人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

2ページほどの有名な論文ですが、誤りがあるそうです。
どこが間違っているのか、どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ここでは回答者同士の議論は禁じられています。

また質問に対する回答でもないので、これで最後にします。

>重合したDNAの5'末端にはリン酸基が付いていて、これにヌクレオチド3リン酸が3'水酸基で重合していくという3'->5'方向の伸長も考えられなくもなかったと想像するのです。

仮にDNA鎖の方にリン酸ジエステル結合が残るとすると、次に結合する塩基は3'OHを持っていれば良いのでdXMPでもdXDPでも良いことになるため、伸長反応にかかわる酵素にはdXTPに対する高度な特異性が要求されます。仮に誤ってdXMPやdXDPが結合してしまえば、伸長反応はそこで止まってしまうからです。

ですから、DNA鎖の伸長が5'→3'の方向に進むだろうという考えは、DNAポリメラーゼの発見を待つまでもなく、彼ら以前から既にあったのです。

ワトソンとクリックがどのような理由で矢印の方向を決めたのかはわかりません。ただ言えるのは、彼らの決めた方向は、現在支持されていないということです。
    • good
    • 0

>確かに仰る通りです。

私が誤りと言っているのは、あくまで「現在の基準に照らせば」という意味に捉えてください。現在DNA鎖に彼らと同じ矢印を付ければ、それは誤りということです。

論旨は良く理解できます。「今から見ればちょっと違う」とか「今は受け入れられている考えだけど将来修正されるかも」というのは普通のことですし。

ただ、

>当時既にDNAがdXTPを原料として合成されることは明らかでしたから、理論的にDNA合成が5'->3'の方向にしか進まないことは分かっていました。当時分かっていなかったのは、逆鎖がどのようにして伸長していくか、です。これはオカザキフラグメントの発見を待たねばなりませんでした。

これも、そういう問題に行き当たるのはもっと先の話だと思うのです。DNAが二重鎖で、それぞれの鎖が鋳型になって複製されるというアイデアはこの論文以前にはなかったはずで、このアイデアを踏まえて半保存的複製が証明されたのは後年のことですよね。

理論的には良くわかりませんが、非常にナイーブに考えると、重合したDNAの5'末端にはリン酸基が付いていて、これにヌクレオチド3リン酸が3'水酸基で重合していくという3'->5'方向の伸長も考えられなくもなかったと想像するのです。実際、DNAの人工合成やligationではそれに似た反応が行われますし。
    • good
    • 0

No.4です。

No.7の方のアドバイスに対してお答えします。

>当時は、DNA合成が5'->3'の方向性を持っているということはまだわかっていなかったはず。

当時既にDNAがdXTPを原料として合成されることは明らかでしたから、理論的にDNA合成が5'->3'の方向にしか進まないことは分かっていました。当時分かっていなかったのは、逆鎖がどのようにして伸長していくか、です。これはオカザキフラグメントの発見を待たねばなりませんでした。

>件の論文の図には矢印が5'->3'方向であるとも、伸長方向であるとも、一言も書いていません。

確かに仰る通りです。私が誤りと言っているのは、あくまで「現在の基準に照らせば」という意味に捉えてください。現在DNA鎖に彼らと同じ矢印を付ければ、それは誤りということです。
    • good
    • 0

ご質問にあるようなことをどこかで聞いたような、その説明としてNo. 5さんのおっしゃるようなことを聞いたような、、、気がするのですが、疑問があります。



当時は、DNA合成が5'->3'の方向性を持っているということはまだわかっていなかったはず。DNA polymeraseの反応の性質がわかってきたのは1970年近くではなかったでしょうか。

実際、件の論文の図には矢印が5'->3'方向であるとも、伸長方向であるとも、一言も書いていません。たぶん、単に二重鎖をなす二本のDNA分子がantiparallelであるということを示したに過ぎないと思っていますが。
    • good
    • 0

a6m2nさん、ありがとうございます。

すっきりしました。
    • good
    • 0

No.4です。

すいません。私も混同してしまいました。

正しくは「DNA鎖は、合成の際5’末端から3’末端に向かって伸長していくので、矢印も5’末端→3’末端にしなければならないのですが、」です。
    • good
    • 0

ワトソン・クリックの論文の誤りは、本文ではなく図の中にあります。



彼らは二重らせんの各々の鎖が逆向きであることを示すため矢印を加えました。DNA鎖は、合成の際3’末端から5’末端に向かって伸長していくので、矢印も3’末端→5’末端にしなければならないのですが、彼らはこの向きを逆に書いてしまったのです。

