私は昨年より、家具を製作していますが、原価計算の方法、帳簿への記帳の仕方で悩んでいます。主に個人のお客さんより注文を頂いて製作しておりますが、その場合帳簿には(現金/売上げ)とだけ記載していたのですが、決算をするにあたり製造原価のことを考えなくてはならず、その場合その製品を作るための手間賃(労務費)、その他の経費、利益などはその製品が売れた段階で帳簿に記載するのものなのでしょうか?決算時にまとめて記帳しても良いものなのでしょうか?それとも私の解釈の仕方が間違っているのでしょうか?いろいろ調べているのですがそれすらもわかりません。毎回違うものを作るので計算がいろいろと煩雑になり混乱します。どのようにすれば良いのか、お知恵を拝借願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的には、製品が売れて売上に計上した段階で、その売り上げた商品の製造にかかった費用(材料費など)を製造原価として計上します。



又、簡便な方法としては、売上はその都度計上しておき、原価については、決算時にまとめて処理する方法も有ります。
この方法は、仕入れた材料はすべて「材料費」に計上します。
そして、決算時に、残っている材料を仕入値で計算して「期末材料棚卸高」に計上します。
「材料費」から「期末材料棚卸高」を引いた金額が「製造原価」になります。

次の年は、今回の「期末材料棚卸高」が「期首材料棚卸高」となります。
そして、「期首材料棚卸高」+「材料費」-「期末材料棚卸高」=「製造原価」となります。

又、決算時に製造途中の物は、それまでにかかった材料費で評価して「期末材料棚卸高」に加算します。
厳密には「仕掛品」として計上するのですが、この方法でも問題ありません。

なお、個人事業で、使用人がいない場合は、事業主の給料は経費になりませんから、労務費は発生しませんので、「製造原価」として考慮する必要は有りません。

個人事業では、事業主が生活費として給料相当分を支払った場合は、給料ではなく「事業主貸し」として処理します。

記帳などで お困りの場合は、お近くの商工会か商工会議所に行くと指導を受けられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

OKWebからアンサーのメールが届いておらず、御礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。今回もわかりやすく私の知りたかった事がズバリご回答されておりまして、誠にありがとうございました。感謝感激です!!!!!忙しさにかまかけ、なかなか税務署に行けずに、いろいろと本を読んだり、ウェブサイトを検索したりしていたのですが、上記のようなこと(会社組織のことはあっても個人でものづくりをしている場合のことが)皆無でした。目の前の霧がスーッと晴れ渡った感じです。これで何とか確定申告できそうです。重ね重ね御礼申し上げます。

お礼日時:2002/02/26 19:46

原価計算を本格的にすると大変ですよ!(一応日商の2級は持ってます)


税金の申告は青色申告するのでしょうか?

何れにしても税務署で相談するとか税務署は敬遠なさるのであれば
地元の商工会議所とか市町村役場の無料税務相談(常にやっていない)など
相対で教えてくれるところが有るはずです。
個人事業者ですから簡便な方法を教えてくれると思います。

もう17日なんですね!すると税務署は確定申告で大変混雑している
と思いますから早めに行くか(明日とか)避けた方が良いかも知れませね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

OKWebよりアンサーのメールが届いておらずに御礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。早速のご回答ありがとうございました。今回は白色ですが来年からは恐れ多くも青色の予定です。無料相談もあるそうなのでそちらの方も当たってみて勉強しなおします。今回は親切なアドバイスでこちらまで元気が出てきました。このように見知らぬもの同士が助け合いできるのもインターネットの魅力だと思います。このご縁に感謝致しまして。

お礼日時:2002/02/26 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXの確定申告で国税庁ホームページにありオンライン確定申告書の作成につ

FXの確定申告で国税庁ホームページにありオンライン確定申告書の作成についての質問です

国税庁のホームページに行くと確定申告をオンラインで作成し、印刷できる便利なものがあります。職業はサラリーマンでFXで利益が20万円以上出た場合雑所得になる為、総合課税で確定申告をしなければいけません。

質問なのですが、国税庁のオンライン確定申告作成コーナーで、FXで利益が出た場合の確定申告書の作成は出来るのでしょうか?又、出来る場合はどの様にして作成すれば良いのでしょうか?

