さきほどのshu-sanの「なぜ水より海水が浮くの」という質問に対する答えを興味深く読みました。
そこで思い出したのですが、水の深さと浮力は関係があるのでしょうか?
水が深い方が持ち上げられる力も強そうな気もするのですが、
浮力は変わらなかったようにも思います。
となると、水中で止まっている物体はその位置でなくても
(その5cm上とか下とか水中であれば)止まっていられるのでしょうか?
なぜその場所で止まっているのでしょう?
その位置(深さ)も関係しているから?
わかりにくくてすいません。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (9件)

 直接ご質問とは関係ないですが....


 浮沈子(ふちんし)というおもちゃがあるのを、ご存じでしょうか。
大きなガラスの試験管に8分目ほど水を入れ、柔らかいゴムのキャップでふたをしてあります。その水の中に、ずっと小さい試験管が、口を下にして入っています。この小さい試験管の底(つまり上の方)には少し空気が入っていて、試験管の重量より浮力がわずかに勝るようになっています。従って、小さい試験管は水面にほんのちょっと顔を出して浮かんでいます。
 ゴムのキャップを指で押すと、小さい試験管がすーっと沈んでいく。指を離すとまた浮かんできます。
 キャップを押すと、大きな試験管の上の方に入っている空気の圧力が大きくなる。すると、水圧が高くなり、小さい試験管の中の空気が収縮して、その分水が流れ込みます。つまり(空気+小さい試験管)の体積が小さくなるので、浮力が減り、沈んでしまう訳です。
 短く切ったストローの一端を炙って封じ、反対側の端近くにおもりとしてビニールテープでも巻いて、PETボトルの中に入れても作れそうですね。キャップを押す代わりにボトル自体をぎゅっと握れば良いんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stomachmanさんどうもありがとうございます。
なるほど~面白いですね!
皆さんにいろいろ教えて頂いたのですがどうもまだよくわかっていない私・・・。
もっとじっくり考えます。
空気って軽いから上に(水の中を)いくのかと思っていましたが、それも浮力のおかげだったのですね。

お礼日時:2000/12/29 17:19

水の中を宇宙空間と考えて見れば判りやすいかもしれません。


基本的には同じことです。
深さがあるということは、質量をもった物体がそこにあるということです。
二つの質量をもった物体が存在すれば、その距離にしたがって引力が発生しますから、水中で静止しようとすると力が必要になります。
ちょうど地球から離れようとするロケットの推進力のようなものですね。
推進力と引力がつりあえば、回転して距離を保ち衛星となることができますが、これと同じように水のそこからの距離を保とうとすれば、力が必要です。
ですから微妙な世界のことですが、何も力を加えないならばつりあっていると見られるものは沈むと考えられます。
沈むとはすなわち、二つの物体が引き合った結果だと言えるわけです。
質問の意味はもしかしたらもっと深いところを求めているのかも判りませんが、このあたりが理解していただけるところではないでしょうか.
    • good
    • 0

Stomachmanです。

#4の「お礼」のコメントに対する回答です。
> 水中で止まっているということは、そこで釣り合っているということだから
> もし物体の位置を変えたらまた元の位置に戻ろうとすると考えてよいのでしょうか?

3つの場合が考えられます。
(場合1) 机の上にビー玉を置いたと思ってください。机が本当に平らなら、ビー玉はどこに置いてもよく、そこで静止する筈です。しかし少しでもつつくと、ころがって行ってしまいます。
 もし、水中でどんな深さでも浮力が同じになるようにしたら、この状態と同じです。水中に入れたときに少しでも速度があると動いていってしまいます。この条件では水槽の中で物を静止させるのは難しいですね。具体的には:
・水の密度が深さによらず、物体が収縮しない、という場合
・物体が実は潜水艦で、浮力が一定になるようにいつも調節している、という場合