No.3の方が書かれている"position 1"は、二重らせんを階段に例えると、一段目に相当する部分のことです。各々の段のプリン・ピリミジンは、他の段のプリン・ピリミジンとは対を作らない、と書いてあるだけなので、誤りではありません。

No.1の方が書かれている「RNAは二重鎖にならない」という部分は、論文では「RNAはこのような構造はとれないだろう」と書かれています。実はDNAのらせん構造には、A型、B型、Z型など、複数のタイプがあります。彼らが示したモデルはB型と呼ばれるもので、かれらは「RNAはB型二重らせんはとれない」と言っているのです。実際今日では、RNAの二重らせんはA型であることが分かっています。ですから、これも誤りとは言えません。

No.2の方が書かれている内容は事実です。ワトソン自身「そんなのは皆やっていることだよ」と公言していますので、誤りではありません。しかし「誤りだろ。人として。」と考える人は沢山いました。
    • good
    • 0

http://www.natureasia.com/get.pl5/japan/nature/p …

http://www.natureasia.com/get.pl5/japan/nature/p …

>水素結合は、プリンの1 位とピリミジンの1位、プリンの6位とピリミジンの6位
>The hydrogen bonds are made as follows : purine position 1 to pyrimidine position 1 ; purine position 6 to pyrimidine position 6

という記述が何のことかよくわかりません。ワトソンの「遺伝子の分子生物学」にはそのような表記が見当たりません。

また,原文では「オングストローム」が小さなマルなしの「A」で表記されていますが,これは通常の表記方法なのでしょうか。WILKINSやFRANKLINの論文も同じ表記でした。
    • good
    • 0

実験データに関してだと, DNA の X線回折像を見せてもらえなかったのでこそっと覗き見たって逸話がありますね~.

    • good
    • 0

誤りがあるとすれば,RNAは二重鎖にならないと述べていることでしょうか。



あの論文は,実験データーは全くなく,論理的でもなく?,学生のレポートのような論文だと思います。おそらく査読(審査)されないで掲載されたのでしょうね。今ならば門前払いではないかと思いますが… メンデルの論文といい,歴史はおもしろいですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長さの単位であるAの上に丸がついた記号は何mですか。

こんばんは。Aの上に丸がついた単位をよく見ますが、これは「オームストローム」のことでしょうか。違うのであればこの単位をメートルに直したときどのような値をとるのか教えてください。

Aベストアンサー

この答えでいいのでしょうか。

☆Å(オングストローム/angstrom) 
長さの補助単位。
10の-10乗=百億分の1メートル。電磁波の波長測定や、原子物理学・結晶学・分子学などで用いる。
記号 Å または A で表す。
スウェーデンの物理学者オングストレームの名にちなむ。

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~nao2/jiten/sonota.htm

Q雨のpHの計算

雨ってpHが5.6くらいですよね??それって
計算で算出できますか(公式などでも…)?また、
そういうことが載っている
サイトなどご存知でしたらお教え願いますm(__)m

Aベストアンサー

雨のpHの理論値を求める方法を、以下に書きます。

二酸化炭素が雨水に溶け込む濃度Cは、ヘンリーの法則により

C=kP

にて求めることができます。
ここで、

定数k=0.034[(mol/L)/atm],大気中の二酸化炭素の分圧P=350×10^-6[atm]
とすると、
濃度C=11.9×10^-6[mol/L]となります。

また、先ほど求めたCO2濃度 11.9×10^-6[mol/L]のうち、x[mol/L]が[H+]と[HCO3-]に雨水中にて解離するので、解離後のCO2濃度は(11.9×10^-6) - x[mol/L]になります。
ここで、上記の[H+],[HCO3-],[CO2]を下記の式に代入し、
水素イオン濃度[H+]を求めます。


[H+][HCO3-]/[CO2]=4.47×10^-7


その結果、[H+]=2.3×10^-6[mol/L]となり、これをpHで表すと

pH=5.6

となります。


なお、雨は天然の「蒸留水」みたいなもんですから、
結構上記の理論値があてはまるらしいです。
もっとも、空気が汚れていれば、当然酸サイドへ傾くと思いますが・・・。

以上、ご参考までに。

雨のpHの理論値を求める方法を、以下に書きます。

二酸化炭素が雨水に溶け込む濃度Cは、ヘンリーの法則により

C=kP

にて求めることができます。
ここで、

定数k=0.034[(mol/L)/atm],大気中の二酸化炭素の分圧P=350×10^-6[atm]
とすると、
濃度C=11.9×10^-6[mol/L]となります。

