赤経と赤緯の数値が分かっていて
視半径、地球との距離 の数値も分かっている場合
視赤経 視赤緯 を知りたいのですが、
どうすればよいでしょうか?
計算式見たいのがあったら、教えてほしいのですが

地球のある地点から惑星を見る場合です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答No.1:


>何のために、視赤経、視赤緯の値が欲しいのか、必要がどこにあるのか分かりません。
まあまあ。確かに,視赤経・視赤緯と,たとえば星表に載っている2000.0分点の赤経・赤緯との差は微々たるもの(今年あたりは,赤経で最大0.2m,赤緯で最大0.1′程度)ですが,単に知的好奇心から知りたい場合だってあるでしょう。
(私も,章動を表す多項式の係数が知りたくてずいぶんいろんな本を探したことがあります。たいていの天文学の本には,No.1のURLのページのように最大値だけ示してあるか,せいぜい最も主要な項が出ているだけですので)

で,質問文に「惑星を見る場合」とありますし,地球との距離が分かっているということなので,最初は「惑星光行差」の補正の話かと思ったのですが,最初に分かっているのが「黄経・黄緯」ではなく「赤経・赤緯」なので,要は歳差と章動の補正が必要ということですね。
歳差も厳密に計算しようとするとかなり複雑な式になりますが,近似式は次のようになります(理科年表2002年版168ページ)。
赤経をα,赤緯をδとして,それぞれの年変化率をΔα,Δδとすると,
Δα=3.075(s)+1.336(s)sinαtanδ
Δδ=20.04(″)cosα
(s)は単位で時間の秒,(″)は同じく角度の秒です。念のため。
これらの値に,たとえば2000.0年からの経過年数をかけてやれば,赤経・赤緯の補正値になります。ただしあくまでも近似式で,天の赤道から遠くなるほど誤差も大きくなります。

章動の計算はあまりにも複雑で,とてもここには書けません。
数値を知るだけなら,「理科年表」(国立天文台編,丸善発行)に10日ごとの値が,また「天体位置表」(海上保安庁)に毎日の値が出ています。ただ,載っているのは黄経と黄道傾角の補正値なので,赤経・赤緯に適用するにはさらなる計算が必要です。
章動そのものの値を求める計算式が出ている文献は,たとえば長沢工(ながさわ・こう)さんの「天体位置の計算」(地人書館)あたりをご覧ください。(先ほど述べた「いろんな本」の一つです。)
たいへん長い式で,係数の一覧表だけで3ページになります。(式そのもののつくりは単純なのですが)
なお,この種の計算について,初心者でもわかりやすく,かつかなりハイレベルなところまで書かれているものとしては,おそらくこの本が(絶版になっていないものとしては)唯一ではないでしょうか。
英語の文献でしたら他にもいくつかありますが…。
    • good
    • 1

 


  視赤経、視赤緯の意味が分かっておられるのでしょうか?
 
  普通、天体の位置は、赤経と赤緯で表現されています。これを、黄道座標に変換するとか、銀河座標に変換するとか、更に、特定地点での特定時間での高度と方位に換算・変換するというのは、少し数学的な式が必要ですが、視赤緯、視赤経は、座標系の枠であるはずの、赤道座標の基準である春分点とか、赤道面それ自体が、地球の歳差運動や、回転の不規則運動により変動するため、理論的に記載されている位置を示す赤経、赤緯と、実際にそれが見える赤道座標上の位置の違いを示すための概念です。
 
  歳差運動があるため、また、不規則運動があるため、表などに載っているものは、おおよその平均の値ですが、これまで、1950年の平均位置が表に記載されていましたが、参考URLにある通り、2000年平均の赤緯、赤経がすでに表として出ているようです。2000年平均なら、歳差運動による誤差はわずかですし、章動の影響も無視できる程度でしょう。
 
  以上のことを理解された上で、一体何のために、視赤経、視赤緯の値が欲しいのか、必要がどこにあるのか分かりません。
 
  歳差と章動を付け加えて自分で補正値を出したいということでしたら、以下のURLに、歳差と章動の大体の値が出ています:
  http://www.win.ne.jp/~youyou/makyos/yougo/yg25.h …
 
  赤道座標の枠の揺れ動きですから、観測対象の天体の視直径や、距離などは、基本的に関係しません(天体が運動しているので、位置補正なら関係して来るかも知れませんが、赤道座標の枠の揺れなので、関係ないのです)。
 

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso02- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理科年表の大気透過率(12時)とは?

