三年前くらいから、手の先、爪と指の間から指先までの範囲でイボができています。
液体窒素、ヨクイニン(漢方調剤)、スピール膏などの治療を続けていますが、
指先から爪の間にかけてのイボのせいか、一向に改善しません。
左手親指と右手人差し指で非常に悩んでいます。
液体窒素療法は慈恵医大病院でかなり強くやってもらいましたが、
完治しませんでした。
同じような症状で、苦しんだ経験のある方で完治したからの治療方法や医院の
紹介を頂ければ幸いです。専門医の方のアドバイスも頂けたらと思います。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

最近はクエン酸を使っていましたが、重曹の方が良いようです。

重曹だけで量も加減すれば痛くないです(お掃除も大変でないのでこっちの方が私は良いです)。ちなみにどちらも痛いところは健康な皮膚ではありません。エドガー・ケイシーのヒマシ油に重曹を加えてペースト状にするのは痛いけどすごく効きます。
    • good
    • 6

こんにちは。

私もイボの治療中です。
皮膚科に行き、ドライアイス焼いてもらいましたが、あまりに痛くて行かないでいました。
そのうちエドガー・ケイシーのリーディングの本を買って読んだところ、皮膚のイボや、つめの中のイボには重曹をひまし油で練って塗ると良い、と書かれていたのでやってみました。(つめの下にあるイボには爪の上ペーストを塗って軟膏を作り、それを傷口にたっぷりつける。一日目はとても痛むだろう。一日そのままにして軟膏を全部ふき取り、その後一日おきにこの軟膏をつけマッサージする。・・・だそうです。めちゃめちゃ痛そうですね。量を加減してやったほうが良いと思います)確かに効果が高く、ぼろぼろ大量に白くなって取れますが、書かれていたようにパテ状の硬さに練ると効きすぎ?めちゃくちゃ痛いです。ひまし油だけだと痛くは無いし少しずつ剥がれてきますが、油なので塗ってビニールで巻いていてもあちこち汚してしまいます(足だったので)
別の本でお酢が水虫に良いと書かれていたのでやってみましたが、これが一番良かったです。私も同じく皮膚の色になったイボがありました。よそにも移って無いか気になり、足以外も酢に漬けた状態にして半日やって御風呂に入ってみたら、赤いぽつぽつが盛り上がってきたり、盛り上がってない赤い点が出てきたり。以前痒い赤い点が出来た所でした。他のやり方に比べてどこがイボなのか分かりやすいです。汚しても掃除がラクだし、痛くない。もし痛ければ濃度を薄くすれば良いし。
酢だと臭いが気になったので、今は粉末のクエン酸を使っています。
私は御風呂に入るときにクエン酸を溶かしてはいっています。家族に感染するのを防ぐために。
御風呂から上がるときにクエン酸を濃い目に洗面器に溶かして全身にかけます。イボの部分がちくちく痛いですがちょっと我慢したら、乾けば痛くありません。イボから液体が出るようで少しべたつきますが。
で、そのまま外出します。帰って次の日に御風呂に入ればイボのあったところは白い垢みたいなのがたくさん(韓国垢すりタオルでこすったってくらい)取れます。
最近は、御風呂上りの濡れた体ににクエン酸の粉末を直接塗っています。
洗顔も同じように。イボの部分は赤くなるので分かります。
後は、目とかに移っていると嫌なので、ここで皆さんの使っていた漢方薬のヨクイニンを飲む事にしました。
足は酢等に長時間浸けるほうが良いんじゃないかと思います。
やっぱりある程度強い酸やアルカリの中では細菌?ウィルスは生息しにくいんだと思いますが、なぜこんな簡単で痛みの少ない方法ではなく、皮膚科では液体窒素を使わなければいけないのか、勘ぐってしまいますね。
    • good
    • 0