また、先ほど求めたCO2濃度 11.9×10^-6[mol/L]のうち、x[mol/L]が[H+]と[HCO3-]に雨水中にて解離するので、解離後のCO2濃度は(11.9×10^-6) - x[mol/L]になります。
ここで、上記の[H+],[HCO3-],[CO2]を下記の式に代...続きを読む

QDNAの長さの計算(大学受験)

DNAの長さの計算(大学受験)

模試の問題なのですが、解答に式しか書いていないので、どうしてそうなるのかわかりません。よろしくお願いいたします。

問題文
大腸菌の染色体DNAには約4.0x10^6塩基対が含まれている。
1,DNAの塩基対間の距離が3.4x10^(-10)mであるとすると、大腸菌1個に含まれる染色体DNAの長さは何mmになるか。
2,大腸菌のタンパク質の平均分子量を4万, タンパク質中のアミノ酸の平均分子量を100とすると、大腸菌の染色体DNAには最大限何種類のタンパク質を合成できる遺伝子の容量があるか。

まず問題文の「DNAの塩基対間の距離」についですが、私は、DNAは二重らせん構造なので、塩基対間の距離とは、二本のDNAの一本ずつの塩基間の距離(横同士の距離)だと思ったのですが、あっていますか?でも、この問題はDNAの長さつまり、縦の距離を聞いているのだからこの考え方はおかしいのかと思って、問題のいう「DNAの塩基対間の距離」を一本のDNA鎖の隣同士の塩基間の距離と考えてみました。そして式は、(4.0x10^6) /(3.4x10^(-10)) としました。

また問2は、1つのタンパク質は400個のアミノ酸からなる。つまり400x3塩基。
「4.0x10^6塩基対」含まれるので、全体では、4.0x10^6塩基x2倍。
よって、(4.0x10^6)x2/400x3=6666としました。

が解答は、
1,塩基対bp。原核生物にはイントロンがない。
(3.4x10^(-10))<m/bp>x(4.0x10^6)<m/bp>=0.00136m
2,タンパク質1文市中の平均アミノ酸数は400個より、必要なbp数は400x3(bp)なので、(4.0x10^6)/(400x3)≒3333
となっていました。
1はまったく解答の意味がわかりません。2は私の考えた数の半分ですね。4.0x10^6というのは、“対“だから全体はその倍になるのでは?と思いましたが。

特に問1について、どうして解答のような式になるのか教えてください。Bpという言葉も初めて聞きました。よろしくお願いいたします。

DNAの長さの計算(大学受験)

模試の問題なのですが、解答に式しか書いていないので、どうしてそうなるのかわかりません。よろしくお願いいたします。

問題文
大腸菌の染色体DNAには約4.0x10^6塩基対が含まれている。
1,DNAの塩基対間の距離が3.4x10^(-10)mであるとすると、大腸菌1個に含まれる染色体DNAの長さは何mmになるか。
2,大腸菌のタンパク質の平均分子量を4万, タンパク質中のアミノ酸の平均分子量を100とすると、大腸菌の染色体DNAには最大限何種類のタンパク質を合成できる遺伝子の容量がある...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめまして。
 これ、すごく単純な問題ですよね。

 問題は2重らせんだからと、答えを倍にしてしまったことにあります。
 DNAの2重らせんの片方は単なる相補的コピーですから、この問題ではまったく考える必要がありません。「自己複製するための鋳型」という意味しか持ちませんので。(ほ乳類などの遺伝学では、それだけでもないようなのですが)
 なので「塩基対間の距離」は、ハシゴの縦棒の間隔ではなく、「段」の間隔です。
 つまり単純にかければ良いだけです。

 なので1の問題は、「一段の間隔が30cmで100段あるハシゴの長さはどれだけか」というのと同じ問題です。DNA鎖は"ねじれたハシゴ"ですが。

 解答も、
(3.4x10^(-10))<m/bp>x(4.0x10^6)<m/bp>=0.00136m
 で単純にかけているだけでしょう?
 ちなみに4.0×10~6の単位は<m/bp>ではなくて<bp>のはずですが。

>問題のいう「DNAの塩基対間の距離」を一本のDNA鎖の隣同士の塩基間の距離と考えてみました。

 ここまでは合ってますが、割ったのが間違いです。この問題は「一段が3.4x10^(-10)mで約4.0x10^6段あるハシゴの長さはどれだけか」という問題ですから。

 2についてですが、これも2をかけたのが間違いです。
 アミノ酸のコードは片方のDNA鎖にしかありません。もう片方は「DNAを複製するときの鋳型」でしかないのです。
 なので2をかけなければ答えは合ってますよね?

