのひとかけらもない、「軽犯罪行為」です。もっと長くお付きあいを続けていたら、この先どんな「事件」に発展したか、、、早く手を切って正解でしたね。第三者の私が、かつての「カレ」を悪く言いたくはありませんが、5月にご相談を受けて以来、カレの最初の印象「幼稚」「暴力的」「激情型」という印象は、ここに極まれりという感を、このご質問で受けています。

「裸に近いような私の写真」は載せられて困るようなものでしょうか。だとしたら、これも「計画的」だったのでは?と推察してしまいます。普通、カップル同士で人に見せられないような写真を撮るのでしょうか?何かのための「保証」としか感じられません。

先のご質問faire la peauの時に、フランス人の夫に話していましたので、このご質問の内容を話しました(もし気を悪くされたら申し訳ありません)。すると彼は「誰?そのフランス人。最低のやつだな、、、。フランス人として恥ずかしい!電話番号がわかれば、僕が話しつけてあげるよ。僕の家族にもあたる日本人を苦しめるなんて、許せない!とかなり憤慨していました。(日本人をとても好きなので)


ご質問2:
<相手が日本人だったら警察のハイテク犯罪担当(?)に相談できると思うのですが>

ご質問にあるケースでは、フランスはもとより、日本の警察でも「犯罪」として扱われません。その理由は

1.写真は本人の意志で撮られたものであり、カレが所有する写真は彼のもの。自分の所有物をどうしようと本人の自由であるとみなされるからです。例えば有名人の写真が無断で掲載されたような場合は「著作権」によって、法律上訴訟を起こせます。しかし、プライベートレベルでは、防ぎようがありません。

2.まず、口上による脅しで、実際にネットに流すという行動に出たわけではありません。たとえ「殺してやる」と口にしても、よくある痴話喧嘩の突発的な激情からでた発言、ととられてしまいます。実際カレが行動に出ていない以上、証拠はありませんから訴えることはできません。

以上の理由でカレの行動は「犯罪」にはならず、警察に訴えても無駄です。

脅しがエスカレートすれば訴えることはできますが、今の状況では例え弁護士に相談しても、訴訟を起こすことはできません。ただ、「脅し」はあなたの精神生活を脅かす深刻な脅威ですから、自分を守る手立てを探る必要があります。その方法は

1.彼の脅しの発言を全て記録しておくことです。メール、手紙など全て保存しておきます。深刻なものであれば、会話でもできればテープにとっておくといいでしょう。訴訟は「証拠」が何より大切なのです。

2.もし、わずかでも肉体的暴力を受けたとしたら、そのわずかな傷でも写真をとり、医者に診断書をかかせ、証拠とします。

3.あるいは、証言者を探すことです。修羅場の現場を見ている人、言い争いを聞いた近所の人など。ただし脅しの肝心の点、「ネットに写真をばらまく」という発言を耳にしていなければなりません。

これは、今後警察に訴える時の、重要な証拠資料になりますから、ある意味であなたの精神上の「保証」になります。


ご質問3:
<相手がフランス人でフランス在住の場合はどう対処すればいいのでしょうか…?>

本来訴訟は、「事件が起こった場所」の警察に訴えで出ます。ご質問の場合は、まだ訴訟できる段階ではないので、何とも言えませんが、万一脅迫がエスカレートして精神生活に支障をきたす程度にまで発展したら、あるいは、実際ネット上に写真が掲載された場合は、フランスで訴えることになります。

被害者が日本人でも被疑者が現在フランス在住ならば、その国で彼を裁くことになります。その場合は脅迫・ネット掲載などの「証拠」を持って、訴えることができます。その方法は以下の通りです。

1.一番簡単なのは、「証拠」を持参し全てこちらの弁護士に任せることです。弁護士料は高いですが、こちらが被害者と判定された場合は、費用はすべて相手が払います。日本人弁護士もいますから、日本語で相談できます。(詳細は下記参照)

2.あるいは渡仏し、日本人のフランス語通訳を同伴し、本人在住の市の警察署に訴えます。訴訟申告は無料で簡単な手続きで済みますが、法廷審理のたびに渡仏するか代理をたてる必要があります。

もし、本人が地方在住で移動が困難ならば、とりあえずパリ市内の宿泊場所の区の警察署に届け出てみて下さい。相手の住む地方に行かなくても訴訟申告だけならできるかもしれませんので。