(場合2) すり鉢(なんて、今時無いか)の中にビー玉を置いたと思ってください。すり鉢の底以外の場所にビー玉を置いても、底に転がっていってしまいます。底に静止しているビー玉をつついても、また底に戻ってきます。つまり置ける場所が決まっているんです。
 もし、水中で浅いところに来るほど浮力が小さく、深いところでは浮力が大きくなるようにしたら、この状態と同じです。これなら、物体に重りを付けて調節したりして、水槽の中で静止させるのは簡単です。黙っていても、一定の深さにとどまり、つついても元の深さに戻ってきます。具体的には:
・水の密度が、深いほど大きい、という場合
・物体が実は潜水艦で、深度が一定になるようにいつも調節している、という場合

(場合3) 肉まんのてっぺんにビー玉を置いたと思ってください。置くこと自体が不安定で、ちょっとでもつつけば転がってしまいます。(何で肉まん?)
 もし、水中で浅いところに来るほど浮力が大きく、深いところでは浮力が小さくなるようにしたら、この状態と同じです。どんなに重りを調節しても、浮くか沈むか、どっちかになってしまいます。具体的には:
・深いところでは水圧で物体が収縮して、浮力が小さくなる、という場合
 柔らかくて中に空気など圧縮されやすいものが入った物体を使うと、特にこの場合にあてはまります。
    • good
    • 0

>どうして浮力=押しのけた液体の体積の重さ



補足します。
前出の立方体モデルで1辺を10cmとします。
で、それを上面が水面から100cmの深さに沈めます。

すると上面における水圧は100g重/cm^2です。
上面に加わる力は面積が100cm^2なので100×100=10,000g重になります。

同様に下面における水圧は110g重/cm^2です。
下面に加わる力は110×100=11,000g重になります。

(上面までの水の重さ=10,000、下面までの水の重さ=11,000と考えてもいいです)

両者の差をとると1,000g重(浮力)です。
立方体の体積は10^3=1,000cm^3で、押しのけた水の重さは1,000g 両者が一致します。

1辺=xcm、水深=ycmとして計算しなおすと、浮力=x^3になるので確認してみてください。

>浮力って水圧の差から生じているものなのですか?

立方体(直方体)の場合は、このように単純ですけど、実際はこうはいきませんね。複雑な積分計算が必要になると思います。でも大筋でそのような認識でいいですよ。
    • good
    • 0

#2のお礼に書かれていた


> 海などで深く潜ろうとすると、とても大変ですよね。
> どうして深く潜る方が大変なのでしょう?
に対して。

まず感覚の話しからすると、
人間が圧迫感を感じるのは単なる重さの問題でなく、体表面への圧力に対してです。
例えばシャープペンの先とおしりを親指と人差し指だけで支えてみてください。先が当っているほうが痛いですよね。でも作用・反作用の法則によって、押している力そのものは同じなんです。違いは圧力なんです。ペン先の方が面積が小さいから圧力が大きく、感覚も違ってくるわけです。
深く潜ると水圧が増すので、その分、圧迫感が増しますね。

次は、実際にもぐるのに必要な体力の問題です。
簡単のため、深さ何メートルであっても人間にかかる浮力は変わらないとしましょう。
すると、潜るのに必要な体力(エネルギー)は
[水中での体重]x[潜る深さ]
で決まります。例えば荷物を5メートル運ぶより、10メートル運ぶほうが、2倍疲れますよね。それと同じです。
ということは潜れば潜るほど、必要な体力が大きくなり、つまりその分体力を消耗してしまうのです。