 ということでお判りになったでしょうか?

 はじめまして。
 これ、すごく単純な問題ですよね。

 問題は2重らせんだからと、答えを倍にしてしまったことにあります。
 DNAの2重らせんの片方は単なる相補的コピーですから、この問題ではまったく考える必要がありません。「自己複製するための鋳型」という意味しか持ちませんので。(ほ乳類などの遺伝学では、それだけでもないようなのですが)
 なので「塩基対間の距離」は、ハシゴの縦棒の間隔ではなく、「段」の間隔です。
 つまり単純にかければ良いだけです。

 なので1の問題は、...続きを読む

Q水の沸点が100℃の理由

水の沸点が100℃とされる理由について、水の飽和蒸気圧と、水の表面に接する気体の圧力(おそらくこの場合は大気圧のことかと思われます)との関係から考察せよ

という宿題が出ているのですが、色々調べてみても、どうもしっくりくる答えが出てきません。
分かる方、是非ご協力お願いいたします。

Aベストアンサー

この手の内容は教科書の中に必ずあったと思いますが。。。
宿題を人の力に頼ると自力で解決する力が減ります。 それは覚悟してください。

さて、本題ですが、水の沸点が100℃の理由は 大気圧内での水の沸点を 100℃ とし、 水が凍る温度を 0℃ と決めたからです。

宿題の本題はそこにあると言うより、 「なぜ 100℃ から上昇しないのでしょうか?」 を聞いているものと思います。
理由:
沸騰していると言うことは、同時に加熱もされている訳です。 それが、100℃を超えないのは、沸騰により水の表面から水が盛んに気化します。 加熱と気化熱で奪われる熱が平衡するところが沸点(100℃) なのです。 もちろん大気圧においてです。

例えば密閉された容器(ボイラーなど)に入った水を加熱すると 沸点は 数100℃(500℃前後とも)に達します。  
また、逆に真空に近い環境では 極端に沸点が下がります。 高い山に登った人が頂上でご飯を炊こうとした時、ちゃんと炊けなかったというのを聞いた事がありますか? 沸点が100℃ に達しないので芯が残ってしまったのですね。

今では圧力鍋があるのでその様なことは無いと思います。 圧力鍋は先のボイラーの例と同じで水の沸点を上げてやっているわけですね。
上の理由の部分だけで答えになっていると思います。 他の事は補足説明です。

教科書をもう一度、見直してみましょう。どこかに違う形で書いてあるはずです。

この手の内容は教科書の中に必ずあったと思いますが。。。
宿題を人の力に頼ると自力で解決する力が減ります。 それは覚悟してください。

さて、本題ですが、水の沸点が100℃の理由は 大気圧内での水の沸点を 100℃ とし、 水が凍る温度を 0℃ と決めたからです。

宿題の本題はそこにあると言うより、 「なぜ 100℃ から上昇しないのでしょうか?」 を聞いているものと思います。
理由:
沸騰していると言うことは、同時に加熱もされている訳です。 それが、100℃を超えないのは、沸騰により水の表面から...続きを読む

Q身近で活用しているフィードバックの例

身近で活用しているフィードバックの例
を回答して下さい

例 コタツ、電気ポット、冷蔵庫 等…

Aベストアンサー

あらゆるシステムが正しく機能する為には正しいフィードバックが必要です。
オーディオのシステム、社会のシステム、企業のシステム、人間のシステム
その他色々なシステム全体に

例えば、今私がマウスを操作する時を考えると
目でポインターの位置を確認する。
そのポインターを目的の位置に移動する為に、手の筋肉に信号を送りマウスを動かす。
目的の位置を過ぎた場合修正する命令を送る。
このように目からの情報をフィードバックして正しい位置にポインターを動かすのです。

企業の場合、ある製品を生産販売して消費者からこの商品は不具合が有るのでないかという情報が戻ってきた場合
速やかにその情報を設計、生産現場にフィードバックして正しい商品を送り出すように機能しなければならないのです。
そのフィードバックループが正しく機能していないと、企業の存続にも影響する重大な結果が待っているわけです。

コンビニ、スーパーの商品を販売するという機能が正しく行われる為には
POS システムによって販売した量、種類をフィードバックして
常に正しい商品量、種類を店に用意するわけです。

