アポロ13号って本当に月に着くことができたのですか?映像はあるけど、無重力なのになんで旗がゆれているのか不思議です。そして月に着いていなかったとしたらなぜうその映像を公開したのですか?知ってる方がいれば是非教えてください、お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

アポロ11号と勘違いしていますか?


朝日テレビの「これマジ?」の話をしているのでしょうか?この話は20年も前から話題になっては消えてきた古い話です。私も例の番組は見ました。
アポロ11号は番組ではやっていませんでしたが、数々の実験を実際行なっています。しかしそれはスタジオなどでは出来ないようなものもあります。
たとえば羽毛と石ころの自由落下をカメラの前でやりました。この実験をスタジオで行なうとすれば、スタジオ全部を真空にする必要があります。今現在でもこれだけ大掛かりな真空施設はありません。(不可能でしょう)
たとえば、この実験でさえ作りものであると仮定すれば、国旗がゆれるといった初歩的な演出の失敗が逆に不思議になってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、11号との勘違いでした(^^;)。分かりやすい説明で「なるほど~!」と思う点がいっぱいありました。また素朴な疑問を抱くようになってしまった時はお願いします。そしてありがとうございました。

お礼日時:2002/02/18 17:03

アポロ疑惑で取り上げられる旗の映像には、動画のヤツもありましたでしょ?宇宙飛行士が持った旗が盛大にはためいてるヤツ・・・あれもとっくに時代遅れのネタでしてね~。


「これマジ?」なんかの番組では揺れてる所しか流しませんけど、その前後に宇宙飛行士が触れていない時には旗が微動だにしていない光景がちゃんとあるんですよ~。地面に差し込もうとグリグリ動かしてる時、低重力・真空状態・旗の素材がプラスチックであることも手伝って、妙な具合に揺れてるだけなんですね~。
ああいう番組にツッコムの大好きなんですよ~他になにか疑問に思ってる部分があったらぜひ補足ください~回答したいのー!わかるとこだけだけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アポロのことがちょっと気になってたんで、教えてく下さったことにことに感謝しております、知りたいこととがまたできたときにはお願いします。

お礼日時:2002/02/18 16:47

こんばんは。



後半の質問にまだ回答が出ていないようなので、参考までに。

その頃のアメリカはロシアと冷戦状態で、どっちが先にロケットを飛ばして月へ行けるか、というのはとても重要だったんです。ロケットで宇宙から爆弾を投下されるんじゃないか、という恐怖があり、一刻も早く相手国よりも先に月へ行きたかったみたいです。
(でも、別に月まで行かなくても…と思います。宇宙を飛んだのはロシアが先です)

なので、ハッパをかけたんでしょうね。嘘だとしたらですが…

では~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず回答してくれた事に感謝しております、アメリカとロシアの冷戦というのは、社会でやりましたが、こうゆう面でも競っていたことははじめて知りました。

お礼日時:2002/02/18 16:51

以前テレビで解説されていましたよ。


宇宙には空気がないので、普通の旗は垂れ下がってしまいますよね。
そこで鉄板か何かで予め波打つような形に加工しておいたらしいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、見栄えも考えたということですね。

お礼日時:2002/02/18 16:54

こんばんわ。


皆さんが回答されているように、アポロ13号は事故を起こして着陸はしませんでした。
アポロ11号は着陸したのですが、あれは1969年7月20日でしたね。
あと、星条旗がゆれているように見えるのは、そのように成形されていたからです。
もちろん風は吹いていませんからね。
さて、宇宙船が着陸していないという映画がありました。「カプリコン1」です。
でもこちらは火星探査ですが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずアポロ13号と11号の勘違いでした。すいませんでした(^^;)、旗がそのように形成させられてたんですね、勉強になりましたありがとうございました

お礼日時:2002/02/18 16:58

アポロ13号は月に向かう途中、事故を起こして奇跡の生還を果たしたので有名です。

映画にもなりました。
月に到達していないのは、周知の事実です。誰も月に行ったなんて言っておりませんが・・・

題名は忘れましたが、「アポロ11号は実は月面着陸などしていなかった」という内容の映画がありましたが、そのことをcapppuさんはおっしゃっているんでしょうか?