うちの子供はアトピーがありウイルス性の疣(水いぼではなく)が手の指、甲、足に何個も出てどんどん増えていき皮膚科で液体窒素での治療を受けましたが痛みが強いため続きませんでした。

悩んでいるときに近所のおばあさんに聞いた知恵袋なんですが「くさのお」(草の黄)という植物の汁を付けるというものです。

半信半疑で試してみたところ次々にしつこいイボが取れました。
茎を折ると黄色い汁が出るのでその汁をイボだけに付けます。日に2.3度塗りました。傷があるとしみます。皮膚につくと黒くなりますので見た目は悪いです。
それを一週間くらい続けるとイボは真っ黒く乾いた感じになります。
イボのふちをカリカリひっかくとポロリと落ちました。大きめのイボは穴が開いたようになりますが数日で平らになりました。
その後何度かイボが顔を出しましたが繰り返しているうちにほとんど取れました。

我が家の体験談なので他の人やウイルス以外のイボに効くかはわかりません。
この植物は毒性がありかぶれる人もいるようなので合う人合わない人があると思います。試す場合は最初は皮膚の丈夫なところの小さいイボで試してみたほうが良いと思います。

くさのおの写真があるHPです
http://www.takinopark.com/look/kaika/2002/0723/k …

私自身は手に出来たイボを外科で抗ガン剤での治療を何回か受けて取れましたが指の付け根だったために涙が出るくらい痛かったです・・・
    • good
    • 7

尋常性疣贅と呼ばれるイボは一般的に認められるものです。

大きさは1.5cm以下のイボですよネ。これは、広がるものですが、ご質問では手の指に発症するということですので、基本的には癌化することはないものです。普通のイボの場合、通常3年程度で自然に治癒するのですが、サリチル酸と乳酸を含む外用水剤や軟膏を使用することで感染した部分の皮膚ごとイボを除くことができます。
液体窒素を用いてのイボ除去では30%程度が再発することが知られていますし、カンタリジンなどの薬剤を用いた治療でも、取り去ったイボの周囲に新しいイボが発生することもよく認められます。
電気熱によって焼ききる方法や強い薬剤を用いての治療法もありますので、もう一度、医大病院で相談されては如何でしょうか。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答大変ありがとうございます。
現在、前に回答頂いた治療法を参考に、心理療法を行っています。
具体的には、目黒の蛸薬師からイボ取りに霊験があると言われる、
”おなで石”というもので患部をなでて、自己暗示による免疫力の強化を
期待しています。しかし、医学の力で治せるのであれば、早く治したいので
そちらも試したいと思います。
ご回答頂いた、外用水剤や軟膏を用いた治療法を行っている病院名を、もし差し支えなければ、教えて頂けませんでしょうか?

お礼日時:2001/01/28 05:49

こんにちは。

訳のわからないことを・・とお思いになるでしょうが、読むだけでも読んでみてくださいお願いです(>_<)

最初子供にいぼができてしまい、あっという間に広がってしまいました。そして液体窒素と漢方と塗り薬(もしかして運が良ければ聞くかもということで漢方と塗り薬)で治療していたんですが、子供が嫌がるので少しずつ窒素でとっていたのですが、一向に減らなくて困っていたところ、私にまで移ってしまい、すぐに液体窒素で取ってもらいました。
とここまでは普通??の話(私以外は)なのですが、ある日、子供が風邪をひいて内科にいったんです、そして風邪のせいか、いつものアレルギーもたくさんでていたので、お医者さんが”アレルギーの薬も少しあげますね”ということでもらったところ、飲み薬で3日ほどで体中のいぼが全部とれてしまいました!今思うとあの薬は魔法の薬だったのかしら???とまで思います。長いこと消えずになやんでいたのが嘘のようでした。
gomuahiruさんのおっしゃられているようなことでもあるのかもしれないですね。