詳しく教えていただけると嬉しいです、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

FXの取引が取引所取引(くりっく365)か、市場取引(非くりっく365)で違います。
取引所取引では申告書Bで、分離課税の先物取引に係る雑所得等のところに入力します。数量は取引した枚数、決済の方法は仕切りです。
市場取引では総合課税の収入金額等の雑のその他に入力します。

申告する額は自分で計算した額ではなく、業者が発行した証明書(年間損益計算書などと言う書類・・・・業者で書類名が違う。通常取引画面からダウンロードする。)の額を転記します。この証明書の内容は税務署にも報告が行ってますからこれと同じ額でなければいけません。

Qソフトウェア製作の原価、請負契約の原価の帳簿への反映方法を教えてください。

当社はソフトウェアの製作、販売を主な目的としています。
(1)他社と合同でソフトウェアの開発を行い、当社は基本設計を担当、
「研究開発」という名目で、それにかかった時間と原価が渡されたのですが、経理としてどのように仕訳帳など帳簿に反映すれば良いのでしょうか?
研究開発費 xxx 給与 xxx
         旅費交通費 xxx(相手先へ出向いた経費)
でしょうか?具体的な仕訳を教えてください。

(2)請負で他社プロジェクトへ派遣されて仕事をする場合も、原価についてどういった仕訳を行えばよいでしょうか。

そもそも、当社の様な場合、原価管理をどうやって行っていけばよいのでしょうか。会計ソフトは弥生の、法人/一般(工業簿記ではなく)の環境で使っていますが、会計ソフト上での原価管理が必要なのでしょうか?
ソフトウェア会計もインターネットで少し調べましたが、具体的な仕訳まで記載されているところがなく、私自身、原価管理と工業簿記など入り混じって混乱しております。
そんな中で質問しておりますので、的外れな部分もあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

当社はソフトウェアの製作、販売を主な目的としています。
(1)他社と合同でソフトウェアの開発を行い、当社は基本設計を担当、
「研究開発」という名目で、それにかかった時間と原価が渡されたのですが、経理としてどのように仕訳帳など帳簿に反映すれば良いのでしょうか?
研究開発費 xxx 給与 xxx
         旅費交通費 xxx(相手先へ出向いた経費)
でしょうか?具体的な仕訳を教えてください。

(2)請負で他社プロジェクトへ派遣されて仕事をする場合も、原価についてどういった仕訳を行えば...続きを読む

Aベストアンサー

ソフトウェア業は建設業に似た受発注形態や開発体制をとることが多く、簿記会計上も建設業に準じた処理をするのが良いと考えられています。

そのため、開発にかかる諸費用は、製造費用に計上した上で仕掛品等の棚卸資産や研究開発費に振り替えるとともに、残る製造原価を売上原価とするのが、一般的なソフトウェア開発の仕訳や決算書表記となります。

この点、御社では販管費に開発諸費用を計上しているとのこと、そうであれば、そこから振り替えることになります。ただ、製造費用となる勘定科目を設定し、開発諸費用をそこへ計上することにしたほうが良いとはいえます。

「研究開発費」については、会計上も税務上も、即時費用化(損金化)させます。「研究開発費」として繰り延べることはありません。繰延資産の対象は「開発費」(および「試験研究費」:研究開発費がすべてカバーするため、今は使われない科目となった)です。

問題は、ソフトウェア開発における研究開発費の範囲が、税務上必ずしも明らかでないことです。例えば、基本設計費用が税務上研究開発費として取り扱われるのかどうか、専門家やそれに類する人の意見も一致していないようです。

共同開発については、販売権を有しているのならば、基本設計費用を販売用ソフトのマスタ制作費用の一部として捉えればよいのではないでしょうか。

ソフトウェア業は建設業に似た受発注形態や開発体制をとることが多く、簿記会計上も建設業に準じた処理をするのが良いと考えられています。

そのため、開発にかかる諸費用は、製造費用に計上した上で仕掛品等の棚卸資産や研究開発費に振り替えるとともに、残る製造原価を売上原価とするのが、一般的なソフトウェア開発の仕訳や決算書表記となります。

この点、御社では販管費に開発諸費用を計上しているとのこと、そうであれば、そこから振り替えることになります。ただ、製造費用となる勘定科目を設定し、...続きを読む

Q確定申告で。初めて確定申告をします。ここで教えて貰い、国税庁の確定申告コーナーで書類を作

確定申告で。


初めて確定申告をします。
ここで教えて貰い、
国税庁の確定申告コーナーで
書類を作りたいのですが
我が家にPCがありません^^;

インターネットカフェなどでも可能でしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわないと思います。

自分の収入とかを計算するのに必要な書類等を完備しないとすごく時間がかかり出直しとかになる
のかもしれませんが、普通は、ただ待つ。

自分の順番が来たら、手をあげると係の人が質問に答えてくれるという便利なシステムです。

必要なことは、どういう手順で進むのか?
前もって把握できていると慌てることもない感じです。

>ネットカフェでも確定申告できるの?