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/ya2/ozeki/rb25. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのとうりです、すいませんでした・・最近勘違いが多くて・・・(汗)

お礼日時:2002/02/18 17:06

この件は、ある雑誌にも載っていましたが、


あの写真は、旗がはためいていること、影のつき方がおかしいなど、怪しい点が多く、NASAのでっち上げであるとすっぱ抜かれてましたね。
ソ連との開発争いに負けるわけに行かないアメリカの威信を懸けて、全世界をダマしたんだとか。
確かに、その後は月に降り立っていないんですよね。
私も子供心にあの映像にワクワクしたのに、、、、
怪しいけれど、それでもインチキではない!と信じたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕もいんちきではないと信じたいとは思っていましたが皆さんの回答を見てうそではないという確信をもつことができましたありがとうございます。

お礼日時:2002/02/18 17:10

アポロ13号は月には降りていませんよ。


途中で事故を起こし手つきを回って帰ってきましたので。映画にもなりましたよね。

月に付いたのは11号その他ですが私もそのテレビの映像は見ましたがあの番組自体が信憑性が薄いというか検証をちゃんとしない版ゴミなのであまり信用していません。昨日もミステリーサークルを完全に解析したといっていましたが全然健勝になっていませんし。
まあそんな程度です。

実際に月の石を持って帰っていますし色々な実験器具もおいてきていてそれが現在モツキとの距離を測るのに使われていますので着陸していないことはないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、分かりやすい説明をどうも有り難うございました。

お礼日時:2002/02/18 17:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアポロ13号

アポロ13号が地球に戻る時に、地上のNASAで
「Take it easy!」
って言った人がいたと思うんですけど、
誰だったか教えて下さい。

Aベストアンサー

アポロ13号のフライトクルーが、ジム・ラベル、フレッド・ヘイズ、ジャック・スウェイガートの3人

ケン・マッティングリーは、本来13号に乗り込む予定だったパイロットで、直前にウイルスの発見により、スェイガートと交代しました。
13号のトラブル時は、地上のシミュレーターで緊急操作の手順の確認作業を担当しました。

偉そうな人となると、NASAのミッション・フライトディレクター(管制官)を努めるジーン・クランツかも知れません。
映画「アポロ13」では、白いベストを着用して各方面にテキパキと指示を与える姿が描かれていました。
"俺のフライトで、死人は出さない!"っていうような台詞があったと思います。

Q今日の夜TBSでやってた世界の恐怖映像2008の映像について

今日の夜TBSでやってた世界の恐怖映像2008と言う番組で最後にながれた映像なのですが本当の映像なんでしょうか?

隕石落下してきてハイキング中のカップルが隕石の中から出てきた宇宙人に襲われる内容だったのですが…

知ってる方教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

違う番組で作り物の映像として紹介されていました。
普通に考えて燃える隕石の中に入っていたら暑いと思います。

出演者が「最後に、ほっとできる映像でよかった!」と言っていましたし。

Qアポロ13号について

アポロ13号って本当に月に着くことができたのですか?映像はあるけど、無重力なのになんで旗がゆれているのか不思議です。そして月に着いていなかったとしたらなぜうその映像を公開したのですか?知ってる方がいれば是非教えてください、お願いします

Aベストアンサー

アポロ11号と勘違いしていますか?
朝日テレビの「これマジ?」の話をしているのでしょうか?この話は20年も前から話題になっては消えてきた古い話です。私も例の番組は見ました。
アポロ11号は番組ではやっていませんでしたが、数々の実験を実際行なっています。しかしそれはスタジオなどでは出来ないようなものもあります。
たとえば羽毛と石ころの自由落下をカメラの前でやりました。この実験をスタジオで行なうとすれば、スタジオ全部を真空にする必要があります。今現在でもこれだけ大掛かりな真空施設はありません。(不可能でしょう)
たとえば、この実験でさえ作りものであると仮定すれば、国旗がゆれるといった初歩的な演出の失敗が逆に不思議になってきます。

QWOWOWの480Iをアップコンバートして1125I映像とDVDの映像は数値的にどちらが綺麗??

この度WOWOWの番組をD-VHSで保存して以降と思うのですが、WOWOWはハイビジョン番組とうたい文句でも480Iをアップコンバートして1125Iで放送しているのを多く見受けられます。。。

DVDも有効走査線は480Iですが、WOWOWの480Iをアップコンバートした映像と比べるとどちらが綺麗なのでしょうか??