このような事を知るには「システム工学」を勉強すれば良いですよ。

あらゆるシステムが正しく機能する為には正しいフィードバックが必要です。
オーディオのシステム、社会のシステム、企業のシステム、人間のシステム
その他色々なシステム全体に

例えば、今私がマウスを操作する時を考えると
目でポインターの位置を確認する。
そのポインターを目的の位置に移動する為に、手の筋肉に信号を送りマウスを動かす。
目的の位置を過ぎた場合修正する命令を送る。
このように目からの情報をフィードバックして正しい位置にポインターを動かすのです。

企業の場合、ある製...続きを読む

Qppbとは

ppbとは何の単位でしょうか?
1ppbとは10m×10m×1mの大きさの中に入っている水に何gの物質を溶かした濃度になりますか?

Aベストアンサー

ppb-濃度や割合を表す単位で「part per billion」 の略です。「billion」は10億(10の9乗)を表します。
1ppbは0.0000001%の濃度です。
10m×10m×1mの容積の水は100×10の6乗cc=100000リットル→100000Kg=100000000gですので1ppbはこれを10の9乗で割った0.1gになります。
つまり、質問の体積の水に0.1gの物質を溶かした濃度ということになります。

Q飽和ヨウ化鉛水溶液とヨウ化カリウム水溶液

飽和ヨウ化鉛水溶液とヨウ化カリウム水溶液をまぜると、黄色くなりました。黄色くなったのは何が沈殿したからですか?できれば反応式とともに教えてください。

Aベストアンサー

Pb(NO3)2 (aq) + 2 KI (aq) → PbI2 (s) + 2 KNO3 (aq)
のことでしょうか?
おそらくですが硝酸鉛(II)とヨウ化カリウムを反応させてヨウ化鉛と硝酸カリウムができたのではないでしょうか?
この実験は沈殿物の見やすさから沈殿の演示実験によく用いられます。
ちなみに黄色い沈殿は「PbI2 (s)」です。

Q進研模試の過去問を手に入れたいのですが・・・。

単刀直入ですが,進研模試の対策をするために,進研模試の過去問を手に入れたいのですが,学校や塾の先生に頼む他に何か入手する方法はないのでしょうか? 勉強がしっかり出来ているかどうかの確認をするためには進研模試を解くのが,レベル的にも難しすぎず簡単すぎず,良いと言われたので,何回分かの進研模試を解いてみたいと思い,このような質問をするに至ったのです。ご回答,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。
また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。
根性決めて書店に「通って」ください。
進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。
進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。
もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。
それはどの教材であってもそうです。

基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。
最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。
そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。理解できるよう読んでいるのか。なんて事が第一です。
その上で参考書、です。
物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。
何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。しつこくしつこく。
天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。

単語帳は相性次第です。
前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。
当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。
現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。
古典は知りません。
理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。
あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。
最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ...続きを読む

Q酸塩基指示薬とpHメーターを同時に用いた場合の中和点はどこになりますか?

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定を行いました。ビーカーに塩酸を入れ、酸塩基指示薬としてフェノールフタレインを数滴垂らし、ビュレットから水酸化ナトリウム水溶液を滴下しました。滴下毎にpHメーターでpHを測定しました。

フェノールフタレインの変色域は8.2~10.0なので、フェノールフタレインから中和点を求めると、pHが8.2のときになります。

一方、pHメーターから中和点をもとめると、pHが7.0のときになりますよね?

どちらの点を中和点として採用すればよいのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いわゆるpHジャンプの域内ですので、ほとんど差は無いはずです。
1.pH電極を平衡になったするまで溶液を撹拌すると二酸化炭素を吸い込みpHが下がってしまいます。
2.フェノールフタレインの場合「慣れれば」非常に薄い赤色で止められます。
両者の差が非常に大きく、二酸化炭素の影響を無視できる環境を作り上げればpH電極の値が正しいと言えます。
通常は標準的な手順を採用するので、フェノールフタレインを使って問題は起きないはずです。

Q英語論文を翻訳するのに役立つサイト

Yahoo翻訳やExcite翻訳を使っているのですがうまく訳せないこともあります。
英語の論文を翻訳するのに役立つサイトを教えてください。

Aベストアンサー

理系の英訳であれば、ライフサイエンス辞書プロジェクトのオンライン辞書サービスが便利ですよ。
例文も豊富です。

参考URL:http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/


人気Q&Aランキング