栗本薫の「トワイライト・サーガ」シリーズの
3巻ってまだ出てないんですか?

もし単行本になってなくってもどうにかして読む方法があったりしたら
教えてください。

A 回答 (1件)

 出ていません。


そして書かれてもいないハズですので、読むことも出来ません。
 確かに、表紙画のカラミで、続巻が出るような話しはありました。
 近々、書くという話も聞き及びませんので、このままになってしまう可能性もあるでしょう。


 或いは、ひょっとして、グインサーガ外伝の一部分と勘違いされているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかー、やっぱり出ないんですね(ToT)

グインサーがよりも幻想的な雰囲気がして好きなんですけど・・・。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 03:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栗本薫さんのSF作品でおすすめは?

栗本薫さん著作のSF作品で「グインサーガ」シリーズのような超長編ではなく、上中下ぐらいで完結している面白い作品があれば3作品ぐらい推薦していただけないでしょうか?

ミステリー系の作品はわりと読んでいるのですが、SFはまだ読んだことがありません。かといって、あまりにも長いとちょっと疲れるので、1冊から3冊ぐらいまでの長さのSFを読んでみようと思いましたので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には、「 レダ 」 が好きです。
昔から栗本女史の作品はジャンルを問わず大概読んでいますが、この作品は
グインよりも最も好きかもしれません。
ボー・ミーツ・ガール系のSF作品です。かなり昔の作品なので、現在の作品に
比べて文章が若い感じがします。
元々の四六版ハードカバーは既に絶版ですが、異常な程ぶ熱い本でした。
文庫版では上中下の三巻に分けられています。
版元は早川書房です。

Qマイケル・ナーヴァさんの秘められた掟はシリーズものなんですか? シリーズだとしたらどの巻が最初な

マイケル・ナーヴァさんの秘められた掟はシリーズものなんですか? シリーズだとしたらどの巻が最初なんでしょうか

Aベストアンサー

創元推理文庫では《ヘンリー・リオス弁護士シリーズ》となってますね。

ちなみに、出版年は

このささやかな眠り(1992) The Little Death (1986)
ゴールデンボーイ(1994) Goldenboy (1988)
喪われた故郷(1996) Howtown (1990)
秘められた掟(2002) The Hidden Law (1992)

The Death of Friends (1996)
The Burning Plain (1997)
Rag and Bone (2001)

のようです。

参考までに、
東京創元社のマイケル・ナーヴァの著作一覧
http://www.tsogen.co.jp/np/author/524

Wikipediaより
https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Nava

Q「モモちゃん」シリーズ(単行本)のカバーについて

「モモちゃん」シリーズ(単行本)のカバーについて
子供の頃読んだ松谷みよこの「モモちゃん」シリーズを読み返そうと思っています。

amazonで本の写真を見ると、カバーに人形の写真が使われていますが、
初版からその写真が使われていたのでしょうか?
家にあった本はすでに処分されており、確かめる事ができません。
ご存じの方おられましたら、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も子供の頃からモモちゃんシリーズが大好きで、大人になってから買い直しました。

そこで本なのですが、初版からかどうかはハッキリ言えませんが、40年前に最初に読んだ時には、表紙は写真でした。中は白黒のイラストですが、たまにカラーの写真が挟み込まれています。

ご参考になれば嬉しいです。

Q身代わり伯爵シリーズの既巻

身代わり伯爵シリーズは今現在、外伝なども含め何巻ほど出ているのでしょうか?
ネットで調べても曖昧だったので、良ければ教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

あ、済みません。

短編集が出ているようですね。

http://www.kadokawa.co.jp/migawari/book/

アルテマリス編4巻+シアラン編5巻+短編集で
10巻でした。訂正します。

結構出てますね

Q子供の頃愛読した絵本のシリーズ(2シリーズ)を探しています。

子供の頃愛読した絵本のシリーズ(2シリーズ)を探しています。

当方30歳なので、1980年代前半までに発売されたものだと思います。
以前からネット検索しているのですが、出版社他いまだ手掛りも掴めません

一つ目は、正方形に近い形の25センチ四方位の大きさで、表紙も背表紙も白い絵本シリーズ。
記憶のある限り、中には
・うぐいすのさと(見るなの花やしき?)
  旅人が、迷い込んだ森で屋敷に泊めてもらい、
 見てはいけない座敷を次々と開けてしまう。
 最後は梅の木に止まったうぐいすが一声なく部屋にたどり着く。
 ちぎり絵調のやわらかな絵でした
・きんのりんご
 繊細な絵柄で、天を支える巨人が出てくる話
・そらまめが炭と麦と冒険する話
 つややかなそら豆の絵が印象的でした。
 最後、そらまめの腹の皮が破けるシーンが

ほか10冊くらいのシリーズだったと記憶しています。

二つ目は、B5~A4くらいの縦長方形で、厚手の紙でできている絵本シリーズ。
中の話はひとつしか覚えていないのですが、その話はこんな感じです。

冬、子供たちが柿の木のあるお寺で遊んでいると、男がやってきて、遊びに行こうという。
男はお尻からほうきのようなものを出して、それに子供たちを乗せ、どこかへ連れて行く。
子供たちはそこで楽しく遊ぶが、遊び疲れて家に帰りたくなっても、連れて来た男は送ってくれない。
最後は連れて来た男の弟?がやってきて、同じくお尻からほうきのようなものを出し、子供たちを寺まで帰してくれるんだったような・・・。

「さんまいのおふだ」(小僧が鬼に追いかけられるが、坊さんからもらった三枚のお札を使って逃げ切る話)
も収録されていた気もしますが、定かではありません。

すごく懐かしいので、是非再度入手したいのです。
お心当たりのあるかた、助言いただけるとありがたいです。

子供の頃愛読した絵本のシリーズ(2シリーズ)を探しています。

当方30歳なので、1980年代前半までに発売されたものだと思います。
以前からネット検索しているのですが、出版社他いまだ手掛りも掴めません

一つ目は、正方形に近い形の25センチ四方位の大きさで、表紙も背表紙も白い絵本シリーズ。
記憶のある限り、中には
・うぐいすのさと(見るなの花やしき?)
  旅人が、迷い込んだ森で屋敷に泊めてもらい、
 見てはいけない座敷を次々と開けてしまう。
 最後は梅の木に止まったうぐ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。ちょっと当方の方が年上ですが大体似たような年齢ですので、多分「さんまいのおふだ」と柿木の方は「かぜこぞうとこどもたち」ではないかと思います。保育園とかで月に1冊ずつ貰う「おはなしひかりのくに」シリーズではないでしょうか?
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-183583.html
 こちらの方は多分というかほぼ絶版だと思いますので、気長に中古書店か、もしくはネットで児童書を沢山扱っているサイトで探された方が良いかと思います。
 上の方はちょっと分かりませんが、お話は坪田譲治作の「うぐいすのほけきょう」で、私は別のシリーズ版で持っています。題名で探すとひょっと見つかるかもしれませんね。

 ご参考までにm(__)m。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報