04年に小1女児を殺害した容疑で現在、起訴されている
小林薫被告に、裁判で検察側は死刑を求刑しました。

日本の法律は失われた人命を嘆くよりも、凶悪犯でも最大限に更正を望むという、私に言わせれば、たかだか、一人殺したぐらいじゃ、死刑には絶対にならない、というイメージがあります。

おそらく、判決では、どうせ無期懲役が言い渡されることと思うのですが、過去に、被害者が1人の殺人事件で、死刑になった被告はいるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

国民の皆様の税金にて、大学で刑事政策を学ばせて


いただいた者として、御礼をこめて回答させていただきたいと
思いますが、終身刑に関しましては、意見が分かれるので
私の意見を過大評価されずに、一つの意見として受け止めてください。

なぜ終身刑が現実をみないかということですが
ご指摘の通り、刑務所の収容人数が、超過していることも原因です。
それ以上に、関係しているのが、刑罰の不平等にあると思います。
20歳時に終身刑に服すれば、平均余命から考え、60年の懲役です。
しかし、60歳時では、約20年程度となってしまい
憲法上の理念に反する結果となり、取り入れにくいのでしょう。

ご質問者さんは、刑事事件に関心が深いようなので
常磐大学国際被害者学研究所に、お暇がございましたら
訪問してみてはいかがでしょうか?
夏季に開催される国際会議では、世界中から、現代社会が抱える問題への
取り組み等を学ぶことができるかと存じ上げます。

もしくは、日本刑事政策研究会で刊行物を入手されるのも
より一層のご理解を深めるのによろしいかと存じ上げます。

民間主導の刑務所はPFI事業の一環ですが、受け入れ自治体
周辺住民の強固な反対があるので、なかなかうまくいかないようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
刑罰の不平等なんて理念があること自体、驚きです。
そんなことを言っていたら、凶悪犯を裁き、刑に服させることなんて初めからできないではないですか?

終身刑の本来の目的と意味は、生涯に渡って自由を拘束され、罪をつぐない、もう人ととしての人生の終わりを知らしめるためにあるわけでしょう。

若くして終身刑をくらいたくねければ、若い時に人様に迷惑をおかけるような凶悪事件なんて最初からお重ねければいいんです!!

私は、少年であろと、人生の終焉をむかえつつある高齢者であろうと、人の道から外れ落ちた外道には、然るべき罰が必要だと考えています。

それと、私は、別に刑事事件に興味があるわけではありません。ただ単に、凶悪を事件を犯す極悪人が死ぬほど嫌いで許せないだけです。

それと、民間主導の刑務所というのは、最近では、地域活性化を図り、過疎地などでは、進んで誘致に動いているみたいです。老人介護と同じく、こういうところで、ぜひニーズを作っていってほしいものです。

お礼日時:2006/06/06 21:26

ご質問者のおっしゃる通り、日本は、一人殺害しただけでは


死刑という厳罰に達することが、多くはありませんでした。

しかし、昨今では、社会情勢、市民感情を考慮し
社会が死刑判決を望んでいるとして、その傾向も見られます。

けれども、被害者家族の中には、犯した犯罪の重さを悔やんで生きてほしい
と、考える人もおり、死刑を望まない人もいます。

それと、無期懲役刑についてですが、以前は、10年足らずで
社会にもどってこれるという批判がありましたが
昨今では、20年以上、刑務所に入所しています。
文字通り「無期」にしようとする動きもありますが
諸問題により、終身刑は、実行されないと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
市民感情を逆なですることしか知らない司法が、市民感情を考慮するような流れになっていると知り、大変、嬉しく思います。

それと、無期懲役もしっかり20年、服役するようになっているというのも、少なからず、安心しました。

しかし、どうして終身刑は実行されないんでしょうか?
終身刑だと、囚人をダラダラと生かしておかなければならず、その維持費がかかるって、余計な経費の負担になるから、と考えているからでしょうか?
そうでなくても、刑務所は飽和状態で、囚人が溢れ返っています。私が思うに、刑務所をどんどん公共事業の一環で田舎の方に立てまくって、その関連事業で、雇用を確保していけば、地域活性化も図れて一石二鳥とか
考えてるんですが、どうでしょうか?

お礼日時:2006/06/06 18:01

> ちょっとお尋ねしたいのですが、小林薫被告が死刑になる


> 可能性も、多少なりともあるのでしょうか?

