アフガン(アフガニスタン)では、雨がふらないようですが、砂漠化が進行した結果なのでしょうか。
山岳地帯では雪が降るようですので、地下水は豊富なのでしょうけれど、マ、井戸のことは別にして。宜しく、お願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アフガニスタンに限らず.大陸内部の地区の水は.その地区に限った局地循環と.他の地区との流れのある大域的循環があります。


多くの大陸内部の値域では.その値域の地下に存在する豊富な地下水と表面を覆う植物がその地域から水が他の地域に行くことを押さえています。しかし.今回の戦争のような環境破壊.欧米各国による植民地支配による単作農業は.表面を覆っていた植物を枯らし.荒れた乾いた土を作ります。すると.仮に雨が降っても水がその地区に貯まらず流れてしまう(下流で大水害).雨が止むとからからに渇いてしまう。水害の結果表面の植物がなくなり.よりほすい力が低下します。その結果.砂漠化が進みます。

アフガニスタンの例では.ソ連の援助でかんがい設備が作られました。2-3年ぐらいは小麦が結構取れましたが.地下水が枯れると同時に一帯が砂漠になりました。ソ連でも(名称忘却.黒海の東の丸い湖です)で.同様な現象が起り.湖は枯れあがり砂漠化しました。

米国ではかなり激しい爆撃を加えたようです。従って地域の生態系は破壊され.より砂漠化が進むと考えられます。
対応としては.夜間かなり気温が下がります。このときに空気中の水が地面に付着します。この付着した水を蒸発させないで溜めることが考えられます。外部から水を引くのは論外。水には多くの場合塩が含まれています。その結果塩害であるとあらゆる植物が育たなくなります。ソ連のかんがいの失敗は.外部から運んだ水が蒸発し.塩だけが残り塩害となったことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、誠にありがとうございました。

地表の水滴を保存するのですか、edogawaranpoさんには、流石としか申し上げられません。

お礼日時:2002/02/19 00:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地下水ポンプ交換業者をおしえてください。

水道ポンプ交換業者をおしえてください。
生活用水は全て水道ですが、洗車・庭の水やりなどは、地下水をポンプで引き上げております。ポンプといっても川などから水を引き上げる方法ではなく蛇口廻りは普通の水道とまったく同じです。
詳しく説明するために再度原理を申しますと、自宅には電動ポンプがありそのポンプは地下数メートル(or地下数十メートル)あたまでパイプが埋まっております。蛇口をひねるとポンプが水圧から察知してポンプスイッチが入りまったく通常の水道のように使えます。
我が家では、40年ほどまえから使っていたかと思うのですが壊れました。ポンプが動作しません。ポンプを見るとHITACHI製のようですが、
まず間違いなくHITACHIはいまは作っていないでしょう。
お勧めのポンプメーカーや依頼できる工事会社を教えていただけないでしょうか?

以上

Aベストアンサー

近くにあったとしてもあなたのお住まいがわからないので何とも言えません。

水道工事店をお探しください。

http://itp.ne.jp/

Q地下水の石灰を除去出来るろ過材や装置ってありますか?

こんばんは。

突然ですが、井戸水をろ過して飲み水に使おうかと思っているのですが、石灰を除去するのに、良いろ材だったり装置はありますでしょうか?

石灰は溶解している状態と溶解していない状態で存在しているらしいのですが、除去可能なものはあるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通は「軟水機」で対応できます

Qカーポート屋根の除雪対策について(豪雪地帯)

 今年も冬が来ます。
 私は2年前に家を新築し、1年前にカーポートを建立したのですが、私の住んでいる地方は豪雪地帯であるので、カーポートは4本以上の支柱でガッチリ支えられるタイプが良かったようなのですが、敷地条件があったこと、そして、何故かカーポートを選ぶときに「積雪50cm程度まで耐えられるものなら、こまめに雪を落とせば大丈夫だよ」という友人の言葉を安直に鵜呑みし、片持ちタイプの積雪50cm迄という貧弱なカーポートを設置してしまいました。
 昨年は、雪が少なかったので問題も特になかったのですが、今年はラニーニャ現象によって、大雪になる可能性があるというじゃないですか・・・
 困りました。
 そこで、今考えている対応方法は、融雪シート、マット、ネットのいずれかを、カーポートの屋根の上に載せて、その上に滑雪シートを敷いて固定しようと考えているのですが、屋根はポリカネードであり、あまり熱い電熱線もマズそうです。
 それに融雪系の資材は非情に高価です。
 滑雪シートだけにしようか、どうしようか考え中です。
 何か良い方法はないものでしょうか?