なかなか一概には言えないと思いますがご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

DVDは圧縮されて収録されているのでアップコンバートのほうが良いかな、という気がします。

が、出画遅いし、頭出しもオマケレベルだし、テープ痛むとブロックノイズ…
D-VHSって結構シビアです。
サラウンドにするのに、DVDは安価なものにもあるドルビーデジタルのシステムで対応できますが、
WOWOWはまだそう多くないAACという方式のシステムです。
(AACできるのは大抵ドルビー対応)
音質自体はDVDのほうが上です。

Q映画アポロ13号の中で

映画アポロ13号の中で、二酸化炭素濃度が高くなって、危機を迎えますが、機内にあるさまざまなものをつなぎ合わせて、何かの機械を作り、その濃度を減少させてました。これは、どういう原理のものでしょうか?

Aベストアンサー

吸着器の心臓部は、水酸化リチウム(LiOH)が使われているそうです。スペースシャトルでも使われていて、使い捨てなんだとか。

取り付け用の口の形が合わないからガムテープで貼り合わせた、とかいう回答を期待されているわけではないですよね?

Qアポロ13のキャスト

最も愚かな質問ではあると思いますが、4人の宇宙飛行士について名前を教えてください。
トム・ハンクスと一緒に飛んだ2人の宇宙飛行士役と、”風疹”のため、必死で3人を見守った「ケン」役です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらのサイトに載っています。

ちなみに僕は、渋い演技で美味しいところをもっていく(『スターリングラード』でもそうでした)エド・ハリスが気に入ってます。

参考URL:http://www.generalworks.com/databank/movie/title1/apoll.html

Qアポロ13号のオメガ?

アポロ13号で活躍した
オメガスピードマスターの
正式名称、型番が知りたいです。

後、それに一番近い、現在購入可能な新品モデルは
実勢価格でいくら位ですか?

又、メンテナンスの間隔と費用、
維持のポイントとか、知っておくとためになる知識が
有ったら教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

キャリバー1861のスピードマスターだと思いますが、オメガはいま、アポロ月着陸35周年記念の商品展開していますから(限定モデルもあります)、オメガにお尋ねになられるのがよいかと思います。なぜならオメガは限定、とか、〇〇記念といったモデルが非常に多いからです。スピードマスター 価格 で検索すると、価格比較サイトとかヒットしますよ。

メンテナンスですが、私がおそわった一番納得いく説明は、新品の時計は3年で機械の調子が一番よくなるので、3年使って4年目にOH、という説です。この時、シリアスな故障がなければ大体4万あれば足りると思います。オメガ(スウォッチ・グループ)ではなく、信用できる時計屋さんや、量販店と契約している時計修理工房などですと、それより安いようです。仕上がりは正直変わりません。自動車で言う、車検を正規ディーラーで通すか、町工場で通すか、といった感覚が近いと思います。私は旧いグランド・セイコーを近所の職人にたのんでいます。セイコーに出すと3万5千から、ですが、職人だとお説教やハナシに付き合う変わりに、お茶がでて1万です(有楽町のセイコー窓口でもアイス・ウォーターただで飲めますが)。

スピードマスターは防水ではないので、意外ですが水道の近くで使うときに注意が必要です。泳いだりしていないのに、内部に曇りがでた、なんてときは、大概つけたまま洗面台で水流しっぱなしのまま手を洗った、顔をあらった、です。あとは、クロノメーター(ストップ・ウォッチ)の針をリセットするとき(0時に戻すとき)、おもしろいからと6時位置からビュンともどして遊んでいた人が、機械痛めたことがあります。クロノメーターの針は10時か2時位置あたりでもどしてやるのがいいでしょう。
あとは、ぶつけない。スピーカーの近くとか、PCの近くに放置しない(磁気帯びするから)。日の当たるところに放置しない。使わなくても一月に1回くらいは少しネジ巻くか振ってやって、機械を動かしてやる。スキーのときは使わない(雪も水です)。異常がおきたらすぐ修理にだす、といった精密機械一般のお約束を守っていれば、それこそ3・40年のスパンで、長いこと使えるでしょう。
普通のOHは5年に1度で大丈夫です。

ご参考になれば幸いです。いい時計をさがしてください。

キャリバー1861のスピードマスターだと思いますが、オメガはいま、アポロ月着陸35周年記念の商品展開していますから(限定モデルもあります)、オメガにお尋ねになられるのがよいかと思います。なぜならオメガは限定、とか、〇〇記念といったモデルが非常に多いからです。スピードマスター 価格 で検索すると、価格比較サイトとかヒットしますよ。

メンテナンスですが、私がおそわった一番納得いく説明は、新品の時計は3年で機械の調子が一番よくなるので、3年使って4年目にOH、という説です。こ...続きを読む

Qうっそ(うそ)ほんと×2+○、○、○~~!