五分五分くらいでしょうか。前回挙げた中で奈良の事案と一番似ていると言えるのは坂本正人死刑囚の事案ですが、これの第一審判決(参考URL、無期懲役)が破棄されて死刑となっていることからすれば、現在の量刑相場では死刑になり得ると言えるでしょう。ただ、量刑がやや甘いといわれる大阪高裁管区の事案なので、五分五分以上の確信は持てないですね。

参考URL:http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
死刑になる可能性が五分五分でもあるんですか?
1人殺しても死刑にはならないというのが、現代の一般常識だと思っていましたが、少しでも可能性があれば、
私にとっては朗報です。

お礼日時:2006/06/06 17:45

最近20年間に確定または死刑の言渡しがあった事案は以下の通りです(★は既に死刑執行)。



1)殺人・強盗殺人等の前科があった者

横田謙二 殺人・死体遺棄(バラバラ殺人)、無期懲役の前科(強盗殺人)
萬谷義幸 強盗殺人、無期懲役の前科(強盗殺人)
牧野正 殺人、無期懲役の前科(強盗殺人)
★高田勝利 強盗殺人、無期懲役の前科(強盗殺人)
★佐藤真志 幼女に対する強制わいせつ・殺人、無期懲役の前科(強姦殺人)
★島津新治 強盗殺人、無期懲役の前科(強盗殺人)
★武安幸久 強盗殺人、無期懲役の前科(強盗殺人)
金川一 強姦殺人、少年時に懲役5年以上10年以下の前科(強盗殺人)

2)身代金目的の誘拐殺人

★春田竜也 身代金目的誘拐殺人・強姦(被害者の女友達を強姦)
★津田暎 身代金目的誘拐殺人(被害者は小学生)
★綿引誠 身代金目的誘拐殺人(被害者は女子中学生、強姦未遂も伴う)
★木村修治 身代金目的誘拐殺人(被害者は女子大生)
★須田房雄 身代金目的誘拐殺人(被害者は小学生)

3)その他

坂本正人 誘拐・強姦殺人(殺害後に身代金要求)
持田孝 殺人(強姦致傷事件で服役後、逆恨みで被害者を殺害)
★西尾立昭 保険金殺人(3億円の保険金をかけ、執拗に殺害を試みた)
★杉本嘉昭 強盗殺人(被害者を長時間苦しませて殺害)
★横山一美 同上(共犯者)
★田中重穂 強盗殺人(拳銃奪取目的で警察官を殺害)
秋山芳光 強盗殺人(他に保険金殺人の未遂あり)

4)上訴中

福島大三(控訴中) 保険金目的の放火殺人、懲役20年の前科(殺人・放火)
服部純也(上告中) 監禁・強姦殺人(縛られた被害者に灯油をかけて生きたまま焼殺)
武藤恵喜(上告中) 強盗殺人、懲役15年の前科(殺人)
宇井りょう次(上告中) 殺人・死体遺棄、無期懲役の前科(2件の殺人)

3)を見ればわかる通り1)2)に該当する者以外は、よほど悪質なものでない限り、1名殺害で死刑の選択がされることは稀でした。ただ、平成16年から17年にかけて、服部純也、坂本正人といったこれまでなら無期懲役だったと思われる事案で、控訴審が無期懲役を破棄して死刑を言渡しているので、量刑が以前よりやや厳しくなってきているように思われます。

参考URL:http://www.geocities.jp/hyouhakudanna/climb.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご解答ありがありがとうございました。
ここ20年の間でも、これだけの人間が死刑になっているんですね。

ちょっとお尋ねしたいのですが、小林薫被告が死刑になる
可能性も、多少なりともあるのでしょうか?

お礼日時:2006/06/06 12:13

「小学校校長毒殺事件」昭和10年


鵜野洲武義が、浅草区役所から職員の俸給3335円48銭を受け取って帰校途中の、柳北小学校校長の増子菊善先生の紅茶に青酸カリを混入させ、給料を奪った事件。
http://www.geocities.jp/showahistory/history2/sh …

「バー・メッカ殺人事件」昭和27年
東京都新橋のバー・メッカの従業員、正田昭が同じバーの従業員と共謀し証券ブローカの博多周さんを呼びだし、バーの屋根裏で撲殺して、現金41万円と腕時計を奪った事件。
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage111.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
やはり、戦後20年以内の犯行ばかりですね。

現代の方が、経済的に行き詰まっての犯行を犯す率も少なく、手口もかなり悪質なものが多いのに、どうして、
死刑にならないんでしょうか?