以上2点より、「深く潜るのは大変だ」と思いますが、いかがでしょうか。
    • good
    • 0

 小学生の時に、水中の真ん中で物体を止めようとさんざん苦労したことを思い出しました。


 tukitosanさんの仰る通り、深く潜るほど物が縮んで浮力を失うので、沈み始めればどんどん沈む。浮き始めればどんどん浮く。どうしても止まらないんです。まぜもの(塩とか砂糖、洗剤、なんでも良いんですが)をしない限り止められなくて困った。
 ところが、よく冷やした台の上に水槽を乗せると、水温に分布ができ、表面が熱く底が冷たい、という状況になります。水の密度、すなわち同じ体積の水の重さが表面ほど軽い。(水は4℃で密度が最大になります)従って、上がれば浮力を失い、沈めば浮力が増す、という効果(いわばネガティブ・フィードバック)が働き、みごと水中に物が止まりました。
 しかし、いつまで止まっているかは物の材質・構造によると思われます。というのも、物も温度によって体積を変えるからです。冷えて縮めば、浮力を失うわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
stomachmanさんの説明を読んで、tukitosanさんが説明して下さったことが
より具体的にわかりました。
私も水中で物体を止めようとしたことがありました。
stomachmanさんほど工夫もせず、結局できず終いでしたが・・・。
ところで、水中で止まっているということは、そこで釣り合っているということだから
もし物体の位置を変えたらまた元の位置に戻ろうとすると考えてよいのでしょうか?
なんだか作用・反作用の質問みたいになってしまいました。
質問自体がばらばらで、答えて下さった皆さんすいません。

お礼日時:2000/12/25 16:57

◆Naka◆


すでに完璧なご回答が出ているようなので、オマケ程度に…
わかりますよ、そう感じる気持ち。
例えば、木片などは水の表面で浮いて止まっているから、水面に近いほど浮力が小さい気がするのでしょう。
でも、木片が水面から顔を出し始めると、上からの水の圧力は0になります。
さらに顔を出すと、下からの圧力はどんどん小さくなって、浮力が小さくなります。そこで、浮力と重力がつりあう場所で静止するのですね。

簡単に言うと、物体が押しのけた水の質量が浮力になるので、水の中に入っている体積が小さくなれば、浮力も小さくなるんです。
逆に言えば、物体全部が水中にあるときは、深さに関係なく浮力は等しいことになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
皆さんとても親切に答えて下さって本当にありがとうございます。

お礼日時:2000/12/25 16:50

浮力が生じる原理をサイコロのような立方体モデルで説明しますと・・・



前提:水圧は水深に比例して大きくなる。

下面からは水圧による上方向の力を受けます。(1)
上面からは水圧による下方向の力を受けます。(2)
側面の4面の力は相殺されて0になります(3)

(1)の方が(2)より水深が深いので、力が大きくなります。
したがって、その差分だけ、上向きの力を受け、それが浮力です。(1)-(2)は水深に左右されないので、水の深さと浮力は関係が無いと言えます。

ただし、海水は水深によって塩分濃度が異なるので、自然界でそうとも言えないですが。(^^;

水中で静止している場合は、浮力と重力がつり合っているので、その位置は単純に慣性と水の抵抗による影響を受けることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
浮力って水圧の差から生じているものなのですか?
でもとてもわかりやすい説明、ありがとうございます。
すいません、また疑問が・・・。
海などで深く潜ろうとすると、とても大変ですよね。
どうして深く潜る方が大変なのでしょう?
それとも本当は必要な力は同じなのに、
疲れているからなどの理由で大きな力が要るように感じているだけなのかな?

お礼日時:2000/12/25 16:27

水の深さと直接関係があるのは、浮力ではなく水圧です。



浮力というのは、物質が押しのけた液体の体積の分の質量が、軽くなるのです。

ですから、meal さんの疑問のまず1つめは、浮力と水圧とを混乱しているのだと思います。

水深が深く、圧力があがるのですが、水のような液体の密度は圧力では、ほとんど変化しません。ですから、水深が深くなっても、浮力の変化はないと言えるでしょう。むしろ、水圧で、物質の体積が変化することの方が多いので、そちらの影響で浮力が変化することの方が多いと思います。

ですから、
水圧で物体の体積の変化がないとすれば、5cm上でも下でも止まっていられると言えるでしょう。

参考助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに重力と浮力だけ考えていて、水圧を忘れていました。
どうも浮力は小学生の頃から苦手で・・・。
またまた疑問なのですが、どうして浮力=押しのけた液体の体積の重さ
となるのでしょう???
アルキメデスの王冠の話を聞いても全然理解できませんでした・・・。
理解力のなさにがっかりしてしまいます。

お礼日時:2000/12/25 15:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそもそも浮力って~?

