このことについて皆さんに質問します。
1.石油資源の現在の実態
2.石油の開発技術について
3.石油生産国のナショナリズム
4.世界の石油消費の傾向
5.他の一次エネルギーの状態
6.我々は今後どうすべきか?
一つだけでもかまいません。
6は主観でもいいです。
皆さんのご意見お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご質問の幅が広く、内容が難解であることから、長文に


なるのはお許しいただいて....。


1.可採年数と埋蔵量
 a.原油の埋蔵量をどのように規定するか国際的に統一
   されたルールがなく、埋蔵量自体も国家機密や企業
   秘密であるため非公開の場合が多く、公表数字に
   は各種ありますが、OGJ(Oil and Gas Journal
   1999)では
    ・世界合計では1兆160億バレル
    ・OPEC/非OPECの数字では、OPEC8,025億バレル
(79%)非OPEC:2,136億バレル(21%)
    ・地域別では
      中東:6,756億バレル(67%)
      北米/中南米:1,220億バレル(12%)
 b.可採年数とは、年末の確認埋蔵量(Reserve)を
   年間生産量(Production)で割った数値。

 ■石油の可採年数の推移■
                    単位:年
年  度 1973 1975 1980 1983 1987 1992 1998 1999
可採年数 30.1 33.1 28.7 33.4 41.5 43.1 43.0 43.0

  「石油は有限」と云う説が超主流ではありまして
  私もその説を支持するんですが、実際問題は採掘
  技術の進歩などによって可採掘年数は減っていない
  わけでして、ここら辺りの解釈は難解なところです。


2の「開発技術」というのは、ちょっとご質問の内容が
解りかねますので割愛します。
(油田系の採掘技術/探査技術なのか、精製・輸送まで
 含めた物なのか....。 どちらにしても、範囲が
 広すぎて書き切れません)


3.石油産出国のナショナリズム
 これは三和総研の「中東情勢と原油価格」という公開
 資料が、ナショナリズムを価格の面から分析しており
 結構解りやすいので、そちらにお任せします。
 (参考URLにPDFのアドレスを入れておきます。)
 これで不十分な場合は、論文や調査報告を取り寄せて
 読まれるのが宜しいかと思います。
 (キーワードは資源ナショナリズムと米国および
  メジャーとイスラエルの三者、そして、外的要因
  としての冷戦終結とEUの成立、そして中国の政治
  経済体制の変化ですね。)


4.石油消費の傾向&他の一次エネルギーの状態
 これはまとめて原子力白書にお任せします。
 URLはhttp://aec.jst.go.jp/jicst/NC/hakusho/wp1989/ind …


6.我々は今後どうすべきか?

「個々人がどうすべきか」と「集団としてどうすべきか」
に分けて考える必要があるでしょうね。

○個々人
 これはもう「節約と投資」しか無いと思います。
 例えば省エネでも良いですし、仮定への風力や太陽光
 の導入でも良いでしょう。
 ただし、太陽光や風力については、本来は導入が容易
 となる様な諸施策(補助金等)が強ければ強いほど
 導入が促進されますから(デンマークの例等)それも
 勘案する必要はありますがね。
 そして、「個々人でやって有効なもの」と「個々人で
 やっても有効でないもの」の仕分けも必要かと。

○集団として
 これは非常に難しい問題です。 といいますもの、
  ・集団を構成する人間が多くなれば思想もそれだけ
   幅広いわけで、中には観念論も存在する。
  ・民主主義の原則としての各意見の尊重
  ・十分な情報を元にしていない理論の存在
  ・弱者救済の問題
  ・安全保障の問題
 と、色々な観点を盛り込む必要がありますね。

 確かに、先行きに不安(環境破壊や温暖化)が存在し
 ますから、有力な対策として脱石油あります。
 ただし、これを観念論で勧めるとどうなるか....。

 例として、食糧問題を加えて考えてみましょ。
 日本の食料自給率を熱量ベースで見ると、恐らく40%前
 後でしょう。
 つまり、不足分の60%は輸出の対価として存在する訳で
 現状の輸出は石油無しには成立しない事を考ると、脱
 石油の方策を誤ると60%の国民が餓死するシナリオが見
 えますね。