凄く変な質問タイトルなんですが(^^;ゞ、彼氏と話してて
ふっと思い出したんです。

「うっそ(うそ)ほんと、うっそ(うそ)ほんと、○、○、○~~!」
っていうリズムで、何かの番組かしら?
なんかこんな言葉があったと思うのですが、何の番組・誰が言ってたのか
も全然覚えてないのですが、どうしても思い出したい!!

それも○○・・の所のリズムはわかるけど、言葉が思い出せません。
どなたか覚えていらっしゃる方いませんか??
何の番組とかわからなくても、○○○~!の部分だけでも・・・
教えて下さいp(>_<、)

Aベストアンサー

私もハッキリとは覚えていないのですが、
NHKの「おかあさんといっしょ」の中の着ぐるみが出てくるお話の「ブンブンたいむ」でやっていたじゃんけんじゃなかったですか?
「うそ、ほんと、うそ、ほんと、ブンブンホイ」のホイの時、
じゃんけんするのではなかったでしょうか・・・。

ぶんぶんたいむは1979年4月から1982年3月まで放送されていましたよ!

Qアポロ13号の不思議・・・

久々にTVで「APOLLO13」の映画を見ました。

今更ながら緊急事態~危機回避~無事帰還という奇跡的な出来事に改めて驚くばかりです。

・・・で、映画を見ていて以下のことに疑問が浮かびました。

1.支援船が故障したので月着陸船とドッキングしたまま月を周回した後、地球帰還へと向かいますが、その際に着陸船下段のエンジンを噴射しました。NASAの管制室で、製造したグラマン社のエンジニアは、そもそもこれは月面軟着陸の為のエンジンなので推進用には無理だと言い切りましたが、実際には大丈夫だった・・・?

2.最後に大気圏再突入という難関があります。幸い耐熱シールドに破損は無く、パラシュートも開き無事着水しました。ただ、カプセル自体相当重量があると思われますが海中に沈まないのですか?
万一、パラシュートが全然開かなかった場合、カプセルや乗員たちは・・・?

そして、空母から飛び立ったヘリがカプセルと乗員を回収に向かいます。映像ではそれぞれすでに救命ボートに乗っています。あれってどこから出てきたのでしょうか?あと、カプセルの上部に丸い風船のようなものが数個膨らんでいますが、あれは何でしょうか?(思うに円錐形のカプセルの尖がった方から海面に突っ込んだ場合反転して起き上がらせる為のもの?)

(蛇足・・・)映画の中で、船内が無重力状態でいろいろな物や乗員が浮かぶシーンがたびたび出てきます。とてもリアルでピアノ線やCGでは無いと思われるのですが、どうやって撮影したのでしょうか?

以上、お分かりの方よろしくお願いします。

久々にTVで「APOLLO13」の映画を見ました。

今更ながら緊急事態~危機回避~無事帰還という奇跡的な出来事に改めて驚くばかりです。

・・・で、映画を見ていて以下のことに疑問が浮かびました。

1.支援船が故障したので月着陸船とドッキングしたまま月を周回した後、地球帰還へと向かいますが、その際に着陸船下段のエンジンを噴射しました。NASAの管制室で、製造したグラマン社のエンジニアは、そもそもこれは月面軟着陸の為のエンジンなので推進用には無理だと言い切りましたが、実際には大...続きを読む

Aベストアンサー

13号の着水は、テレビ中継を見た記憶がないのですが、11号は発射、月着着陸と月面活動、着水まで、ライブで見ていました。
当時、10歳です。
子どもながらに、関連図書を漁り、1m20cmくらいあるサターンV型+アポロ宇宙船のプラモも作りました。
それ程、急激に時代が切り変わっていく当時の出来事に、ガッツリとハマっていたクチです。

他の方も正しい回答をされていますが、自分なりの文章で回答します。
ちょっと長くてすみません。

アポロ13号は、その号番が不吉で欠番とすべきだとする多くの意見を、NASAは迷信だと示すため、当てつけるように13時13分 に打ち上げられました。
それ以降NASAでは、13は完全に禁忌とされたままです。