ただそれだけのことでしたが私にはものすごく大発見でした。回答になっていなくてごめんなさい、早く治るといいですね。
    • good
    • 3

以前 本屋でCDブック(SHUNJUSHA)アメリカの高名な医者アンドルー ワイル博士のナチュラル メディスンというのを買って聞いたことがあるのですがその中にいぼとりの話がありました。

 とても興味深い話で いぼは心理療法の方が効き目がある、ということでした。実は 私も小さい頃、きゅうり封じでいぼが直った経験があります。もし興味があれば、本も一緒についていましたので(角川書店)癒す心、治る力 アンドルーワイル著、上野圭一訳 CDをお聞きになればと思います。
    • good
    • 0

子供が、4年間いぼに悩まされつづけました。

場所はtakashi55さんとほぼおなじところ、あと指と指の間、顔にもできてしまいました。いぼの出来た指がほかのところに触れると移ってしまうようです。ヨクイニンはまったくダメ、皮膚科で液体窒素で根気よく焼いてもらいましたが、苦痛が伴うのがとてもかわいそうでした。それでも、だんだん減っていき、中学生になってほぼなおりました。先生によれば、大人の方でも多いとのこと。自分の中にいぼに対する免疫が出来るまではどうしようもないと言われました。ストレスもいぼには良くないそうです。いぼを落とす
池がある神社に行ってみたら?と先生に真顔で言われ「エーお医者さんなのに、そんな非科学的な事-」といったら、どんな治療をしてもダメだった人がそれでうそのように直ったんだと説明されました。精神的なものも多分にあるということでしょうか?(もちろん、それが100%関係してると断言できませんが・・・)信頼できる大きな病院に通っていらっしゃるようなので、もうすでにお聞き及びのことと思いますが、液体窒素がうまく行かなかった時に、抗がん剤(ただし弱いものだそう)の注射という方法があるそうです。ただ、副作用があるということと、高額な値段(一本数千円と記憶しています)のため、うちは踏み切れませんでした。一日も早いご回復を祈っています。
    • good
    • 1

いぼに関する質問はほかにも多くあったように思いますので探してみると参考になるかもしれません。


イボはなかなか治りません。一週間に1回の液体窒素療法で数年かかることもあります。特に皮膚の中に埋まっているようなタイプは出っ張っているタイプよりも治りが悪いです。
最近はレーザー治療(炭酸ガスレーザー、色素レーザー)がいいという報告もあります。またブレオマイシンという抗がん剤の注射も有効です。さらにはSADBEという薬を塗ってとる方法もあります(保険が利かない方法も多いです)。
いずれにしても1回できれいに治る方法はありません。医者を変えて相談してみるのもいいのではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイボは子供にもうつるの?

私の首の所に小さいイボができました。
そのままにしておいたら、もう一個増えていました。

二ヶ月の子供の首の所に小さいプツッとしたものが出来ました。
これって、イボがうつったの?もしそうなら、
どうすれば治りますか?
イボころりみたいな市販の薬でとれますか?

教えてください。

Aベストアンサー

いぼが伝染するのは、みなさんが回答している通りです。なお、その原因は細菌ではなく、ウィルスによるものだと理解していますが……。また、感染力はそれほど強くはなく、例えば健康な皮膚にいぼが単純に触れただけでは伝染らないと理解しています。

それにしても、何かの弾みに伝染ってしまう可能性はありますので、治療しなくてはいけません。治療法としては、通常は、液体窒素で「焼く」のが中心になるでしょう。ちなみに、これは、「冷たくて気持ちいい」というようなものではなく、むしろ焼きごてを押されたような(←経験したことはありませんが多分)痛みを伴うものです。皮膚科で子供が泣き叫んでいる原因は、大抵、この治療ではないでしょうか。子供はもちろん、大人にとってもかなりの痛みを伴います。

もっとも、これは「菌(ウィルス)を殺すため」ではなく、刺激を与えることにより体内の免疫を誘発するためのものだと聞きました。ヨクイニン(ハトムギ)などの飲用も免疫力の向上を目したものです。ただ、これはあくまでも補助療法であり、これだけでいぼが快癒することはないと思われます。