  ※:夢物語でなく、食料輸入が少なかった戦中戦後
    の食糧危機という実例もありますし。
    また、石油動力無しだと、自給率は更に低下
    するでしょうな。

 また世界に目を転じても、現在の食料輸出国も、化石
 燃料からの脱皮を誤れば、食料生産力は桁違いに落ち
 るでしょうね。(特に北米)

 じゃ、帰農者を増やすとどうなるか....というと
 今度は輸送手段で行き詰まる可能性がありますな。
 例えば、江戸時代に飢饉が頻発しましたが、これは
 「食料生産力の低下で飢饉になったのか」「片方では
 豊作地帯が存在したが、輸送手段が貧弱で飢饉地帯が
 発生したか」かが問題ですな。


まとめると、個人ベースでは出来ることが沢山あります。
例えば、節約生活に励むも良し、自給自足に流れるのも
良し。

ところが、背景の安全保障(例えば食料問題と、それを
支える経済)が成立している場合は、そういう個々人の
努力も可能ですけど、それが破綻したら、個々人の努力
も無意味になりますし、個々人も生存し得ないシナリオ
まで存在するんですな。

確かに、地球温暖化等は深刻な問題で、国際間での会議も
度々開催されていますが、視点を変えたら、これは安全保
障の枠組みの外で行うことが可能で、そういう範囲内での
み話し合わているから国際会議が成立するとも言えるわけ
で、各国の安全保障に関連しそうな分野については国際合
意も為されない場合が多いとか、およそ全ての国(これに
は後進国と呼ばれる国も含みます)が、したたかに行動し
ている現状がありますね。

これらを悪と断ずることも可能ですし、富や資源の平準
化って理念も存在するんですが、それで問題が解決する
のか、これについては実は解りきれないというか、しっ
かりとした予測は、私の見た範囲では存在していない
ですな。(相当努力しても見つからない、重大な問題で
あるのに人々が知り得ないこと)

でも、「解らん解らん」と言っていても仕方ないですし
考えずに理念で行動するのも、人の生死に関する部分
なので危険すぎると。

ですから、安全保障が関連するから...として考えること
を止める現状があるなら、それを盛り込むも良し、意識を
変革するもよし、とにもかくにも、キチンと考えて、その
結果として脱石油が出るなら方策まで読み切る。
予測外の事柄についての対応策も立てておく。
しかも、将来不安だけでなく、現実に人口問題(&餓死者)
を抱えている国も存在するのだから、素早く行う必要があ
り、これを我々がどうやって支えていくか...。
その支え方については、自分自身で考えるべき事なんでし
ょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れました。
すいません。
大変長い回答でさぞ時間を割いたことでしょう。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2002/06/04 12:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA重油燃焼の化学式

A重油燃焼の化学式

はじめまして。
ボイラーを使用しているのですが、A重油はどうやって燃えているのか化学式を知りたいのですが。

CH + O2 = ?

カロリーがどうやって発生しているのか、化学式と併せて御教授頂けましたら、幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門で無いので申し訳ないのですが....
まずA重油は混合物で化学式で表せません。

石油は以下の混合物です。
気体成分:CH4~CH410
ナフサ(ガソリン等):C5H12~C11H24
灯油:C9H20~C18H38
軽油:C14H30~C23H48
重油:C17H36以上

重油の内、A重油は軽質で低粘度ものを指しますので、
C17H36やC18H38等が主成分と思われます。

C17H39 + 26O2 → 17CO2 + 18H2O

Qロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油

ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか?
共産主義の赤?
あと日本の石油元売りが赤い石油を嫌がるのはなんでですか?