理科年表に掲載される、主要各地の月毎大気透過率(12時)は、
次のどちらになるのでしょうか。
1) 天頂に換算した値
2) 月の12時太陽高度(平均値)に於ける値

よく見られる、太陽高度と大気透過率の関係は次のように示されています。
Ph=P0^cosec(h)  h;太陽高度、Ph;hに於ける大気透過率、p0;天頂大気透過率

1)と2)では、これへの適用が異なるためお聞きしました。
なお、理科年表は見ることができず手元にもないため、掲示条件が解りません。

Aベストアンサー

回答としては、気象庁が12時から前後30分間で観測した直達日射量の大気外日射量に対する比を太陽が天頂にある場合に換算した値の月別最大値の平年値もしくは、月別平年値です。

Q天文年鑑の惑星視位置の計算について(2)視赤緯・視赤経の計算

天文年鑑の惑星視位置の計算の中の視赤緯・視赤経の計算で、「αの日変化」、「δの日変化」という項が出てきますが、これはどのように計算し求めたらよいのでしょうか?あるいはこれを掲載した、表があるのでしょうか?
どうも突然現れる変数のような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

以前PC-9801を使っていた頃にQuickBASICでプログラミングしたことがあります。
その時私もtksoftさんと同じ疑問にぶち当たりました。
あれではちょっと不親切な説明だと思います。

この部分は式を見れば判るように惑星光行差の補正を行なう項ですね。
1日辺りの変化ということですから本来のtの0.5日前と、0.5日後についてもαとδを求めてその差を使えばいいのです。
数学的にもっと厳密に計算には他に方法がありますが、この計算式の場合はこの方法で十分だと思います。

私は四大小惑星用の係数データを自分で追加たりして使っていました。
ただ毎年係数のデータを打ち込むのは厄介でした。今ならスキャナーとOCRソフトを使えば楽かもしれませんが。
数年前にそのパソコンが故障してからはそのままになっています。

Q表面張力の理科年表値と実験値

先日ジョリーのゼンマイ秤を利用した表面張力の測定の実験を行ったのですが、実験値が理科年表の値を下回ることがあっても、上回ることはないと聞きました。なぜでしょうか・・・?

Aベストアンサー

 
 
 定番の回答ですが;引っぱり上げられてリングに接してる所の液面が完全に鉛直ではないんでしょ?それを鉛直だとした単純な式では方向余弦の分小さい値になる。
 
 

Q視赤経 視赤緯 視黄経 視黄緯のちがい

赤経 視赤経 
赤緯 視赤緯 
黄経 視黄経 
黄緯 視黄緯 のちがいがよくわかりません

Aベストアンサー

 
  赤経・赤緯と視赤経・視赤緯の違いについては、先の質問の回答で、すでにご存じのことと思います。天空の座標系で、ある天体などの位置を、座標値で示す時、地球の自転平面を天空球面に投射して、この線(円)を赤緯0度の線とする訳です。赤緯は、地球上の緯度線を天球面に投影して、丁度、北緯A度というように表現すると同様に、この緯度の高さに対応する天球面の緯度線を、赤緯として使います。従って、北極の真上に延ばした天球上の点は、「天の北極」で、この点で、赤緯+90度で、反対に南極点の天球上への延長が、「天の南極」で、この天で、赤緯-90度となります。
 
  赤経の方は、「春分点」を0時とし、そこから、天の赤道上で、東回りに15度づつを1時間として、全天360度を、24時間に分けて、地球上の経線に対応する、天の赤経線を考え、赤経の値と赤緯の値で、天球上の天体などの位置を指定するのが、「赤経・赤緯」座標です。
 
  しかし、前の質問にもあったように、地球は整然とした回転運動を完全に行っているのではなく、大きな変化として、「歳差運動」というものがあって、「黄道天」が少しづつずれて来ますし、天の北極、天の南極もずれてきます(地球は、普通の自転以外に、周期が2万年ほどの別の回転運動をしており、天の北極が結果的に、天球面で、円を描いて移動します。これを、「歳差運動」と言いました。
 
  また、歳差運動以外に、他の天体の運動の影響などで、別の不規則な運動があり、これを「章動」と言いました。「歳差運動」と「章動」があるので、星表などに乗っている天体の「赤経数字」と「赤緯数字」の位置に、実際に観測する天体はいないということになり、少しずれた位置で観測されます。この歳差運動と章動でずれた、「実際の天体の赤経・赤緯位置」のことを、「視赤経・視赤緯」と呼ぶのです。
 
  「黄経・黄緯」と「視黄経・視黄緯」の違いは、黄道座標の場合は、黄度ゼロのいわゆる黄道面が、地球の公転面に当たっているので、この面の不規則も幾らかあるかも知れませんが、それより、赤道座標と同様に、歳差運動により、「春分点」が移動するということで、実際の天体の位置と、黄道座標での視位置に違いが出てくるということになります。
 