> 1.支援船が故障したので月着陸船とドッキングしたまま・・・・

 事故後、月の周回軌道を半周して岐路に就いたものの、13号の軌道は次第に逸れており、その修正のために、加速が必要でした。
 その際、加速に用いるエンジンを、計画上の機械船のものを使うか、月着陸船のメインエンジンを使うか議論した際、着陸船を設計したグラマン者の担当は、着陸用であって加速用ではない(つまりそんな使い方をしても知らんぞ)、と保身する発言をしました。
 しかし、その緊急時においては不穏当極まりないその担当の後ろ向き発言を、主席管制官のジーン・クランツは、「貴方の責任は問わないよ」とその意見を一蹴し、結局、加速操作は月着陸船のエンジンを使ったのです。
 でも、加速操作が終わると、責任を問わない、と言ったにも関わらず、恐らく非協力的姿勢への批判として、「首が繋がったな」と皮肉を言うのも忘れていませんでした。
 実際問題、加速中の姿勢制御は、残存電力節約のためにコンピュータが使えず、完全に手動であったので、リスクを排除せねばならない状況で、正常な状態であった月着陸船を使うことは、必然だったと言えます。

> 2.最後に大気圏再突入という難関があります。・・・・

 着水した途端、沈んでしまったら、乗組員は海の藻屑ですよ。
 いくら金属主体の機体だからといって、浮くよう設計されていただけです。
 そもそも、ロケットの機体を設計するときは、ほんのわずかな重量増だけでも、それを宇宙へ運ぶための推進剤は数十倍の重量が必要になります。
 それだけでも十分軽く造られているでしょうし、そもそも、浮力が出るよう、居住空間や機械の重さを考慮しての結果、浮くようになっているのです。
 
> 万一、パラシュートが全然開かなかった場合、カプセルや乗員たちは・・・?

 それも計算済みです。
 エアブレーキ(空気抵抗)によって、司令船(再突入カプセル)は、350km/hくらいまで減速する、と何かの資料で読んだことがあります。
 その後、サブパラシュートで約200km/h、メインパラシュートで35km/hへと段階的に減速します。
 つまり、一切パラシュートが開かなければ、秒速97mという猛烈な速度で海面に叩きつけられます。
 通常、人の造った構造物が、そんな衝撃には耐えられなでしょうし、その中にいた人間は、一溜りもないでしょう。
 現実問題として、スペースシャトルのチャレンジャー号の爆発事故では、居住区画は躯体を保ったまま落下して海面に激突し、クルーは全員がその衝撃で死亡した事が判っています。

> 映像ではそれぞれすでに救命ボートに乗っています。あれってどこから出てきたのでしょうか?
> あと、カプセルの上部に丸い風船のようなものが数個膨らんでいますが、あれは何でしょうか?

 あれは、圧縮されたカタチで救助ヘリから投下され、潜水夫らしき数名の担当が司令船まで運び、膨らませて設置したものです。
 筏というか、ボートみたいな所だけでなく、司令船をぐるっと一周する浮輪のようなフロートも一緒に膨らみ、これは、司令船だけでは安定が悪く、船体が波に煽られて転覆しないようにするためのものです。

 船体の頭にある風船は、船体が真っ逆さまになると、そのまま安定してしまう可能性があり、仰る通り、船体を復元させる浮力を与えるために、船体に仕込まれているフロートです。

 フロート、筏が設置される実際のシーンは、↓こちら(アポロ17号再突入時の記録)
http://www.youtube.com/watch?v=_c2mDEdCJIc
 (18:19付近から、頭部のバルーンが膨らむのと、フロートを設置する作業が見られます)

> (蛇足・・・)映画の中で、船内が無重力状態でいろいろな物や乗員が浮かぶシーンが・・・

 船内における無重力シーンは、ほぼ全部が、本当の無重力状態で撮影されたものです。
 司令船と月着陸船が連結された船内セットを、NASAが持つ無重力発生用の航空機内(KC-135)に設えて、人工的に無重力を発生させられる、約20秒間程度で撮影したカットを、うまく地上撮影のシーンと組み合わせたものです。
 仕組みは、水平状態から一気に上昇を掛け、頂点に達するある程度手前から、機体を放物線軌道に乗せて制御してやるのです。
 (浮く物体が変な動きをしないように、パイロットの腕も相当な熟練が必要でしょうね。)

 このとき、機体は所謂「自由落下軌道」を進んでおり、このとき、理論的に無重力状態となるのです。
 通常、宇宙飛行士の訓練などに用いるのですが、最初は多くの訓練士が激しく変化するGに対応できず、平衡感覚に異常を来して酔ってゲロを吐くため、愛称を「嘔吐彗星」と言います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%94%E5%90%90%E5%BD%97%E6%98%9F