皮膚疾患の認定はかなり難しく、いぼだと思っていても実は手術で切除しなければならない腫瘍だったりすることもあるかもしれません。素人判断で市販のイボコロリを使うようなことはせず、信頼できる皮膚科医に相談されるのが一番だと思います。

追記:以前、足の裏にいぼができてしまったときには、完癒まで3年以上かかりました。その間、毎週毎週皮膚科通いをして皮膚を焼かれるのは、本当に苦痛でした。痛くない治療法が確立されればいいのですが……。

いぼが伝染するのは、みなさんが回答している通りです。なお、その原因は細菌ではなく、ウィルスによるものだと理解していますが……。また、感染力はそれほど強くはなく、例えば健康な皮膚にいぼが単純に触れただけでは伝染らないと理解しています。

それにしても、何かの弾みに伝染ってしまう可能性はありますので、治療しなくてはいけません。治療法としては、通常は、液体窒素で「焼く」のが中心になるでしょう。ちなみに、これは、「冷たくて気持ちいい」というようなものではなく、むしろ焼きごてを押され...続きを読む

Q液体窒素によるイボ治療について

昨日、液体窒素で足裏のイボ治療をしました。今、足に血豆のようなものが出きています。
 お医者さんの説明では「かさぶたになって取れます。つぶさないで下さい」とのことでしたが、つぶさなかったら今、膨らんでいる血豆のようなものはどうなるのですか?
血豆のような物体ごとぽろっととれるのですか?
あまりにもぷっくり膨れているので本当に取れるのか心配です。
知ってる方教えてください。

Aベストアンサー

以前(子供の頃)、皮膚科で同様の治療を受けました。

私の場合、一度目の治療時は、自然にかさぶたが取れるまでは放置(かさぶたの上から、液体窒素で、改めて焼きましたが)→自然に取れたら終わり。
という流れで治療しましたが、数ヶ月~1年後に再発しました。
そのため2回目の治療時は、かさぶたができたら、かさぶたをタコ削りのようなもので削り落とし、皮膚を薄くした上で、改めて焼く...というのを数回繰り返しました。
2回目の治療後は、全く再発していません。

ただし、かさぶたを削って焼いた2度目の治療は、ハンパ無く「痛い」です。私の場合、神経が集中している指先だったと言うこともあるかもしれませんが...。

Qイボってどうやってうつるのでしょう?

足の裏にイボがあるのですが、どこからうつったか分かりません。

一緒に生活したり、旅行した家族にはうつっていませんが、

どこからどうやってうつったか分からないのでどう防いだらいいか分かりません…。

どのようにうつるのか、どのように防止したらよいか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

イボにはいくつかの種類があります。

あなたのイボがどのようなものなのかわからないので判断は難しいですが、足の裏にできるイボとして多いのは鶏眼(魚の目)とウイルス性疣贅(ゆうぜい)の二つです。

魚の目は勿論、感染症ではありません。
ウイルス性疣贅はウイルス感染症なので他人に移ることがあります。特殊なことではなく、普通に生活していても感染してしまいます。

もしあなたのイボがウイルス性疣贅なら、たまたま足の裏に微細な傷があったのかもしれません。でもそれを防ぎきることは不可能ですし、今後感染しない方法を考えるより、あなたが自分・他人に感染を広げないことを考える方が現実的です。

皮膚科ですぐに治してしまうのが一番だと思います。ウイルス性疣贅なら簡単に治ります。

私はおでこにウイルス性疣贅が出来てしまい、だらだらしていて手の指にも出来てしまったことがあります。皮膚科で液体窒素で焼くという治療をしたら一回で完治でした。痛みもほとんど無いですよ。