  それ以外に、黄道座標は、天球面を見ている位置を太陽中心にするか、地球中心にするかで違いが出てきます。前者を「日心黄道座標」、後者を「地心黄道座標」と呼びます。
 
  理論的には、黄道座標は、太陽の中心に観測原点を置いた「日心黄道座標」の方が、太陽系の天体の運動などを把握するには都合がよいのですが、実際に観測する際には、「地心黄道座標」が、観測者は地球にいるので都合よくなります。
 
  「地心黄道座標」でも、「赤経・赤緯と視赤経・視赤緯」の関係に対応する、「黄経・黄緯と視黄経・視黄緯」の違いが出てきます、それは主として春分点の移動によるためです。
 
  地球を中心とした黄道座標の場合、恒星等の位置を表現すると、地球の公転運動に応じる、「視差」の変動が出てきます。非常に遠方の天体の場合、視差は問題になりませんが、数十光年とか、数百光年の距離の恒星等だと、「視差」が公転によって変化して来ます。百光年程度内の恒星は大体、視差によって、その距離が測定されています。太陽を中心とする黄道座標では、視差の問題は起こりませんが、それでも、太陽自身の銀河系内運動や、恒星などの固有運動で、時間の経過と共に、記載されている座標値が実際の値と食い違って来ます。
 
  この食い違いは、地心黄道座標でも、赤道座標でも、恒星などの天体の位置を表現すると、時間と共にずれが起こって来るのです。
 
  惑星等の位置を黄道座標で表現すると、観測の日時によって、天体の位置が変化します。天体力学的に位置を計算することもできますが、惑星黄道位置表は、季節や日ごとの値が出ているので、何月何日の何時何分に観察しているかで、星表の座標から、近似計算をしないと、実際の「視黄経・視黄緯」は出てこないことになります。例えば、一日刻みで、グリニッジ時ゼロ時で記載されている惑星の黄道座標値は、観測地点とグリニッジ時との実質時差を考えにいれ、世界時で考えて、例えば、3月3日0時が、黄道座標(8h10'25'', 4度22'40'')で、3月4日0時が、(8h10'47'', 4度22'6'')なら、世界時3月3日14時に観測する場合、この目標天体の座標は、14/24=7/12だけ、差分が進んでいると考えねばなりません。3月3日から4日にかけての、黄経と黄緯の差は、22" と -34''です。これに7/12をかけて、元の3月3日0時の値に加えると、実際の座標値が出てきます。この場合、経度は+13''程度、緯度は、-20''程度です。従って、この時刻での、実際に見える黄道座標値は、(8h10'38'', 4度22'20'')となります。
 

 
  赤経・赤緯と視赤経・視赤緯の違いについては、先の質問の回答で、すでにご存じのことと思います。天空の座標系で、ある天体などの位置を、座標値で示す時、地球の自転平面を天空球面に投射して、この線(円)を赤緯0度の線とする訳です。赤緯は、地球上の緯度線を天球面に投影して、丁度、北緯A度というように表現すると同様に、この緯度の高さに対応する天球面の緯度線を、赤緯として使います。従って、北極の真上に延ばした天球上の点は、「天の北極」で、この点で、赤緯+90度で、反対に南極点の...続きを読む

Qハリー・ポッター発売日に

ハリーポッター発売初日に、ワイドショーやニュースなどで
八王子市のくまざわ書店が取り上げられるのはなぜですか?

ご存知の方がいらしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://d.hatena.ne.jp/chakichaki/20050322

日本一ハリーポッターを売る店だそうです

Q赤緯 赤径 緯度 経度

ド素人な質問なんですが、赤緯 赤径 緯度 経度 東経 南径 西経 北径 などの意味がよく分かりません、
あと、↑読み方も自信がないのでお願いします。

Aベストアンサー

赤経=せっけい、赤緯=せきい
と読みます。
天を巨大な球体と考え(=これを天球といいます)、その中で星等の天体の位置を記すときに使います。

赤緯は、天の赤道を0°として、北に-90°、南に90°まであります。
天の赤道は、地球上の赤道の平面を天球にまで延長したときの線です。
赤緯線は、天の赤道の平面に平行の円です。

赤経は、天の赤道の春分点を0°として、東に360°まであります。
春分点を太陽が通過する日が春分の日です。
赤経線は、天の北極と天の南極を通る円です。
天の北極と天の南極は、地球の北極と南極を結ぶ線を延長し、天球と交差した点です。

緯度=いど、経度=けいど
は、地球上の位置を記すときに使います。
緯度は、赤道を0°として、北に北緯(=ほくい)90°、南に南緯(=なんい)90°まであります。
緯度線は、赤道の平面に平行の円です。

経度は、イギリスのグリニッジを通る経度線と赤道の交点を0°として、東に東経(=とうけい)180°、西に西経(=せいけい)180°まであります。
経度線は、北極と南極を通る円です。

南径と北径は、天文や地球の位置を示すための用語ではありません。

赤経=せっけい、赤緯=せきい
と読みます。
天を巨大な球体と考え(=これを天球といいます)、その中で星等の天体の位置を記すときに使います。

赤緯は、天の赤道を0°として、北に-90°、南に90°まであります。
天の赤道は、地球上の赤道の平面を天球にまで延長したときの線です。
赤緯線は、天の赤道の平面に平行の円です。

赤経は、天の赤道の春分点を0°として、東に360°まであります。
春分点を太陽が通過する日が春分の日です。
赤経線は、天の北極と天の南極を通る円です。
天の北極...続きを読む

Q大潮の時刻は?

