星は最終的には 凝縮して爆発すると言う事ですが
地球も同じ運命をたどるのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地球は多少ひび割れることはあっても、凝縮して爆発するということはないでしょう。


 太陽などの恒星は、水素をヘリウムに変える核融合反応による莫大なエネルギー放出で、恒星自身の巨大な質量に対抗しています。その状態が今の太陽です。これが約50億年経つと、中に芯(酸素、鉄)が溜まってくると異常燃焼を起こして大きくなります。これが赤色巨星。
 で、質問にあった星が凝縮して爆発するのは、太陽クラスの質量では起こらないと言われています。最低でも太陽の数倍の質量を持つ星で起こり、太陽くらいの質量で燃えなかった鉄が燃え始め、(鉛、金、イリジウム、ウランなどの重物質に代わっていく)超新星と言う状態になり、いよいよ燃料が無くなると自らの質量で凝縮していくわけです。そのなれの果てが中性子星。
 さて、本題に入りましょう。地球はどうなるか?地球も今でもウランによる核分裂反応を起こしています。その膨大な熱が地球内部をドロドロに溶けた状態にし、マントル対流を起こし、大陸を動かし、火山活動を起こしているわけです。
 たとえてみるなら、熱いアンコを覆った薄皮まんじゅうと言う状態です。それが冷えてくると、マントル対流が無くなり、ハワイ島やアイスランドといった部分的に弱い場所(ホットプレートと言います)からのみ噴火するようになります。さらに冷えてくるとマントルが固まってきて、小さくなり、表層(地殻)にヒビが入る(と言っても高さ数10㌔~数百kmの規模です)ようになると言われています。
火星にあるオリンポス山(標高数km~数十km)や水星の巨大な断層は地球の行く末な訳です。 
こんなんでいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難う御座いました。
無茶苦茶詳しいですね。参考になりました。

お礼日時:2000/12/26 07:34

星にはいくつかの種類がありますが「恒星」と呼ばれる物の場合燃え尽きてしにゆく場合大きく分けて2種類の場合があります。

詳しくは下記ページをご覧下さい。
地球は「惑星」タイプの星ですので凝縮して爆発することはありません。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/sci/eye/universe/file-10/fi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。
もつと勉強しなくてはいけないと思いました。

お礼日時:2000/12/26 07:27

おそらく、その話しは、「恒星」についての話しではないでしょうか。



また、恒星でも、有る程度の質量のある恒星でなければ、自分の質量で、縮んでいく限界と越えて爆発しなかったと思います。

漠然とした答えですが、地球は大丈夫だと思います。
もし、仮に、爆発するにしても、その前に、太陽が膨らみ、地球の公転軌道を飲み込むまで、膨れあがりますので、太陽に飲み込まれる方が先になります。

もっとも、何十億年も先なので、今生きている我々には、全く関係がないので、心配は無いと思っています。

参考にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。仮に爆発するとしても
かなり先の話なので安心しました。

お礼日時:2000/12/26 07:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星について 地球と全く同じ星がある確率はどのくらいですか?また、あったとしたら地球にいる人と全く同

星について

地球と全く同じ星がある確率はどのくらいですか?また、あったとしたら地球にいる人と全く同じ人が居て全く同じ行動をしているんですか?

Aベストアンサー

地球と全く同じ環境の星があったとしても、
そこに人間と同じ生き物が居るかどうかは想定できない範囲になります。

理由は、地球の成り立ちを勉強すれば理解出来ると思うのですが、
地球上の生き物は、何度か絶滅の危機を乗り越えて現在に至っています。

実際には、何度かの巨大隕石の影響によって多くの命が失われ、
多くの種が絶滅し、その中で生き残ったものが、さらに進化したり枝分かれをして
現在の地球に存在しています。

もし、それらが無ければ、今もなお恐竜が地上を支配し、
弱肉強食の掟で人間が存在していない可能性もありますし、
人間が居ても数が少なく原始的な姿のまま、物陰に隠れてこっそり生きる生き物として
存在している可能性もあります。

したがって、今の人間社会の様な状況を想定する方が難しいと言えるでしょう。

可能性として考えるならば、恐竜の方が人間よりも早く生まれ進化した過程があるので、
それらが絶滅せずに進化し、
その一部が今の人間の様に進化して文明を作っている可能性を考える方が妥当と言えます。

実際に巨大隕石が地球に落ちていなければ、恐竜が絶滅する事も無かったはずですし、
人間がこの様に繁栄する事も無いのではないかと思われますがどうですか?