 今年も冬が来ます。
 私は2年前に家を新築し、1年前にカーポートを建立したのですが、私の住んでいる地方は豪雪地帯であるので、カーポートは4本以上の支柱でガッチリ支えられるタイプが良かったようなのですが、敷地条件があったこと、そして、何故かカーポートを選ぶときに「積雪50cm程度まで耐えられるものなら、こまめに雪を落とせば大丈夫だよ」という友人の言葉を安直に鵜呑みし、片持ちタイプの積雪50cm迄という貧弱なカーポートを設置してしまいました。
 昨年は、雪が少なかったので問題も特に...続きを読む

Aベストアンサー

かつて新潟の豪雪地帯に長く生活していた者です。
描写からイメージは鮮明に浮かびます。

さて、お尋ねの件ですが、そのカーポートの屋根、材質はポリカネードとのことですが、今の段階で屋根の勾配はどの程度ありますか?
またその屋根と骨組みとなる資材との固定に何らかのネジなどが使われているかと思うのですが、そのまま屋根の上を雪を滑らせるとしたら雪の滑りの障害となる凸凹、固定ネジの頭など突出物はありますか?

さらに傾斜があり雪を自然落下として滑り落とす場合、その落下方向はひとが通るなど障害はありませんか?

いえ、そちら雪国であればこの季節から当たり前にホームセンターで市販されます、スコップやスノーダンプに吹き付けるスプレータープのワックス?を屋根一面に吹き付けたらいかがかと?
私が質問した問題がすべて満たされたらのことですが、施行も楽で、かつコストもたかが知れていて楽かと思いまして。
自然落下した雪だまりは、地下水など消雪設備があればなお始末は楽かと思いますが。

融雪シート、マット、ネットなどは、これ自体も高価なものですし、さほど高熱を発するわけでないにしても電気代などランニングコストもバカになりませんよね?

ましてカーポート自体の仕様が「積雪50センチまで」となると、具体的に新潟のどちらの地域か、一晩でそれを超える積雪があっという間に積もりませんか?融雪シートなどの重さだけでそこそのの負担をかけてしまいそうにも思います。
車の出し入れに問題ない範囲で、変形してしまう前に補助的に冬の間だけでも支柱を仮設ででも設置しておくこともお勧めします。

滑り落ちる形式を取ったとしても、勾配が不自由分ですとよほどの重さにならないと落ちていかず、カーポートに負担をかけるばかり。重くなったら落ちる、というより、地下水などあれば屋根に上げて「重くなる前に溶かす」というのが一番かとは思いますが。

もう少し、具体的な状況をお知らせくだされば、なお的確な知恵も検討しやすいのですが。

かつて新潟の豪雪地帯に長く生活していた者です。
描写からイメージは鮮明に浮かびます。

さて、お尋ねの件ですが、そのカーポートの屋根、材質はポリカネードとのことですが、今の段階で屋根の勾配はどの程度ありますか?
またその屋根と骨組みとなる資材との固定に何らかのネジなどが使われているかと思うのですが、そのまま屋根の上を雪を滑らせるとしたら雪の滑りの障害となる凸凹、固定ネジの頭など突出物はありますか?

さらに傾斜があり雪を自然落下として滑り落とす場合、その落下方向はひとが通...続きを読む

Q井戸修復について

井戸の修復工事を依頼しました。十数年使用しておらず、洗浄で7万円。てこぎポンプ(新品)、補充部品、設置等で13万円でした。洗浄費は安いかなぁと思いました。しかし、てこぎポンプ38000円、補充部品(プラ玉、ロッド、ハンドル、台板等)、設置費を合わせて13万円は高い様な気がします。業界の方または詳しい方、妥当な金額なのでしょうか?作業は2人で行います。また、既存のてこぎポンプは1870年の物で錆落とし、塗装して1万位安くなりますが、この際新しくしようと思いました。千円で買い取ると言われましたが、正しい判断でしょうか?かなり骨董品の様でもったいない気がしてきました。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.idohori.biz/

全国対応で、匿名でも無料で見積もりしてくれるそうです

電話での相談もあるようなので、試されたらいかがでしょうか?

Qゆうパックの地帯について

第1から4地帯までありますが、どこなのか、わかるHPなど教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

直前の質問の回答にもありますが、料金のページから
地帯区分を調べるページに行けますので、そちらをご覧ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=138413


人気Q&Aランキング

おすすめ情報