裁判官も世間に対して、あまり死刑ばかり出す判事という
印象を持たれたくないんでしょうかね・・。

お礼日時:2006/06/06 12:08

No.1さんも書かれていますが、身代金目的誘拐で被害者を殺害した場合は


被害者が1人でもけっこう高い確率で死刑になっていますね。

あと、昭和43年の横須賀線爆弾事件でも、死者1人でしたが犯人は死刑になりました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
そう言えば、最近の事件では、あまり誘拐事件が
取り上げられていないですね。

私は、これ以外に、栃木のリンチ殺人、コンクリート殺人事件、いずれも犯人は少年ですが、こういう凶悪かつ、正に悪魔の所行ともいわんべき犯罪に対しても、死刑は求刑してほしいものです。

お礼日時:2006/06/06 12:04

記憶では


「吉展ちゃん誘拐事件」昭和38年
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/yosino …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
昔は・・・あったんですね。

近年においても、こういう判例が出ることを強く望みます。

お礼日時:2006/06/06 12:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初犯の殺人罪は懲役何年くらいでしょうか?(映画の台本用です)

いま、自主映画の台本を書いています。そこで質問なのですが、初犯の殺人罪で懲役は何年ぐらいなのでしょうか?状況は、やくざが依頼された殺人を引き受けたというものです。刑務所で態度が良ければ実際には何年ぐらいで出れるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画の台本用ということなのでお答えします。組関係者が職業として、報酬を得ていわゆる殺し屋を請け負って一般市民に対して実行した場合と受け止めましたが1人殺害した場合は、今までの裁判例からおおむね懲役18~20年。2名以上殺害の場合は無期刑か死刑です。1人殺害でも残虐な殺人方法をとれば無期懲役まで有り得ますがそうではない方法と推定しました。仮釈放は刑法第28条に規定されていて刑期の3分の1経過後可能ですが,実際には、懲役20年だとおおむね18年経過後あたりです。
政府刊行物の「犯罪白書」に刑期とか仮釈放のデータが出てるので参考にしてください。図書館にもあります。
ただし、遺族感情が非常に悪い場合は真面目にしていても仮釈放から遠ざかります。また、組から離脱(足を洗って、組家業を辞めてかたぎになる。)しないと仮釈放はもらえません。台本では組家業として実行したので、釈放になれば、一般的には組の幹部に登用されるとか出世があるので、実際に離脱できるか、台本上注意してください。組の家業で服役した場合は、服役者家族の生活費を組が支出している場合が多いので、簡単には組から離脱できません。初犯でも組関係者は、初犯の刑務所ではなく、何度も刑務所に入っている人が入る累犯施設に入れられるので、台本書くときは注意してください。
蛇足ですが、犯罪白書によると、昨年春に刑務所の法律が大幅に改正になり、面会その他大きく変わったそうなので、このことも留意したらよいと思います。どうぞ、良い脚本を書いてください。

映画の台本用ということなのでお答えします。組関係者が職業として、報酬を得ていわゆる殺し屋を請け負って一般市民に対して実行した場合と受け止めましたが1人殺害した場合は、今までの裁判例からおおむね懲役18~20年。2名以上殺害の場合は無期刑か死刑です。1人殺害でも残虐な殺人方法をとれば無期懲役まで有り得ますがそうではない方法と推定しました。仮釈放は刑法第28条に規定されていて刑期の3分の1経過後可能ですが,実際には、懲役20年だとおおむね18年経過後あたりです。
政府刊行物の「...続きを読む

Q殺人未遂罪の刑罰はどのくらい

殺人未遂罪の刑罰はどのくらいでしょうか?
刑法では、

 第199条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。
 第203条 第199条及び前条の罪の未遂は、罰する。

とあり、殺人未遂に関する刑罰が見つけられませんでした。
(別の条文に書いてあるのでしょうか?)

