レクイエムのCDを借りたのですが、作曲者がキリル文字で書いてあるため、誰のものかわかりません。
iTunesでも、曲目情報が表示されなかったため、困っています。
以下の情報からわかる方、教えて下さいませんか。

(曲の構成)
1.Introitus(6:42)
2.Graduale(1:43)
3.Dies Irae(10:55)
4.Offertorium(17:42)
5.Sanctus(1:37)
6.Pie Jesu(3:29)
7.Agnus Dei(7:36)

(曲の特徴)
・Introitus:ソ~ラ♭~ソ~シ~ド~レ~~  …という、低音弦楽器のユニゾンで始まります。
・Dies Irae:トロンボーンとトランペットのユニゾンの単音のファンファーレののち、「ごわ~ん!」と銅鑼が鳴ります。
・Sanctus:ゆったりした3拍子。

ほか、
・作曲者らしき肖像画が、ジャケットに書いてあります。シューベルトの頃の風俗と似ています。
・ヴェルディ、ベルリオーズ、ブラームス、フォーレ、デュルフレのレクイエムは知っていますが、そのいずれとも違います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐らくですが、ケルビーニのレクイエムではないかしら(^^;


それぞれの曲の特徴が、よく似ているので。

参考URL:http://www.geocities.jp/yiultimate/Albumblatt/cl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.2さんのご回答と合わせ技で、仰るとおりケルビーニと判明しました!
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/04 21:16

すみません。

直接の回答(アドバイス)ではありません。

まずここで「レクイエム」作者をチェック。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF% …

次に、お持ちのCDのキリル文字をこちらでチェック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA% …

前述作曲者一覧から発音の近そうなヤツがホシだ!
・・・すみません・・・(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.1さんのご回答と合わせ技で、無事作曲者名が判明しました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/06/04 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォーレ:「ヴィエルヴェユの漁師のミサ」のCD

G.フォーレ(1845~1924)とA.メサージェ(1853~1929)の共作「ヴィエルヴィユの漁師のミサ」のCDが発売されているのか、されているのであれば、レーベルや品番、アーティストなど、解る範囲で結構ですので、なるべく多くの情報を教えて下さい。

この曲の情報として、
 「フォーレのレクイエム(1893年版)」のCDにカップリングされていたらしいと言う事。(このCDの情報が解りません)
 1881年」の夏にフォーレとメサージェは、彼らのパトロンのクレルク夫妻の招待で、ノルマンディーの漁村「ヴィエルヴェユ」で共に休暇を過ごします。この漁村の人達の為に二人で作ったのがこのミサ曲だそうです。
 フォーレがグローリア/サンクトゥス/アニュス・ディを作り、メサージェがキリエ/オーサルタリスを作った。とあります。
 初演は、女声コーラスとハーモニゥム、ソロ・ヴァイオリンの伴奏で、地元の聖歌隊、メサージェの指揮、フォーレのハーモニゥムで演奏され、大好評を博したとの事です。
 翌1882年には、小編成の管弦楽曲用に編曲して演奏されました。フォーレがアニュス・ディをメサージェが残りを編曲したとの事です。

知られなかった理由として、
 (1)作曲の動機がプライヴェートであった事。
 (2)楽譜をクレルク夫妻に献呈された事。
 (3)フォーレが、この曲を基に、後年(1906)あの有名なレクイエムを書いた事。
などが、考えられているようです。

私が得ている情報は、この様なところです。
宜しく御願い致します。

G.フォーレ(1845~1924)とA.メサージェ(1853~1929)の共作「ヴィエルヴィユの漁師のミサ」のCDが発売されているのか、されているのであれば、レーベルや品番、アーティストなど、解る範囲で結構ですので、なるべく多くの情報を教えて下さい。

この曲の情報として、
 「フォーレのレクイエム(1893年版)」のCDにカップリングされていたらしいと言う事。(このCDの情報が解りません)
 1881年」の夏にフォーレとメサージェは、彼らのパトロンのクレルク夫妻の招待で、ノルマンディーの漁村「ヴ...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は
下記CDに収録されている「Messe des Pecheurs de Villerville」でしょうか?↓(試聴)

http://www.amazon.co.jp/Faur%C3%A9-Requiem-Peter-Kooy/dp/B000000770

Qフォーレのピアノ曲で…

タイトルのままですが、フォーレのピアノ曲でおすすめの曲があったら教えて下さい。
マイナーなものでも構いません。
フォーレの独特の転調が美しい曲で、中級程度からの曲を探しています。

ちなみにピアノはドビュッシーの映像やベートーヴェンの月光3楽章くらいまで弾きました。

また、参考になるようなCDなども教えていただけると嬉しいです!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フォーレはあまり弾いたことがないので、詳しくないのですが私が練習した曲はどれも大好きなので御知らせしますね。

♪ワルツ=カプリス第1番
♪即興曲第2番

あとバラードも練習したことがありますが、長いのでちょっと大変です。
生徒には編曲のシチリエンヌ(全音版)もよく弾いてもらってます。
連弾の『ドリー組曲』は弾かれましたか?
有名なので、たぶんされているでしょうね。

フォーレの転調の美しさをわかっていらっしゃる方なので全部ご存知かと思いましたが、少しだけお邪魔しました。

Qベルリオーズとリストの風刺画について

ベルリオーズとリストの風刺画が表している意味を教えて下さい。
出来るだけ詳しくわかりやすく教えて頂けると助かります。
【ベルリオーズ】真ん中で指揮をしていて、大砲の爆音で耳を塞いでいる人がいたりする絵。
【リスト】指が何本もあるリストがピアノを弾いている絵。
どちらかだけでも、少しでもよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
若干ブラック気味に書きますが,ご了承ください。

【ベルリオーズ】
これでしょうか↓
http://www.eonet.ne.jp/~ghibli-20gt/ongaku/ongakuimage/Berlioz%20crituer.png

<意味>
いや,ご立派でした。恐れ入りました。
あなた様だけですよ,このような異常な人数を集めてとてつもない大音量を出せるのは。
私ども凡人の耳にはとうてい我慢できな・・・いえいえ,想像もつかない凄さでした。
あ,いかがですか?次は大砲などお使いになってみては?
そしたら会場もオーケストラもきれいさっぱり破壊されて,あなたもさぞご満足でしょう?