はい、可能です。

■参考資料:e-Taxで自宅から楽ちん確定申告
http://matome.naver.jp/odai/2142314175951730401

国税庁のウェブサイトにネットカフェでアクセスして、「個人」 → 「書類を印刷して送付」
→ 1番右の「質問に答えながら作成する」という手順で進めば、たぶん小学生とかでもできる
くらい簡単にできちゃうと思いますよ。

>給与明細や証明等が一切ないので、
>収入を記載したノート、
>経費を月別に書き出したノート、
>(一応)レシートや領収書を貼り付けたノート、
>年金、保険(ゆうちょ)、国保関連の書類を持参して
>個人事業主として白色申告をする予定です。

一般的には、誰か人に見せて相談するというシュチュエーションでは、
例えば「収入を書いたノート」というものは、ワードなどでPCで作成して書類化したもの
を事前用意しておく方が良いと思いますよ。

例えば、「収入」というお金の入り口というカテゴリーを1つの書類にまとめる。
「必要経費」は仕事で必要だと判断した経費類をまとめる。
「年金や生命保険等控除の書類はそれで1つにまとめる」などの準備です。

車のガソリン代ならガソリン代のレシートを1つにまとめ、それを集計した書類を1枚。
電車に乗った記録であれば、それは1つの書類にまとめる。

まったく人間関係のない人がその書類を見た時に、最上段などに「何を集計した内容の書類なのか?」
くらいはわかるようにしておかないと、ダメだと思います。

>個人事業主として白色申告をする予定です。

事業を行う事業主は、その事業活動で法律を遵守するという決まりがあり、従業員まで責任を持たないと
いけない決まりがあります。

ということは、国民の義務である確定申告もしないといけないことになるのですが、ネットカフェで
まず1つずつ書類を作成して印刷もできますので、出力します。

後は、それを税務署が主催している大きな会場に持参して、相談しながら書類を見せて作成していく
という方法がよろしいかと思います。

慣れれば、後はネットから作成して印刷し、最後の書類に宛名が印刷されるので、郵送するように
なっていけば良いのではないでしょうか。

事業主の確定申告というのは、かかった経費などの種類をきちんとまとめるというのが第一段階になり、
税務署職員などに説明をできるというのが最低スキルになると思います。

手書きの汚い字などのごちゃごちゃしたノートとかは持ち込まない方が良いと思いますよ。

商売は人に説明できるが重要なのと、人に力を借りるというシュチュエーションでは事前に自分で努力を
していると伝わる具体的な目に映るものと、相手の視点に立った準備くらいはやはり礼節となります。

税務署職員という、お仕事でされていらっしゃる人の力をいかに自分のために動いてもらえるのか?

商売でも重要な人を動かすスキルみたいなものは、1年生のスタート時点で身に着けた方が良いスキル
でもありますから。

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわな...続きを読む

Q売上原価と製品原価の関係

損益計算書に示される売上原価は「期首棚卸高+当期製造原価-期末棚卸高」として求められると思います。

一方、「原価計算基準」第一章、四、(二)に、「売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価を製品原価とし」とあります。

したがって、「売上原価は1会計期間における製品原価に等しい」と思うのですが、そのような理解で正しいでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。
(若干混乱している)質問に直接答えても分りにくいので、勘違いしていると思われる部分を説明して、回答にしたいと思います。
 まず、「棚卸資産」と言う言葉は、二つの意味で使われています。
 一つは、決算時の棚卸資産=在庫(売れ残り)
 もう一つは、前期棚卸資産で今期売り上げたもの。
 これを理解すると疑問は解けませんか?
 あなたは、この二つを混同して使っているようにみえます。

>>この言葉「1会計期間における製品原価に等しい」をどのような意味で使っていますか?