どなたか教えていただきたいです

Aベストアンサー

「赤い原油」の赤は共産主義の赤です。ロシアはもう共産主義国ではありませんが、今でも旧ソ連のイメージがあるので赤い原油と呼ぶのでしょう。
日本の石油元売りがロシア産の原油を嫌がっているということはありませんし、実際かなり大量のロシア原油を輸入しています。ただ、ロシアはクリミア併合問題で欧米の制裁を受けていることから、あまり大々的には宣伝していません。アメリカあたりから変な干渉がかかると面白くないと思っているのでしょう

Q化学式

たとえば

鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4

というのが酸化鉄の化学式ですが・・

なぜ2O2なのですか?仮に酸素分子の事を言っていたとしても酸素分子はO2ですよね?なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?
なぜ単純に
Fe+O=FeOにならないんですか?
これ以外にもこれと同じようなことで分からない化学式があります。
エタノールの化学式はC2H6Oですよね?
なのに、エタノール+酸素=二酸化炭素+水→C2H5OH+3O2=2CO2+3H2O
となります。
エタノールの化学式はC2H6Oなのになぜこの化学反応式だとC2H5OHになっているんですか?
二酸化炭素の化学式はCO2、一酸化炭素の化学式はCOで、たった1文字違いで全く違う物質になんてしまうのに・・!
酸素の化学式は(仮に分子のことを言うとしても02)Oなのになぜわざわざ3O2になるんですか?
わけがわかりません・・。
それとも、まだ中学校レベル、高校受験レベルではそういう化学反応式を理屈抜きで暗記するべきなのですか?
おしえてください、お願いします・・。

たとえば

鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4

というのが酸化鉄の化学式ですが・・

なぜ2O2なのですか?仮に酸素分子の事を言っていたとしても酸素分子はO2ですよね?なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?
なぜ単純に
Fe+O=FeOにならないんですか?
これ以外にもこれと同じようなことで分からない化学式があります。
エタノールの化学式はC2H6Oですよね?
なのに、エ...続きを読む

Aベストアンサー

>鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4
>というのが酸化鉄の化学式ですが・・

これは「化学反応式」です。「化学式」は個々の物質やイオンを元素記号を用いて表したものです。
Fe O2 Fe3O4 これらが化学式です。

>酸素分子はO2ですよね?

そうですよ。

>なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
>さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?

化学式は理解されているようですが、まだ「化学反応式」についての理解ができていないと思います。
化学反応式は、個々の化学式の前に「係数」をつけて反応時の数の比を表しています。「2」O2の「2」や「3」Feの「3」は係数です。書かれていない場合は係数「1」が入っていると考えます。

>なぜ単純に
>Fe+O=FeOにならないんですか?

酸素は分子性物質であるので、原則として分子式であるO2(2は下付き)で表すという制限があります。
また酸化鉄と一言で書かれていますが、酸化鉄(II)FeO 四酸化三鉄Fe3O4 酸化鉄(III)Fe2O3 があります。
中学校の教科書は名称を区別していません(総称になってしまうので、「酸化鉄」では化学式を特定できません)が、高校以上では区別して扱います。

>エタノールの化学式はC2H6Oなのになぜこの化学反応式だとC2H5OHになっているんですか?

これは化学式の書き方の違いで、前者は分子式(1分子中の原子の種類と数を表す)、後者は示性式(同じ原子を完全にはまとめずに、物質が特定できるよう構造に分けて書き表す)で書かれています。どちらも正しいのですが、C2H6Oの物質は2種類存在する(もう1つはCH3OCH3)ため、区別したいときには示性式で書きます。ある程度複雑な有機化合物は示性式が一般的です。

>それとも、まだ中学校レベル、高校受験レベルではそういう化学反応式を理屈抜きで暗記するべきなのですか?

すべての物質が判明している化学反応式を書く(化学式がわかっているので係数を入れ、反応する数の比を求める)のは純粋に理屈ですよ。化学反応では原子の種類と数が変らない。(左辺と右辺の原子の種類と数は同じ)それを満たすように係数という比を求めるのです。一種の数のパズルですね。

やり方は学校で学んでください。目算法と未定係数法がありますが、未定係数法は入試問題を解くための方法で、実用的価値はあまり無いと思います。(すべての反応物・生成物の化学式が判明しているという条件は稀です)ですから何でも未定係数法というのはお勧めできません。

>鉄+酸素=酸化鉄→3Fe+2O2=Fe3O4
>というのが酸化鉄の化学式ですが・・

これは「化学反応式」です。「化学式」は個々の物質やイオンを元素記号を用いて表したものです。
Fe O2 Fe3O4 これらが化学式です。

>酸素分子はO2ですよね?