3.また、パリの「在仏大使館領事部」や「在仏日本人会」でこうしたいろいろな情報を得ることができます。

(1)「在仏大使館領事部」は日本人在住者、旅行者に対する犯罪を、サポートしていますから、相談されるとどうすればいいか回答くれるでしょう。「在仏日本大使館領事部」でサイトを検索されて下さい。

(2)「在仏日本人会」は、より具体的なサポートが受けられます。パリ在住の日本人弁護士、仏語通訳を紹介してくれたり、専門家による、フランス生活に関する法律相談、心理相談などを受け付けていますので、サイトをご覧になって質問されるといいでしょう。「パリ日本人会」でサイトを検索されて下さい。

ちなみに、この会では一般情報は公開していますが、各相談などは、在仏日本人の会員のみが受けられますから、年会費(一般人は50ユーロくらい?)を払えば、一年中いろいろな便宜が受けられるはずです。

仏人の知人に評判のいい弁護士がいるのですが(日本語はできませんが英語はOKです)、個人情報になるので残念ながらこのサイトに情報を記載できません。でも、日本人会でも、いろいろいい弁護士を紹介してくれます。

4.また、こちらの日本人向け情報誌(無料)にも、一般人による通訳や心理相談の広告(日本人)が載っていますので、そうしたところへ電話して相談するのも一つのテです。雑誌は「OVNI」「ニュースダイジェスト」「Paris-Tokyo」などが一般的です。



以上です。訴訟となるといずれも、気の遠くなるような、面倒な手続きです。とりあえず今は何の行動も起こすことはできませんから、今ete-heureさんがすべきことは、「気分のきりかえ」「発想の転換」だと思います。

今すぐカレを忘れるのは難しいかもしれませんが、「別れなきゃならない男がこんな男でよかった」と、辛い事実をポジティブに解釈することも、生きる知恵です。「こんな男」、もう未練はないのではないですか?それとも「こんな男」でもまだ未練はありますか?(元カレを何度もけなしてすみません)

こんなやくざ男の脅しなど、気にしていたらきりがありません。放っておくことです。きっと、逆上型のカレの、いつもの「口先だけ」だと思いますよ。ただ、カレとはもうコンタクトをとらない方がいいと思います。こんな彼とは友情も難しいでしょう。

写真の件も、ネット上に出すことなど、もしかしたら日常茶飯事に行われている犯罪なのではないでしょうか?情報が溢れ、誰でも簡単に情報が入手できる今、写真を含む個人情報など、悪意で流されることって結構あるのではないでしょうか。写真の頭を、変な写真とすげかえてネットにのせたり、どんないたずらだって可能な時代です。どんな善良な人でも、ちょっとした悪意や嫉妬なで、誰でもそんないたずらの被害者になり得る現代です。そんなこと、いちいち気にしていたら身が持ちません。

その写真の件で、あなたが不利を被る結果に陥った場合を想定して、今から、上記に述べたような保身対策をしておけばいいのです。そして今回の件をレッスンにして、今後個人情報の取り扱いに気をつけられるといいと思います。

あとは、気分転換です。たくさんの「負」の相手にエネルギーを使い果たしたete-heureさん、もうこれ以上「下」はありませんよ。今度はきっと「プラス」の相手が現れるはずです。気休めにしかならないかもしれませんが、私の言うことはかなり当たります。誠実なフランス人男性も沢山いますから、今度はそんな、真に愛情溢れるフランス人が、傷ついたete-heureさんの心を、優しく包み込んでくれると信じています。

長くなりましたが、ete-heureさんの辛い決心と、幸せな未来への決意にエールを送ります。」

以上が9/9のご質問用の回答です。現在は、無事解決されていることを望みます。

こんにちは。8/8のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問:
<その後の ”a pris”はどうつながるのでしょうか?>

これは本当にa prisなのでしょうか?apresのタイプミスのような気がするのですが、

a prisだと動詞の複合過去形になり、意味がつながらないのです。

もしapresであれば、
(Ne) me tues pas après stp (s’il te plait).
「どうか後で僕を殺さないでね」

といった意味になるかと思います。

チャットですから、文脈によって、どういう意味でtuerという...続きを読む

Qフランス語で、Y a-t-il un poste de plice p

フランス語で、Y a-t-il un poste de plice par ici?に対する答えで、
Il y en a un dans la rue Verte.のenは、どういう意味・役割なのでしょうか?
副詞的代名詞、中性代名詞のいずれの解釈でも理解できませんでした。

