私は来年公務員試験を受けるつもりですが公務員になるためにはコネが必要とよく聞きます。本当なのですか?ちなみに地方上級か市役所を受ける
つもりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんわ。



私は昨年公務員試験を受験したのですが、地方や市役所レベルでは現在でもコネがなければ採用が難しいと担任の先生に言われたので特別区や国家中級を受験しました。

いろいろと情報収集して公務員試験で是非実力を発揮してください。
    • good
    • 0

はじめまして。

公務員試験についてちょっとお話させていただきます。
確かに年々公務員試験などの採用試験は難しくなっており、しかも採用
人数もほんのわずかです。 いくつかの都市では現役職員が退職しても
その人員を補充しない都市もあります。 そして、本題のコネについて
ですが以前とは違い情報公開の時代になってからはなかなかコネも使え
なくなっています。 試験の結果を公開しないといけないという流れに
なってきているからです。 よっぽどの強いコネがないと今はムリでし
ょうね。
    • good
    • 0

私の友人数人は市役所で働いていますがコネなんて何にもありませんでした。


小さな町に行くほどコネの重要度は上がると思いますが、ある程度規模の大きい町ならコネなんて大して関係ないですね。
人口十万人以上の町ならコネの影響は少ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高卒の公務員として就職するメリットデメリットを教えてください。(公務員志望で就職か大学進学かを検討中

高卒の公務員として就職するメリットデメリットを教えてください。(公務員志望で就職か大学進学かを検討中です)高1です。

Aベストアンサー

メリット
早くから社会人となれ、金銭面で豊かになれる
金銭面で豊かになれるので、社会的な自由がより早く手に入る(車を買う、家を買う、結婚など)

デメリット
給料が大卒者より生涯低いままの可能性がある
もちろん大卒者より出世して給料が多くなることもある
高卒と自分が意識すればの話だが、意識すれば劣等感を感じることもある

就職するメリットとデメリットはこんなとこですが
本来大学は、就職のために行くところではなく、専攻した学問を深めるところです
その目的がなければ、私は大卒者ですが行く必要はありません
巷に大卒者でも就職先がないというのは、親に勧められてわけもわからず大学に行く学生が多いからだと思います

Q23歳で地方上級の公務員試験を受けるのって遅すぎますか?

23歳で地方上級の公務員試験を受けるのって遅すぎますか?
なんだか高齢扱いされそうで怖いです。

Aベストアンサー

全然遅くないと思いますよ!!

というか民間に比べるとだいぶ年齢制限は緩いと思います。
特に地方なんかは、自治体によっては社会人枠を設けて
新卒以外も積極的に受け入れているところが多いです。

その自治体で働きたい、という思いをまっすぐ伝えれば
地方公務員への道は大きくひらけていると思います(^^)
頑張ってください!

Q公務員(地方上級、国2等・・)か、公認会計士の勉強を考えてます。それぞれのメリット、デメリット、リスク等を

現在大学1年です。TOIECを高いスコアまで勉強しても2,3年後の企業の雇用枠がほぼないので望ましくないと言われたんですが、実際どうなんでしょうか?特に外資系は景気の影響を受けやすいとも聞きます。また、英語を勉強しないなら、公務員(地方上級、国2等・・)か、公認会計士の勉強を考えてます。それぞれのメリット、デメリット、リスク等をなるべく細かく教えて下さい。非常に深刻に悩んでます。オブラートに包まずありのままを、かなり細かいことでも構いませんのでお答え願います。

Aベストアンサー

公認会計士ですが、今はちょうど人数が増えだしたところで公認会計士の意義が試されているところです。

今年、来年デビュー世代の出来如何によっては、公認会計士の価値が下がっている可能性は高い。また、弁護士の世界でもノキ弁と言われだしたように、純粋に人数の増加で、公認会計士という資格をとれば安泰という時代は終わりです。


TOEICと公務員/公認会計士は選択式なんですかね?英語をやりつつ、公務員か公認会計士の勉強をされれば良いと思うのですが。最近本を出されている公認会計士の方も、英語は必須と言われています。

また、公務員試験勉強などは無駄になる可能性がありますが、英語は汎用的に使えるツールなのでやって損は無いと思います。

Q地方公務員(特に地方上級 行政職)の給料で生活できるのでしょうか?