そうですよ。

>なのになんで(左辺の式の方)2O2なんですか?
>さらに分からないのが、3Feです。鉄やマグネシウムなどといった金属は分子を作らないと習いました。なのになぜ3Feなんでしょうか?

化学式は理解されているようですが、まだ「化学反応式」についての理解...続きを読む

Q石油資源の埋蔵量について

石油の可採年数は20年ぐらい前から変わっていないということですが、これは技術の発展や石油価格の上昇等によってそれまで採算の取れなかった石油が取れるようになったからと解釈していました。技術が頭打ちになればいずれ石油は尽きるものだと。

ですが、最近知人から

(1)石油の取れなくなった油田を数年放置するとまた取れるようになる。
(2)石油は地層だけでなく地球の内部にも存在している。

という話を聞きました。だから石油がなくなることはないとか。

これは本当なのでしょうか?また、真偽は別としてこういった学説は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

(2)石油は地層だけでなく地球の内部にも存在している。
これは深層天然ガス理論と言って、惑星内部にメタン(CH4)が存在する可能性が、他の惑星で、あることが解り、そのため地球内部にも地球創世時よりメタンが存在し、それが高温高圧のある条件で、原油や石炭などに変化したと考える学説があります。原油、石炭、天然ガスの起源をくつがえす学説です。スエーデンではこの理論に基づき、原油があるはずのない地層に深部まで掘削をしました。著者と出版社名は忘れましたが「深層天然ガス・・」本が出ています

Qアデニン、グアニン、チミン、シトシンの化学式

こんにちは。

大学の生物学という授業で遺伝子の勉強をしており、
塩基の4つの化学物質 アデニン、グアニン、チミン、シトシンの
構造式と化学式をテストで書けと言われました。

教授が水での例を書いておくと、
構造式は、H-O-H
化学式は、H2O

と、書いていました。

Wikipediaで調べると、水には化学式としてH2Oと書いてありましたが、
アデニン、グアニン、チミン、シトシンには化学式は書いてなく、
似たような感じだなあと思った分子式などしか載っていませんでした。

他を調べても基礎知識のなく、全くわからなかったので
アデニン、グアニン、チミン、シトシンの化学式について
お答えいただけると幸いです。

Aベストアンサー

何か良く分からんのだが・・・、
-----------------------------------------------
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%8B%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%B3
------------------------------------------------
・・・で分子式のことでないの!?
分子式、組成式、構造式、示性式など、元素記号を用いて物質の組成や構造を表した式を総称して「化学式」という
・・・と書いてあるのだが!?

Q石油・石炭・天然ガス等の天然資源ができるまで

 動植物の死骸から、
石油・石炭・天然ガス等の天然資源ができるまでには、
どれくらいの年月がかかるのでしょうか?

 また、鉱物資源は、
ビッグバンや星の誕生といったイベントによらずに生成されることはほぼないのでしょうか?

 ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石炭や石油が算出される地質年代は特定の時代に集中しています。
石炭がおよそ3億年ほど前の古生代石炭紀です。北海道や九州の石炭はずっと新しく、3000万年ほどまえです。
中東の石油は中生代のジュラ紀(2億年前)や白亜紀(1.4億年前)です。
石油や石炭が生成されても、その後の地殻変動などにより、採掘可能な形で存在するとは限りません。

ビッグバンや星の誕生といったイベントで地球を構成する元素が生成されましたが、それがそのまま鉱物資源になるわけではありません。
鉱物資源は人間が採掘可能な地殻表面に経済的に取り出すことが可能な濃度に濃縮されていなければなりません。 
鉱物資源に関しては地球を構成する元素がどのように生成されたかよりも、どのような濃縮が行われ、地殻表面に出てくるかほうが重要です。

Qデンプンの化学式

何故か急にデンプンの化学式って何だっけ?っと思いました
デンプンの化学式教えて下さい。

Aベストアンサー

デンプンはブドウ糖(C6H10O5)がたくさんつながったものなので、化学式で表すと、
(C6H10O5)n
です。

Q尖閣諸島に関して国連の石油資源調査のソース

少し前の回答で

以下引用です。

ちなみに、尖閣諸島の原油埋蔵量は1969年および1970年に国連が行った海洋調査では、推定1,095億バレルだそうです。

   1,095億バレル 
 × 85.40ドル(1バレルあたりのWTI原油先物価格)
 × 83円(現在の1ドル)
 = 776兆円

ここまで

この情報の公式サイトを教えてください。
この時代に海底の原油調査ができたのか?国連がすべき仕事か?現代なら3次元で音波振動調査もできると思いますが40年以上前の技術で可能かが疑問でここで質問しました。