>「原価計算基準」第一章、四、(二)の「製品原価」の定義をそのまま当てはめて、「1会計期間における売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価に等しい」という意味で使っていました。

 これは、今期発生した(売り上げたではない)製品原価(製造原価)の説明ですから、今期売り上げた製品原価で損益を出さなくてはいけない損益計算書の売上原価とは等しくありません。
 つまり、上記で貴方が言っている製造原価には今期売り上げられていない(今期の)棚卸資産が入っていないし、また前記から繰り越された(前期の)棚卸資産が入っていないからです。

#1です。
(若干混乱している)質問に直接答えても分りにくいので、勘違いしていると思われる部分を説明して、回答にしたいと思います。
 まず、「棚卸資産」と言う言葉は、二つの意味で使われています。
 一つは、決算時の棚卸資産=在庫(売れ残り)
 もう一つは、前期棚卸資産で今期売り上げたもの。
 これを理解すると疑問は解けませんか?
 あなたは、この二つを混同して使っているようにみえます。

>>この言葉「1会計期間における製品原価に等しい」をどのような意味で使っていますか?

...続きを読む

Q国税庁HPの確定申告書作成について

国税庁HPの確定申告書作成について、おわかりの方教えてください。
国税庁HPのヘルプデスクに連絡しても「わからない」といわれてしまいました・・・。
20年に土地を先行取得して住宅ローンを組み住み始めたのですが、
借入残高証明が「土地等のみ」だと国税庁HPで住宅ローン控除の申告書は作れないのでしょうか?
土地の先行取得のため、残高証明は「土地等のみ」ですが、建物完成後に建物にも抵当権をつけています。

Aベストアンサー

建物の借入金がないと控除を受ける土俵に乗れないのです。
これは、繰上げ返済などをした場合も同じです。
建物と土地とそれぞれ借り入れがあった場合に、建物の借入金を一括返済などをしたりして、土地だけの借入金が残った場合は、これで控除は終わりになってしまいます。

この『住宅借入金等特別控除』の制度は、名称にもあるように、「住宅」の取得ということに、そもそもの出発があるのです。土地に対する借入金は数年前までは、認めていませんでした。それが、だんだんと認める幅が広まってきて現在に至っているのです。

したがって、土俵に上がるためには、『土地』から『住宅および土地』に区分を変えてもらわないといけません。

銀行に交渉すれば、応じていただけるのが、実務上私の承知している事例です。このように書類を整えれば、税務署の審査を通ります。

Q売上原価と製品原価の関係 2

理解1
損益計算書に示される売上原価は次のようにして求められると思います。
(1)売上原価=期首棚卸高+当期製造原価-期末棚卸高

理解2
一方、「原価計算基準」第一章、四、(二)に、「売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価を製品原価とし」とあります。これは、次のように言えると思います。
(2)製品原価=売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価

理解3
(2)は、少し変形して表現をかえると、次のように言えると思います。
(3)製品原価=売上品の全部の製造原価+たな卸資産の全部の製造原価

理解4
1会計期間に付いてみる場合は(3)の「売上品の全部の製造原価」は(1)に言う「当期製造原価」であり、同じく「たな卸資産の全部の製造原価」は同じく「期末棚卸高」であるので、1会計期間に付いてみる場合は(3)は次のように言えると思います。
(4)製品原価=当期製造原価+期末棚卸高

質問1
(4)は正しいでしょうか。

質問2
質問1の御回答がnoである場合は、理解1~理解4のどこが違うのでしょうか。

質問3
質問1の御回答がnoである場合は、「1会計期間の製品原価」を(1)の右辺にある言葉で定義するとどうなるでしょうか。

なお、お手数ですが、質問1~質問3全部をまとめてではなく、質問1~質問3のそれぞれ個別に御回答いただけると有り難いです。

よろしくお願いします。

理解1
損益計算書に示される売上原価は次のようにして求められると思います。
(1)売上原価=期首棚卸高+当期製造原価-期末棚卸高

理解2
一方、「原価計算基準」第一章、四、(二)に、「売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価を製品原価とし」とあります。これは、次のように言えると思います。
(2)製品原価=売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価

理解3
(2)は、少し変形して表現をかえると、次のように言えると思います。
(3)製品原価=売上品の全部の製造原価+...続きを読む

Aベストアンサー

#3,4です。
参考に、回答例を書いておきます。

[A]棚卸高(製品)と当期製造原価
(1)期首棚卸高=2万円×10個=20万円
(2)期末棚卸高=2万円×15個=30万円
(3)当期製造原価=2万円×45個=90万円