殺人未遂罪の刑罰がどのくらいで規定されているのか?
教えてください。該当する刑法の条文も教えてください。

本日の裁判員裁判にて、殺人未遂に対して懲役4年6月の判決が
出ましたが、殺人未遂の刑罰がわからないので、刑罰の軽重が
ピンときませんでした。

Aベストアンサー

これねぇ、ちゃんと説明すると恐ろしく長くなるんだよね。簡単に要点だけ述べてみるけど巧く説明できそうにないから多分理解できないだろうという気がするな。

まず、未遂犯の法定刑は既遂犯と同じだよ。だから殺人なら199条と同じ。

そもそも法定刑、処断刑、宣告刑の違いから理解しないとだめだね。
法定刑というのは各犯罪ごとに法律で定める刑種とその範囲。
処断刑というのは 個 別 の 事 件 に お い て 法定刑を元に 特 定 の 刑 種 を 選 択 し た 上 で 加重減軽(軽減じゃないよ)した結果出てくる刑の範囲で、これが実際にその事件において科すことができる刑の範囲。いい?処断刑は既に「その事件」の問題になっているの。だから一般論として未遂と言ったらその元になる刑はあくまでも既遂犯の法定刑と言わなきゃいけないの。
宣告刑というのは、処断刑の範囲内で実際に判決で言渡す刑のこと。ちなみにこの処断刑から宣告刑を決める作業を量刑と言うね。

これを予備知識にして、刑法43条本文で未遂は減軽「できる」となっている。あくまでも「できる」だけだからしなくてもいい。しなければ処断刑は法定刑と同じだね(他に加重減軽事由がなければ)。ということは 未 遂 で も 死 刑 に で き る。
テロリストが化学兵器を持ち込んで東京駅で使用したところ奇跡的に死者は0だったが10万人が傷害を負ったなんてことが(現実にはないが)仮にあったら、10万人の被害者に対する殺人未遂罪の観念的競合だけど、このテロリストは殺人未遂だけで死刑になってもおかしくないね(化学兵器だと他にも何か罪が成立すると思うけど)。そして法律上それは可能。
一方、但し書では「する」となっている。これはしなければいけないってこと。だから、中止未遂であると認定したら必ず減軽するかまたは免除しなければならない。中止未遂の可能性を考えると、刑を科さないという選択肢まであるんだよ。

そして、減軽したらどうなるか?減軽のやり方を見てみよう。
刑種が二つ以上ある場合には最初にどの刑を科すかを決めるの。いい?刑種を選択してから減軽をすることになってるの(69条ね)。
そして殺人の場合には、刑種が死刑と懲役の二つがある。二つあるならその内どっちの刑を科すのかまず決めなきゃいけない。
そこで死刑を選択したとする。その上で未遂減軽をすると(他の加重減軽事由はないものとする。以下同)、無期懲役、無期禁錮、10年以上(20年以下。以下同)の懲役、10年以上の禁錮の4つの刑になる(選択刑として死刑と懲役のみを定める場合に、死刑を減軽して禁錮にすることはできないという話は聞いたことがないけど、もしかしたらできないかもしれない。そうすると無期懲役と10年以上の懲役の二つだけになる)。これが処断刑。そして最後にこの範囲内の宣告刑を決める。もっとも、選択刑に死刑と無期懲役がある場合に死刑を選択して減軽して無期懲役にするということはできないという学説もあったような気がする。なんか判例があった気がするんだけど手元に資料がないから気になるなら自分で調べて。仮にこの説を採用すると、死刑を選択するのは未遂だけど減軽しない場合のみということになるね。
次に、死刑でなく懲役を選択したとする。ここで無期と有期とあるから無期にすることに決めたとする。その上で未遂減軽をすると7年以上の懲役が処断刑となる。この場合は有期懲役の法定刑5年以上よりも重いから無期懲役を選んで減軽するということに問題はないと思うけどできないとする説もあり得なくはない。仮にできないとすれば、無期懲役もまた未遂減軽しない場合のみということになるね。有期にすることにすれば、5年以上の懲役が法定刑だから、未遂減軽した処断刑は2年6月以上10年以下の懲役となる。