地方公務員(特に地方上級 行政職)の給料で生活できるのでしょうか?

すみません。失礼を承知で質問いたします。よくネット上で「公務員は薄給で一馬力だと生活できない。貧乏生活になる」といわれていますが、現役公務員(地上)の方、もしくはご主人が公務員の奥様、実際はどうですか?たまに外食いったり、一年に一階くらいは家族旅行、趣味などを楽しめたりしますか?

Aベストアンサー

地方公務員が、薄給かと問われれば、大企業と比較すると少ないでしょう。となりますね。
でも、中小企業と比較するとたぶん多くもらっているのでは。

給料だけでなく、年金・手当などそれ以外の部分
安心・安全があるので安心してお金を使うことができるように思えます。

Q公務員のメリット

公務員は様々な面で優遇されてるのだからと、
世間では節度ある行動や触法時の厳罰が求められているように感じます。

このようなデメリット分を補うほどのメリットは、
本当に公務員にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

民間で言うところの「営業」に近いもので
税金滞納者への徴税や、用地収用の仕事なんかもありますし、期限もノルマもあります。
民間営業職から転職してきた方が、この徴税吏員として配属され、これならよほど民間の営業の方が楽だったとぼやいていました。
曰く、民間でサービスする仕事は自分のため(契約取れば取るほど成績があがるから)であることは勿論、
顧客に満足して貰い、喜んで貰えることがモチベーションに繋がるけど、
滞納者への徴税は、攻撃的な扱いを受けることはあっても、相手に喜んで貰えることはまず無いし、どんなに達成率を上げても、それが成績として給与に反映されない。
もう一点は、例えば最初に滞納案件500件渡されれば、非常に困難なケースがどれだけ含まれていても500件全てから徴税しきって達成率100%を目指さなければならないわけだけど、
民間営業で500件の契約とるなら、無理そうな相手はさっさとスルーして1,000件でも2,000件でも回って、足で稼ぐ事ができるのが強みだとも。
ジャンケンで10人の全ての人に勝たなければならないのと、何人とやってもいいからとりあえず10勝すればいい。という条件のように、そもそもの困難さが違うと。
そんな話を聞きました。
メリットは仕事できない人にはいろいろあるかもしれないけど、
能力的に不足無い人にとっては、それほど大きなメリットは無いような気もします。かと言ってデメリットもそんなに無いかと。罰則とかは自分自身が道を踏み外さなければ基本的に関係ありませんし。

民間で言うところの「営業」に近いもので
税金滞納者への徴税や、用地収用の仕事なんかもありますし、期限もノルマもあります。
民間営業職から転職してきた方が、この徴税吏員として配属され、これならよほど民間の営業の方が楽だったとぼやいていました。
曰く、民間でサービスする仕事は自分のため(契約取れば取るほど成績があがるから)であることは勿論、
顧客に満足して貰い、喜んで貰えることがモチベーションに繋がるけど、
滞納者への徴税は、攻撃的な扱いを受けることはあっても、相手に喜んで貰...続きを読む

Q地方上級公務員試験に合格するには?

学問に王道なしと言いますが、どうしても合格したいのです!
範囲が広すぎて、勉強していてもあせるばかり・・。
効率の良い方法でもないか、どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、確認したいことがあります。soon2さんは地方上級試験を受験されるようですが、第一志望は県庁ですか?
市役所ですか?
受験するのは都市部の自治体ですか?

