こんにちは。ベース&ギターをやっている者です。今更ながら聞きたいのですが、先日「LINE6 POD XT」というレッドのアンプ種ミレーターを見つけました。
 ですが、これってエフェクターでもなければリズムマシンでもないしアンプシュミレーターと総称で呼ばれるみたいなのですが具体的に何をするときに役に立つものなのでしょうか?
 どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。

ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制約がかかる面も出てきます。
そうしたところから、ギターを直接ラインに入力して、なおかつアンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、アンプシミュレータという機材が出てきました。 アンプシミュレータを利用すると、ラインに入力する際にギターアンプをつないで音を出してマイクで拾うというプロセスを省略して、より手軽にアンプを通したギターらしい音を作り出し、ラインで録ることができることになります。
また、アンプシミュレータには、有名どころのギターアンプの特性をシミュレートしたモデリングアンプとしての機能もあり、アンプシミュレータ一台でいろいろなタイプのアンプの音を利用できるということにもなります。 他にも、キャビネットのタイプを選択できたり、マイキング(スピーカーに対してどうマイクを設置するのか)の違いをシミュレートする機能などを搭載しているものもありますね。 ただ、作られる音については、シミュレータ的な匂いは抜けきらないかも知れません。
アンプシミュレータについては、そうした録音の時に便利な機材として開発された物と見るのが妥当かと思います。

ただ、アンプシミュレータをプリアンプとしてギターアンプの前段につないで使うこともあり、ステージ用の機材として利用されることも多くなってきているといえます。 また、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、逆にアンプシミュレータの側にモジュレーション系や空間系のエフェクトが追加されたりと、最近ではマルチエフェクターとアンプシミュレータの区別自体に曖昧な領域もできつつあるようです。

参考になれば。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。>これは知りませんでした。レコーディングなどで使われるんですか。
 上手に使えばとても便利そうですね。
詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/05 22:10

エフェクターと言えばエフェクターなんですが、知られたアンプに似せるようなエフェクトに特化したものと考えてください。



LINE6はホームページで実際の音が聞く事ができますよ。

http://www.line6.jp/podxt/listen.html

エフェクターでもエフェクター内蔵のアンプでもギターでも、似た効果が得られます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ホームページを見てみて、これはエフェクターの一種と考えて良いみたいですね。
 確かに家でアンプですと限られた大きさ、種類しか置けませんので色々なアンプの音がこれで試せるのは嬉しい限りだと思います。
 回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/05 22:07

マーシャルやフェンダーなどの代表的な往年のアンプの音を再現する音質系エフェクターの部類です。



たとえば、マーシャルの『夢の三段スタック、フルドライブ、箱鳴りガンガンサウンド』などは実際問題、大きなステージでしか実現できませんが、そのサウンドをお手軽に擬似的に、手持ちのアンプやヘッドホンでも再現できるようにしたシュミレーターです。

もちろん、あくまでシュミレーションなので、そのあたりは賛否あると思います。いわば、自己満足の一品ですかねえ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私手持ちのマルチエフェクターにもアンペグのアンプやマーシャルのアンプの再現などはありますが、アンプシュミレーター:その名の通りアンプの音の再現なんですね。
 興味はありますんでいずれ手にしてみたいです。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/05 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q LINE6 POD XT と POD XT LIVEの違い

モデリングツール系のエフェクターの購入を考えておりLINE6 POD XT とPOD XT LIVEのどちらかに迷っております。値段の差は気にしません。音の質やモデリングツール的な内容としては似たような内容なのですか?また、LINE6 POD XTはマルチのようにBANKのスイッチを演奏中に変えられるのですか?どなたかお分かりの方、ご返答お待ちしております。  

Aベストアンサー

こんにちは。
POD XT LIVEを使ってます。中身はほとんど一緒です。デフォルトで空間系のエフェクトがLIVEに入ってるくらいです。
演奏中変えられます。XTで変える場合は手で変えるかお手持ちのボード
にアサインして変えられます。
LIVEはボード一体型なのでそのままペダルを踏めばバンク切り替えはもちろんワウペダルも付いてるのでラクです。
家で弾いたりするのがメインならXTでライブメインならLIVEでいいんじゃないでしょうか?
ただ、モデリングの類は沢山販売されてるので音を楽器店で確認されたほうがよろしいと思います。

QPOD xt と 実際のエフェクターのつなぎ方について質問です。

POD xt と 実際のエフェクターのつなぎ方について質問です。

PODでは AMPの後にコンプレッサー、イコライザー、モジュレーション、ディレイ、リバーブとつなぐことができますが、これを実際にペダルを使ってやるとどのように接続するのでしょうか?

