最新閲覧日:

パイオニアのシステムコンポ、FILLのX-NT99MDを購入しようと電器店を廻っていたのですが、たいていの店で¥129800あたりで販売されているのですが、ある電器店で在庫処分価格で¥99800で販売されているのを発見しました。
3万円もの価格差があり少し値引を頼んだところ送料込みで\95000になったので、即買いしました。

その後よく伝票を見たところ、X-NT99MDを買ったつもりがX-NT9MDとなってました。店員さんに聞きに行くとこれは現在のFILLよりも1世代前の機種らしいです。そのため価格が安くなってるとのことです。

一応店頭で試し聴きをして気に入った機種だったし、少し安く付いたのでこれでもいいのですが、X-NT99MDとX-NT9MDとは部品・性能・機能にどのような違いがあるのでしょうか。

どちらもアンプはMOS FETを使用してること、X-NT99MDはCD、MDが24bit処理なのに対し、X-NT9MDは24bit処理ではないということは分かってるのですが、それ以外の相違点を知ってられる方は教えてもらえないでしょうか。

時間はかかってもかまいません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とりあえず報道資料が見つかりましたので比べてみましたが、


http://www.pioneer.co.jp/press/release200-j.html
http://www.pioneer.co.jp/press/release76-j.html
それぞれのコンポーネントの型番が新しくなっていますね。
24ビット部位外の変化は、ぱっと見た限りで
アンプ部は出力が20wから25wになり、消費電力は45wから38wへ、重さは3.8kgから3.5kgに減っています。出力が増えているのに軽くなっていますねぇ。一般的に重いものの方が音が良いらしいので新しくなって良くなったのかどうか?
次にCD部ですが、SN比が102dBから114dB以上になっています。12dB違うということはノイズが4分の1ぐらいになったということみたいですね。
最後にスピーカー部ですが、ちょっと重くなっていますね。アルミキャストフレームというのを採用したようです。

カタログスペックを見る限りでは、軽くなって消費電力が減って、音が良くなったと書いてありますが、実際のところはそれほど差はないと思います。セッティングに気を配ってやれば、値段からして相当いい音を鳴らしてくれると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ資料を見つけていただいたうえ、比較までしていただいてありがとうございました。
たしかにSN比は改善されてますね。アンプが20Wだったというのがすこし余裕が足りないかなとか思いましたが(そんなに大きい音では鳴らさないけど、30W+30Wぐらいほしかった)、それなりに安く変えたのでこれで満足です。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/20 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報