Qイボの液体窒素治療について

手の甲に5mmぐらいのイボができてしまいました。
今年の1月くらいからでき始め、放っといていたのですがさすがに気になる大きさにもなったので皮膚科へ行ったのですが、気にしないことが一番と言われ特に何もされずに帰ってきました
気になるようであれば液体窒素治療をする、と言われましたが他の方の液体窒素治療のことを聞くと怖いです
ちなみにイボコロリはこの大きさだと無理だと言われました

液体窒素治療はどのくらいの日数がかかるのでしょうか
後痛みなどもどのくらいでしょう
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ウィルス性のイボでしょうか?
私の子供もウィルス性のイボが足の指の付け根にできまして、
皮膚科に行ったところ、液体窒素は痛いので、ヨクイニンを飲むのと、何か透明の薬を毎日塗って、病院で硬くなったところを切る、という治療をしていました。
なかなか治らないので、ネットでいろいろ調べたところ、
家庭療法なのですが、木酢液を塗るといいと見つけました。
早速、ドラッグストアでお風呂に入れる木酢液を購入し、私の場合は
原液を夜寝る前に綿棒でイボと絆創膏につけて、一晩寝かせました。
3日ぐらい続けたと思います。すると1週間後くらいにポロっと根こそぎ?イボがとれました。
液体窒素は子供には痛すぎるので、だめもとで試してみましたが、本当に効きました。
同じウィルス性イボで長いこと悩んでいた友達の子にも教えましたが、
みな同じく完治しています。ネットで「ウィルス性イボ、木酢液」で調べてみてください。たくさん出てきますよ。
一日も早く良くなりますように。

Qあくびはなぜうつるのでしょうか。動物のまでうつるとは…

あくびはなぜうつるのでしょうか。動物のまでうつるとは…

Aベストアンサー

それ、以前にTV番組で実験をやっていましたよ。^^
実験によると、それは誰もがうつる訳ではなく、協調性のある人だけがなるみたいですね。
云わば、心の優しい人と言うか・・・、相手を思いやる気持ちがあるからうつるそうです。
なので、あなたはきっと心が優しいのでしょうね。^^

Q足裏のイボ、液体窒素治療について

こんにちは。
私は足の裏に大きなイボと小さなイボが2つくっついた
状態であり、現在皮膚科に治療に通っています。

できた当時はウオノメだと思い、自分で削ったりして
2年近く放置してました。
そしたらもうひとつできてしまい、それも大きくなってきたので
皮膚科を受診しました。

それで液体窒素治療になったのですが、皮が硬くて痛みなども感じません。
2週間に一回程度通って、かれこれ2年になります。
自宅でも風呂あがりに皮膚科でくれた、塗ると茶色になって
肌がただれていく薬も毎日塗ってます。
でも一向に治る気配がありません。

このまま同じ治療を続けていて大丈夫ですか??
治療費も結構高いし、4月に引越しもするので
同じ皮膚科には通えなくなります。

この件に詳しい方、何かアドバイスをください。

Aベストアンサー

お役にたてるか分かりませんが、足の裏や掌のイボを治すのには、かなり時間がかかるとは思います。

液体窒素も効果が1週間くらいなので、お引っ越しをされて治療に時間が空いてしまうのもあまり良くないと思いますので、お引っ越し先で新しい皮膚科を探されて、改めて診察、治療を受けられてみてはいかがでしょうか。

足の裏のイボは、確かに角質が厚い所でもあるので、なかなかしぶといとは思いますが、窒素で焼いてもあまり痛みを感じないと言うのは、少し手緩い感じもします。角質表面を削って、窒素で痛いくらい焼く方がいいようです。私も足の指でしたがかなり痛い思いをして、完治しました。

液体窒素で何年も指のイボを治療していた人もいますし、窒素療法を続けるのは医師の判断の元、大丈夫かとは思いますが、他にも方法がありますので(はと麦などの飲み薬や注射など)、お引っ越しをするこの機会に、皮膚科を変えられるのも良いのではないかとおもいます。