これはアンプから出た音をマイクで拾った音にエフェクトをかけているという意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

>では
>ギター→歪み→アンプ→(センド)ディレイリバーブ(リターン)→アンプ→キャビ→
>という接続とはまた違うのでしょうか?

実機で同じ状況を再現することと比較すると…という意味なら、No.1で1)として説明した「アンプの素音後にエフェクトを掛ける『レコーディング型』」とアンプのセンド/リターンにエフェクトを挟む方法とは、かなり違いますね。

ただ、レコーディングのミックス時に、センド/リターンにエフェクトを掛けずに録った音に対して「センド/リターンに空間系エフェクトを挟んだ時と近い音」を狙って作り込む…というテクニックはあります。でも、そういう「机上作業のテクニック」は、純粋にレコーディングコンソールやミックス用のDAWソフトウエアの操作テクニックの領域になってきますので、PODではそこまでの再現は「守備範囲外」で想定されていないと思います。

それとは別に、PODはモデルによっては「アンプモデルの中に、センド/リターンかプリアンプレベルでエフェクトがかかった音のシミュレーションモデル」も有ったはずです。
(有ったのは自信があるが、どんなのがあったかちょっと思い出せませんが…)
この場合、そういう設定があるアンプモデルと無いアンプモデルがあったはずなので、オールマィテイとはいきませんが、設定のあるモデルならセンド/リターンやモデルアンプの内蔵エフェクトの設定も出来たはずです。
この部分は、POD製品の種類によって違いがあったと思うので、お手元のPODのマニュアルを確認下さい。

>では
>ギター→歪み→アンプ→(センド)ディレイリバーブ(リターン)→アンプ→キャビ→
>という接続とはまた違うのでしょうか?

実機で同じ状況を再現することと比較すると…という意味なら、No.1で1)として説明した「アンプの素音後にエフェクトを掛ける『レコーディング型』」とアンプのセンド/リターンにエフェクトを挟む方法とは、かなり違いますね。

ただ、レコーディングのミックス時に、センド/リターンにエフェクトを掛けずに録った音に対して「センド/リターンに空間系エフェクトを挟んだ時と近い音」...続きを読む

Qbass pod xtとxt live x3 について。

ベーシストで、使用ベースはfender usa jazz bassです。
住宅環境上、夜にアンプを使うのは厳しいのでヘッドホン使用、アンプシュミレートが使いたい為、下記の製品購入を考えています。ベーシストで使用している方にお尋ねします。
ライブも今後やる可能性もあります。

LINE6 bass pod xt
LINE6 bass pod xt live
LINE6 pod x3
LINE6 pod x3 live

エフェクターメインというより、色々なアンプシュミレートで音を作りたいと考えています。(アンプシュミレートなどでの遊びも含めて長く使いたいです。)
内蔵エフェクターが使えるものであれば、アンプシュミレートに+として多少歪ませたり、コーラスも使いたいと考えています。

スタジオなどでも使えるよう(音的に)であれば使用していきたいとも考えています。
1.使用は今の所ベースのみなのですが、ベースだけであればx3ではなく、bass pod xt またはxt liveで問題はないのでしょうか?
x3はdual tone機能がある点など、気になってはいます。

2.宅録などでは音はいいが、スタジオ・ライブなどではイマイチという声もあるようですが・・・使用している方どうなんでしょうか?

3.ライブでアンプシュミレートなどとして使う可能性が少しでもあればx3 liveまたはxt liveにしておいたほうがよいのでしょうか?

4.bass pod xtとx3で迷ってどちらかを購入したという方決め手、使い勝手などはどうでしょうか?