お伺いします。
浮力が働くっていうのは知ってはいますが、そもそもどうして流体には浮力が働くのでしょうかー?空気にも微々たる浮力はあるのでしょうかー?

Aベストアンサー

こんにちは。


>>>そもそもどうして流体には浮力が働くのでしょうかー?

流体中にある物体にかかる圧力の様子は、こんな感じです。

    ↓↓↓
→→┌───┐←←
→→│     │←←
→→└───┘←←
    ↑↑↑
    ↑↑↑
    ↑↑↑

ですから、全ての矢印の合力は、
下のようになります。

  ┌───┐
  │     │
  └───┘
    ↑↑↑
    ↑↑↑

この合力こそが浮力です。

こちらのサイトに同様の図示と説明があるので、ご覧ください。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/vector3.html

なお、
潜水艦が海底に密着してしまうと、下からの圧力がないので、

    ↓↓↓
→→┌───┐←←
→→│     │←←
→→└───┘←←

となり、合力は、

    ↓↓↓
  ┌───┐
  │     │
  └───┘

となります。
こうなってしまうと、潜水艦は身動きがとれなくなる場合があります。
(こういうのもありますが→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa248716.html)

>>>空気にも微々たる浮力はあるのでしょうかー?

あります。
ですから、ヘリウムを入れた風船は大気中で上昇します。
また、
もしも真空中で体重計に乗れば、大気中で乗ったときに示した目盛りの数値よりも、若干大きい数値になります。

こんにちは。


>>>そもそもどうして流体には浮力が働くのでしょうかー?

流体中にある物体にかかる圧力の様子は、こんな感じです。

    ↓↓↓
→→┌───┐←←
→→│     │←←
→→└───┘←←
    ↑↑↑
    ↑↑↑
    ↑↑↑

ですから、全ての矢印の合力は、
下のようになります。

  ┌───┐
  │     │
  └───┘
    ↑↑↑
    ↑↑↑

この合力こそが浮力です。

こちらのサイトに同様の図示と説明があるので、ご覧ください。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/ve...続きを読む

Q水中の浮力

水中にピンポン玉を入れたらもちろん浮くわけですが、この同じ大きさのピンポン玉に圧力を加えた空気を入れたら浮力は増すのですか?
酸素ボンベを背負って水にもぐった時、空気を使いきったときと使い始めではボンベは浮力が変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

まったく変わりません。
浮力は、その物体の体積で決まります。
ピンポン球やボンベの内部がどうなろうと
大きさが変わらなければ、浮力も同じです。

Q浮力について

水面にボールが完全に浮いている。
このとき、重力と浮力(垂直抗力?)はつりあっているのでしょうか?
だとすると、このボールの重さが50g重だったとすると
浮力も50g重 ということでしょうか。
物体が水から受ける浮力は、物体が押しのけた水の重さ
なのに、これでは、ボールは水を押しのけてないですよねぇ。

わけがわからなくなってきました!

では、ボールの半分が水中で、半分は空気中に顔を出している
という場合はどうなるでしょうか。

やっぱり物体は浮いて静止してるわけですから、
ここでも重力と浮力がつりあっているのでしょうか。
そうだとすると、
この物体の重さが50g重なら浮力も50g重になってしまう。

しかし、半分しか浮いてないんだから、
押しのけた水の量を考えると
浮力は25g重になる・・・

けど、浮力が25g重しかないと、鉛直方向の力がつりあわない・・・
上から大気圧が25g重 かかる と考えればいいのでしょうか・・・


どなたか、
ボールが水中から完全に浮いているときの浮力の大きさ と
ボールが半分水中に沈んでいるときの浮力の大きさ の違いを
教えてください。

水面にボールが完全に浮いている。
このとき、重力と浮力(垂直抗力?)はつりあっているのでしょうか?
だとすると、このボールの重さが50g重だったとすると
浮力も50g重 ということでしょうか。
物体が水から受ける浮力は、物体が押しのけた水の重さ
なのに、これでは、ボールは水を押しのけてないですよねぇ。

わけがわからなくなってきました!