地球と全く同じ環境の星があったとしても、
そこに人間と同じ生き物が居るかどうかは想定できない範囲になります。

理由は、地球の成り立ちを勉強すれば理解出来ると思うのですが、
地球上の生き物は、何度か絶滅の危機を乗り越えて現在に至っています。

実際には、何度かの巨大隕石の影響によって多くの命が失われ、
多くの種が絶滅し、その中で生き残ったものが、さらに進化したり枝分かれをして
現在の地球に存在しています。

もし、それらが無ければ、今もなお恐竜が地上を支配し、
弱肉強食の掟で人間が存...続きを読む

Q天体を観測すると超新星爆発した星やこれらの塵が集まってこれから新たな星

天体を観測すると超新星爆発した星やこれらの塵が集まってこれから新たな星が誕生しようとする等様々は星があります。これらの出来事は億年単位で起こっているらしいです。そうだとすれば生命の誕生、滅亡も億年単位の可能性が十分にあると思います。地球人の進化の時間は宇宙の時間で見ればほんの一瞬のように思えます。他の星の生命体の生存期間がどの程度かは知るすべはないですが、星の誕生、滅亡が億年単位で起きていることを思えば、地球人と異星人の生存期間が重なることのほうが稀ではないでしょうか。現在行われている宇宙探査も人類が生存している間に異星人が見つかる可能性は宝くじで3億円当せんよりもはるかに低いのではないでしょうか。

Aベストアンサー

 人類が機械文明を手に入れてから300年程度の年月しか経っておりませんし、人類以外の文明の例も知られてはいませんので、知的生命体が存在し続ける事が出来る期間がどの位の長さなのかは判明してはおりません。
 知的生命体は、自分達が住み易い様に周囲の環境を大幅に変える事が出来るので、環境の変化によって絶滅する可能性が比較的低く、環境に合わせて進化する必要が殆ど無いため、同一の種が極めて長期に渡って存在し続ける可能性も無いとは言えません。(戦争や環境破壊で、途中で自滅しなければの話です)
 又、将来においては、人類の探査能力も進歩するものと思われますから、もしその時代に異星人が存在しているとすれば、発見出来る確率は、現在よりは高くなるとは思います。
 但し、人類の探査能力が異星人を発見するのに充分な程進歩するかどうかは不明ですし、知的生命体が存在し続ける事が出来る期間がどの位の長さなのかも不明なのですから、人類が存在している間に異星人が見つかる可能性がどの程度であるかに関しては、誰にも判りません。

Q地球と地球星の違いは

地球の名前の由来はべつとして
なぜ、
地球星でなく地球なのですか
他の太陽系惑星はすべて星の名前がついてますが!

Aベストアンサー

太陽も「星」ついていませんよ。
何故でしょうか?


地球は、
【球】という漢字に「我々の足元にある天体」という概念がこめられているそうです。
(地球は楕円なのに【球】を使われてますけど・・・※本来は完全な丸を意味する)

他の惑星については、
【星】は狭義で「恒星」を指すようですね。

以上で把握してもらえたら嬉しいのですが、
つまりは「自分たちのいる天体とその他の天体」ということかと。


というのは推論です。
以下、参考になりそうなQAです。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3898120.html

Q最近、地球からわずか4光年離れた場所で液体の水がある地球と同じくらいの大きさの恒星が見つかったと話題

最近、地球からわずか4光年離れた場所で液体の水がある地球と同じくらいの大きさの恒星が見つかったと話題になってますが、気になるのは4光年離れている場所に行くには人間の力学ではどれくらいかかるのでしょう?

Aベストアンサー

まず恒星には液体としての水は存在しません。
それに地球と同じぐらいの大きさと言うのも考えられませんね。

と、まず指摘を入れておいて、話題となったのは4.2光年離れた位置に見つかった惑星の事でしょうが、未だに人類を火星に
送る事が出来ていないレベルではその場所に行くのは不可能。(行くと言う事は人類がと言う事になるでしょうから)
スタートレックで描かれているワープ航法に関しては正式な理論がありますので、その理論の中にある問題点が解決出来、
更にワープ航法が実用化できれば、スタートレックシリーズで惑星連邦形成前に使われていた初の惑星間航行できる
宇宙船であるエンタープライズNX-01の最高速度がワープ5ですので、この速度で移動すれば12日と6時間20分9秒で
到達します。
ワープは飛行するのでは無く周囲の空間毎移動するのですから、光の速度で飛んだ場合より早く着けます。
そこまで到達出来るとしても、早くて次世紀の後半ぐらいでしょう。
つまり100年以上先の話。

Q地球に最も近い恒星で超新星爆発

私が小学生の頃に読んだ天体に書かれていた内容で、
地球に最も近い天体が超新星爆発を起こすと、
地球も巻き添えになって焦土になると書かれていた記憶があります。
(まあ、勘違いがあるかも)

子供ながら光年というのは大分距離が離れているというのは分かってましたから、
そんなに離れているところでガス爆発があっても地球が焼かれるの?と驚いたものです。

今日も超新星爆発の記事が掲載されていて、当時のことがふと気になりました。
現在、地球に一番近い恒星は4.3光年ほどですが、この程度の距離で
超新星爆発がおこれば地球はひとたまりもないのでしょうか。
また、どの程度の距離までアウトなのでしょう。ご存じの方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

 ウィキペディアの「超新星」の「周囲の星への影響」辺りがご参考になるかと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E6%96%B0%E6%98%9F#.E5.91.A8.E5.9B.B2.E3.81.AE.E6.98.9F.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF

 距離が50光年くらいだと問題だけど、超新星爆発しそうなのは600光年以上離れた二つだけなので、おそらくさしたる影響はなさそうだということですね。ただ超新星爆発観測から、2週間くらいは事実上夜がないほど明るいかもしれません。

 それがいつかということですが、これは専門家でも分かりません。もう600年以上前に超新星爆発していて、今日中にも観測できるかもしれませんし、1万年待ってもまだ見られないかもしれません。こうしたことは、誤差すらも天文学的数字になるとのことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報