情報源のみ知りたいだけです。

Aベストアンサー

ECAFE=国連アジア極東経済委員会(Economic Commission for Asia and the Far East)
の報告書は下記を参照(1968年10/12~11/29の学術調査:ECAFE協力の元、中華民国、大韓民国、日本の専門家が参加)
http://www.gsj.jp/Pub/CCOP/2-01.pdf

Q化学式、数式を入力するソフト

 数式や、化学式を含む文書をつくり、印刷しようと思うのですが、数式・化学式を入力するためのソフトにはどのようなものがあるのでしょうか。化学式では、ベンゼン環を含む化合物も入力したいと思っています。使いやすいソフトを紹介してください。よろしくお願いします。(フリーソフトがあればうれしいです。)

Aベストアンサー

化学系だとIsis Drawがいいと思います。
本当に化学式を書くためだけの機能しかありませんが…使い勝手もよく非常に軽いので愛用していました。
検索すればすぐにみつかります。

数式などはWordに付属されている数式エディタというのがあります。
通常の数学で使う式であればこれが便利です。
しかし普通にWordをインストールするだけでは、この機能はついていないと思います。OfficeのCDを用意して、イルカ君のヘルプに従いインストールしてください。

Q日本海の石油資源に関する質問です

 最近注目されている日本海側のメタンハイドレート(日本の領海及び排他的経済水域に埋まっているもの)に加えて日本海にも原油が大量に眠っている可能性があるといわれているようです(調査・採掘に向けた計画も行われているらしい)。
 けれども未だ「可能性がある」段階に過ぎず、仮に大量に眠っていているとしても技術的・採算的にとることが出来るか分からないのにどうして採掘に向けた計画を立てているのでしょうか?

(但し、現在採掘が行われている新潟沖の原油は除く)

Aベストアンサー

メタンハイドレートと原油は違います。メタンハイドレートは、採掘すること自体、技術的に未完成ですが、原油の場合は採掘技術は既に確立していますので、それなりの埋蔵量があることが分かれば、すぐに採掘することができます。

油田として成立するかどうかは、(1)原油を蓄える地層があり、さらに(2)その地層に原油が実際に蓄えられていることが必要です。現在は(1)の原油を蓄える地層があることが分かった段階で、(2)の本当に原油があるかどうかの試掘段階に進んでいます。

「技術的・採算的にとることが出来るか分からないのにどうして採掘に向けた計画を立てているのでしょうか?」というご質問ですが、現在行っているのは試掘段階であり、採掘に向けた計画を立てているわけではありません。

試掘によって実際に原油があり、技術的・採算的に取れることが分かれば、採掘計画段階に進むことになります。逆に試掘によって、原油がないことが分かれば、残念ながら撤退することになり、いままで投じた資金は水の泡になります。

つまり、技術的・採算的に可能かどうか分からないから、試掘を行っているわけです。最初から採算が取れるかどうか分かっていれば、試掘を行う必要はありません。掘ってみなければ、分からないから掘っているのです。当たれば大もうけ、当たらなければ大赤字。無謀なように思えるかもしれませんが、石油採掘とはそういうリスクの大きな商売で、それをわかった上で、試掘を行っています。

メタンハイドレートと原油は違います。メタンハイドレートは、採掘すること自体、技術的に未完成ですが、原油の場合は採掘技術は既に確立していますので、それなりの埋蔵量があることが分かれば、すぐに採掘することができます。

油田として成立するかどうかは、(1)原油を蓄える地層があり、さらに(2)その地層に原油が実際に蓄えられていることが必要です。現在は(1)の原油を蓄える地層があることが分かった段階で、(2)の本当に原油があるかどうかの試掘段階に進んでいます。

「技術的・採算的にとることが出来...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報