では、ボールの半分が水中で、半分は空気中に顔を出している
という場合はどうなるでしょうか。

やっぱり物体は浮いて静止してるわけですから、
...続きを読む

Aベストアンサー

物体による”密度”の違いを見落とされておられます。

密度とは、質量を体積で割ったものです。
密度が大きいものほど重く、逆に密度が小さいほど軽い物質と言えます。

さて、浮力を考えるときに基本となるのが「アルキメデスの原理」
ですね。その内容は、ご質問文の中にある通り、「物体が水から受ける
浮力は、その物体が押しのけた水の重さ」になるというものです。

ここで、質問者様が誤解なされておられる点があります。
それは、ボールの密度と水の密度が等しいと考えられておられる
ということです。ボールと水は密度がことなります。ボールは
水よりも密度が小さい場合に限り、水に浮くのです。
「押しのけた水の重さ」≠「ボールの水に沈んだ部分の重さ」
であり、
「押しのけた水の重さ」=「ボール全体の重さ」
であります。
ボールは水よりも密度が小さいので、ボール全体の重さをまかなうために
必要な水の量は、ボール全体の体積よりも小さくて済むのです。

ご質問にあるような、ボールが(ほぼ)完全に水面に浮いている場合と半分だけ水没している場合も、それぞれボールの密度(軽さ)が違うために生じる現象がことなる訳であります。
例えば、ビーチボールとバスケットボールをそれぞれ水に浮かべた場合を
想像してみましょう。おそらくビーチボールはほぼ完全に水面に浮き、
バスケットボールは幾分、水中に沈んだ状態で浮くでしょう。
同じ浮くのでも、”軽さ”がことなるとその浮き方も違ってくるという
ことです。

つまりは、”軽さ”が違うために、それに釣り合うために押しのける
水の量がことなる、すなわち水に沈む部分の体積がことなるということ
であります。

物体による”密度”の違いを見落とされておられます。

密度とは、質量を体積で割ったものです。
密度が大きいものほど重く、逆に密度が小さいほど軽い物質と言えます。

さて、浮力を考えるときに基本となるのが「アルキメデスの原理」
ですね。その内容は、ご質問文の中にある通り、「物体が水から受ける
浮力は、その物体が押しのけた水の重さ」になるというものです。

ここで、質問者様が誤解なされておられる点があります。
それは、ボールの密度と水の密度が等しいと考えられておられる
というこ...続きを読む

Q低い位置の水を高い位置に移動させる方法

家の庭には排水口がないので、庭のバケツにある水を台所の流しに排水できる方法を探しています。庭と流し台の高低差はざっと見積もって1mちょいです。

何か理科の教科書でポンプなどがなくても管一本でそういった事ができる方法を昔の人が考えて、何とかの原理とか呼ばれていると読んだ記憶があるのですが、ご存知の方は教えてください。