[B]当期売上原価
(4)当期売上原価=期首棚卸高+当期製造原価-期末棚卸高=20万円+90万円-30万円=80万円

[C]当期の製品原価
「製品原価」は、「原価計算基準」第一章、四、(二)にある、「売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価を製品原価とし」により、次の(5)のようにします。
(5)製品原価=売上品およびたな卸資産の価額を構成する全部の製造原価
(6)当期の製品原価=2万円×10個+2万円×45個=110万円
  内40個は売上、残り15個は棚卸として、翌期へ
  (但し、今期製造した製品原価は、2万円×45個=90万円)

 当期売上原価は、110万円-2万円×15個=80万円

Q確定申告書B 国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成できますか?

お世話になります
先ほど 国税庁の確定申告書等作成コーナーにて
青色申告決算書は作成できたのですが
どこを探しても 確定申告書Bを作成するページに当たりません
確定申告書Bを作成するページはどこにあるか
教えて下さい
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

ここから所得税コーナーへ行けばよいと思います。
https://www.keisan.nta.go.jp/h27/ta_top.htm#bsctrl

Q製品原価は、ある場合には期間原価でしょうか

「原価計算基準」第一章、四、(二)に、次の『 』内のようにあります。

『製品原価とは、一定単位の製品に集計された原価をいい、期間原価とは、一定期間における発生額を、当期の収益に直接対応させて、把握した原価をいう。』

財務諸表において売上原価を示す場合など1会計期間の製品原価について見る場合は、当該製品原価は上記定義に言う「一定期間における発生額を、当期の収益に直接対応させて、把握した原価」であるので期間原価の1種でもあると思うのですが、そのような理解で正しいでしょうか。

Aベストアンサー

正しくないです。

 製品原価と期間原価を対比して書いていると言うことは、製品製造にかかった費用は製品原価として製品に対応して管理(計算)し、製品原価に対応付けられないものは期間原価(費用)として管理(計算)しなさいということです。
 製品原価は、その期に売り上げなかったものは翌期に持ち越さなくてはいけませんし、前期からの繰越在庫を今期売り上げた場合は今期に計上しなくてはいけません。

Q国税庁確定申告作成ぺージで印刷できない

国税庁の確定申告書作成ホームページにより、一連の作業を終え、印刷する画面まできて、adobe のアクロバットリーダーもインストール完了で、最終の印刷する段階で、帳票ファイルを開くをクリックしてもダウンロード中がのままで、次の印刷画面にたどりつきません、昨年印刷ができたのに、何故でしょか、
 依然と違うのは、プリンタをキャノン PIXUS MG3230 (以前もキャノンの類似機種でした)) に切り替えたくらいなのですが・・・・・  OSはWINDOWS  XPです。 Internetエクスプローラー8です 
   何か、国税庁の方で、昨年と違いが出てきてるのでしょうか?
   

Aベストアンサー

国税庁のホームページで申告書を作り提出しました。昨年とはプリンターを換えましたが問題なく印刷できました。プリンターとの接続は昨年ケーブル、今年は無線ランです。
申告書作成コーナーは説明が不親切ですが説明をよく読んでみてください。できますよ。

Q原価率算定で、なぜ”売上げ戻り”は考慮するのですか?

よろしくお願いします。

原価率の算定で、”売上げ値引き、割戻し控除前の売上高”を使うことは勉強したのですが、なぜ売上げ戻りは考慮した後の売上高を使うのでしょうか?

売上げ値引き、割戻し控除前を使うなら、売上げ戻りも控除前の売上高を使ってもいいと思うのですが・・・・

詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

■状況を考えてみよう!
●「言葉」から考えてみました。

売上値引き…売り上げた商品の実質的な値引き
売上割戻し…リベート見たいなもの、値引きと似たような感じ

でも、売上戻りは上記2つとは異なるのです。
戻りというのは、売り上げた商品が、自分の手許に戻ってくるわけですね。つまりこれを控除する前の状態というのは、返品した商品が「実際に売れた」ということになってしまうのです。

返品して手許にあるはずなのに、控除する前に戻すのは、返品した商品が売れた状態にするというのと同じになるので、売上戻りの控除前の売上高は使えないわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報