理科年表の大潮の日時、7月 8月わかりますか?

Aベストアンサー

■これでは、月齢カレンダー :http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm


◆理科年表のへージを見ましたが載ってません。有料です。

Qなぜ地球型惑星と木星型惑星に違いができたのか?

太陽系の惑星は地球型惑星と木星型惑星に大別される。そしてこれらはその大きさや構成物質等に違いが見られるが、なぜこのような違いができたのだろうか? ということを教えて下さい。。

Aベストアンサー

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重力で軽い元素を充分に引き止めておけるようになります。そして引き止めておくだけでなく、その重力によって周りの空間にある物質も引きつけ、取り込んでいくことにより大きく成長していくことになります。ということで比較的軽い物質からなる巨大な惑星ができあがることになります。これが木星型惑星です。
惑星にはもう一つ、冥王星がありますが、これはあまりに遠く且つ探査機もまだ到達していないので詳しいことはわかっていませんが、どちらの型にもあてはまらないものと考えられています。木星や土星の衛星のような氷状物質でできているというのが一般的な説です。したがって、元来は惑星ではなく海王星の衛星であったのではないかという説や、超巨大な彗星だという説があります。

簡単にいうと太陽からの距離による違いです。
水星、金星、地球、火星は太陽からの距離が近く、従って温度が相対的に高くなります。温度が高くなると気体の運動量も大きくなり、惑星の重力では水素、ヘリウムなどの軽い気体をつなぎ止めておけず、これらの惑星にはほとんど残らない状態となり、結果として比較的重い原子で構成される事になります。こうして地球型惑星が形成されます。
一方、木星、土星、天王星、海王星は太陽からの距離が遠く、温度も当然低くなります。従って気体の運動量も小さく、惑星の重...続きを読む

Qガソリンの圧縮率(体積弾性率)を教えてください

「ガソリン」の圧縮率(圧力をどれ位加えると、体積がどの程度減るのか)を知りたいのですが
99年度版の理科年表で調べたところ「水」や「エタノール」の圧縮率しか掲載されていませんでした。

どこかに理科年表のような形式の参考となる資料・データはないでしょうか?

    | 圧力(atm) | 圧縮率(N/m^2)
-----------------------------------
物質A | 0    | X.XX×10^9
物質A | 500  | Y.YY×10^9
物質A | 1000 | Z.ZZ×10^9
物質B | 0    | W.WW×10^9


他の物質はこんな感じで理科年表には書かれていました

理科年表:「液体の圧縮率」
http://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/buka/buka_006.html

Aベストアンサー

ガソリンは混合物で産地・製法などにより物性が一様に出ないため
記載がないと思われます
オフィシャル(学校の研究)等なら
石油会社からMSDS発行を受けて
成分により検討する必要があります

Q地球型惑星と、それ以外の惑星や衛星の違いの原因

近頃宇宙に興味を持ち始めまして、色々調べています。
惑星には地球型惑星、木星型惑星、天王星型惑星と種類がありますが、
惑星がつくられる経緯などで、そういった特徴の違いができる原因は何なのでしょうか?

できるだけ詳しく教えてくださると有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違った方向に向いていたら、これらの惑星は今頃太陽の一部として輝いているのかも知れません。

 木星・土星は気体でできていますので、太陽からの距離が遠いため、重力によっても引き寄せられずに空間に残り、やがて集まって惑星になりました。ただし、内部は重力により固体化していると考えられています。木星や土星の衛星は岩石でできていますが、これは(宇宙規模でいえば)極微量の岩石が集まってできたのです。木星や土星の重力は巨大で、近づく岩石を重力の力で砕いてしまうほどです。砕かれた岩石はそれ以上太陽へは近づきません。太陽の重力よりも、惑星からの距離が近いために留まることになったのです。

 天王星型は水とメタン、アンモニアでできていることが分かってきました。地球のような距離であれば気体や液体にもなるのでしょうが、太陽からあまりに遠く、温度が低いため氷でしか存在できません。地球上でできる雲はミクロの氷の粒ですが、そのような状態で漂っていたのが、長年月を経て惑星にまで成長したのでしょう。それ以外の彗星やイトカワのような小惑星もこのような氷や雪でできていると言われています。
 

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違っ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報