-教養試験-
最重要科目は、もちろん「数的処理」です。まずこれを押さえてください。ここを確実に取れるかどうかで合格に大きく作用してきます。
理系科目を専攻していた場合は、「数学」「物理」「化学」はそれほど勉強しなくても得点できると思います。個人的には「生物」「日本史」「世界史」「地理」「地学」のほうが加点しやすいと思います。特に「日本史」「世界史」は他の科目でも応用がきくのでしっかり勉強することをお勧めします。

-専門試験-
「経済原論」の一言に尽きます。市役所試験に至ってはコレと「財政学」の占める出題数はかなりの数になります。この分野を9割以上得点できるようになれば、合格の足がかりになるのではないでしょうか?
次点では「憲法」「行政法」ですね。比較的勉強しやすく、勉強が得点につながる科目です。

地方の市役所では、上記をメインにするだけでそこそこいけると思います。(もちろん他の科目の勉強も必要です)
また、都市部では地方より実質倍率が高くなっていると思います。上記のものを押さえておくのは当然で、他の科目で加点できるような努力が必要ではないかと思います。

精神的にも体力的にも大変だと思いますが、勉強頑張ってください。
自分なりの勉強方法を見つけることも大事なのではないかと思います。

まず、確認したいことがあります。soon2さんは地方上級試験を受験されるようですが、第一志望は県庁ですか?
市役所ですか?
受験するのは都市部の自治体ですか?

-教養試験-
最重要科目は、もちろん「数的処理」です。まずこれを押さえてください。ここを確実に取れるかどうかで合格に大きく作用してきます。
理系科目を専攻していた場合は、「数学」「物理」「化学」はそれほど勉強しなくても得点できると思います。個人的には「生物」「日本史」「世界史」「地理」「地学」のほうが加点しやすいと思い...続きを読む

Q公務員はそんなにメリットがありますか?

 今、大学生です。
就職先を考える時、公務員を目指したいという人がごまんといます。誰でも公務員になりたいと一度は思うみたいです。書店で公務員試験(大卒レベル)を見たのですが、ものすごく難しいです。どんな勉強をすれば解けるようになるのかと不思議に思います。おまけに倍率はとても高い。高卒レベルでも難しい。おそらく公務員になりたい人は、何年も前から一日何時間も勉強をしているのだと思います。
 そんなにしてまで公務員になりたいのでしょうか?公務員はそんなにメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
今年の4月から、地元の市役所に入庁予定のものです。

私の場合は、浪人と留年で3年ダブっていたし、大学時代、サークルなどにも加入していなかったので、アピールできる部分が乏しかったこともあり、公務員受験しようと思いました。ですので、どちらかというと、受動的な動機でした(もちろん地元のためにはたらきたい!という気持ちもありますが)。

公務員のメリットについては確かに、現状では厚い待遇ですが、これはこのまま続くとは思えず、また、公務員は定時帰宅というイメージがありますが、残業も普通に多いそうなので、「楽したい」「おいしい仕事につきたい」という人はアテが外れると思います。

ですが、先が読めない人が多い事と、TVで、民間サラリーマンになると、とにかく悲惨な人生が待っているかのようなイメージを植えつけられている事が、公務員人気の理由だと思います。私の同期を見ても、市役所職員にするにはもったいないような、一流大学出身ばかりです。

あと、難易度についてですが、受かったから言うわけではないですが、倍率ほどではありません。実際、冷やかしの受験がほとんどなので、腰をすえて勉強すれば、半年ちょっとで、一次通過できると思います。また、地方公務員試験は、私のような経歴のものでも採用されたとおり、とても公平な試験なので(コネとかは無いです)、その点、頑張る価値はあると思います。

こんにちは。
今年の4月から、地元の市役所に入庁予定のものです。

私の場合は、浪人と留年で3年ダブっていたし、大学時代、サークルなどにも加入していなかったので、アピールできる部分が乏しかったこともあり、公務員受験しようと思いました。ですので、どちらかというと、受動的な動機でした(もちろん地元のためにはたらきたい!という気持ちもありますが)。