レビューなどを見てもベーシストの方のレビューがあまり見つからなかったもので、
5.使い勝手や、内蔵エフェクター(使い物になるかなど)、アンプシュミレートの精度、不満点や、良い点、気に入ってる点、など実際に使用している方の声が聞きたいです。

答えられる範囲でかまいませんので回答のほうよろしくお願いいたします。

ベーシストで、使用ベースはfender usa jazz bassです。
住宅環境上、夜にアンプを使うのは厳しいのでヘッドホン使用、アンプシュミレートが使いたい為、下記の製品購入を考えています。ベーシストで使用している方にお尋ねします。
ライブも今後やる可能性もあります。

LINE6 bass pod xt
LINE6 bass pod xt live
LINE6 pod x3
LINE6 pod x3 live

エフェクターメインというより、色々なアンプシュミレートで音を作りたいと考えています。(アンプシュミレートなどでの遊びも含めて長く使いたいです。...続きを読む

Aベストアンサー

pod xt所有の初心者ギタリストです。一応ベースも所有。

予算が許すなら、下位機種の要素を全部内包してるx3liveを買っておけば絶対間違いないはずです。
って、これじゃ回答にはならないですね。。。

1;「問題」は特に無いでしょう。dual toneは音作りの可能性を広げますが、無くて困る機能というわけでもなさそうです。でも長く使うそうなので、ギターやボーカルも始める可能性があるなら、X3にしておけばお得です。ギター用エフェクトをベースに使うといった自由度もありますしね。

2;確かに宅録ツールとしてのイメージが大きいですよね。でも実際ライブに使用するプロもいたはずです。それなりの品質を期待してもいいのでは? 少なくとも最初に手にするマルチ&アンシミュとしては十分すぎる製品だと思いますが。

3;ライブを視野に入れるなら当然liveを買った方が不便は無いです。曲中で一度も音を変えないならliveでなくても間に合いますが。ライブにせよ宅録にせよ、liveのほうが操作性においては上です。(デカイので場所はとります)それとliveのもう一つの特長が、入出力の多さです。自宅でのヘッドフォン練習者として見逃せないのが、CD/mp3プレーヤーなどを入力できるステレオミニin。余計な周辺機器なしに外部音源とセッションしたいなら、これだけのためにliveを選んでもいいくらいです。さらにx3liveにはプログラム可能なセンド/リターンまでついてます。内蔵エフェクトに不満があっても外部コンパクトをかませることができます。ここまでくると隙がない。。。値段は高いけど。

4;どうして散々x3liveを薦めておきながら自分はギター用podxtなのかというと、
*知人から安く譲ってもらえた
*当時ベースを持ってなかった
*ライブ用マルチは別に持っていた
*パソコンとオーディオインターフェースに繋ぎっぱなしの使用が前提だった
などなど。これは各々の(主に金銭)事情が大きいでしょう。
なんとギター用だとか気にせずベースをつなげることもあります。

5;これに関しては本来ベースプレイヤーでもなければbass xtもx3も持ってないのでなんとも言えないです。


以上を踏まえて、とりあえず自分なら、ライブの可能性が少しでもあるなら、普通のxtやx3は不安すぎるのでまず除外します。
残るのはxtliveかx3liveですが、その価格差ぶんの魅力をギター用アンプ/エフェクト群やdual tone、センド/リターン機能などに見いだせるかどうかですね。


以上、まったく実体験の絡まない、憶測だけの意見でした。
参考になれば幸いです。

pod xt所有の初心者ギタリストです。一応ベースも所有。

予算が許すなら、下位機種の要素を全部内包してるx3liveを買っておけば絶対間違いないはずです。
って、これじゃ回答にはならないですね。。。

1;「問題」は特に無いでしょう。dual toneは音作りの可能性を広げますが、無くて困る機能というわけでもなさそうです。でも長く使うそうなので、ギターやボーカルも始める可能性があるなら、X3にしておけばお得です。ギター用エフェクトをベースに使うといった自由度もありますしね。

2;確かに宅...続きを読む

Qギターのバック演奏としてドラムマシン(リズムマシン)の購入を考えてます。

エレキギターを趣味で2年ほどやっているものです。

現在 [ギター]→[マルチエフェクター(Tonelab LE)]→[ヘッドフォン]
と繋ぎ練習しているのですが、やはりギターだけだと寂しくドラムマシンの
購入を考えているところであります。

LEにはドラムマシン機能がついてないものですから
LEにドラムマシン機能をプラスするイメージでその役目をする機材はありませんか?