以上を総合したらどうなると思う?
殺人罪の未遂犯において法律上科すことが可能な刑は、死刑(減軽なし)、無期懲役(死刑を減軽または減軽なしで無期懲役を選択。説によっては前者はできない可能性あり)、無期禁錮(できないかもしれない)、10年以上の懲役(死刑を減軽。これも説によってはできない)、10年以上の禁錮(できないかもしれない)、7年以上の懲役(無期懲役を減軽。説によってはできない可能性がある)、5年以上の懲役(減軽なし)、2年6月以上10年以下の懲役(有期懲役を減軽)、免除(中止未遂のみ)、とこれだけあるんだよ。同じような刑が並んでいるけど、先に説明したとおり、これは刑種を先に決めてから減軽するという減軽の手順によってそうなるだけ。

そもそも未遂犯の刑の範囲というのは法定刑として定めてある既遂犯とは発想がまるで違うんだよ。だから、あくまで基本になる法定刑は既遂犯のものしかなく、未遂という事実は減軽事由として考慮するかどうかの問題なの。減軽事由として考慮すれば、減軽の方法に従って「処断刑」が決まるだけなの。だから、未遂犯に適用される法定刑は?という質問なら、文字通りの答えは「既遂犯と同じ」だけど、未遂の場合、減軽事由(正確には免除事由でもある)だから、実際の事件に適用される「処断刑」に影響することがあるという風に答えるのが親切かな。

ちなみに今回の事件で宣告刑が懲役4年6月になったということは、他に減軽事由がなかったのなら有期懲役を選択の上で未遂減軽して2年6月以上10年以下の懲役という処断刑にしたってことだね。

これねぇ、ちゃんと説明すると恐ろしく長くなるんだよね。簡単に要点だけ述べてみるけど巧く説明できそうにないから多分理解できないだろうという気がするな。

まず、未遂犯の法定刑は既遂犯と同じだよ。だから殺人なら199条と同じ。

そもそも法定刑、処断刑、宣告刑の違いから理解しないとだめだね。
法定刑というのは各犯罪ごとに法律で定める刑種とその範囲。
処断刑というのは 個 別 の 事 件 に お い て 法定刑を元に 特 定 の 刑 種 を 選 択 し た 上 で 加重減軽(軽減じ...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q重大な事件を起こした加害者の家族はどうやって生きていくのでしょう?

特に、未成年の子供が殺人の様な大きな事件を起こした時、その両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

引っ越すにしても、一戸建てでローンがあれば簡単に引っ越せないですよね。

最近は少年の犯罪が多く、その家族の行方をいつも考えてしまいます。

Aベストアンサー

>両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

サカキバラ事件の両親は、子供が逮捕された後、当時住んでいた住居を引っ越しています。
と言っても、父親が勤務する会社の都合で転勤し、転勤先の社宅で住んでいましたよ。
この事件の場合は、同じ職場(某大手企業)で働き続けています。

>その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

子供が転校する時、受入学校のPTAが反対しました。
然しながら、社宅と異なった校区の学校に転校する事で解決したようです。
当時は、犯人の氏名だけでなく加害者側の情報規制が強かった時代です。
事件現場・校区を離れると、利害関係者以外に情報は流れません。
今でこそ、加害者の親が堂々とTVインタビューに答えていますが・・・。

犯人も、医療少年院を出所し、一般市民として暮らしています。
少年院・保護司以外には、何ら情報公開がありません。
確実なのは、誰かの隣で生活している現実だけですね。

>引っ越すにしても、一戸建てでローンがあれば簡単に引っ越せないですよね。

その通りですが、住宅ローンが残っている場合は、自己破産するようです。
債権者(保証会社が)建物を取り壊し、土地を更地にします。
ローンが残っていない場合は、住居を売却して引っ越します。

>最近は少年の犯罪が多く、その家族の行方をいつも考えてしまいます。

余談ですが・・・。
未成年といっても、責任能力が有る!と裁判所で認定されると、両親には(原則)損害賠償責任はありません。
法的には、加害者自身に損害賠償責任があります。
身近な事件では、高校生が自転車で(女子高校生)を跳ねて相手に高度の障害を与えた横浜の事件。
裁判所は「加害者高校生に対して、2000万円の損害賠償を命じる判決」を出し判決が確定しています。
現実問題として、自転車事故では保険に未加入ですから、被害者は泣き寝入りが大半です。
加害者の親が「そんなの関係な~い」と主張すれば、被害者側は何も言えません。
加害者に責任能力が無い場合は、加害者の両親が全ての責任を負いますが・・・。
加害者に責任能力が無い場合は、加害者は「無罪」となり、非常に矛盾した状況になります。