 撮影は、NASAが持つ2機のKC-135の1機を借り切って、通算600回以上も繰り返して撮影し、スタッフはNASAの担当から、「貴様ら根性あるよ」と言われたとのことです。
 撮影は、相当タフなものであったと、俳優達は語っています。

 このようにして、ヘルメットと手袋が船内を飛び交うシーンや、フレッドヘイズが宇宙酔いで戻すシーン、酸素タンク爆発でパニック状態でクルーがトンネルを浮きながら移動するシーンなど、多くのシーンが撮影されたのです。

 一方、上半身しか映らないシーンなどは、俳優が演技で身体をそれっぽく揺らして臨場感を出したのだそうです。

 (ビデオのオマケ映像に、監督や俳優の一連のコメントが収録されています。)

 この映画は、ストーリーの大半が事実に則していますが、一部は脚色のために事実と異なっている部分があります。
 一部、裏話を交えかいつまんで列挙します。

 ・風疹の感染疑惑を示してケン・マッティングリーを外すよう促した、医療班チーフに対するクルーの猛烈な反発は、実際にはない。
 ・しかし、メディカルモニタに嫌気が刺してそれを無断で外したのは本当。
 ・電源確保の対処に、地上にいたケンが再突入直前まで苦戦するシーンがあるが、司令船と着陸船を繋ぐ電源線の存在は周知であって、実際は事故当日には電源確保の目途が付いていた。
 ・ケンを外す決定をした上層部には、船長であるラヴェルは本当に噛みついた。
 ・フレッド・ヘイズと、ジャック・スワイガートとの軋轢は実際にはなく、実際のトラブルへの対処は映画より遥かに多く、ラヴェルは喧嘩などしている暇など無かった、と言っている。
 ・月面接近時は、映画では暗く沈んでいたが、実際は3人で盛り上がりまくってバカ騒ぎをしていた。
 ・テレビに映し出される報道番組映像は、当時の実際の放映である。
  特に、ケンがふてくされてテレビを消すシーンの直前の、危機的状況にあるジャック・スワイガートを、女癖の悪い男としてコメディアン風の男が揶揄する番組も、実際の放送。
 ・月着陸船による噴射加速は、実際は計3回。
 ・再突入シークエンスで、ケンが司令船との通信担当をしているが、実際は専任のキャプコムクルーが予定通り行っている。
 ・空母Iwo-Jimaの甲板で、トム・ハンクスと握手する士官制服の人物が、ジム・ラヴェル本人のカメオ出演である。

 それにしても驚くべきは、これが大半は事実に則っている、ということでしょう。
 ジャーナリストの立花隆氏は、「米国の科学技術の底力は、11号の月面到達よりも、13号の事故に対する対処の仕方によって証明された」と言っています。
 この事故を、日本を含めた第三国が対処していたら、果たして3人は無事生還できたのか、些か疑問です。

13号の着水は、テレビ中継を見た記憶がないのですが、11号は発射、月着着陸と月面活動、着水まで、ライブで見ていました。
当時、10歳です。
子どもながらに、関連図書を漁り、1m20cmくらいあるサターンV型+アポロ宇宙船のプラモも作りました。
それ程、急激に時代が切り変わっていく当時の出来事に、ガッツリとハマっていたクチです。

他の方も正しい回答をされていますが、自分なりの文章で回答します。
ちょっと長くてすみません。

アポロ13号は、その号番が不吉で欠番とすべきだとする多くの意見を、...続きを読む

Q13ちゃん以降は

うちのテレビは12チャンネルまでしか映らないのですが、13チャンネル以降をみたいときはどうすればいいのでしょうか?リモコンだけ13以降があるやつを買うとかでしょうか(そんなものあるのかな?)
分かる方いらっしゃったら教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

基本的には、あなたのテレビの説明書を見る以外に誰にも答えようがないのですが、現在(大体20年くらいは)、13ちゃん(UHF帯)の入らないテレビの方が珍しいと思います。前面、下の方の蓋を開けると、手動でUHFに設定するボタンが見つかると思いますよ。
それで、リモコンのあいてるチャンネルボタンを、UHFに割り当てるのです。東京なら2、5、7、9、11(見なければ、3や12を割り当てても構いませんし)


人気Q&Aランキング