最新閲覧日:

書店でぱらぱらとめくっては見たのですが、あの本はいったいどういうないようについてかかれているのですか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

音読の本です。


日本語のもつ響きやリズムなどを、声に出して読むことで楽しもう!と言う本だと思います。
難しい古典や漢文は内容の解説がついていますが、意味の理解は二の次で、まず名作と言われている有名な文章をお腹から声を出して読んでみる事によって、興味が湧きどんなことを言っているのか知りたくなる・・・そう言う狙いもあると思います。
この本見ているとおもしろいです。
昔習った
「春はあけぼの・・」とか
「祇園精舎の鐘の声・・」とか
「痩蛙負けるな一茶是に有り」とか
一度は必ず聞いたことのある文章ばかりで、昔苦労して覚えたなぁーと懐かしくもあるし、また覚えてみたいと意欲も湧いたり・・・。
 声に出して本を読むことなんて大人になるとしなくなりますよね。子供が小さい頃は絵本を読んで聞かせましたけど。日本語っていいな!と再認識できる本だと思います。
    • good
    • 1

私も読みましたがタイトル通り「声に出して読む」本です。

漢文や古文を始め占いや生活の知恵などが書かれています。陰陽術で有名な陰陽五行なども書かれていました。目で見て声に出してやっと内容が解るような気がしてくる本でしたよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