>両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

サカキバラ事件の両親は、子供が逮捕された後、当時住んでいた住居を引っ越しています。
と言っても、父親が勤務する会社の都合で転勤し、転勤先の社宅で住んでいましたよ。
この事件の場合は、同じ職場(某大手企業)で働き続けています。

>その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

子供が転校する時、受入学校のPTAが反対しました。
然しながら、社宅と異なった校区の学校に転校する事で解決したようです。
当時は、犯人の氏名だけで...続きを読む

Q電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

 そのまんまです。よくそういう話は聞きますけど、噂以上にわかりません。家族だからと言って連帯保証人でもないと思いますし、仮にそうでも額がでかいと即自己破産なきもしますし、死者の財産を放棄すれば債務放棄ということにもなるような気がしますが、良く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前聞いた話しでは実際に請求、支払までいくことはないと言ってましたが・・・

自殺→電車に飛び込む→通常の精神状態では出来ない

のような理由だそうです。一億円以上等、高額の賠償金や
慰謝料の話しは鉄道関係者がある程度意図的に流しているようで(そう簡単に電車に飛び込まれては困る)。
それよりも飛び込まれた電車の運転手さんの精神的ショックのほうが大きくて事故後強制的に1ヶ月の休暇をとらされるようです。

いずれにしろ、電車で飛び込み自殺なんて絶対にいけません!!

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q殺人罪の罪の重さを教えて下さい

すっごく愚かな質問かもしれないのですが、殺人罪ってどれくらい刑務所で暮らせばいいのですか?
法律に詳しくないので全くわかりません。終身刑とか無期懲役とかって違いわからないし、いまいちそういうものの罪の重さが実感としてわかなくって。罪が重いのはわかるけど、その正確な重さを測り取れないというか・・・。

今、憎くて憎くてしょうがない人がいるんですよね。
正直、殺意ならいつも持ってると思う。
どうしようもないときは心臓の血液循環が停止するくらい必死に我慢して血がにじみ出るくらい歯を食いしばってとにかく耐えます。でも、もし、万が一に耐えられなくなり衝動的にでも殺人を犯してしまった場合は、どれくらいの罪になるかだけ知っておきたいと思ったんです・・・。もちろんそうならないようにします。大丈夫です、念の為に聞くだけ。それで、その人は一応、血の繋がった母親です。
でも、憎しみの対象に親も他人もないですよね・・・。憎いんだからしょうがない。

それと母親ももしかしたらぼくを殺したいと思ってるんじゃないかって感覚でそう思うんです。
死ねなんて言葉、うちじゃあ、すごい日常的だし。
もし、向こうが先にぼくを殺した場合、母親はどれくらいの罪になるのですか?
それと向こうが先に包丁持って迫ってきた場合に、反動で相手を刺してしまった時は正当防衛とかになるの?
正当防衛だとどれくらい罪が軽くなるのでしょうか・・・?


*決して殺人を示唆するものではないことをご理解してください。
あくまで、予備知識として知っておきたいだけです。

すっごく愚かな質問かもしれないのですが、殺人罪ってどれくらい刑務所で暮らせばいいのですか?
法律に詳しくないので全くわかりません。終身刑とか無期懲役とかって違いわからないし、いまいちそういうものの罪の重さが実感としてわかなくって。罪が重いのはわかるけど、その正確な重さを測り取れないというか・・・。

今、憎くて憎くてしょうがない人がいるんですよね。
正直、殺意ならいつも持ってると思う。
どうしようもないときは心臓の血液循環が停止するくらい必死に我慢して血がにじみ出るくらい...続きを読む

Aベストアンサー

追加です。刑法の宣告については

199条の法定刑をもとに

法定刑+再犯加重-法律上の減軽(未遂とか)+併合罪加重(殺人以外になんか罪犯した時)-酌量減軽(母親がひどいことしたなど)

これをやって、処断刑の範囲がでます。ここで母親がゲーム壊したとして、どんなに宝物だったとしても、多分酌量にとりあげてくれないでしょう。

199条が3年以上無期懲役、死刑と書いているので、私の感覚からでは、無期懲役になると思います。母親からひどい暴行・傷害(精神的ではなく、肉体的に)を受けてない限り、懲役10年くらいに落ちてこないと思います。

