外貨建割引債の売却時の課税について教えてください。

途中売却益は、総合譲渡所得課税ですが
この時の為替差益も総合譲渡でしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

外貨建て割引債(ゼロクーポン債)の途中売却の税金において、購入と売却の円ベースの代金(債券と為替に分けて考えません)により税金の計算をいたします。

売却益=売却金額-購入金額

所有期間が5年超の場合、長期譲渡所得となり、売却益から特別控除額50万円を控除した額の1/2が譲渡所得として他の所得と合算の上総合課税。
所有期間が5年以下の場合、短期譲渡所得となり、売却益から特別控除額50万円を控除した額(1/2にはしない)が譲渡所得となり、他の所得と合算の上総合課税。

尚、途中売却せずに償還させた場合は、償還金額を円ベースに転換し、償還益を計算し、全てを雑所得として総合課税されます。

利付債の場合はこれと異なりますので注意が必要です。

以上、きちんと確認にしておりますので自信ありです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

必要充分にして、簡単明瞭なお答えを頂き
ありがとうございました。
もやもやしていた頭の中がすっきり整理できました。
これで申告できます。

お礼日時:2002/02/19 23:39

外債の為替差益は「雑所得」として、他の所得と共に課税されます。


ただし、サラリーマンの場合は、給与以外の所得が為替差益などを含めて、1月から12月までに20万円以下なら申告する必要がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/02/19 23:41

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