ポンプがないと無理という場合は、ホームセンターで調達できる、大仰でない装置で排水する方法を教えてください。

Aベストアンサー

サイフォンは高いところを経由してより低いところへ送れます が 決して高いところへは送れません

衝撃ポンプを使えば落差1mの流水を20m以上高いところへ移動させることはできます
しかし 全流水量の数%しか移動できません

質問の用途ではポンプを使用するしかありません

Q浮力について 人が浮くには

現在、消防の資機材について研究しているのですが、浮力について勉強している際、息詰まってしまいました。

現在の課題は、水難救助用の、水上で人を乗せる、フローティング担架の浮力についてです。

資料には、重量14.8kg、浮力10.8kg(成人男性をのせても水没しない)とあります。

運輸省の救命胴衣の基準というのには、大人用で浮力7,5kg以上のものを使用する、とあり、

ある救命胴衣の販売業者によれば、浮力の10倍程度までは浮く、とあります。

ということは、このフローティング担架の浮力10.8kgからすると、約108kgの人までは浮くことなのか。



浮力10.8kg。

人の重さは水中で1/10になると聞きました。そこで100kgのひとの水中での重さは約10kg。

浮力10.8kgよりも軽いので浮く??という素人の考えになるのですが、果たしてそれであっているのでしょうか?



勉強していくうちに、間違っているような気がしました。

人間の体重が100kgとするなら、水中では10kg。浮力は90kg。これでは担架よりも浮力がありますよね・・・。



比重は担架は1.37・・・水より重い・・・。どういうことなのか・・。

担架は面積が広いので比重と関係なく浮くのか・・。



浮力10.8kg=成人男性をのせても水没しない

の説明をするのに結果がでません。

よろしくお願いいたします。

現在、消防の資機材について研究しているのですが、浮力について勉強している際、息詰まってしまいました。

現在の課題は、水難救助用の、水上で人を乗せる、フローティング担架の浮力についてです。

資料には、重量14.8kg、浮力10.8kg(成人男性をのせても水没しない)とあります。

運輸省の救命胴衣の基準というのには、大人用で浮力7,5kg以上のものを使用する、とあり、

ある救命胴衣の販売業者によれば、浮力の10倍程度までは浮く、とあります。

ということは、このフロー...続きを読む

Aベストアンサー

水難救助関連の者ではありませんので、自信はありませんが・・・。

>人の重さは水中で1/10になると聞きました。
>フローティング担架の浮力10.8kgからすると、約108kgの人までは浮くことなのか。

ちがいます。
水中での人の重さは、陸上での体重のおよそ1/10程度として救命胴衣等を設計する基準とするということだと思います。 逆に言うと、浮力10.8kgのフローティング担架では、約108kgの人までは浮く(体が完全に水上に出るということではない)・・・沈まないということです。
現物を見ないと、何ともいえませんが、息が出来る状態まで浮上させることが出来ると解釈すべきだと思います。
浮力10.8kgの表示のあるものは、人であろうが石であろうが10.8kgを超える重量のものを載せると沈みます。

>浮力10.8kgよりも軽いので浮く??

その通りです。
人の場合は、比重が1.1くらい(筋肉質の人はもう少し大きい)なので、水中では陸上での体重のおよそ1/10程度になるということです。
その重量より浮力の方が勝っているので、わずかに(体の一部、0.8kg分が)浮きます・・・全部は沈みません。

>人間の体重が100kgとするなら、水中では10kg。浮力は90kg。これでは担架よりも浮力がありますよね・・・。

その通り。
体の浮力は90kg+担架の浮力10.8kg=100.8kg
体重は100kg。差し引き0.8kg分水上に出ます。氷山の一部が水上に顔を出す現象と同じように。
人間だからわずかでも浮きますが、100kgの石とか鉄とかであれば浮力が人間の数分の1しかないため、完全に沈みます。

>比重は担架は1.37・・・水より重い・・・。どういうことなのか・

担架の比重が1.37というのは、どこから出た数値ですか。
ネットでみた一部のフローティング担架は、担架の人を載せた部分には浮力がなく、担架のパイプ部に「浮き」が取り付けられていました。浮きを取り除いた比重が1.37?、それとも人を載せるシートの部分の比重が1.37?
トータルでの比重が1を超えるとフローティングとはいえません。

>浮力10.8kg=成人男性をのせても水没しない

仮に80kgの人を浮力10.8kgのフローティング担架に載せた場合、差し引き2.8kgとなります。人の頭の重さは成人の平均で4kgから5kgといわれていますので、頭の約半分が水面から出ます。担架ですので水平に近い状態になりますので、耳が全部隠れるくらい沈んだ格好になり、何と顔が出ている感じになります。