大変だと思いますが、早くイボが取れると良いですね。おだいじになさって下さい。

Qうつる肝炎、うつらない肝炎それぞれ教えてください。

うつる肝炎、うつらない肝炎それぞれ教えてください。

Aベストアンサー

ウイルス性の肝炎であれば、感染しやすさに差はあるもののうつる、と考えてよいと思います。アルコール性の肝炎や薬物性の肝炎、自己免疫性肝炎などであれば、うつるものではありませんよ。

Qイボを液体窒素で焼いた翌日の症状

8歳の息子の手の指にいぼができました。中指の指先に米粒より小さいものが5~6個です。昨日皮膚科で液体窒素で焼いてその後軟膏のようなものをつけてもらいました。あと5~6回通わなくてはならないと言われました。今、処置したところがみずぶくれのように白く膨れ上がっているのですがこれは普通のことなのでしょうか。1個1個のいぼの区別もつかないほどぷくぅ~と膨れています。やけどのあとのみずぶくれと同じ感じです。先生からはこのようになるという話はなかったのでちょっと不安です。ネットでいぼについてはずいぶん検索して液体窒素による治療についても読みましたが、液体窒素をかけたあとの様子がよくわからりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

指のいぼを液体窒素で焼いたことありますよ。
僕の場合は、いぼの菌の一種で、ただれたような感じの
症状で、液体窒素を指にちょっとつけてははなし、
ちょっとつけてははなしっていうように、ジューっと
押さえつけるようなことはしなかったですね。

治療後は白くなりますね。
マイナス196度ですから、やけどと同じです。
やけどと同じなので、治療は1週間間隔で
行いました。
長いときは2週間ほど空けました。

Q親の心が子にうつる

親の心が子にうつる
子供が苦しんだり、喜んだりする原因は
子供の因縁と親の心がうつるからですが
貴方はどう思っていますか?子供の事を・・
教えて下さい、お願いします

Aベストアンサー

子供の因縁なんてありません。
「親の心が子にうつる」・・・・・親の性格にこの性格が似ることはあります。

まあ、子の前では親は恥ずかしくない態度、行動をしていないとね。

Q液体窒素で治療後の腫れ

先週の金曜日、ひじにできたいぼを液体窒素で治療してもらいました。
その後、昨日くらいから患部の周りが赤く腫れ始め、今では直径5センチ
くらいの範囲が真っ赤に腫れ上がってしまっています。少々かゆみを伴い、
また、腫れた部分を押すと鈍い痛みがあります。これは正常な反応の範囲内
なのでしょうか?患部にかさぶたができると医者からは事前に説明を受けて
いますが、こんなに腫れるとは聞いていません。本日木曜日は皮膚科が休診
ですのでこちらで質問させていただきました。

Aベストアンサー

私も今日午前中、液体窒素してきました。
初めての経験でしたが、ここでいろいろ検索していったので不安は少しですみました。
このサイトで「いぼ 液体窒素」で検索してみてください。
その中に「治療後は腫れるのは普通」とありました。
私の場合頬骨あたりのいぼを焼いたのですが、焼く時よりも10数秒後の方が痛かったです。
その場で先生に伝えたら痛み止めを出してくれました。
すぐその薬(消炎鎮痛剤)を飲んだせいか、昼頃いぼの倍くらい腫れた皮膚は今は治まりました。
痛み止めは処方されませんでしたか?あるなら飲んでみたらどうでしょう。ただ市販の痛み止めは飲んでいいものなのかは?

ちなみに、私が行った皮膚科はこう説明してくれました。
 (1)この後水ぶくれになるかもしれないが、潰さないように
 (2)黒く瘡蓋みたくなっても自分じゃ取らないように
 (3)夕方くらいなら水に濡れても良いがこすらないように

液体窒素治療は大変ですがお互いがんばりましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報