公務員のメリットについては確かに、現状では厚い待遇ですが、これはこのまま続くとは思えず、また、公務員は定時帰宅というイメージがあ...続きを読む

Q地方上級公務員の教養科目について

新大学2年生です。今いろいろと調べていますが、わからないところがあったので質問に答えてほしいです。
まず、県庁の試験科目が下にあります。
ttp://ameblo.jp/lecnagoya-k/image-10180173107-10108265630.html
いろいろと科目がありますが、法律(民法・刑法など)科目からの出題はまったくないと言う事でしょうか?それともどこかの科目の中に含まれると言う事でしょうか。

また、年によって科目ががらっと変わるということはありますか?(その場合、何年も前から違う科目を勉強していたら不利になりますよね・・・)

最後に市役所についてですが、下のサイトで調べましたが科目の事は具体的に書かれてないですよね?こういう場合はどこで調べればいいでしょうか?
ttp://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/ab00/ab02/tanto/syokuinsikakusikensinsotusya/index.html

長くなりましたが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

公務員試験の科目を大きく分けると教養科目と専門科目に分けられます。
法律系は専門科目に分類されます。
上のサイトは「愛知県庁教養試験の科目」だけを載せているだけです。
愛知県庁の採用ページを見てみたらわかりますが、専門科目についての記載がされていました。
ですので、法律系の科目も試験範囲に含まれるはずです。

科目の比率が変わるということはどこの自治体でもありえると思います。
ですが、いきなりガラッと変わるというケースは少ないと思います。

市役所については、教養と専門としか記載されていませんね。
県の試験だと専門学校なんかで傾向を出していたりしますが…
数が多すぎて市の傾向まで出せないと思うので、こういった場合は、一般的に比率の高い科目を中心として勉強するしかないのではないかと。

Q会社員や公務員として生きていく上で低学歴であることのメリットって何があるの?「学歴なんか関係ない

会社員や公務員として生きていく上で低学歴であることのメリットって何があるの?

「学歴なんか関係ない」って言う人多いけど、就職や出世で学閥や学歴フィルターが現実に存在してるんだから、学歴は高い方が良いに決まってるじゃん。

それでも学歴の有用性を否定したいのなら、

「低学歴は高学歴が持っていない~があるから、その分で高学歴を上回れる。だから結果的に差は付かない。だから学歴は関係ない。」

って感じで、低学歴ならではのメリットを教えて欲しい。

多くの人が会社員や公務員として生きていくけど、その上で低学歴であることのメリットって何があるの? 

そのメリットは高学歴が得られるものよりも有用?

Aベストアンサー

低学歴者しかいない、学歴差別がない会社を探すしかない!
まず根本から、高学歴と低学歴を比べてはいけません!高学歴者は就職の為に4年間一般教養や法律、専門を学んでいますから。そして公務員の長やNo.2の助役は、大抵高学歴ですし、名が通っている企業のトヅプも高学歴です!また公務員も企業も、両方採用しているなら、低学歴に管理職や社長はいません!よって両方採用している場合の低学歴のメリットは全くなく、有用などはあり得ません!やはりオール低学歴者の会社を探すしかないですし、そこで頑張ることです!

Q地方公務員上級職の勉強について

来年の地方公務員上級職を目指して勉強をはじめています。そこで新聞を購読しようと思います。地方公務員上級職(事務職)の勉強に相応しい日刊紙はどの新聞でしょうか?生意気ですが、日経新聞では少し経済に偏りすぎだとも感じます。また、毎日の社説の要約にもチャレンジしたいのです。公平な観点からご教示ください。難しい質問でお許しください。

Aベストアンサー

はじめまして。

私の場合ですが、毎日図書館に出かけて、図書館にある3~4ほどの新聞に目を通していました。

全てを読むことは難しいですが、主要なニュースだけなら、30~1時間で読めます。

確か当時は

・日経
・朝日
・毎日
・読売
・地方紙

の中から行った時間に読んでいる人がいない新聞を読んでいました。


私が受けた県では論文はなかったので要約の勉強はしませんでした。
(そのかわり専門の論述試験がありましたが、そっちは自信があったのであまり勉強しませんでした)


人気Q&Aランキング