水難救助関連の者ではありませんので、自信はありませんが・・・。

>人の重さは水中で1/10になると聞きました。
>フローティング担架の浮力10.8kgからすると、約108kgの人までは浮くことなのか。

ちがいます。
水中での人の重さは、陸上での体重のおよそ1/10程度として救命胴衣等を設計する基準とするということだと思います。 逆に言うと、浮力10.8kgのフローティング担架では、約108kgの人までは浮く(体が完全に水上に出るということではない)・・・沈まないということ...続きを読む

Q水槽の水ろ過用の空気ポンプ位置

お世話になります。

金魚の水槽の水ろ過用の空気ポンプ(コンプレッサー)には、必ず水面より高い位置に設置すること、と注意書きがあります。
そうしなければいけない科学的(物理的)理由はなんでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何かの拍子に逆流してきてサイフォンで漏れ始めたら困るので

Q浮力について

浮力のことの具体例ですが、空気中にいる人の体重が50KGであったとして水中で体重をはかると37KGに減ったとして、その差分が浮力となり、
W(重さ)ーD(密度)V(体積)が成り立ちますが、空気中でも浮力がはたらくはずなのですが、通常学校の物理の授業で空気中での重さをW(重さ)とし、w-dVとならないのは何故でしょうか?浮力について考慮しなくてもよい要因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

文字の意味を指定してくれないとなんだかわかりませんが、小文字のwは大文字と同じ意味、小文字のdは空気の密度と考えていいのでしょうか。

勿論、正確には空気の浮力も働きますが、水に比べその影響が小さいから無視します。具体的に求めてみると、
水の密度を1kg/lとすれば、13kgは13リットルですから人の体積は13リットルですね。13リットルの空気の重さは空気の平均分子量が29位なので、標準状態だとすると29×13÷22.4=16.8gです。体重50kgにたいして0.0168kgですから無視しても大差ないですよね。

Q炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が

炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が割れるとかいたらどーなりますか?

Aベストアンサー

炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が割れる

→ 炭酸水素ナトリウムを加熱したときに試験管を傾ける理由は、できた水が加熱部分にいき試験管が割れる可能性があるため。

水が加熱して割れるのではなく、加熱した熱くなった試験管のガラスが水により急激に冷やされたとき、
割れることがあるためですから、不正解もしくは△て゛減点される可能性があります。

参考までに。

Qライフジャケットの浮力について

ライフジャケットには、「浮力7.5kg/24時間以上」などの浮力が書かれていますが、24時間を過ぎた場合はどうなるのでしょうか?

24時間以上は浮力が急になくなり、全くライフジャケットの役目を果たさないなどあるのでしょうか?

気になったので教えてください。

Aベストアンサー

ライフベストと言う物は
発砲素材の物でも水を含みだして浮力が時間と共に落ちてきます。
特に船舶に装備されている検査品?のオレンジのジャケットは
薄い発砲素材を重ねてつめてありますので浮力を失いやすいようですし
発砲素材自体がフルーツ等の化粧箱に敷かれている物と同品です。
全く安心できません。

只、本来気にする部分は
24時間も水に浸かっていられるかという事だと思います。
私には無理ですので船で水上に出るときは自己膨張いかだを使っています。

Q球体内部に浮力で浮く物があると重さは変わるか

水に浮かぶ大きな球体の内部に水200kgが入った総重量275kgの円球と同じ球体内部の水100リッターに浮く175kgの小さな球体がある場合、空気中では同じ重さで同じ容積の円球ですが、水に浮いているときには後者の方が軽くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ大きさ同じ重さの75Kgの容器に何が入っていようと
(たとえ空気だろうと水だろうと)
同じ重さ

浮力のある分水を押しのけててそれが重さになるわけだから
トータルは変わらない


人気Q&Aランキング

おすすめ情報