<余談>
一番極端な例では,「死者のための大ミサ曲」(通称:レクイエム)では,
 シンバル10人(普通は1人)
 ティンパニ10人(普通は1人)
 ステージ上とは別に,演奏会場の4隅に金管楽器によるファンファーレ部隊を配置
  (それぞれ8~12人,普通は・・・そんなのいません^^)
などの異常な演奏人数が要求されています(プラス,合唱も必要)

ちなみに類似例としてはこんなのもあります。これはベルリオーズの数十年後のマーラーという作曲家です。
タイトル「グスタフ・マーラーが彼の交響曲第1番ニ長調を指揮する」
http://www.yamaha.co.jp/edu/music/img/9th_pic_03.jpg

【リスト】
画像は見つけられませんでしたが,たぶん,私が見た事があるのと同じだと思います。

<意味1:女性の視点>
なんであんな難しい曲が弾けちゃうのかしら!まるで魔法ね!素敵!
(リストの当時のあだ名は「ピアノの魔術師」で,大変女性にモテたらしい)
<意味2:男性の視点>
あいつ,普通の人より指が多いに違いないぜ!そうじゃなかったらあんな曲できるわけないって。
(この噂は本当にそれなりに広まっていたらしいです^^;)
あーあ,そしたらオレだって今頃モテモテなのに。
だいたい,音楽はテクニックよりハートで勝負するモノなんだぜ!!

<余談>
ピアノはあまり詳しくないのですが,彼の超絶技巧にまつわる比較的有名な伝説をひとつ。(たぶん事実です)
リストはあらゆる曲を所見で(初めて楽譜を見たときに)完璧に弾きこなせたそうです。
ただ,ショパンの練習曲集作品10だけはそれができませんでした。
その後彼は突如姿を消し,周囲を驚かせましたが,数週間後に戻ってきて,
完璧に弾いてみせました。
これに驚き感動したショパンは,リストにこの曲を捧げました。

こんにちは。
若干ブラック気味に書きますが,ご了承ください。

【ベルリオーズ】
これでしょうか↓
http://www.eonet.ne.jp/~ghibli-20gt/ongaku/ongakuimage/Berlioz%20crituer.png

<意味>
いや,ご立派でした。恐れ入りました。
あなた様だけですよ,このような異常な人数を集めてとてつもない大音量を出せるのは。
私ども凡人の耳にはとうてい我慢できな・・・いえいえ,想像もつかない凄さでした。
あ,いかがですか?次は大砲などお使いになってみては?
そしたら会場もオーケストラもきれいさ...続きを読む

Qベルリオーズのラコッツィ行進曲

編成が分かりません。
教えてください、お願いします><

Aベストアンサー

pic
fl2
ob2
cl2
fg4
hr4
tp2
cor2
tb3
trg
tim
大太鼓
弦5部

のようです。

Qフォーレの即興曲第3番について

125小節目からしばらく和風の響きがしますが、なんでですか?

Aベストアンサー

一言で言うとしばらく続いた独墺偏重主義への反動であり、近代化という時代の流れもあったと思います。
フランスのみならず、この頃の音楽界は「いかにドイツ的枠から脱却するか」が共通のテーマだったらしいです。

ドビュッシーなんかは新しい音楽の道を貪欲に追求したその代表で、ご存知の通り全音音階・5音音階あるいは教会旋法を「自分の道はこれだ」と言わんばかりに多用しました。ラヴェルには「全音音階とペンタトニックだらけ。もうウンザリ」と皮肉られた程です。(ちなみに、ラヴェルにはドビュッシーよりも早くから全音音階を取り入れた曲を作っていましたが、「我が道」とまでは至らなかったようです。その前にドビュッシーに乗りこなされてしまったというのもあるかもしれませんが・・。)


でも、全ての音楽が長・短音階と機能和声で作られていた時代なんて、今となっては考えられないです。現代の視点からすると、ドイツ主義時代の音楽はやはり一面的だったと言っても言い過ぎではないと思います。「フランスが音階の多様性に富んでいる」のではなく、「独墺がごく限られた表現の範囲内に収まっている」だけなのですね。
現代のジャズ好きにとっては、クラシックにおけるトリスタン(和音)の破格的扱いに違和感を感じるのだそうです。というのも、近代以降のコード進行から始まっている者からしてみれば当たり前過ぎて、それがどうした?程度の意識しか持たれないのですね。それにも「独墺系音楽の認識的・表現的偏り」がよく表れているのではないかと。

一言で言うとしばらく続いた独墺偏重主義への反動であり、近代化という時代の流れもあったと思います。
フランスのみならず、この頃の音楽界は「いかにドイツ的枠から脱却するか」が共通のテーマだったらしいです。

ドビュッシーなんかは新しい音楽の道を貪欲に追求したその代表で、ご存知の通り全音音階・5音音階あるいは教会旋法を「自分の道はこれだ」と言わんばかりに多用しました。ラヴェルには「全音音階とペンタトニックだらけ。もうウンザリ」と皮肉られた程です。(ちなみに、ラヴェルにはドビュッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報