[ギター]→[マルチエフェクター(Tonelab LE)]→[ドラムマシン]→[ヘッドフォン]
こういう風な接続でヘッドフォンからドラム音とギター音が共に聴こえるというのがベストです。
集合住宅ですので外部から音を持ってくるのは、近所迷惑となりますので考えておりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい、訂正です。Tonelab LEのインサート端子は、内蔵エフェクターの手前に入力されるようなので、私が最初に示した方法では、ドラムにまでエフェクトがかかっちゃいます。(最初のチェック不足でした)

同じZOOMのRT-223だったらLINE-INがあるので、これなら質問者さんのイメージ通りの接続ができます。次のような感じです。(実はコピペです)

[ギター]→[マルチエフェクター(Tonelab LE)]→[ドラムマシン]→[ヘッドフォン]

ちなみに接続ですが、エフェクタの出力がL/R独立、ドラムマシンはステレオフォーンジャックなので、モノラルの二股フォーンプラグ~ステレオフォーンプラグというケーブルになります。言うまでもないと思いますが、一応参考URLに製品例を。

参考URL:http://www.yodobashi.com/ec/product/000000739307007576/index.html

Qpod xt とコンパクトエフェクターについて

先日PODxtを買いました。
録音するときにコンパクトで作った音を録音したいんですけど、ギター→コンパクト→POD→PCで録音しても大丈夫でしょうか?
PODはエフェクトを使わずインターフェースとして使うつもりです。

Aベストアンサー

ども。

私もPODxtとコンパクトエフェクタを組み合わせて
 以前録音していました。

回答はもちろん使えます。

いろいろな組み合わせでサウンドメイクをしていけば
 自分好みのサウンドが見つかると思いますよ。

以下は私の録音の仕方からのちょっとしたアドバイス
 (というかコツですが)
 PODxtにはAIRという結構良い機能がありますよね。
 これを上手く使うと、録音した時に結構「アンプのマイク取り」
 っぽい効果が簡単に得られます。
 AIRを効果的に使うには、キャビネットシミュレータが
 必要になるので、どうしても「PODの空間系エフェクタ」を
 使わざるを得なく時もあると思います。
 
 ※PODxtにはループ端子がないので・・・止むをえませんね。。。

 歪み系やワウなど、プリアンプの前方に繋げた方が良いと
 されるエフェクタならば、PODの入力に繋げてしまえば
 全然使えますね。
 
 とは言っても、PODの入力にリバーブなんかつなげてはイケナイ
 ということはないので、自分好みのサウンドが作れるならば
 そこもトライ&エラーを繰り返すべきだと思います。

 
 ここは「PODのエフェクタを使わずにインターフェースとして使う」
 と決め付けずに、いろいろ試してみてはどうでしょうか?

 ちなみに、コンパクトとPODでサウンドメイクする場合の
 1つのコツとしては、

 コンパクトを全てOFFにして「PODのみで綺麗なクリーントーンを作る」

 ことだと思います。
 ここからコンパクトで歪ませてみたりしていくと、良い結果が
 得やすいと思います。

 クリーントーンがグチャグチャのままコンパクトエフェクタで
 イロイロ試すと、何が何だか分からなくなるので・・・。

長くなりましたが参考まで。

ども。

私もPODxtとコンパクトエフェクタを組み合わせて
 以前録音していました。

回答はもちろん使えます。

いろいろな組み合わせでサウンドメイクをしていけば
 自分好みのサウンドが見つかると思いますよ。

以下は私の録音の仕方からのちょっとしたアドバイス
 (というかコツですが)
 PODxtにはAIRという結構良い機能がありますよね。
 これを上手く使うと、録音した時に結構「アンプのマイク取り」
 っぽい効果が簡単に得られます。
 AIRを効果的に使うには、キャビネットシミュレ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報