Aベストアンサー

この en は中性代名詞です。直接目的語の名詞に不定冠詞、部分冠詞、数量を表す表現がついている場合、名詞を en に置き換えることが出来ます。

お尋ねのIl y en a un dans la rue Verte.を en を用いずに書くと Il y a un poste de police dans la rue Verte.になります。そしてこの Il y a~(~がある)という構文の場合、意味上の主語は~の部分でしょうが、文法的にはI l が主語、a が動詞、~部分を直接目的語と見做すのです。つまり Il y a ~は英語で言う SVO の構文です。そのOに当たるposte de policeの前にunという数字(つまり数量表現)が置かれていますね。そうすると poste de police はen に置き換えることが出来、そしてenは必ず動詞の前に置かれます。ここでは動詞は a ですからその前に来る訳です。

ただこの文で気をつけていただきたいのは、un という数字は後ろに残るということです。数字というのは正確を期すべき情報ですから残しておかないといけない。それに対して例えば Il y a de l'eau dans le verre.のような文であれば eau の前の部分冠詞は不特定の量を表しますから、正確を期そうにもできません。このような場合にはIl y en a dans le verre.と書き換えることが出来るのです。

この en は中性代名詞です。直接目的語の名詞に不定冠詞、部分冠詞、数量を表す表現がついている場合、名詞を en に置き換えることが出来ます。

お尋ねのIl y en a un dans la rue Verte.を en を用いずに書くと Il y a un poste de police dans la rue Verte.になります。そしてこの Il y a~(~がある)という構文の場合、意味上の主語は~の部分でしょうが、文法的にはI l が主語、a が動詞、~部分を直接目的語と見做すのです。つまり Il y a ~は英語で言う SVO の構文です。そのOに当たるposte de police...続きを読む

Qil の語源は神?神の語源が il?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB

ヨーロッパの言語の、特にロマンス語の3人称単数の語源は「神」といえるのか、それとも「神」の語源がロマンス語の3人称単数といえるのか、どちらでもないのしょうか?
なぜって、il と、たとえばフランス語の il/elle, イタリア語の il はすごく似ています。
英語で神は He ですからね。

Aベストアンサー

双方にはまったく相互類縁関係は無いでしょうね。

引用されているwikipediaの記事の、ヘブライ語「エル」の語源の説は、ある一つの推論を断定的に書いてしまっているだけだという印象を受けます。「エル」の語源なんてそう簡単にわからないんですよ。
今のセム語族の言語では神はアラビア語のilaah のように最後にHの音がある。(ヘブライ語でもエロヒームという語形ではHが付きますね。ヘブライ語は詳しくないですが。)

まして、セム語系と印欧語族の間には、まったく類縁関係が想定されていません。セム語系のエル、エロヒーム、イラーフ等の「神」と、印欧語族の人称代名詞が、形が似ているから同根では?と考えるのは、残念ながら無理ですね。

それに、現代のフランス語の人称代名詞のil と、2千年以上前のメソポタミア、シリアのセム語の単語を比べるのは意味がないです。
どういう語がどういう風に変化していった、という経路が全然説明できない。

フランス語の元になったラテン語は、il とか elle とか je とかvous などの人称代名詞がありませんでした。つまり、フランス語の三人称代名詞 il は新しいものですね。

ちなみに、アラビア語でも、神=アッラーのことを「彼」というアラビア語の人称代名詞であらわすことはよくあります。

双方にはまったく相互類縁関係は無いでしょうね。

引用されているwikipediaの記事の、ヘブライ語「エル」の語源の説は、ある一つの推論を断定的に書いてしまっているだけだという印象を受けます。「エル」の語源なんてそう簡単にわからないんですよ。
今のセム語族の言語では神はアラビア語のilaah のように最後にHの音がある。(ヘブライ語でもエロヒームという語形ではHが付きますね。ヘブライ語は詳しくないですが。)

まして、セム語系と印欧語族の間には、まったく類縁関係が想定されていません。セム...続きを読む


おすすめ情報