あー、未成年者で14未満なら刑法は適用されないですが・・・でも、やっちゃだめですよ。将来絶対後悔すると思うから。生まれながらにして親がいなくて苦しい思いをしている人のことを考えてください。

Q殺人事件の損害賠償

ふと疑問に思ったのですが、殺人事件の加害者は被害者の遺族に対して損害賠償を支払っているのでしょうか。
ネットで調べると、加害者本人より、その家族や捜査を怠った警察に対する損害賠償請求のニュースばかり出るのですが、加害者本人に対する請求というのはないのでしょうか。
テレビで殺人事件の裁判のニュースを見ると、懲役何年、というのはよく見ますが、損害賠償はいくら、というのは見たことがない気がします。
それとも、私の損害賠償に対する認識が間違っているのでしょうか……。

法律については全くの素人ですので、わかりやすくご説明いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

損害賠償は民法709条の「故意又は過失に因りて他人の権利を侵害したる者は之に因りて生じたる損害を賠償する責に任ず。」によりますから、故意の殺人事件でも損害賠償はできます。例えば話題になったところでは東京都文京区音羽でおきた幼児殺人事件では山田みつ子被告に女児の命日にあたる2002年11月22日から20年間、毎月40万円を支払う命令がでました。先日もまだ、全然払ってはいないという雑誌記事が載りましたが・・。

ただ、実際には損害賠償をもとめたくてもその犯人がお金を持っていない場合の方が多いでしょうから、裁判費用だけがかかってしまって損という場合が多いでしょう。

Q北朝鮮からミサイルが飛んできたら

 北朝鮮から核ミサイルが飛んで来て、永田町に落ちたとすると、被害はどのくらい広がりますか? 即死のみならず、疾病による死亡や後遺症も含めて。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイルとする記述もあります。が正直、どの数値が正しいという確証がないため、かなり曖昧な分類となっていることは確かなようです)。

 弾頭を搭載する2段目スカッド・ミサイルの弾体直径は0.9m弱で、弾頭を搭載するスペースが非常に小さく、核運搬兵器としては戦術ミサイルと呼ぶべき種類の物でしか在りません。
 同サイズのミサイルの弾体重量も最高で0.8tを下回り、最大重量を搭載すれば当然ながら最大射程まで飛ばすことはできず、目標距離を計算した搭載重量に低減させられることになります。

 核専用ミサイルとして新規設計するならともかく、化学・生物兵器弾をも搭載可能な柔軟性設計とするのが一般的な考え方であり、弾頭重量を500kgとした場合、そこに搭載される核弾頭は20~50kt程度と見積もることが出来ます。

▼弾頭の威力と被害予想に関する書籍やサイトを調べたのですが、詳しく述べている物を見つけられませんでした。

 現在、北朝鮮は20kt級核爆弾を7~8発製造可能なプルトニウムを抽出していると観られています。
 広島は投下されたLittle Boyは13kt(ウラン235)により20万人の犠牲者をだし、長崎もFatmanが22kt(プルトニウム)によりは7万4千人が数箇月の間に亡くなり、その後の調査で死亡者数が15万人にも達しました。平坦な広島に対して山間部による起伏が被害を減少させたのです。
 しかし、都会の場合、破壊された建造物が市街地を埋め尽くし、瓦礫と化した廃墟街を車輛で移動することは非常に困難であり、そのような地を人が歩くことも容易くはないでしょう。人口1200万(平日であれば都郊外からの近県から、多くの労働者が都心へと集まるため、被害想定人口はかなり高いと見るべきでしょう)の中心で核爆発が発生したシミュレーションをまだ目にしたことがないので解らないというのが本音です。

 ただ爆発後の死亡と放射能汚染による傷病認定が懸念されるかも知れませんが、他国からの攻撃であることを考慮するなら、政府も寛大に攻撃による疾病患者であることを認めるはずです。
 さらに大都市が核汚染に見舞われた場合、救援する側が対核防御服を身につけていなければ活動できないことです。日本ではこの手の状況対応能力が(ちいさな自衛隊部隊以外)ほとんどゼロであると言う事実です。つまり、救援したくても救援する側に被害が出るため救援活動が行なえず、放置された数日の間に助かる多くの命が失われるでしょう。

 個人的にはその数を500万~700万と見積もるのが妥当かと思っています。

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報